Zyouon Tamago
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの死骸は低脅威度物品保管エリアの冷蔵室にて保管されています。SCP-XXX-JPの生きた個体の捜索を、漁港直売場において食品衛生監視員として派遣された財団フィールドエージェントが定期的に行います。SCP-XXX-JPによる人的被害・情報の拡散を防ぐため、飲食店における魚介調理に関する基準の制定・通達の実施を検討しています。

説明: SCP-XXX-JPは未知の寄生虫です。財団はSCP-XXX-JPの死骸を現在9体収容しています。遺伝子検査においてはアニサキス亜科(Anisakis)に属する種と同定されています。いずれの個体も日本国沿岸で捕獲された十脚目短尾下目1(以降カニと表記)の体内より発見されており、日本国外での発見の報告はなされていません。
外見上の特徴と検査において判明したアニサキス亜科との違いは以下のものです。

・柔軟に伸びる体
・繊維状の両端
・強靭な体組織
・熱、低温への耐性

SCP-XXX-JPは細い先端を伸ばし、宿主の体組織に絡ませることで自身を固定させます。体を収縮・弛緩させることで筋肉の役割を果たし、内側より宿主の体を動かします。その力は宿主の行動を封じることが可能であり、宿主の筋力では本来不可能な挙動も行える強さです。
SCP-XXX-JPは宿主の体格に合わせ、動きを模倣するために自身の形状を最適化します。宿主の末端に向かって繊維を伸ばすことでSCP-XXX-JPの体は宿主の全体に広がり、自身の増えた体積による余剰の宿主の体組織を消費します。それにより宿主の筋肉部位は平均40%がSCP-XXX-JPの体組織と置き換わります。財団はこの変形後のSCP-XXX-JP個体を成熟状態と断定しています。
収容された個体の少なさから詳しい生態については調査中ですが、SCP-XXX-JPに模倣された生物が本来の終宿主2であると考えられます。
現在発見されているSCP-XXX-JPの全ての個体がカニの体内で成熟の状態であった理由については研究が進められています。発見事案においてSCP-XXX-JPの宿主が同種、異種を問わずカニから捕食目的の攻撃を受けている様子が複数回確認出来たため、カニのみに反応するフェロモン物質が出ており、本来の終宿主がカニに捕食されたというのが現在の有力な考察の一つです。

SCP-XXX-JPはアニサキス亜科としては高い熱への耐性を持っていますが、熱湯による10分以上の加熱で体組織が崩壊し白く変色し死に至ります。その時のSCP-XXX-JPの体組織は人間の歯でも噛みちぎることの出来る強度になります。実際にSCP-XXX-JPの寄生するカニを食した人物からは「大味でスジが多い」との評価をされますが、食用蟹としては強い違和感を覚えたという報告はありませんでした。

以下が生前の動きが確認されているSCP-XXX-JP個体の一覧です。詳しい収容記録については文書-SCP-XXX-JP収容記録を参照してください。
A ベニズワイガニ(Chionoecetes japonicus)。全ての歩脚で同時に地面を蹴る動きを繰り返す。
B ケガニ(Erimacrus isenbeckii)。歩脚を放射状に伸ばし、側方を下にして回転する側転を行い移動する。
C ガザミ(Portunus trituberculatus)。頭胸部に下にしてうつ伏せで蠢く。4本の歩脚を2本ずつ束ねて一般的な四足歩行に似たタイミングで歩脚を前後に動かすが、ほとんど移動は出来ない。
D アサヒガニ(Ranina ranina)。4本の歩脚を使い左右に移動する。多くのカニ下目の動きであるが、アサヒガニは本来前後にしか歩くことは出来ない。
E クモガニ(Pyromaia tuberculata)。腹部を下にして、全ての歩脚をゆるやかに蠢かせる。移動は行わない。
F 概要は補遺を参照してください。

SCP-XXX-JPの最初の収容は「冷凍蟹を茹でて足を捥ごうとしたら、変な動きで暴れ出して大怪我をした」との通報を財団が傍受し、その不審さから救急隊員を装った財団エージェントが派遣され行われました。回収の後に解剖を行いSCP-XXX-JP-Aが体内から発見されましたが、摘出後すぐに生命活動を停止しました。ベニズワイガニの体組織は76%がSCP-XXX-JP-Aに置き換わっていました。

補遺: Anomalousアイテムであったタカアシガニ(Macrocheira kaempferi)に関連性が指摘され検査を行なったところ、タカアシガニの体内よりSCP-XXX-JPの個体が発見されました。この個体はSCP-XXX-JP-Fに分類されました。
以下はSCP-XXX-JP-FがAnomalousアイテム分類されていた頃のレポートの一部です。

説明:二足歩行で歩くタカアシガニ
回収日:████-██-██
回収場所:██県██市 ██海水浴場

タカアシガニの体組織は92%がSCP-XXX-JP-Fに置き換わっていました。