Zyouon Tamago
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP事象の情報を██地方を中心とした救急通信の傍受、各種福祉機関への潜入により収集します。SCP-XXX-JP事象の関係者には適切な記憶処理の実施、必要に応じて長期の監視を行ってください。

説明: SCP-XXX-JP-1は人間が死亡時に黒いシミを残して消失する現象です。
SCP-XXX-JP-1の対象者(以降SCP-XXX-JP-2と表記)の体は死亡後即座に末端より中心部に向かって黒く変色していきます。その際手足の指同士は癒着し、身体表面の凹凸を埋めるように皮膚が緩やかに盛り上がります。その結果SCP-XXX-JP-2の体は曖昧な人型になります。約20秒で全身に変色が及び、塵状に散らばるように消失します。変色の最中にSCP-XXX-JP-2が動いたという証言があるものの財団ではその事象を確認出来ていません。
その場に残る黒いシミは炭化した体組織の一部であると推測されています。
黒いシミは放射性を持ち、█2×10^█キュリーの放射線を常時放出します。この値は一般的な家電から放出される放射線量と同等かそれ以下のため脅威とはみなされません。
財団が確認したSCP-XXX-JP-2全員に以下の共通点があります。
・生年が194█年以前である。
・██地方にルーツを持つ家系の出身である。
その他考察される共通点・傾向は複数存在しますが、有意であるとは見なされていません。その一部を以下に記述します。(完全なリストは文書SCP-XXX-JP-Aに記述されています。)
・社会的に孤立している。
・記憶障害の診断を受けている、または記憶障害の疑いがあった。
・周囲が認知する程の妄想癖がある。特に、整理された架空の自身の経歴を持っていることが多い。
SCP-XXX-JPの性質上、生前の対象者の断定が困難なため調査は主に対象者の死後の遺品と遺族インタビューから進められています。

財団は199█年からSCP-XXX-JPの存在を認識しており、200█年に佐賀県██市の病院に潜入中のエージェント・██により発見され収容に至りました。
以下に最初のSCP-XXX-JP事象(以降、SCP-XXX-JP-1と呼称)の収容の概要を記載します。