ヨウカズ職員のサンドボックス
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid→Safe

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]
SCP-XXX-JPは密封された鉛の鋼材のコンテナに収容してください。SCP-XXX-JPの変化、またはコンテナの壁の破壊が確認された場合、直ちにサイト警備に連絡してください。
SCP-XXX-JPは100m×100mの敷地内の中央から移動させないでください。SCP-XXX-JPに関する実験は、レベル3以上のセキュリティクリアランスを持った職員2人以上の監視の下で行なってください。

説明: [SCPオブジェクトの性質に関する記述]
SCP-XXX-JPは、閉所で巨大化し、広い空間へ体を伸ばす植物です。
遺伝子上は光合成を行う一般的な植物と変わりありません。
SCP-XXX-JPは、半径()m以内に密閉空間があると、爆発的な成長を起こします。
SCP-XXX-JPを、暗所や分厚い壁の収容室に保管する事は、一時的な収容にしかなりません。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象:

実施方法:

結果:

分析:

補遺: [SCPオブジェクトに

大きくなる植物、くらいの認識ですかね。
その性質上少し大きめの部屋に保管していたけど、翌日その部屋いっぱいに成長していて、こりゃやばいと。

Safeクラス収容室へ。箱いっぱいに成長した。
暗くしても変わらない。

euclidクラス収容室へ。

別のSCP収容違反でこのSCPの収容室の天井が崩壊。他も甚大な被害で、確認に1日かかったのに、全然成長していない事に気づいた。

「拓けた場所に植えておけば安全だった」