yosh0123

"A,G,C,T" by NAKAJIMA ENGINEERING

SECURE.CONTAIN.PROTECT.SECURE.CONTAIN.PROTECT.SECURE.CONTAIN.PROTECT.SECURE.CONTAIN.PROTECT.

暫定版・執筆ガイド

幻島とは探検によって一度は存在が確認されたものの、後世の再調査によって実在が否定された島を指します。
それは領土拡大と資源獲得に燃える当時の人々が産み出した近現代の伝説であり、儚く消えたおとぎ話でもあります。
しかしもしそれが伝説やおとぎ話ではなかったとしたら?
幻島は財団世界にかつて実在した島であり、なんらかの超常的な要因である日突然消えてしまったのだとしたら……?
そのようなアイデアを元にして"幻島同盟"は作られました。

シベリア東岸の海流交錯点、ノボシビルシキー周辺を彷徨う「サンニコフ島」、
日本列島の南東にあり、グランパス、ロス=ジャルディンほか多数の疑存嶼を擁する「アンソン多島海」、
そしてアメリカ大陸最大の幻島、16世紀の書籍にこの世の極楽と謳われた「カリフォルニア島」!
かつて数百数千と存在した幻島の住人達は己が存在を守るため、『発見され、上陸され、財団のある世界に組み込まれてしまわないため』に別世界へ三々五々と姿を隠し、そこで団結したのが"幻島同盟"なのです。

その成立には「トゥーレ」と名乗る謎めいた存在(名前はご存知の方も多いことでしょう)が携わっていました。
トゥーレは手始めに各幻島へ『現世界を脱出し、同じ境遇の島々と力を合わせよ』という内容の手紙 <逐電書簡>と、そのための機能を持つ超常オブジェクト <遺物> を贈り、数年後に様子を見に来たらどの島もいがみ合ってギスギスしていたので島主を集めて話し合いを行わせ、同盟を作ってやりました。
さらにその後、トゥーレはひとりぼっちの同盟に「カプト・マゴニア」や「アンティリア」のような"伝説の土地"を紹介してやり、幾つもの世界を跨いだ国交を結ぶ手助けを行っていました。
やがて同盟が独り立ちした頃にトゥーレの使者達は忽然と姿を消してしまいましたが、同盟はその帰還を待ち望みつつ"伝説の土地"の幾つかと21世紀初頭においても協力関係を維持しています。

協力……なぜ?隠れ潜んで事足りるなら、外に繋がりを作る必要はないのでは?
いえ、それは違います!彼らは常に恐るべき脅威に晒されています!
「虫喰」、「艦隊」、「調査団」!
時空間の壁を容易く超えてやってくるこれらの敵対存在が彼らの領域に侵入し、時には手ひどく蹂躙していきます。
食われ、奪われ、暴かれて消滅してしまった島は一つや二つではありません。
ゆえに同盟は常に戦いへの備えを怠らず、未発見の幻島やそこに眠る新たな<遺物>、そしてなによりも多くの資源や食料を求めて内外へその手を伸ばしています。かつて彼らが存在を許されていた財団世界や、<門>によって繋がった別の世界へ漕ぎ出していくこともしばしばです。

そのような行動を取る幻島同盟が"SCP財団"やその他GoIに存在を捕捉されるのも、しごく当然の成り行きですよね!

不明点・おかしな点などありましたら、どうぞお気軽にディスカッションあるいはPMでご連絡ください。

画像出典
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:BlankMap-World-noborders.png


http://scp-jp-sandbox2.wdfiles.com/local--files/yosh0123/mag.mp4

<video src="mag.mp4" width="640" height="360" controls preload></video>


メモ: 翻訳記事の転載の際には翻訳記事の著作者一覧の追加も忘れずに!
メモ: [[image http://(サンドボックスに置いてある画像のアドレス)]] でフォーラムに画像が貼れる!
$E = mc^2$
$パイロットのミーシャがめちゃめちゃに$

SECURE.CONTAIN.PROTECT…TASHIKAME.OSAME.TAMOTSU.TAMOCHI.IRE.MAMORU.SURPRISE.CHARM.POETRY.