wired990の翻訳置き場

SCP-4444 - Bush v. Gore / ブッシュ対ゴア 翻訳案

タグ: 4000 生命 ブライト博士 シメリアン博士 クレフ博士 ライト博士 ドクター・スパンコ 外部エントロピー esoteric-class 倫理委員会 異次元 地球外 世界オカルト連合 歴史 人間型 非実体 ケイン・パトス・クロウ 知性 scp 自我 異常事件課

評価: 0+x


warning.png

classified.png

bushvgore.jpg

SCP-4444(左)と財団の博士ジャック・ブライト(右)



特別収容プロトコル: SCP-4444はTiconderogaのオブジェクトクラスの導入と同時に財団分類委員会が制定したプロトコルの下収容されています。このクラス(SCP-4444のために明確に作り出された)は、財団が利用可能な技術を用いて収容するにはあまりにも強力であるかあまりにも逃げやすいがその性質のためにいかなる種類の大規模な収容プロトコルも必要としない実体の現在進行中の収容を成し遂げるためのルールおよび手順を確立しています。

Special Containment Procedures: SCP-4444 is contained under the protocols established by the Foundation Classification Committee upon the introduction of the Ticonderoga object class. This class, created specifically for SCP-4444, establishes rules and procedures for managing the ongoing containment of entities that are either too powerful or too evasive for the Foundation to contain using available technologies, but due to their nature do not require any sort of extensive containment procedures.

Ticonderogaクラスが確立したプロトコルは以下の通りです:

The protocols established by the Ticonderoga-class are as follows:

  • SCP-4444は絶えず続く慎重な監視の下に置かれます(これにはSCP-4444が自身の家の中にいる間も含まれます)。
  • SCP-4444 is to be under constant, discreet supervision - including while in its own home.
  • 財団・UIUのいずれの職員もSCP-4444を捕らえようとすることは許可されません。そのような行動を取ることはSCP-4444の異常な特性を悪化させるのみであることがこれまでに証明されているからです。
  • Neither Foundation or UIU personnel are to attempt to apprehend SCP-4444, as doing so has proven only to aggravate its anomalous characteristics.
  • 財団とUIUは両者とも、万が一SCP-4444が悪化した場合にはSCP-4444との話し合いを容易にするため訓練された危機交渉者の職員を現場へ派遣します。SCP-4444の態度により、これは異常な感情の爆発を解消する効果的な戦略であることがこれまでに証明されています。
  • Both the Foundation and the UIU are to have a staff of trained crisis negotiators on-site in order to facilitate discussions with SCP-4444, should it become aggravated. Due to SCP-4444's demeanor, this has proven an effective strategy in negotiating resolutions to anomalous outbursts.
  • 財団・UIUのいずれもSCP-4444をアメリカ合衆国の元副大統領であるアル・ゴア氏の頭部から取り除こうとすることは許可されません。そのような行動を取ることはSCP-4444を悪化させ、収容違反寸前の状態に追い込むのみであることがこれまでに証明されているからです。
  • Neither the Foundation nor the UIU are to attempt to remove SCP-4444 from the head of former United States Vice President Al Gore. Doing so has only proven to aggravate the entity, resulting in near-breaches of containment.
  • アル・ゴア氏の公式行事への出席は限定されます(彼の同意を得た上で、SCP-4444の異常な能力の露出を予防するため)。
  • Al Gore's public appearances are to be limited - with his agreement, in order to prevent possible exposure of SCP-4444's anomalous abilities.

分類委員会による9-2の投票の結果、SCP-4444の行動の監視において使用するためのTiconderogaクラス1を設立することが可決されました。Ticonderogaクラスのプロトコルにより、SCP-4444は万が一破壊的な異常活動の兆候が見られ始めた場合、分類委員会による投票の必要なく即座に異なるオブジェクトクラスへ移すことができます。現在のところ、これは必要であることが証明されていません。

After a 9-2 Classification Committee vote, it was resolved that the Ticonderoga-class2 be established for use in monitoring SCP-4444's actions. Due to the protocols of the Ticonderoga-class, SCP-4444 can be quickly moved to a different object class, without the need for a Classification Committee vote, should it begin to show signs of disruptive anomalous activity. So far, this has not proven necessary.

アメリカ合衆国政府との協定の一部として、SCP-4444はUIUのエージェントらと合同で、利用可能な財団のエージェントら(その一部はSCP-4444をその個人の護衛から引き離すことが可能である者)を用いて監視します。この観察とさらなる補助的な研究の範囲を超える他の収容プロトコルは現在のTiconderogaクラスのプロトコルには一切必要とされていません。

As part of an agreement with the United States government, SCP-4444 is to be jointly monitored by available Foundation assets, some of whom are to make up its personal security detachment, along with agents from the UIU. Beyond this observation and further auxiliary research, no other containment procedures are required by current Ticonderoga-class protocols.

このファイルには適切なクリアランスを持った財団とUIUの両方の職員がアクセス可能です。

Access to this file will be made available to both Foundation and UIU personnel with appropriate clearances.

AlGore.png

SCP-4444


説明: SCP-4444は非物質的な異次元の実体で、推定上1998年後半からアメリカ合衆国の元副大統領であるアルバート・アーノルド・ゴア・ジュニア氏の肉体と共生しています。この実体は肉眼では見えませんが、赤外線の下では6つの三角形の孔3を持った1つの長く細く半透明の六角錐(その6つの面のそれぞれの頂点がゴア副大統領の後頭部の上側から出現している)であるように見えます。この実体には1つの異星の言語で書かれた多数の象形文字が刻み込まれており、その多くは実体自身がゴア副大統領の声を利用している時に光ります。

Description: SCP-4444 is an incorporeal extra-dimensional entity that has been cohabitating the body of former United States Vice President Albert Arnold Gore Jr., presumably since late 1998. The entity is invisible to the naked eye, but appears under infrared as a long, slender, translucent, hexagonal pyramid with six triangular vents4, one at the top of each of its six faces, emerging from the upper back of Vice President Gore's head. The entity is inscribed with numerous glyphs written in an alien language, many of which glow when it is coopting the voice of Vice President Gore.

SCP-4444はゴア副大統領の次元を改変する能力を有しており、これは収容を回避または脱出するために彼を非物質的なものにさせることを可能にしています。これを行っている時、SCP-4444は赤外線の下で明るく光り始め、そして実体自身とゴア副大統領の両方はありとあらゆる物理的障壁を通り抜けることができるようになります。財団のエンジニアらはSCP-4444を拘束することのできる技術を現在まだ発見しておらず、実体の収容を維持することを不可能にしています。これに加えて、SCP-4444は他の異常な能力5を数多く有しているようであり、情報認識に対する不変の脅威となっています。これにもかかわらず、2000年に行われたアメリカ合衆国大統領選挙戦の終わり以来、SCP-4444はこれらの異常能力のうちのいずれも発現していません。

SCP-4444 is capable of altering the dimensionality of Vice President Gore, allowing him to become incorporeal in order to evade or escape containment. When doing this, SCP-4444 begins to glow brightly under infrared, and both itself and the Vice President become capable of walking through any and all physical barriers. Foundation engineers have not yet discovered the technology capable of restraining SCP-4444, making it impossible to maintain containment of the entity. Beyond this, SCP-4444 appears to have a number of other anomalous abilities6, making it a consistent threat to informational awareness breach. Despite this, since the end of the 2000 United States Presidential race, SCP-4444 has expressed none of these anomalous abilities.

SCP-4444は自らを同様の実体の巨大な集合体の一部と称しています。SCP-4444は「ガーバー・ゴア」という名前に応答し、そしてゴア副大統領の声を利用することによって発話をすることができます。しかしその話し方は普通でなく通常は構文解析することが困難です(これはSCP-4444の生来のコミュニケーション方法とゴア副大統領の脳の間にある言葉の壁によるものである可能性が高いです)。

SCP-4444 refers to itself as part of a massive collective of similar entities. It responds to the name "Garber Gore" and can speak by coopting the voice of Vice President Gore, though its speech patterns are unusual and typically difficult to parse, likely due to the translation barrier between SCP-4444's native means of communication and Vice President Gore's brain.

SCP-4444は地球へやってきた目的を自身の属する集合体(共生するための新たな知覚ある存在を探して宇宙を旅している同様の異次元の円錐状実体の集団)のための偵察任務であったと述べています。SCP-4444自身の認めるところによると、この共生は典型的にはSCP-4444(そして、推定上、SCP-4444のような他の実体)が直接太陽の放射線に曝された時に異常に大量の温室効果ガスを排出することによる温室効果障害を原因として、通常共生相手の惑星を破壊する結果をもたらします。

SCP-4444's stated intention for arriving on Earth was as a reconnaissance mission for its collective, a group of similar extradimensional conical entities who travel across the universe searching for new sentient beings to cohabitate with. By SCP-4444's own admission, the result of this cohabitation usually results the destruction of the host planet, typically due to greenhouse failure, as SCP-4444 (and, presumably, other instances like it) produces an unusually high amount of greenhouse gases when directly exposed to solar radiation.

SCP-4444はまた自身が地球で最も強力な実体の精神と共生(他の異次元存在の到着がそれが何であれその実体の示す力によって妨げられることがないであろうことを保証するために行う)しない限り、自身の種族が地球を訪れることはないであろうということも認めています。SCP-4444は1998年の後半に地球に到着した時、その人物がゴア副大統領であると誤って信じました7。その誤りに気付くのがあまりに遅すぎそして自身をその副大統領の頭部から取り除くことが不可能となっていたため、SCP-4444はその後自身の目的をアメリカ合衆国の最高権力者に選出されることに定めました。

SCP-4444 has also admitted that its population would not travel to Earth unless it had cohabitated the mind of the most powerful entity on the planet, in order to assure that the arrival of the other extradimensional beings would not be impeded by whatever power that entity represented. When SCP-4444 arrived in late 1998, it mistakenly believed that person was Vice President Al Gore8. Realizing its mistake too late and being unable to remove itself from the Vice President's head, SCP-4444 then set upon its goal of being elected to the United States' highest office.

補遺4444.1: 発見

SCP-4444は異常事件課(UIU)の2人のエージェント(両者とも当時ビル・クリントン大統領のシークレットサービスの警護官に任命されていた)によって発見されました。「リングウォルド」と「ポーターハウス」というコードネームで呼ばれていたそのエージェントらは、クリントン大統領とジョー・アンドリュー氏(当時民主党全国委員会の委員長を務めていた)の間で行われた以下の電話での会話を盗聴していました。

SCP-4444 was discovered by two agents of the Unusual Incidents Unit, both of whom were assigned to President Bill Clinton's secret service at the time. The agents, codenamed "Ringwald" and "Porterhouse", were listening in to the following phone conversation held between President Clinton and Joe Andrew, who was at the time the chair of the Democratic National Committee.

uiuheader.png

内部音声記録の転写

Internal Audio Recording Transcript

[記録開始]

クリントン: こちら大統領。

Clinton: This is the President.

アンドリュー: ビル、私はジョーだ。

Andrew: Bill, it's Joe.

クリントン: (遮って) ジョー! やあ、元気にしてたかね? 我々はつい先日君の話をしていたところだよ、知っているとは思うが我々は今度晩餐会を開く予定だから――

Clinton: (Interrupting) Joe! Hey man, how've you been? We were just talking about you the other day, you know we've got that dinner coming up and-

アンドリュー: (遮って) ああうむ、知っているよビル、だが聞いてくれ。今我々の周りで奇妙なことが起こっているんだ。私はまず最初に君に話したいと思った。

Andrew: (Interrupting) Yeah yeah, I know Bill, but look. We've got something weird going on. I thought I'd talk to you first.

クリントン: それは何だ?

Clinton: What's that?

アンドリュー: 私はたった今副大統領との電話を切ったんだが、彼は私に自分が2000年の選挙に立候補するつもりだと言ったんだ。

Andrew: I just got off the phone with the Vice President, and he told me that he's going to be running in 2000.

クリントン: 本当か? そいつはいい、頑張れアル。彼は素晴らしい大統領になるだろう。

Clinton: Is that right? Hell yeah, good for Al. He'll be great.

アンドリュー: ああ、だから、それが問題なんだよビル。彼は話し始めたんだ、いかにして自分の頭の中にある種の……私には彼の言ったことがよくわからないんだが、彼の頭の中にはある種の地球外生物が住むようになったみたいなんだ、そしてそれがいかに――

Andrew: Yeah, see, that's the thing Bill. He starts talking about how he's got some sort of… I don't know what he said, like some sort of extra-terrestrial living in his brain, and how-

クリントン: 地球外生物? E.T.みたいなってことか?

Clinton: Extra-terrestrial? You mean like the E.T.?

アンドリュー: その通りさ大統領。彼は自分の脳味噌の中のそのエイリアンがいかに大統領に立候補して世界をソドミー9したがっているか、とかそんなような無茶苦茶なことを話し始めたんだ。彼はホントに狂ってた。

Andrew: Precisely sir. He starts talking about how this alien in his noggin wants to run for president so it can sodomize the world, or some such nonsense. He was really off his rocker.

クリントン: ええと、(笑い声を上げる) 君は知っているだろうアルのことを、彼は以前ヤクに手を出していた。ちょっとばかりマリファナを吸っていただけかもしれないぞ、あるいは――

Clinton: I mean, (laughs) you know Al, he's gotten into some stuff before. Might've just been a bit of the reefer, or-

アンドリュー: いやいや、違うんだ、私もそう考えたが。私は彼の警備主任のダニエルズを呼んだ。そのダニエルズが言うには、彼はそれまで一晩中自分のオフィスの中で座って、帽子の試着をしていたんだそうだ。何にも触れてはいなかった――マリファナにも、一滴の酒にさえもだ。ダニエルズは2、3回彼の所へ行ったが、彼は独り言を言い続けていたんだそうだ。こんなに奇妙なことはないよ。

Andrew: No no, see, I thought that too. I called Daniels, his security chief. Says he's been sitting in his office all night, trying on hats. Hasn't touched anything - no reefer, not a drop of booze. He said he's walked in on him a few times, talking to himself. It's the most bizarre thing.

クリントン: ふーむむむ。ええとジョー、それはただ彼がストレスで気が変になっていただけかもしれないぞ。私は二晩続けて、その早くにミッキー・マントル10が私のクローゼットの中で座っているのを見始めてしまったことがあって、そして彼らとその話をでかい声で長々としたんだ。ヒラリーに訊いてみろ、彼女は隣の部屋からその話を聞いていたはずだから! それはただのストレスさジョー、心配することは何も――

Clinton: Hmmmm. You know Joe, it might just be the stress getting to him. There were a couple nights early on where I would just start seeing Mickey Mantle sitting in my closet, and I'd have these big long conversations with them. Ask Hillary, she could hear them from the next room! It's just the stress Joe, nothing to worry-

アンドリュー: それだけじゃないんだ、大統領。ダニエルズは彼が事前にドアを閉めていて、そしてそのドアを歩いて通り抜けてしまったって言うんだ、まるでそれがそこに存在していないかのように。真直ぐ冷蔵庫の方へ歩いて行って、そしてそれに手を突っ込んだんだそうだ、まるである種の幽霊か何かみたいに、そしてコークの缶をまるでそれが幽霊の飲み物であるかのように取り出したんだそうだ。彼は今自分のチームの全員を怖がらせているところだよ、ビル。我々は今度の公式晩餐会で会うことになるだろうが、正直に言うと私は我々がこのように彼を除外して話すことができるかどうかわからない。

Andrew: That's not all, sir. Daniels said he had the door closed earlier, and he just walked through the door like it wasn't there. Walked straight over to the fridge and stuck his hand through it like some sort of apparition or something, and pulled a can of Coke out like it was a ghostly beverage. He's got his whole team spooked right now, Bill. We've got that state dinner coming up, and I'll be honest I don't know if we can take him out like this.

クリントン: そうだな、それは……ふーむ。それはほぼ確実にマリファナではないな、そういうことなら。

Clinton: Yeah, that's… hmm. That's probably not the reefer, then.

[記録終了]

この最初の事案を受けて、エージェント・リングウォルドとエージェント・ポーターハウスはUIU本部のエージェントらにこれを通報し、UIU本部のエージェントらは副大統領を収容し彼のアノマリーの性質を突き止めるべく現場へ駆け付けました。不幸なことに、そのアノマリーによって、副大統領を拘束することはできず、そして彼は自身が健康であると主張しました。アノマリーがUIUの能力では制御できないものであることが明らかになった時、同組織のエージェントらは財団に助けを求めました。

In the wake of this initial incident, Agents Ringwald and Porterhouse alerted operatives at UIU central, who moved in to contain the Vice President and ascertain the nature of his anomaly. Unfortunately, due to that anomaly, the Vice President could not be restrained, and insisted he was fine. When it became apparent that the anomaly was outside of the UIU's ability to control, assets within that organization reached out to the Foundation.

SCP-4444が財団の能力でも制御できないものであることが明らかになるとすぐに、収容プロトコルを改定することが議論されました。

Once the Foundation discovered that SCP-4444 was outside of their ability to contain as well, alternate containment protocols were discussed.

補遺4444.2: インタビュー

以下のインタビューはサイト-14のサイト管理官アレックス・マーベル、FBI特殊部隊副隊長アダム・スピローニ、そしてアル・ゴア副大統領(SCP-4444)の間で実施されました。

The following interview was conducted between Site Director Alex Mabel, Site-14, FBI Associate Director of Special Units Adam Spironi, and Vice President Al Gore (SCP-4444).

ticonheader.png

[記録開始]

マーベル: よし、それでは始めよう。SCP-4444、君は――

Mabel: Alright, let's begin. SCP-4444, you have-

スピローニ: おいゴアさんと呼べよ、この方は依然としてアメリカの偉大な副大統領で――

Spironi: It's Mr. Gore for Chrissake, he's still the goddamn Vice President of the-

SCP-4444: まあまあアダムくん、いいさ、気を遣わないでくれたまえ。その紳士に話をさせてあげて、彼の言わなければならないことが何であるかを聞くとしようじゃないか。

SCP-4444: Now Adam, please, it's all right. Let's let the gentleman talk and see what he has to say.

マーベル: ありがとうございます。ゴアさん、あなたがよくご存知の通り我々は最近あなたの行動を監視させていただいており、あなたの振る舞いに起きた特異な変化を記録させていただいています。

Mabel: Thanks. Mr. Gore, as you well know we've recently been following your actions and have noted some peculiar changes in your behaviour.

SCP-4444: ふーむ。ええと、私はそれが一体どういったものなのか想像できないな。私は今も他の人々と同じようにズボンを穿くよ、一度に入れる脚は1本だけだ。

SCP-4444: Hmm. Well, I can't imagine what those might be. I still put my pants on like the other guys, one leg at a time.

マーベル: ええ、それもです、あなたは実際先日変わったズボンの穿き方をなさったように見えました。

Mabel: Yeah, see, you actually seemed to phase into your pants the other day.

スピローニ: (目をぐるりと動かす) 彼らはあなたがある種のお化けか幽霊のようなものであると考えているのです、副大統領。あなたはお化けか幽霊なのですか?

Spironi: (Rolls eyes) They think you’re like some kind of spook or phantom, Mr. Vice President. Are you a spook or a phantom?

SCP-4444: おやおや何ということだ、というか、私はそのようには思っていない。私は最近いかなる心霊現象にも参加していないと思うよ、少なくとも私の思い出せる限りでは決して。

SCP-4444: Well golly, I mean, I don't think so. I don't think I've partaken in any hauntings as of late, at least none that I remember.

スピローニとSCP-4444は笑い声を上げる。

Spironi and SCP-4444 laugh.

マーベル: ゴアさん、我々は自分たちが見つけられるあらゆる普通でない活動がないかどうかを見るためあなたのご自宅を温度カメラと赤外線カメラを使って日常的に監視させていただいており、そしてあなたはご自身の後頭部から1つの長さ1mの非物質的な鋭く尖ったものを出現させていらっしゃるように見えるのです。

Mabel: Mr. Gore, we did a routine scan of your home using thermal and infrared cameras to see if we could detect any unusual activity, and it seems that you have a meter long incorporeal spike coming out of the back of your head.

SCP-4444: なんとまあそれは馬鹿げた話だ、ほら見てみたまえ――(後頭部を軽く叩く) 君たちは何かの長い道具が頭の後ろから飛び出していることに私が気が付くなんて思わないだろう?

SCP-4444: Now that's silly, look- (pats the back of his head) don't you think I'd notice some sort of long implement protruding from back there?

スピローニ: 勿論です、その通りです副大統領、それはただ――

Spironi: Of course sir, definitely sir, it's just that-

マーベル: あなたは最近何か奇妙な夢をご覧になることはありませんでしたか、副大統領? あるいは何かの普通でない欲求をお感じになることは?

Mabel: You haven't had any strange dreams recently, have you sir? Or maybe some kind of unusual cravings?

SCP-4444: うーむ、そう言われてみれば、先日の夜にこの間食べた食べ物が出てくる夢を見たな。私は食べ物の夢はそんなに多く見ないんだよ、わかっているだろうが。

SCP-4444: Well, now that you think of it, I did have a dream the other night about some food I had a while back. I don't get many food dreams, you know.

スピローニ: ほら、聞いただろ? ただの食べ物の夢だ、この方は――

Spironi: There, see? Just a food dream, he's not-

マーベル: ゴアさん、あなたは何か異星から来た霊的存在を匿ってはいらっしゃいませんか?

Mabel: Mr. Gore, you wouldn't be harboring any alien intelligences, would you?

ゴア副大統領は固まって眉間に皺を寄せる。彼は言葉を話すために口を開く。

Vice President Gore pauses and furrows his brow. He opens his mouth to speak.

SCP-4444: (不明瞭な発話)

SCP-4444: (Indistinct garbling)

スピローニ: あのー?

Spironi: Excuse me?

マーベル: まあ待て――もう一度仰っていただけますか、副大統領?

Mabel: Hang on- say that again, sir?

SCP-4444: (再び口を開き、そしてラジオの周波数が合わせられている音が聞かれる)

SCP-4444: (Opens mouth again, and the sound of a radio being tuned is audible)

スピローニ: 一体全体何なんだこれは。

Spironi: What in the name of Mary is this.

マーベル: ハロー? そちらにどなたか他の方はいらっしゃいますか?

Mabel: Hello? Is there anyone else in there?

周波数を合わせる音がさらにしばらくの間聞かれ、その後再び副大統領の声が聞かれる。

Tuning sound is present for a short while longer, until Vice President Gore's voice is audible again.

SCP-4444: 不思議ナ木ノ実。ガーバー・ゴアノ名前。提示シタ?

SCP-4444: Wonder nuts. Name of Garber Gore. Presented?

スピローニ: はあ?

Spironi: Huh?

マーベル: どうもこんにちは、私の名前はマーベル管理官です、我々は――

Mabel: Hello there, my name is Director Mabel, and we-

SCP-4444: まあまあ今は待てガーバー、私はまだ適切な自己紹介をしていないのだから。

SCP-4444: Well hang on now Garber, I haven't done proper introductions yet.

SCP-4444: 極悪非道Nefariousness! 誤謬理解ソノナンセンスnonsense。ガーバー・ゴアガ占メタ。身分証明何ノ上ニモウ片方?

SCP-4444: Nefariousness! Falacy uptake the nonsense. Garber Gore accounted. Identification whereon the other?

マーベル: 彼は君に名前を名乗ってほしいのだと思う、スピローニ。

Mabel: I think he wants your name, Spironi.

スピローニ: 私、あー、私はアダム・スピローニです。

Spironi: I, uh, I'm Adam Spironi.

SCP-4444: (溜息をつく) やれやれ諸君、この老いぼれの秘密がバレてしまったようだな。私はどうやらこの人生と呼ばれるものを通して一人の意図せぬ旅人に出会ってしまったようなんだ。これはガーバー、ラストネームはゴアという。彼はこの古びたドームに居を定めた、ほら見ただろう。

SCP-4444: (Sighs) Well boys, I suppose the ole cat is out of the bag. Seems like I've got an unintended traveler through this thing called life. This is Garber, last name Gore. He's taken up residence in the ole dome here, see.

マーベル: あなたがこの存在に最初に遭遇なさったのはいつのことですか?

Mabel: When did you first encounter this being?

SCP-4444: 白熱! 輝カシサ! 決定デキナイ!Incandescence! Illustriousness! Indeterminable!

SCP-4444: Incandescence! Illustriousness! Indeterminable!

SCP-4444: うーむ、ええと。ほんの2、3日前の夜のことだった、確か。私が寝床に就いたその直後、私は自分の部屋の中で誰かが喋っているのを聞いたんだ。私は電気を点けた、勿論、そしてそこには密告者はいなかったが私は依然としてこの声を聞き続けた。結局それはここにいる私の相棒ガーバーであったことがわかった、私の脳にアクセスしたんだ。

SCP-4444: Well, let's see. It was just a few nights ago, I believe. I had just turned in for the night when I heard someone talking in my room. I turned the light on, you know, and Tipper wasn't there but I still kept hearing this voice. Turns out it was my buddy Garber here, tuning in to my brain.

スピローニ: それがあなたをそのようにお喋りにならせているのですか?

Spironi: Is it making you talk like that?

SCP-4444: この親愛なるガーバーは実際のところ君たちや私のようには物事を見ていないのだと思う。彼はただいくらかの自分の意図を伝えてくるだけでそしてそれは全て面白おかしく聞こえるんだ。彼は本当に面白い奴さ。とても風変わりで。

SCP-4444: I think ole Garber doesn't really see things like you and me. He just sort of gets his meaning across and it sounds all funny. He's a real funny dude. Very peculiar.

スピローニ: ええ、そのようですね。

Spironi: Yeah, seems like it.

マーベル: 副大統領、あなたはご自身の思考、もしくは気分に何か変化を感じていらっしゃいますか? とにかく何らかの心理や感情の変化を?

Mabel: Mr. Vice President, do you believe you’re experiencing any changes in thought, or mood? Any sort of psychological or emotional shifts at all?

SCP-4444: うーむ、かもしれない? ガーバーが私の頭の中に店を開いてからずっと、そこでは確かに融合が起こっているんだ。時々アルとガーバーの間の境界がどこにあるのかはっきりしなくなるんだよ、わかるだろう? 私たちは今やまるで親友同士、生涯の友同士さ。(笑い声を上げる) 妙な感じだよ、ほら、私はこれまで大統領に立候補するとかそういったことを実際に考えたことはなかったからね。でもガーバーの言うことにはとても説得力があったんだ。

SCP-4444: You know, I think maybe? Ever since Garber set up shop here in my head, there’s definitely a union going on there. Sometimes it’s hard to tell where the line between Al and Garber is, you know? We’re like best friends, lifelong pals. (Laughs) It’s sort of funny, you know, I hadn’t actually considered running or anything. But Garber is very persuasive.

マーベル: ガーバー、君がこの地球にいる目的は何だい?

Mabel: Garber, what is your purpose for being here on Earth?

SCP-4444: 精神思考スルガーバーノ栄養sustenanceヲ! 猥褻Salacious欲望事業奨励encouragement。縮小スルソノ征服conquestヲ。最モ強イStrongest一番強イmost strong。ガーバー・ゴアハ贈ッタ誤解misunderstandingヲ。最モ強イ誤解「副」同一視サレナイ。ソノ思考幹think-stemノ上ノ遂行implementationガーバー・ゴアニトッテノトンマナ不要性unnecessarity。選挙者ドモソノ票ヲ集メル大多数majorityニヨッテ改善Improvement状況ノsituational。ガーバー・ゴアハ成功スル大統領ノpresidential、奨励到着ノarrivalソノヨリ多数ノガーバーgreater Garber

SCP-4444: Mindthink the sustenance of Garber! Salacious desire undertaking encouragement. Downsize the conquest. Strongest most strong. Garber Gore presented misunderstanding. Strongest misunderstanding "Vice" unequated. Goofy unnecessarity for implementation Garber Gore on the think-stem. Improvement situational by majority gathering selectors the vote. Garber Gore succeed presidential, encouragement arrival the greater Garber.

スピローニ: それの言うどれもこれも一体何を意味しているのでしょうか。

Spironi: What the fuck does any of that mean.

SCP-4444: ええと、この親愛なるガーバーは自分がちょっぴり混同してしまったということを言おうとしてると思うんだ。彼は混同したんだよ、聞いただろう――彼は自分自身をこの惑星で最も強力な人間の脳の中に落としたかった、そして私のこととビルのことを混同した。私は彼に自分が光栄に思っていると言った、わかるだろうが、だがそれは彼が本当に人違いをしたということだった。けれどもガーバーはこの私の脳からひょっこり現れることしかできないというわけではないと私は思った、だから彼は決めたんだ――すなわち、私たちは決めたんだ――2000年の大統領選に立候補するということを。

SCP-4444: Well, I think ole Garber here is trying to say he had a bit of a mix up. He got confused, you see - he wanted to drop himself in the noggin of the most powerful man on the planet and got me and Bill mixed up. I told him I was flattered, you know, but that he really had the wrong man. I don't think Garber can just pop on out of my brain here though, so he's decided- that is to say, we’ve decided- that we're going to run for president in 2000.

SCP-4444: 不適当ナIncongruous

SCP-4444: Incongruous.

マーベル: 残念ながら、それが可能になることはありません。我々はこれよりあなたをさらなる観察のため我々の施設へお連れしなければなりません、ゴアさん、そして――

Mabel: Unfortunately, that won't be possible. We're going to need to bring you in to our facility for additional observation, Mr. Gore, and-

スピローニ: まあまあ待てよアレックス、この方はアメリカの副大統領の座に就いてらっしゃるんだぞ。君はこの方を直腸や君たちが興味を持ってるホモに関するクソッタレなこと何でもの徹底的な調査のために君たちのハッテン場の一つへ連れ去ることなんてできない。

Spironi: Well now hang on there Alex, this man is the sitting Vice President of the United States. You can't just whisk him away to one of your doo-diddle sites somewhere for probing of the rectum or whatever sort of homo shit you get into there.

マーベル: スピローニ、彼は異星から来た鋭く尖ったものを自分の頭蓋後部に埋め込んでしまってるんだぞ。

Mabel: Spironi, he's got an alien spike embedded in the back of his skull.

スピローニ: それにこの方は重要な政治の仕事のために必要とされてらっしゃる。それはおよそ実行不可能だ。

Spironi: And he's needed for important government work. It's just unworkable.

マーベル: 彼は大統領だ、スピローニ。大目に見てくれ。

Mabel: He's the Vice President, Spironi. Give me a break.

スピローニ: (間を置く) わかった、そうだな、君が正しい、だが――

Spironi: (Pauses) Alright, well, fair, but-

SCP-4444: 話を遮って悪いが諸君、残念ながらそれは本当にだめなんだ。ガーバーと私は2000年の選挙に立候補するし、君たちが私の走りを邪魔するためにできることは多くない。このガーバーは君たちや私の知っているこの三次元の中では完全な活動をしていないように見える、だからいつでも彼は私たちがここからある種の幽霊の風船のように正しく浮き上がることができるようになることを望んでいる。また私は彼に立ち向かうつもりもない、同様にね――私には彼が私の頭の中で本当に自分の指を引き金を引きたくてウズウズさせていることがはっきりとわかるんだ。

SCP-4444: I'm sorry to interrupt here gentlemen, but unfortunately there's really no way about it. Garber and I will run in 2000, and there's not much you can do to slow me down. Garber here doesn't seem to operate fully in the three dimensions you and I know, so anytime he wants we can just float right on out of here like some sort of ghostly balloon. I wouldn’t tempt him, either - I can tell he’s got a real itchy trigger finger in there.

マーベル: 当然ながら我々はそれを許すことはできません。

Mabel: You know we can't allow that.

SCP-4444: ええと、それじゃあ多分君たちは急いでここから出て行って考えを練った方がいいな、なぜならこの老いぼれのアルはトップの椅子へ向かってゴロゴロと転がって行くことに肚を決めているからね。

SCP-4444: Well, then I guess you better scoot on out of here get to thinking, because ole Al is fixing to roll on up to the big chair.

スピローニ: そいつはたまげたな。

Spironi: Well shit.

[記録終了]



補遺4444.3: 財団/UIUの合同討議

Addendum 4444.3: Joint Foundation/UIU Deliberations

以下は米国国防総省において開かれた数人の連邦捜査局のUIUの高位のメンバーと、財団の地域の指導者メンバーらの間の会議の転写です。この会議はSCP-4444やその異常な特性が公衆に発見されてしまうであろう極めて危険な兆候のために開かれました。

The following is a transcript of a meeting at the Pentagon between several high-ranking members of the Federal Bureau of Investigation’s UIU, as well as members of the Foundation's regional leadership. The meeting was called due to the high threat SCP-4444 or its anomalous properties would be discovered by the public.

ticonheader.png

内部音声記録の転写

Internal Audio Recording Transcript

出席者:

In Attendance:

  • 米国連邦捜査局局長ルイス・J・フリー
  • U.S. Federal Bureau of Investigation Director Louis J. Freeh
  • 米国連邦捜査局特別業務計画マネージャー オフィーリア・クラーク博士
  • U.S. Federal Bureau of Investigation Special Projects Manager Dr. Ophelia Clark
  • 米国連邦捜査局異常事件課課長ウィンストン・ビショップ
  • U.S. Federal Bureau of Investigation Unusual Incidents Unit Director Winston Bishop
  • 米国連邦捜査局異常事件課副課長ハワード・ディーン
  • U.S. Federal Bureau of Investigation Unusual Incidents Unit Assistant Director Howard Dean
  • 米国陸軍大将ジェイムス・ローランド
  • U.S. Army General James Roland
  • SCP財団地域管理官ソフィア・ライト博士
  • SCP Foundation Regional Director Dr. Sophia Light
  • SCP財団人事管理官ジャック・ブライト
  • SCP Foundation Director of Personnel Jack Bright
  • SCP財団公衆認識管理官ジェレミア・シメリアン博士
  • SCP Foundation Assistant Director of Public Awareness Dr. Jeremiah Cimmerian
  • SCP財団オカルト技術管理官ケイン・パトス・クロウ博士
  • SCP Foundation Director of Occult Technologies Dr. Kain Pathos Crow
  • SCP財団オカルト研究管理官代理アルト・クレフ
  • SCP Foundation Acting Director of Occult Studies Alto Clef

[SCP] ライト管理官: それでは始めましょう。フリー局長、このたびは我々の会議にご参加いただきましてありがとうございます。

[SCP] Director Light: Let's get started. Director Freeh, thank you for joining us.

[FBI] フリー局長: このような機会が得られて嬉しいよ。我々は切実にこの問題を可能な限り早く解決したいと思っているからね。

[FBI] Director Freeh: A pleasure. We just want to get this resolved as quickly as possible.

[SCP] ライト管理官: 我々も同じです。さて――皆さんご存知かもしれませんが、我々はこの先週いくらかの時間をゴア副大統領のご自宅で過ごし、我々がいかにして彼を彼の置かれている状況から助け出すべきかの詳細を詰めようといたしました。私は今から、あー――私の部下であるオカルト技術管理官に我々がそこで遂げた進展について説明してもらうといたしましょう。

[SCP] Director Light: As do we. Now - as you all may know, we spent some time at Vice President Gore's home this last week, trying to work out the details of how we might get him out of the situation he's in. I'll uh- refer to my Director of Occult Technologies about the progress we made there.

[SCP] クロウ管理官: はい、素晴らしい、ありがとうございます管理官。我々はこれまで――

[SCP] Director Crow: Yes, wonderful, thank you Director. We've been looking into-

[FBI] クラーク: それはおしゃべりをする犬なのね。

[FBI] Clark: That is a talking dog.

[SCP] クロウ管理官: ええその通り! さて、私の申し上げようとしたことは。我々はこれまで副大統領の後頭部に自らを貼り付けた当実体を調査してまいりました、そして申し上げましょう――奴は生意気なクソ野郎です。この手の非物質的な存在というのは常々――この件に関してはエージェント・クレフに助けてもらうといたしましょう。

[SCP] Director Crow: Quite! Now, as I was saying. We've been looking into the entity that has affixed itself to the back of the Vice President's head, and I'll say - it is a cheeky bastard. These sort of incorporeals always are - Agent Clef can second me on this matter.

沈黙。

[SCP] クレフ: おお、何だ、私か?

[SCP] Clef: Oh, what, me?

[SCP] クロウ管理官: ええそう、勿論あなたですよアルト。あなたのチームがこの実体についてこれまで学んできたことを教えるサービスを我々に提供してください。

[SCP] Director Crow: Yes yes, of course you Alto. Do us the service of telling us what your team has learned about this entity.

[SCP] クレフ: わかった、いいだろう、あー――(書類で一杯のファイルをくまなく調べる) 奴はマザーファッカーです、間違いなく。物理的に相互作用することはその構造、多くの平行次元の中に同時に存在している、のために不可能です、それははっきりと言えます。奴は我々がやっているようにはこの世界と相互作用していません――我々は奴がものを見ることはできないと思っております――奴はただ人に自分の外に物事をぶちまけさせるだけであり、そして我々は奴が三次元を認識していることを決して把握できておりません。ええ、言うなればそれは恐らく単なる、あー、単なる飾り、か何かに過ぎないのでしょう。

[SCP] Clef: Alright, well, uh- (rifles through a folder full of paperwork) it's a motherfucker, that's for sure. Impossible to interact with physically due to its structure, which exists within many parallel dimensions simultaneously, that we can tell. It doesn't interact with the world like we do - we don't think it can see - it's just got those those vent things on the outside of it and no way we can tell of perceiving a three dimensional world. Hell, even those are probably just for, uh, just for decoration, or something.

[FBI] ディーン副課長: 単なる……飾り?

[FBI] Asst. Director Dean: For… decoration?

[SCP] クレフ: ええそうです、奴はふざけた野郎です。そのため我々は副大統領の脳に注目し、そしてあえて言うならこの実体が接触するようになったその後部は本当にありとあらゆる点で滅茶苦茶になっていました。その脳は彼の脳ではなくそしてそれは本当に由々しき問題で、ただ彼の頭の中にあるその一種の宇宙はその全てがきちんと機能できる状態にあります。(間を置く) つまり、彼は健康です。あたかも、自身が今も正常であるかのように。彼の人格はこれまでのところあまり悪くもどうも変化していません――彼はただそこに一匹のエイリアンを住まわせてしまっているだけなのです。

[SCP] Clef: Yeah man, it's fucked. So we did some looking at the Vice President's brain, and suffice to say that it's really all sorts of messed up back there where the entity comes into contact with it. It's not his brain that's a problem really, just the sort of space inside his head is all akimbo. (Pauses) I mean, he's fine. Like, he's still all there. His personality hasn't changed too bad or anything - he's just got an alien living in there too.

[SCP] クロウ管理官: いかにも! そのため、私のチームは現在その右ネジを副大統領の頭から引っこ抜くために使うある技術を開発しております。これは、あー、ここで私に見させてください――(プロジェクターのリモコンをごそごそと探る)――よし、素晴らしい、オーケー。これは非物質的実体用真空チャンバー、ご覧の通り、いわば我々にとっての新設計です。我々はこれまでのところ幸運にもこの憎まれっ子の中にありとあらゆる種類の非物質的実体を収容することに成功しております、数多くのグールですとかそういったものも含めて。これは期待のできる技術です。

[SCP] Director Crow: Indeed! So, my team has been developing some technology that we might use to yank that screw right out of the Vice President's head. This, uh, let me see here- (fumbles with a projector remote) -yes, wonderful, okay. This is an Incorporeal Entity Vacuum Chamber, you see, sort of a new design for us. We've had some good luck with containing all sorts of incorporeal entities in this bad boy, including a number of ghouls and what-have-you. It is a promising technology.

[SCP] クレフ: 欠点は、もしそこに幽霊でないものを置いた場合、そやつを爆発させてしまうということですな。

[SCP] Clef: The downside is that, when you put things that aren't ghosts in there, they explode.

(不明瞭な囁き。)

(Uncertain murmuring.)

[SCP] クロウ管理官: ええ、そうですね、そのやり方でそれを置いた場合はそうなりますアルト、それは今もなお考慮すべき事項です。

[SCP] Director Crow: Yes, well, when you put it that way Alto, there are still considerations to be had there.

[FBI] ビショップ課長: おい、我々は副大統領を怒らせることに興味はないぞ。もし我々がそうしたいと思ったなら、我々はすぐにでもそれをやるだろうが。この生き物の意図について何か知っていることはないのか? 奴は何が欲しいんだ?

[FBI] Director Bishop: Look, we're not interested in blowing up the Vice President. If we wanted to do that, we'd just do it. Do we know anything about this creature's intentions? What does it want?

[SCP] シメリアン副管理官: はい、確かに存じております。副大統領とこのSCP-4444の実体に対する取り組みの中で、我々は奴がアメリカの大統領選に立候補する腹づもりであることを解明いたしました。

[SCP] Asst. Director Cimmerian: Yes, actually. In our dealings with the Vice President and with the SCP-4444 entity, we've determined that it intends to run for the office of President of the United States.

[USA] ローランド大将: 何てことだ、これはやっぱりそういうことなんだな? これは侵略だ。これは侵略だ、思った通りだ。我々は長年にわたってこれのための準備をしてきたんだ。

[USA] General Roland: My god, this is it, isn’t it? It's the invasion. It's the invasion, I knew it. We've been preparing for this for years.

[SCP] シメリアン副管理官: 私――ふーむ。いいえ、必ずしもあなたのご想像なさっているであろうような形の侵略ではありません。この実体は自身のことを同様の異次元実体の群れ、何らかのより大きな集合体の一部であると主張しており、その集合体は惑星から惑星を渡り歩いているというのです、民衆の思考を食料として用いて、そしてそれから自分たちの排出した温室効果ガスがその惑星をマリファナパーティー状態にしてしまうとすぐに去って行くというのです。

[SCP] Asst. Director Cimmerian: I- hmm. No, not necessarily the way you're probably imagining. The entity claims to be part of a swarm of similar extradimensional entities, some greater collective, that go from planet to planet, using the thoughts of the populace as food, and then leaving once the greenhouse gases they produce hotbox the planet.

[FBI] フリー局長: ではなぜそいつらは今それをしていないんだ?

[FBI] Director Freeh: So why aren't they just doing that?

[SCP] ライト管理官: これらの実体は自分たちの能力の及ぶ範囲、あるいは自分たちが非物質的であることすらも理解していないようであり、ゆえに我々が彼らの「文化」と考えることができるものの大半は彼らが物質的な存在と非物質的な存在とを適切に区別していないため彼らが物質的な存在よりもどことなく弱いという誤解に基づいています。この実体がこれまでに明らかにしているのは、彼らは自分たちのうちの一つを惑星で最も強力な単独の生き物の中に居着かせるまでは、その実体とその惑星の先住民が彼らを死滅させてしまう可能性を避けるためその惑星に到着することを望まないということです。もしかしたらその死滅は過去のどこかの時点で彼らに起こったことなのかもしれません。とにもかくにも、我々は彼らがその人物をクリントン大統領であると思っているということを現在信じております。

[SCP] Director Light: These entities don’t appear to understand the extent of their abilities, or even that they’re incorporeal, so much of what we could consider their “culture” is based on a misunderstanding that they are somehow weaker than corporeal beings because they don’t properly differentiate between the two. The entity has made it clear that they don't want to arrive on a planet until they've got one of their own positioned into the most powerful single creature on that planet, because otherwise that entity and the native inhabitants of the planet could annihilate them. Maybe this has happened to them at some point in the past. Regardless, we currently believe they think that person is President Clinton.

[FBI] ビショップ課長: だがそのポジションは今まさに開かれようとしているわけだ。

[FBI] Director Bishop: But that position is about to be open.

[SCP] ライト管理官: 仰る通りです。我々はクロウ博士と彼のチームにこのバケモノを副大統領の頭から取り除く方法を見つけるための研究をさせ続けるつもりですが、その一方で我々の最善の策は来るべき選挙において副大統領の対立候補を支援することであるかもしれないとも考えております。我々は自分たちがゴア副大統領の当選する見込みを無くし、それからこれらの実体に我々を見限らせ、我々のことをあまりにも危険な脅威であると思わせ、そして我々の問題にしている釘をゴア氏の頭から自発的に離れて行かせることができるかどうかを考えております。

[SCP] Director Light: Precisely. We're going to continue to let Dr. Crow and his team work on finding a way to remove that thing from the Vice President's skull, but in the meantime our best bet might just be to support his opposition in the upcoming election. We think if we can make Vice President Gore unelectable, then the entities may just pass over us, thinking we’re too dangerous of a threat, and our nail in Mr. Gore's head might leave on its own.

[USA] ローランド大将: 何てことだ――君はアメリカの民主主義の本質そのものを卑劣な手段で攻撃することについて話している! それは言語に絶するおぞましさだ。

[USA] General Roland: Good lord - you're talking about undermining the very essence of American democracy! That's unspeakable.

[SCP] クレフ: これが我々があなたがたの選挙をファックする初めてのことであるとお思いになっているのでしたら、私は今ここであなたに悪いニュースをお伝えしなくてはなりませんな、先生。

[SCP] Clef: If you think this is the first time we've fucked with your elections, I've got some bad news for you there bub.

[FBI] ビショップ課長: ではただその選挙を不正操作すればよいのではないか? 君たちはそれをやるのに必要な資源を持っているように見える――ただ他の誰かを勝者と謳えばよいのではないか?

[FBI] Director Bishop: So why not just rig the election? You seem to have the resources necessary to do so - why not just declare someone else the winner?

[SCP] ライト管理官: ご親切にどうも、ですが事実はこの規模の選挙を不正操作することには誰かが見破ってマスコミに垂れ込んでしまう受け入れがたいリスクが伴うということです。不確定要素があまりにも多すぎます、たとえ我々が標的とするのが2、3の激戦州のみであったとしてもです。SCP-4444の実体を収容されないままにしておくことと同じくらいに危険なのは、別の候補者を支持して選挙の流れを力ずくで傾けようとした結果我々の全てが露見してしまうことです。我々は資源を持っております、しかし我々は全能ではありません。

[SCP] Director Light: That’s nice of you to think so, but the fact is that rigging an election on this scale without somebody finding out and alerting the press is an unacceptable risk. There are too many moving parts, even if we only targeted a few swing states. As dangerous as leaving the SCP-4444 entity uncontained is, trying to swing the election in favor of another candidate through brute force might reveal us entirely. We have resources, but we’re not omnipotent.

[SCP] シメリアン副管理官: 我々はこれからブッシュ州知事の選挙陣営に連絡をつける必要があるでしょうが、今週末の前に虚偽情報を広め始めておくといたしましょう。

[SCP] Asst. Director Cimmerian: We'll need to be put in contact with Governor Bush's campaign, but we can start rolling out disinformation before the end of the week.

沈黙。

[SCP] シメリアン副管理官: 何か問題でも?

[SCP] Asst. Director Cimmerian: Is something wrong?

[FBI] フリー局長: きっとまだ新聞には載っていないことと思うが、ブッシュ州知事は昨晩撃たれたのだ。彼は狩りをしていて、そして耳の右上に流れ弾が当たってしまった。腫れが彼の脳を圧迫し、そして彼は人々が彼を病院へと連れて行く前に終わってしまった。

[FBI] Director Freeh: I imagine it hasn't hit the papers just yet. Governor Bush was shot last night. He was hunting and caught a stray bullet right above the ear. The swelling put pressure on his brain, and he was done before they got him to a hospital.

[SCP] ライト管理官: そんな、彼は亡くなってしまったのですか?

[SCP] Director Light: God, he's dead?

[FBI] フリー局長: いや――彼はまだ息はしている、だがその――誰の家でもないんだ。人々はそれが脳死であると言っている――彼らは恐らくこれからの2、3時間のうちに彼から人工呼吸器を外してしまうだろう。彼らは今彼の家族が飛行機で到着するのを待っているところだ。我々は間もなく彼らから報せを受け取ることになるだろう。

[FBI] Director Freeh: No - he's still breathing, but you know - nobody's home. They're saying it's brain death - they'll likely pull him off the ventilator here in a few hours. They're just waiting for his family to fly in. I imagine we'll hear an announcement from them soon.

[SCP] ライト管理官: それはあまりにも残念なことです。(間を置く) でも彼はまだ息をしている、そうですよね?

[SCP] Director Light: That's so unfortunate. (Pauses) But he is still breathing, right?

[FBI] フリー局長: 私――ああ?

[FBI] Director Freeh: I- yes?

[SCP] ライト管理官: では彼の体はまだ働いているのですよね? まるで、全ての部品がまだ機能しているかのように?

[SCP] Director Light: So his body's still working? Like, all the bits are still functional?

[FBI] フリー局長: 言い換えれば、そうだな――だがそれとこれとがどういう関係があるのか私には――

[FBI] Director Freeh: I mean, yes - but I don't know how this is relevant to-

[SCP] ライト管理官: 私は思います……私は我々が副大統領の選挙運動に立ち向かうその方法を知っていると思います。

[SCP] Director Light: I think… I think I know how we're going to oppose the Vice President's campaign.

沈黙。

[SCP] ブライト管理官: おいおい、そんなの勘弁してくれよ。

[SCP] Director Bright: Oh no you fucking don't.

[記録終了]



補遺4444.4: SCP-4444の進行中の収容プロトコルに関する提出された内部告発

Addendum 4444.4: Filed Internal Complaints Regarding SCP-4444’s Ongoing Containment Procedures

財団人事部門
公式告発フォーム

Foundation Department of Personnel Resources
Official Complaint Form


忘れないでください! このフォームへの記入を行う際は、可能な限りプロフェッショナルであるよう努めてください! 公式文書において中傷的な言葉や下品な言葉の使用は受け入れられるものではなく、最終報告書からは削除されます。可能な限り簡潔にしてください、そしてあなたの懸念を完全に伝えてください!

Remember! When filling out this form, try to be as professional as possible! The use of libelous or profane language is not acceptable in official documents, and will be removed from the final submission. Be concise as possible, and address your concerns fully!


告発受領者: 俺の[罵倒語]知ったこっちゃない 財団倫理委員会 / サイト管理官評議会 / 北アメリカ地域司令部 / ソフィア[罵倒語]ライト / [罵倒語]監督評議会

Complaint Recipient: Foundation Ethics Committee / Site Director’s Council / North American Regional Command / Sophia [EXPLETIVE] Light / The [EXPLETIVE] Overseer Council for all I [EXPLETIVE] care

告発者: ジャック

告発タイトル: テメエら[罵倒語][罵倒語]

Complaint Title: what the [EXPLETIVE] you [EXPLETIVE]

よおテメエら、ジャックだ。俺は[罵倒語]どこのどいつがこの[罵倒語]な案を可決してこの異例で[罵倒語]な茶番を起こしやがったのか知らねえが、それは[罵倒語]受け入れられることはねえぞ。俺はテメエらに[罵倒語]なサルみてえな真似をさせた、それが面白かったからだ、だがこの[卑猥な隠喩]そうじゃねえ

Yeah hi guys, it’s Jack. I don’t know who [EXPLETIVE] passed the [EXPLETIVE] vote to let this remarkable [EXPLETIVE] travesty take place, but it’s not going to [EXPLETIVE] fly. I let you do the [EXPLETIVE] monkey thing because it was funny, but this [OBSCENE METAPHOR] is not.

この世には[罵倒語]百万人ものそっくりさんどもがいやがるがテメエらの周到な計画ってのはこの俺をとんでもねえ[罵倒語]牧場労働者[罵倒語]ヤッホーそれ行けカウガール[政治家に対する蔑称]の死体の中に[卑猥な婉曲表現]ことなんだな。もし誰かがテメエらを[罵倒語]気絶させてそんでテメエらが[罵倒語]やっすいビールと[卑猥な婉曲表現]みてえな臭いを嗅ぎながら目を覚ましたらテメエらは[罵倒語]どんだけそれを望みやがるんだろうな? 超[罵倒語]恐ろしいほどだろうぜ、俺は想像するよ。そいつはきっと[罵倒語]最悪だよな?

A [EXPLETIVE] million look-alikes in the world and your best laid plan is to [OBSCENE EUPHEMISM] me into the corpse of some [EXPLETIVE] rancho [EXPLETIVE] yee-haw go get-em cowgirl [DEROGATORY NAME FOR A POLITICIAN]. How the [EXPLETIVE] would you like it if somebody knocked you the [EXPLETIVE] out and you woke up smelling like [EXPLETIVE] cheap beer and [OBSCENE EUPHEMISM]? Pretty [EXPLETIVE] horrible, I’d imagine. That sure would [EXPLETIVE] suck, wouldn’t it?

テメエらは俺が[罵倒語]を垂れることすらもできねえのを知ってるか? 便器に座っていきんでも一切[糞便の卑猥な説明に近似する記述子の独創的な使用]が出てきやがらねえんだ。奴らはただその[罵倒語]をひり出すためだけにそん中にポンプを挿入しなくちゃならねえ。俺の[罵倒語]は働きやがらなくて、俺は絶えず[罵倒語]の臭いを嗅いでて、そんでもってラメントは奴の[罵倒語]しやがってるんだ、なぜなら奴はこの俺がチンパンジーみてえに見えるってほざきやがってるからな。[罵倒語]あの野郎、そんで[罵倒語]テメエら。

You know I can’t even take a [EXPLETIVE]? Sit down on the john and squeeze and no [CREATIVE USE OF DESCRIPTORS APPROXIMATING AN OBSCENE DESCRIPTION OF FECES] comes out. They had to put a pump in there just to squeeze the [EXPLETIVE] out. My [EXPLETIVE] doesn’t work, I constantly smell like [EXPLETIVE], and Lament is getting his [EXPLETIVE] off because he says I look like a chimpanzee. [EXPLETIVE] him, and [EXPLETIVE] you.

こいつはアイデアとしてどうだろうか。今度テメエら[長々と繋げた罵倒語]な頭でっかちのうちの一人が、テメエらがこれまで仕事の中で利口な何かを得てきたテメエらの[罵倒語]石頭ん中にそれを入れて、テメエらがその行為をやって[猥褻物に近似するスラング、隠喩、暗示、罵倒語の独創的な使用]して、そんで奴らがテメエらん中にポンプを挿入してそれを押し出さなくちゃならねえかどうかを見るってえのは。まあそれは十中八九助けにならねえだろうな。

How about this for an idea. Next time one of you [LONG STRING OF EXPLETIVES] eggheads gets it in your [EXPLETIVE] thick skulls that you’ve got something clever in the works, take that and [CREATIVE USE OF SLANG, METAPHOR, ALLUSION AND EUPHEMISM APPROXIMATING OBSCENITY] and see if they have to put a pump in you to push it out. I bet it probably wouldn’t help.

敬具

Yours truly,

[罵倒語]しちまえ、

Get [EXPLETIVE],

ジャック

P.S. そんでもしソフィアがこいつを読まなくちゃならねえのなら、テメエらは奴に奴が[卑猥な隠喩]をすることができるって言ってやれ。

P.S. and if Sophia has to read this, you can tell her she can [OBSCENE METAPHOR].



補遺4444.5: 大統領選挙戦の虚偽情報宣伝活動

Addendum 4444.5: Presidential Race Disinformation Campaigns

ジョージ・W・ブッシュ州知事が脳に負った損傷によって死亡したことが報じられる可能性が生じる前に、財団とFBIのエージェントらはその身体を回収して財団の医療センターへと移送し、そこで脳の損傷部を修復しました。治療が完了した後、そのブッシュ州知事の脳死状態の身体にSCP-963が使用されました。期待された通り、ブライト管理官がブッシュ州知事の形をとりました。

Before it could be announced that Governor George W. Bush had passed away from damage done to his brain, Foundation and Bureau operatives collected the body and moved it to a Foundation medical center, where the damaged parts of the brain could be restored. After the treatment was complete, SCP-963 was applied to the brain-dead body of Governor Bush. As expected, Director Bright assumed the form of Governor Bush.

その後、2000年のアメリカ合衆国大統領選挙戦がすぐに本格的に始まり11、財団の公衆虚偽情報部門は選挙運動期間中にゴア副大統領の信用を落とすための方法を練り始めました。以下はそれらの方法の一部のリストであり、その大部分は破棄されました。

Afterwards, with the 2000 United States Presidential Race now in full swing12, the Foundation's Department of Public Disinformation began drafting methods to discredit Vice President Gore during the campaign. Attached is a list of some of those methods, the majority of which were discarded.

虚偽情報宣伝活動提案4444-23

DISINFORMATION CAMPAIGN PROPOSAL 4444-23

コードネーム: ターベリー

提案: ゴア副大統領が腹いせに1つの小さな第三世界13の町または村の水を毒物で汚染したことを糾弾する虚偽情報を制作する。必要であればより大きな第三世界の町または小さなアメリカの郊外にアップグレードすることも可。

Proposal: Create Disinformation that accuses Vice President Gore of poisoning the water in a small third-world town or village out of spite. Can also be upgraded to a larger third-world town or small American suburb, if necessary.

ステータス: 却下 - 毒物で汚染された水を供給されることに理性的に納得する町はない。

Status: Rejected - No towns with reasonably convincing poisoned water supplies.



虚偽情報宣伝活動提案4444-26

DISINFORMATION CAMPAIGN PROPOSAL 4444-26

コードネーム: ポーキー

提案: ゴア副大統領がかつてブタと性的関係を持っていたことを仄めかす改竄画像群を制作する。大型のブタであるか小型のブタであるか不明確にすればより否定的な反応を引き起こすだろう。

Proposal: Create altered images implying that Vice President Gore once engaged in sexual relations with a pig. Uncertain whether larger or smaller pigs would generate a more negative response.

ステータス: 却下 - 幼少期に農業体験をしたことは一切ない。加えて、画像処理を用いた方法はブタと性的関係を持っている副大統領の真実味のある画像を制作するには不十分である。

Status: Rejected - No farm experience as a child; additionally, photo-editing methods are insufficient to create a believable image of the Vice President engaging in sexual relations with a pig.



虚偽情報宣伝活動提案4444-51

DISINFORMATION CAMPAIGN PROPOSAL 4444-51

コードネーム: スター・ウォーズ

提案: ゴア副大統領が宇宙人の存在を信じておりかつ自身が宇宙人と交信したことがあると信じているという虚偽情報を制作する。

Proposal: Produce disinformation that Vice President Gore both believes in and believes he has communicated with a space alien.

ステータス: 却下 - ゴア氏のアノマリーの機密性のため、あまりにも密接に真実とリンクしている虚偽情報宣伝活動は災いを招くであろうことが確信された。

Status: Rejected - Due to the sensitive nature of Vice President Gore's anomaly, it was determined that a disinformation campaign so closely linked to the truth would be ill-fated.



虚偽情報宣伝活動提案4444-76

DISINFORMATION CAMPAIGN PROPOSAL 4444-76

コードネーム: ジ・アザー・モニカ

提案: ゴア副大統領が実際にはクリントン氏の性的スキャンダルに関与した人物であったという虚偽情報、そしてモニカ・ルインスキーが不倫のかどで責めを受けるために呼び寄せられたという虚偽情報を制作する。

Proposal: Produce disinformation that Vice President Gore was in actuality the individual involved in the Clinton sex scandal, and that Monica Lewinsky was brought in to take the fall for the illicit affair.

ステータス: 受理 - 5-4の投票結果により、収容委員会特別提案取締役会はゴア副大統領の信用を落とすため彼がかつてビル・クリントン大統領と同性愛関係にあったことを仄めかす情報を発表する計画を承認した。この情報は現在セプテンバー・ディベートとして知られる事件の直前にリークされ、意図的でなく危うく現代の財団の歴史上最も大規模な情報セキュリティ違反となるところだったものへと繋がってしまった。

Status: Accepted - On a 5-4 vote, a Containment Committee Special Proposals Board approved a plan to introduce information to discredit Vice President Gore by insinuating he had been involved in a homosexual love affair with President Bill Clinton. This information was leaked just before the incident now known as the September Debate, unwittingly leading to what nearly became the largest breach of informational security in modern Foundation history.