YS_GPCR

Included page "component:black-highlighter-theme-dev" does not exist (create it now)

rating: 0+x

アノマリー分類システム(Anomaly Classification System: ACS)ガイド


ACSって何?

ACSは既存のオブジェクトクラスシステムにさらなる深みを与える新しい分類システムです。これは既存のオブジェクトクラスシステムを置き換えることを意図したものではなく、それを強化することのみを意図したものです。

クレジット

アノマリー分類システムは WoedenazWoedenazにより、以下のメンバーの多大な協力を得て作成されました: The Great HippoThe Great Hippo | RounderhouseRounderhouse | djkaktusdjkaktus | YossiLeinerYossiLeiner | Captain KirbyCaptain Kirby | CadaverCommanderCadaverCommander | Uncle NicoliniUncle Nicolini | aismallardaismallard | DrAnnoyingDogDrAnnoyingDog | FloppyPhoenixFloppyPhoenix | Sterbai Sterbai

ACSを用いた記事の全データベース

*これは ACSコンポーネントバーを使っているかどうかに関わらず、全てのSCPを読み、現在ACSを使った全てのページを見つけようとするツールにより(ほぼ)自動作成されました。

もしACSが使われているページで以下に載っていないものを見つけたら、WoedenazWoedenazに知らせてください!

グラフィカルの例

Included page "component:anomaly-class-bar-source" does not exist (create it now)


ハイブリッドとテクスチュアルの例のIncludableなコンポーネントは今週内に作られる予定です。それまでは以下のサンプルコードをコピーしてご自由にお使いください。(訳注:数週間以上経つが作られていない)

ハイブリッドの例

ガイドにリンク
アイテム番号: 2105
クリアランスLv2: Restricted
収容クラス: Euclid
euclid-icon.svg
撹乱クラス: 2/Vlam
vlam-icon.svg
リスククラス: 1/Notice
notice-icon.svg


テクスチュアルの例

ガイドにリンク
アイテム番号: 2105
クリアランスLv2: Restricted
収容クラス: Euclid
撹乱クラス: 2/Vlam
リスククラス: 1/Notice


ベアボーンの例

アイテム番号: SCP-4205
クリアランスLv2: Restricted

オブジェクトクラス: Euclid
撹乱クラス: 2/Vlam
リスククラス: 1/Notice


ACSを使った分類は以下のように行います。:

クリアランスレベル(Clearance Level)
これは既存のクリアランスレベルの改良です。多数の変更が以下に記されています。クリアランスレベルは、文書に含まれた情報を読む許可を与えられた職員のレベルを表します。
収容クラス(Containment Class)

これは旧"オブジェクトクラス"と同様です。これは分類が何を示すかをわかりやすくするため、改名されました。つまり収容です。これは「確保、収容、保護」の「収容」です。

撹乱クラス(Disruption Class)

これはこの分類システムのために新設されたクラスのひとつです。撹乱クラスはアノマリーが世界の現状を乱す、さらに/もしくはベールを破壊する能力を表します。これは「確保、収容、保護」の「確保」です。

オブジェクトの撹乱クラスを考えるとき、あなたはこれらを自問してください:

  1. アノマリーの影響はどの程度早く広まりますか?
  2. 気づかれずにどの程度まで広まることができますか?
  3. その影響を財団はどのくらい簡単に無効化できますか?
リスククラス(Risk Class)

これはこの分類システムのために新設されたクラスのひとつです。リスククラスは人物に対するアノマリーの影響の激しさと、どの程度簡単にそこから回復できるかを表します。これは「確保、収容、保護」の「保護」です。

オブジェクトのリスククラスを考えるとき、あなたはこれらを自問してください:

  1. 回復できるとして、人間はどの程度簡単に回復できますか?
  2. 影響はどの程度激しいですか?
  3. これらの影響が気づかれ始めるのは、どの程度近づいたときですか?
副次クラス(Secondary Class)

これはオプションとして用意された新クラスですが、この分類システムのための新規追加というわけではありません。副次クラスは「Esoteric Class」としても知られています1

これは特殊オブジェクトクラスとしてすでに知られているものを使用します。リストはここにあります

副次クラスを使用するときには、収容クラスは「Esoteric」とするのが通常ですが、必須ではありません2

詳しい解説

クリアランスレベル

クリアランスレベルはこの分類システムの重要な部分であり、著者や読者のヘッドカノンに大きく依存します。以下の説明はある特定の財団観に基づいたものであり、あなたの財団観とは一致しないかもしれません。ですが問題ありません!これらを一般的なガイドラインとして使用し、あなたの見かたに合わせて適合させてください。

レベル1: Unrestricted (UR)
この文書はすべての財団職員に閲覧可能です。財団から定期的な給与支払いを受けているならば、この文書を見ることができます。
レベル2: Restricted (RS)

この文書は申請があれば大部分の職員が閲覧可能です。もし職員が部下を持っているならば、その職員はすでにレベル2アクセスを持っています。もし部下がいないならば、文書にアクセスするには上司の許可が必要です。

レベル3: Confidential (CF)

この文書は少数の職員にのみ閲覧可能です。サイトの筆頭の管理的なスタッフはレベル3アクセスを持っています。もし部下を抱える職員で、レベル3アクセスが無いならば、文書にアクセスするにはサイトの管理的な職員の許可が必要です。もし部下を持たない職員ならば、まず上司に申請が必要であり、さらにその上司がサイトの管理的な職員の許可を申請します。

レベル4: Secret (SC)

この文書は財団の管理レベルのスタッフのみが閲覧可能です。レベル4アクセスを持たない状態でのアクセスは、一般的には却下され、非常に特殊な目的のためにのみ許可されます。

レベル5: Top Secret (TS)

この文書は、倫理委員会やO5評議会といった、財団の最高の管理レベルのスタッフのみが閲覧可能です。レベル5アクセスを持たないものによるアクセスは常に却下されるでしょう。

レベル6: Cosmic Top Secret (CTS)3

この文書はO5評議会のメンバーのみが閲覧可能です。この文書へのアクセスはO5評議会メンバーの裁量のみで認可されます。

収容クラス

オブジェクトクラスのページを参照してください。

NOTE: ACSでは、Thaumielは収容クラスではなく副次クラスと考えられます。

収容クラスの種類

safe-icon.svg
safe
euclid-icon.svg
euclid
keter-icon.svg
keter
neutralized-icon.svg
neutralized
pending-icon.svg
pending
explained-icon.svg
explained
esoteric-icon.svg
esoteric

副次クラス

特殊オブジェクトクラスのページを参照してください。

NOTE: ACSでは、Thaumielは収容クラスではなく副次クラスと考えられます。

副次クラスの種類

全ての副次クラスがここにリストされているわけではありません。ここではアイコンが描かれたもののみが示されています。全ての種類については特殊オブジェクトクラスのページを参照してください。

apollyon-icon.svg
apollyon
archon-icon.svg
archon
cernunnos-icon.svg
cernunnos
hiemal-icon.svg
hiemal
tiamat-icon.svg
tiamat
ticonderoga-icon.svg
ticonderoga
thaumiel-icon.svg
thaumiel

撹乱クラスのレベル4

dark-icon.svg
dark
vlam-icon.svg
vlam
keneq-icon.svg
keneq
ekhi-icon.svg
ekhi
amida-icon.svg
amida
Dark5
既知または潜在的な撹乱能力が、懸念するほどではないほど低いことを意味します。

オブジェクトは基本的に接触されない限り不活性であり、潜在的に1人の人物にしか影響しないと思われます。

財団は、事後のクリーンアップが必要ないほど取るに足らないことを見出すでしょう。
Vlam6

既知または潜在的な撹乱能力が、ごく一握りの人々に限局されるであろうことを意味します。

異常性は確実に複数の人々に影響しますが、広範囲に拡大することはないでしょう。

財団は、その影響を無力化するのは比較的シンプルなことを見出すでしょう。

Keneq7

既知または潜在的な撹乱能力が、概ね都市人口ほどの人々に拡大する程度に強いことを意味します。

異常性は、懸念するのに十分なかなりの速度で拡大しえます。

財団はその影響を無力化するのはまあまあ難しいことを見出すでしょう。

Ekhi8

既知の撹乱能力が、概ね大都市圏から国全体のサイズに拡大する可能性があるほど強いことを意味します。潜在的な撹乱能力は、既知の全世界まで拡大する可能性があります。

拡散は早く、対応が難しいでしょう。

財団は、その影響を無力化するのは非常に難しいことを見出すでしょう。

Amida9

この撹乱クラスは、財団が本質的にアノマリーに「宣戦布告」するような特殊な状況のために使用されるべきです。アノマリーが世界の現状と財団のベールに対し、無力化のためにはあらゆる可能な選択肢を使わなくてはならない程の深刻な脅威を提示する状況です。

Amidaアノマリーの影響は既知の世界全体を超え、宇宙全体まで広がる可能性があります。

リスククラスのレベル

notice-icon.svg
notice
caution-icon.svg
caution
warning-icon.svg
warning
danger-icon.svg
danger
critical-icon.svg
critical
Notice
オブジェクトの異常な影響は殆ど存在しないか微弱です

オブジェクトに近接した人物はオブジェクトから何も感じません

近くの人物には何の危険も及ぼしません。
Caution

オブジェクトの異常な影響は微弱から中程度です

オブジェクトに近接した人物は微弱な影響を感じるかもしれません

近くの人物には微弱な危険を及ぼします。

Warning

オブジェクトの異常な影響は中程度から重大です

オブジェクトに近接した人物は微弱な影響を感じるでしょうし、強い影響を感じるかもしれません

近くの人物には中程度の危険を及ぼします。

Danger

オブジェクトの異常な影響は重大から極度です

オブジェクトに近接した人物は強い影響を感じるでしょうし、極度の影響を感じるかもしれません

近くの人物には重大な危険を及ぼします。

Critical

このリスククラスはオブジェクトの影響がほぼ即時かつ/もしくは極度に激しい場合にのみ選ばれるべきです。

必ずしも実際の死を引き起こす必要はありませんが、死の可能性が極めて高く予想されます。オブジェクトに近接した人物は即座に影響を感じ、回復の可能性はありえません