yeesan
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが何であるかについて正確に示された情報は、財団施設内に適切に保管された文書1部のみでなければなりません。SCP-XXX-JPの再発見を防ぐため、全てのトイレットペーパーは円筒形あるいはティッシュペーパーのように箱に収納して出荷されなければなりません。

説明: SCP-XXX-JPは恐らく[削除済]に関する特定の行為および、無限に分割されるその概念です。

対象がSCP-XXX-JPを認識した場合、以下の異常な影響を受けます。

[フェーズⅠ]
SCP-XXX-JPにはSCP-XXX-JP-1/2とSCP-XXX-JP-2/2が存在すると考えるようになります。これらの詳細は現在不明ですが、この時点では2つの行為はほぼ全ての対象で同じであるようです。SCP-XXX-JP-1/2およびSCP-XXX-JP-2/2は更にSCP-XXX-JP-1/3からSCP-XXX-JP-5/3までの行為として捉えられるようになり、これが平均して75段階まで続きます。この時点でSCP-XXX-JPに対する対象の認識は非常に様々です。

[フェーズⅡ]
影響が一定まで進むと、SCP-XXX-JPについての差異が既存の概念の細断を伴うようになります。これは赤色を紅と緋に区別することや、思うことを考える・感じる・推測するというように分化させることと同じものであると住吉博士が残しています。細断された概念の多くが全く新しいものであるため、対象はこれを他者と共有することは出来ません。

スカベンジャーの画像はこちらからお借りしました。
提供元https://www.photo-ac.com/main/detail/219237?title=%E3%83%8F%E3%82%B2%E3%83%AF%E3%82%B7
作者:Pole Pole氏