you823
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

gahag-0010504023.jpg

捕獲用ゲージに設置されたカメラから撮影されたSCP-XXX-JPA,B

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは常に個別の小動物専用捕獲用金網に収容してください。SCP-XXX-JPに対しては1日に3度通常のイタチと同等の給餌を行い、1日に1度Dクラス職員を用いて収容室内の清掃が行ってください。この際Dクラス職員には一名の警備員を監視につかせ、SCP-XXX-JPに接触しないよう注意を促します。大規模な収容違反を招く可能性があるためSCP-XXX-JPを使用した実験は現在禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは、全長は30cmほどの3体のクロアシイタチ(Mustela nigripes)です(SCP-XXX-JP‐A、SCP-XXX-JP‐B、SCP-XXX-JP‐Cとします)。SCP-XXX-JP-Aが直立している生物に接触した場合、接触された生物は必ず転倒します。直立が不可能な生物や、直立していない状態でのSCP-XXX-JP-Aとの接触、無機物などの非生物が接触してもこの影響は受けません。SCP-XXX-JP-Aによって転倒したかに関わらず、SCP-XXX-JP-Aに接触された物体(以下、SCP-XXX-JP-1)は、SCP-XXX-JP-Bに接触することで更なる異常性が付与されます。SCP-XXX-JP‐Bの特異性はSCP-XXX-JP-Bが何らかの物質に接触した際その物質に何らかの特異性を付与します。SCP-XXX-JP‐Bの特異性に関しては██博士の文書等の記録を参考にしてください。SCP-XXX-JP‐Cの特異性はSCP-XXX-JP‐Bの特異性を消滅させることです。SCP-XXX-JP‐Bの特異性が消失した後SCP-XXX-JPA,B,Cは別の物質に接触するまで空中を時速40kmで無作為な方向に移動します。SCP-XXX-JPは、原因不明の巨大なあかぎれを訴える男性が、財団エージェントの潜入する██病院に来院したことで発見されました。エージェント・███とエージェント・██ ███が病室に突入しその存在を確認しました。SCP-XXX-JPのその後の経緯については、インシデント記録XXX-JP-A~Cを参照してください。

エージェント・███,エージェント・██ ███が職務に戻ったことによりSCP-XXX-JPA,B,Cに接触、またはSCP-XXX-JPA,B,Cが発生させた事件に関わった職員に対してインタビューを行いました。

対象: エージェント・███

インタビュアー: ██博士

付記: エージェント・███には記憶処理は行っていません。

<録音開始>

██博士: 君がSCP-XXX-JP‐Bに接触したとき君は急に怒り狂いだしたんだ。理由を聞かせてくれないか?

エージェント・███: 俺がSCP-XXX-JP‐Bに接触した時・・・ああ!思い出しましたわ!えらいキレてしまって申し訳ないです!なんでか知らへんけど急に財団の職務のことがアタマに来てですね・・・

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了>

終了報告書: エージェント・███には記憶の混濁は見られないようだ。エージェント・███にはCクラス記憶処理を施しておく。‐██博士

対象: エージェント・██ ███

インタビュアー: ██博士

付記: エージェント・██ ███には記憶処理を施していません。

<録音開始>

██博士: エージェント・██ ███、時間がないから挨拶は省かせていただく。事件記録11 - 日付YYYY/MM/DDのときに君は現場記録と推理をメモ帳にまとめあげようとしたね?理由を教えてくれ。

エージェント・██ ███: ええ、あの時自分は妙に頭がキレて現場を確認したあとすぐに推理したことをメモ帳に書き留めようとしたんですが途中まで書いていると急にその考えがなくなっちゃったというか・・・

██博士: わかった。その推理は今思い出せないのかね?

エージェント・██ ███: すみません。思い出せません。

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了>

終了報告書: 頭がキレるようになるということは人間に害ばかりを与えるオブジェクトではないようだ。エージェント・██ ███にはCクラス記憶処理を施しておく。‐██博士

██博士の文書
接触物 結果 推測
男性 体に巨大なあかぎれ SCP-XXX-JP‐Bは男性に接触し、皮膚が切れる能力を付与した
███ 財団の職務にキレる SCP-XXX-JP‐Bが彼がキレる能力を付与した
██ ███ 頭が抜群にキレる SCP-XXX-JP‐Bが彼の頭がキレる能力を付与した
捕獲用ネット ネットが切断される SCP-XXX-JP‐Bがネットに途切れる状態を付与した
発光機 光が途切れる SCP-XXX-JP‐Bが発光機に電源が切れる状態を付与した
偵察用ドローン 通信が途切れる SCP-XXX-JP‐Bが通信が途切れる状態を付与した

██博士:SCP-XXX-JPは接触した物体に"きれる"の意味を有する状態・能力を付与するのだろう。第2次収容作戦ではSCP-XXX-JPが金属製の捕獲用ゲージに接触しても異常性は確認されなかったことからSCP-XXX-JPは金属にはその特異性を発揮することは現状不可能であると推測される。またインシデント記録XXX-JP-A~C,第1・2次収容作戦の報告書からSCP-XXX-JPA,B,Cが順に接触しなければその特異性は発揮されないことが確認できる。

第3次収容計画XX3報告書 - 日付YYYY/MM/DD

実施方法: 金属に接触しても特性が発揮されないその性質から金属製のゲージを使用する。SCP-XXX-JPA,B,Cは各個では特異性を発揮できないためSCP-XXX-JPA,B,Cを別々に捕獲する。3つ捕獲用ゲージを用意し、内部に餌を設置する。SCP-XXX-JPを誘導、捕獲した後サイト‐11に移送。収容する。
結果: SCP-XXX-JPA,B,Cが一緒になってゲージの内部に侵入したためSCP-XXX-JPA,B,Cが箱詰め状態になるアクシデントが発生しましたが、その後大型のゲージに収容することによってこのアクシデントは解決されました。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト823の縦10m横10m高さ10mの虹彩認証式電子錠がついた鋼鉄製のドアを備えた完全防音の生物収容室に収容してください。収容室内部には高性能録音機器を設置し対象の発する音声を常に録音、解析してください。収容室から半径5m以内には何者であっても侵入することは許可されていません。許可なく電子錠のロックが解除された場合収容違反が発生したとみなされます。その場合は直ちにサイト内のシャッターをすべて締め切り対象を隔離してください。

説明: SCP-XXX-JPは日本語を話し直立二足歩行する体長3mほどの大型の未知の生物です。未知の黒い物質が対象を包んでいるため詳細の確認はできていません。皮のジャケットをみにつけておりその材質は人の皮膚であることがわかっています。

SCP-XXX-JPの発する一定の文章は認識災害作用を持っており、その音声を聞いた人間は激しい悪寒を覚えます。その後SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JPの音声を聞いた人間(以下SCP-XXX-JP-1とする。)にジャケットを与え、その代わりにSCP-XXX-JP-1の皮膚をSCP-XXX-JP-1に要求します。SCP-XXX-JP-1がジャケットをみにつけると悪寒は治まり、SCP-XXX-JP-1は自らの皮膚を爪で〔データ削除済み〕し対象に差し出します。その後SCP-XXX-JP-1は大量出血によるショックで死亡します。この悪寒を解消するすべは現在SCP-XXX-JPが身に着けているジャケットを着用する以外見つかっていません。

SCP-XXX-JPは、20██/8/14に██県██市にある███公園でSCP-XXX-JP-1の皮膚でジャケットを作成しているところを一般市民が発見し通報したことから財団の目にとまりました。財団より先に現場に到着した警官はSCP-XXX-JPに対して発砲しましたがSCP-XXX-JPは何も反応を示しませんでした。機動部隊隊長がSCP-XXX-JPに実験に協力するように説得したところ、SCP-XXX-JPは「私にできることがあれば」と快く実験に参加しました。

[[collapsible show="+ 実験記録" hide="- 実験記録を閉じる"]]

日付: 20██/8/20
対象: D-42583
目的: SCP-XXX-JP-1への暴露とその経過記録


D-42583をSCP-XXX-JPが収容されている部屋に送り込む
D-42583: