YS_GPCR
rating: 0+x
rauberslehrbuch.jpg

SCP-3484のページのサンプル。ミーム災害は含まれていないことを確認済み。

アイテム番号: SCP-3484

オブジェクトクラス: Safe Explainedへの再分類を延期、2018/5/5

特別収容プロトコル: SCP-3484と英語への翻訳文書はサイト-66の通常型異常物品ロッカーに保管します。通常のロックと点検プロトコル以上の収容は必要としません。

SCP-3484の研究はロデリック・アージェント博士の管理の元、D-クラス職員に限定されており、ミーム的知識の拡散を防止するため他の職員からは隔離される必要があります。

説明: SCP-3484は1862年に製本された解剖学の参考書です。これはドイツ語で書かれ、ゲッティンゲンで印刷されました。オブジェクトは表紙の僅かな退色、非腐食性の化学変化といった、保管庫で相応の期間保存されたものに一致する劣化を示しています。87ページには空白に英語で「取り外されたREMOVED???」と手書きされています。オブジェクトは一切の道具なしで人体を分解し、再度組み立てるプロセスを描写しています。十分な時間SCP-3484を学習することにより、被験者は自身や他者に、描写された技術を実施することが可能になります。

分解の手法には、SCP-3484に描写された特定のマーカーを触診し、マーカーの箇所の身体部位に圧力および/または捻りを加えることが含まれます。正確な手法が完遂されると、身体部位は被験者から離れます。分離された身体部位は被験者との分離から最大72時間生存し、機能と運動性を保持しました。しかし、本体との神経接続は見られず、被験者も分離された身体部位に加えられた刺激を感じることはできず、その動作をコントロールすることもできません。

分離された身体分はSCP-3484に描写された同様の手法で再接合することが可能です。神経接続は接合時に再確立され、機能低下や神経障害は見られず、被験者は通常の使用を続けられます。

SCP-3484には、別々の人間からの身体部位を接合してはならないという注意書きがあります。試験によると、長時間の他人の身体部位の接続はほとんどのケースで接合部位での激しい組織拒絶を引き起こし、結果として肝臓、皮膚、粘膜に激しく潜在的に致命的な炎症と潰瘍化を引き起こします。これらの症状は組織適応抗原が一致したドナーとレシピエントを用いたり、免疫抑制治療を行うことにより軽減できます。

組織拒絶のリスクはありますが、書かれている手法によると、ドナーから完全に身体部位を備えたレシピエントに接続することにより、追加の身体部位を追加することができます。レシピエントはこの追加の身体部位を操作する事ができましたが、ドナーから脳を追加した場合には動作の主導権を脳の間で争う結果となりました。

アップデート2017/12/4: 試験条件下で、D-51174はD-43922に当該技術を実演した。練習により、D-43922はSCP-3484を閲覧していないにも関わらず、身体の分離を行うことができた。SCP-3484はミーム災害と特定され、認識災害部門にさらなる研究のために送られた。
主任研究員のノート: 私はこの事案の後、ミーム試験のテープを調べ、私も自分の体のマーカーを触診できるのだろうかと思った。一旦見つけ出すことができれば、驚くほど簡単に何度でも行うことができた。10分間かけて左手の親指を外してまた戻した後、私は手を手首のところで折り、尺骨を綺麗に滑り出させる方法を見つけた。少し振るだけで、手はもとに戻り、腕はなんともなく、気分も何も悪くなかった。──R. アージェント

アップデート2017/12/13: 詳細は認識災害レポート3484-CH1を参照のこと。標本を学習した結果の異常な肉体および精神の変容は発見されなかった。更に、標本を部分的に熟読するのみでは異常な効果を伝達するのには不十分だった。SCP-3484に影響された対象は、SCP-3484に暴露していない他の対象の肉体部位の分離と接続が可能であったことに留意すべきである。このことは、異常なミーム効果はSCP-3484を学習した結果の肉体的な変化をもたらさないということを示唆する。異常な効果についての研究は継ぞÐ µæ&LØ£á ¤BT˜d1¶