wired990の翻訳置き場

ミスター・おさかなとの7日間 (原題: Seven Days With Mr. Fish) 翻訳案


評価: 0+x

月曜日、午後2:32、収容セル527

MONDAY, 2:32 PM, CONTAINMENT CELL 527


収容室をコンコンとノックする音がミスター・おさかなに、次に掃除されるのが彼の宿舎であることを知らせた。彼はベッドの上に起き上がるとともにそれまで読んでいた新聞を寝かせ、必要に応じて邪魔にならない所へ移動する準備を整えた。彼は財団があらゆるものを清潔に保つことにとても積極的であるという事実をよく理解していたが、彼らはDクラスを彼の好みに対してあまりにも速く使い果たしてしまっているように見えた。彼の独房に入ってくる人物がほんの数週間ごとに新しくなることはいささか不愉快であり、そして同時にそれらの客人は、大抵、田舎者だった。

A knock on the containment chamber door alerted Mr. Fish that his quarters were next to be cleaned. He sat up on his bed and set down his newspaper, ready to move out of the way should he need to. Though he appreciated the fact that the Foundation were very proactive about keeping everything clean, they seemed to go through D-Class too fast for his taste. Having a new person come into his cell every few weeks was a bit obnoxious, as the guests were, more often than not, rubes.

チャンバーのドアがゆっくりと開いて一人の新たなDクラスを明らかにした。D-1396はもう彼らから与えられた2週間を費やしてしまったようだった。残念だ。彼女は他の者たちほどには悪くなかったのに。ミスター・おさかなはその新しい人物が清掃用カートを押して彼のチャンバーに入ってくるのと同時に溜息をついて腕組みをした。彼は目を細めて相手の呼称を読み取った。D-1221。その新人物に対する自身の無関心にもかかわらず、ミスター・おさかなは自身が無礼な主人であるという噂が相手の周囲に広まることを許さなかった。

The chamber door slowly opened to reveal a new D-Class. It seemed D-1396 had put in their two weeks. Shame; she wasn't as bad as the others. Mr. Fish sighed and folded his arms as the new individual entered his chamber pushing a janitorial cart in. He narrowed his eyes to read his designation; D-1221. Despite his disinterest in the new individual, Mr. Fish would not allow rumors to spread about him being a rude host.

「ハロー」彼はジャンプスーツを着たその男に挨拶をした。

"Hello." He greeted the man in the jumpsuit.

「うわやべえ、お前喋れるのか」D-1221はそのチャンバーの住人の方に顔を向けた、箒を手にしながら。

"Oh shit, you can talk." D-1221 turned to face the resident of the chamber, broom in hand.

「なんで俺が喋れねえだろうと思ったんだ?」ミスター・おさかなはもし片眉を持っていたならそれを吊り上げていたことだろう。

"Why wouldn't I be able to?" Mr. Fish would have cocked an eyebrow at him if he had one.

「ええっと……ほら、お前は魚の頭をしてるからさ」

"Well… You know, you've got a fish head."

「なんとも鋭い洞察だな」彼は溜息をつき、自身の新聞に手を伸ばした。

"How astute." He sighed, reaching for his newspaper.

二人はしばしの間沈黙し、そしてD-1221は部屋を箒で掃き始めた。そこにはゴミはほとんどなかった。ミスター・おさかながいつも散乱を可能な限り小さくしておくように気を付けていたからだ。たとえ多くの人々が保証された週に一度の完全な清掃サービスをがさつ者でいるための口実として利用していたとしても、この頭が魚である男は他人が自分のことを悪く言うのには耐えられなかった。全ての埃を集めると、その用務員はモップを準備したのちもう一度言葉を発した。

The two were silent for some time as D-1221 began sweeping around the room. There was little filth, as Mr. Fish always took care to leave as small a mess as possible. Even though many would take the guaranteed weekly full cleanings as an excuse to be slobs, the piscine headed fellow would not tolerate others speaking ill of him. With all the dust collected, the custodian readied his mop before speaking once more.

「それで、あー……お前には何があったんだ? 寿司かフィッシュヘッド・カレー1でも食いすぎたのか? それともフィッシュ・アンド・チップス2か?」D-1221は質問し、その人型生物に向かってふざけてジャブをしようとした。ミスター・おさかなは熱中したようには見えなかったが、彼の顔面の範囲が狭いことを考慮すると実際のところどうであったのかはわからなかった。

"So, uh… What happened to you? Did you eat too much sushi or fish head curry? Maybe fish and chips?" D-1221 questioned, trying to playfully jab at the humanoid. Mr. Fish did not seem enthused, but it was hard to tell given his lack of facial range.

「お前それ本気で言ってやがるのか?」彼は質問し、未遂に終わった猛烈なパンチであるものを感情のない目で睨みつけた。

"Are you fucking serious right now?" He questioned, his emotionless eyes glaring with what was an attempted furious vigor.

「何だよ? 俺はジョークを言ってるだけじゃねえか、ったく」

"What? I'm only making a joke, geez."

「俺は寿司じゃねえし、フィッシュヘッド・カレーでもねえし、ましてやフィッシュ・アンド・チップスでもねえ。魚を食うことだってしねえ。気持ち悪りいことを言いやがって。くたばっちまえ、お前」ミスター・おさかなは機嫌を悪くしながら彼の新聞に視線を戻し、あたかももはやそのDクラスがその部屋にいないようなふりをした。二人の男はさらに30分にわたって沈黙を保ち、そしてD-1221はその収容室の清掃を完了して去っていった。ドアが自身の背後で閉まるとともに、ミスター・おさかなは舌打ちをした。

"I am not sushi, I am not fish head curry, and I am most certainly not fish and chips. I don't even eat fish. That's disgusting. Fuck you, buddy." Mr. Fish returned to his newspaper with a huff, pretending as if the D-Class were no longer in the room. The two men remained in silence for the next half hour as D-1221 wrapped up cleaning the containment chamber and left. With the door shut behind him, Mr. Fish clicked his tongue.

「厚かましいったらありゃしねえ」彼は冷笑した。

"The nerve of some people." He scoffed.


火曜日、午前10:15、サイト-19のジムのスイミングプール

TUESDAY, 10:15 AM , SITE-19 GYMNASIUM SWIMMING POOL


ミスター・おさかなは冷たい空気の中で震えた、水泳パンツと彼の特徴的なこざっぱりしたハットだけを身に着けて。彼はグツグツと対流する水を見下ろし、そこに反射して映る自分の姿を目にしてから自分の前にいるその研究員の一団の方に向き直った。彼は彼らを羨んだ。みな服を着ておりそして気後れしていなかったからだ。

Mr. Fish shivered in the cold air, wearing only swimming trunks and signature dapper hat. He stared down at the shimmering water, seeing his own reflection before turning back to face the group of researchers before him. He envied them; all wearing clothes and not feeling self-conscious.

「で、アンタらはなんで俺にこれの一番深い所へ飛び込んでほしいんだ?」彼は尋ねた、胸を覆い隠しそして震え続けながら。

"So, why do you want me to jump in the deep end?" He asked, covering up his chest and continuing to shiver.

「私たちはあなたが異常な水泳能力を有している可能性について興味があるの」エヴァーウッド博士が彼に言い聞かせる。「あなたが水中で呼吸をしたり魚に話しかけたりすることができないのは知ってる、でもあなたには他に何かできることがあるはずなのよ」博士は彼女のクリップボードに目を落としてからミスター・おさかなに対してついてくるよう身振りで合図した。二人は他の一握りの研究員たちを同伴して前へと進んだ。

"We're interested in the possibility of you possessing anomalous swimming capabilities." Dr. Everwood reminded him. "We know you can't breathe underwater or talk to fish, but there's got to be something else you can do." The doctor looked down at her clipboard before motioning for Mr. Fish to follow. The two set forward accompanied by the handful of other researchers.

「でも既に教えたじゃねえかよ、アンタら、俺はなんもしやしねえよ。なんでもかんでもやる誰かが欲しいんだったらカネに話しかけに行けよ。俺が持ち続けてるもんっつったらこのクソッタレな魚の頭だけなんだよ」彼が嫌々ついて行くと彼らはやがてそのプールの一番深い所の前で立ち止まった。ミスター・おさかなは見下ろし、神経質に唾を飲み込んだ。

"But I've already told you, people, I don't do anything. If you want someone who does everything go talk to Money. All I've got going on is this fuckin' fish head." He begrudgingly followed until they stopped at the edge of the deep end of the pool. Mr. Fish looked down, swallowing nervously.

「ええ、527、あなたのことは信じたいと思う、でもワンダーテイメントが絡んでいる場合人は自分が真に取り組んでいるものが何であるのか決してわからないのよ」エヴァーウッド博士は返答すると、ペンの入っている彼女のポケットに手を伸ばし、その実験が開始され次第記録を書く準備をした。「いいこと、現にこうして私たちはあなたに準備を整えさせたんだから、前へ進んで飛び込んで、527」

"Well, 527, I'd be inclined to believe you, but one never knows what they're truly dealing with when Wondertainment is involved." Dr. Everwood replied, reaching into her pocket for a pen to begin writing once the experiment began. "Very well, now that we've got you ready to go, go ahead and jump in, 527."

ミスター・おさかなは水面に映る自分を再び凝視し、不安を感じた。彼は後ろを振り向いてもう一度その集団に顔を向けた。

Mr. Fish stared at his reflection again, feeling anxious. He turned around to face the group once more.

「俺はあー、朝飯が45分ぐれえ前だったのはアンタら知ってるよな、そんで認めたくはねえが俺はあのビスケットのグレイビーソースがけをたらふく食ったから腹がすげえ膨れてる感じがするんだよ。何とかしてこれを延期することっていうのはできねえのか?」

"I uh, you know breakfast was about forty-five minutes ago and I hate to admit I feasted on those biscuits and gravy so I'm feeling pretty bloated. Is there any way we could postpone this?"

エヴァーウッド博士は彼女の腕時計をちらりと見たのちその実体の方に視線を戻した。「できないでしょうね。前へ進んで水に入って、それから可能な限り早く向こう側まで泳いで行ってちょうだい」

Dr. Everwood glanced at her watch then back at the entity. "I'm afraid not. Please go ahead and enter the water, then swim to the other side as quickly as possible."

「あー……ドク、これはホントに恥ずかしいことに聞こえるだろうが俺は泳ぎ方を知らねえんだよ」ミスター・おさかなはおずおずと認めた、必死に地面を見ようとしながら。もちろん、彼の頭部の性質のために、彼はただあたかもお辞儀をしようとしているかのような感じに見えるだけだった。

"Uh… Doc, this is going to sound really embarrassing but I don't know how to swim." Mr. Fish nervously admitted, trying his best to look at the ground. Of course, due to the nature of his head, he just kind of looked as if he were trying to bow.

「何ですって?」彼女は返事した、疑わしげな目で。「ほら、ただ飛び込んで泳いで行きさえすればいいのよ。もしもそれが困難なようであればライフガードがあなたを助け出すわ」

"What?" She answered, incredulous. "Look, just jump in and swim over. If you have any difficulties a lifeguard will pull you out."

「……ドク、俺はホントにこれをやりたくねえんだ」

"… Doc, I really don't want to do this."

溜息をつきながら、エヴァーウッドは呆れた表情をしてミスター・おさかなを見た。「よく聴いて、あなたはおそらく私がこれから一日中一緒に働くことが一番簡単な男で、そして私は協力してくれなかったかどであなたを罰することにはなりたくないの。私はあなたが毎週土曜のゲームの夜を好んでることを知ってる、だから私に今週のそのセッションからあなたを追放させないで」

With a sigh, Everwood rolled her eyes and then looked at Mr. Fish. "Listen, you're probably the easiest guy I'll get to work with all day and I don't want to have to punish you for not cooperating. I know you like Saturday game nights, so don't make me have to ban you from this week's session."

ミスター・おさかなは頷いた、あるいは少なくともそうしようとした。自身の友人たちと交流する数少ない機会を失いたくはなかったので、彼はプールへ飛び込みそして死に物狂いで浮き続けようとし始めた。両腕を激しく動かし、両脚をバタつかせ、しかし彼はすぐに沈んでゆく自分自身に気が付いた。一人のライフガードが彼の後を追ってダイブするのと同時に、彼のこざっぱりしたハットはブクブクと立つ泡、おそらくは助けを求めるパニックを起こした泣き声の産物である、を伴って浮かび上がった。

Mr. Fish nodded, or at least tried to. Not wanting to miss out on one of his few chances to interact with his friends, he leaped into the pool and began desperately trying to keep afloat. His arms flailed, and his legs kicked, but he soon found himself sinking. Just as a lifeguard dove in after him, his dapper hat floated to surface accompanied by bubbles, no doubt the product of panicked cries for help.

エヴァーウッド博士は研究チームの方を向き、肩をすくめ、そしてSCP-527への水泳レッスンの提供を求める要請を手早く書き留めた。

Dr. Everwood turned to the research team, shrugged, and jotted down a request to provide SCP-527 with swimming lessons.


水曜日、午後0:21、収容セル527

WEDNESDAY, 12:21 PM, CONTAINMENT CELL 527


優しくそして惜しみない水がミスター・おさかなのお気に入りの鉢植え、彼が親しみを込めて「DJ」と名付けたムーンカクタス3の土に注がれる。彼は財団のラジオでかかっている曲に合わせてハミングをしながらその土が潤いその水が鉢の下の皿へ排出されるのを待つ。その黒みがかった土はその曲が終わり新たな曲が始まるのと同時にとうとう水やりを止めさせるように見えた。聞き覚えのあるカリンバの音色を奏でるその曲はミスター・おさかなの顔に微笑みと解釈できるものをもたらし、そして彼はその土で汚れた水を自身のシンクへ運びながら無意識のうちにその曲に合わせて体を動かし始めた。

A gentle and generous pour of water landed on the soil of Mr. Fish's favorite potted plant; a moon cactus he had affectionately named 'DJ.' He hummed along to the song playing on the Foundation radio while waiting for the soil to be moisturized and the water to drain to the dish below the pot. The darkened water seemed to finally stop pouring out just as the song ended and a new one began. The tune of a familiar kalimba beat brought what could be interpreted as a smile to Mr. Fish's face, and he subconsciously began to move his body along to the song as he carried the dirty water to his sink.

「I hear the drums echoing tonight, but she hears only whispers of some quiet conversaaaaaation…」4彼は皿を水でゆすぎながら囁くように歌い始めたが、彼の熱心さと情熱はその曲が進行するのにつれて燃え上がっていくばかりだった。その皿はきちんとそのDJカクタスの鉢の下にしまい込まれ、そして同時にミスター・おさかなはますます活気づいていった。そのサビがやってくる頃までには既に、彼はわずかに音程が外れているがしかしはっきりとしている歓喜のシンコペーションを大声で発していた。

"I hear the drums echoing tonight, but she hears only whispers of some quiet conversaaaaaation…" He started softly while rinsing out the dish, but his fervor and passion only grew as the song went on. The dish was neatly stowed under DJ the cactus' pot as Mr. Fish grew more and more animated. By the time the chorus arrived, he was crying out in a slightly out of pitch but clearly joyous syncopation.

「IT'S GONNA TAKE A LOT TO TAKE ME AWAAAAAY FROM YOOOOOOU!」彼はDJを指差し、想像上のマイクに向かって歌う。ミスター・おさかなは180度回転したのち続ける。「THERE'S NOTHING THAT A HUNDRED MEN OR MORE COULD EVER DOOOOOOOOOOO!」彼はそれぞれの単語を大きな声で歌うごとに一歩ずつ前進し、それから後ろを振り向いてそのサビのクライマックスに到達する。

"IT'S GONNA TAKE A LOT TO TAKE ME AWAAAAAY FROM YOOOOOOU!" He pointed at DJ, singing into an imaginary microphone. Mr. Fish spun 180 degrees before continuing; "THERE'S NOTHING THAT A HUNDRED MEN OR MORE COULD EVER DOOOOOOOOOOO!" With every word he belted he took a step forward before turning around to deliver the climax of the chorus.

「I BLESS THE RAINS DOWN IN AAAAAAAFRICA!」彼は叫ぶ、依然として自身の想像上のマイクに向かって歌いながら。「I BLESS THE RAINS DOWN IN AAAAAAAAAAA-」騒々しいバンバンという音が彼と彼の歌を遮った、だがラジオは彼なしで曲をかけ続けた。一つの声が一つの要求と共に壁の向こう側から雷のごとく轟いた。

"I BLESS THE RAINS DOWN IN AAAAAAAFRICA!" He shouted, still singing into his imaginary microphone."I BLESS THE RAINS DOWN IN AAAAAAAAAAA-" A loud banging sound interrupted him and his song, but the radio played along without him. A voice from the other side of the wall thundered with a demand.

黙りやがれ、このサカナ面!

"SHUT THE FUCK UP, FISH-FACE!"


木曜日、午後7:02、サイト-19のアノマリー用食堂

THURSDAY, 7:02 PM, SITE-19 ANOMALY CANTEEN


「フィッシュスープしかねえってどういうことだよ!?」ミスター・おさかなはカウンターの向こうにいるその女をポカンと見つめた。スープをこよなく愛しかつ魚菜食主義を非難する者として、その頭が魚である男はすっかり憤慨した。彼は自身のディナートレーから手を放して行列の最後尾のそばにある黒板の立て看板をちらりと振り返り、それからその給仕の方に視線を戻した。「立て看板にはトマトビスクもあるって書いてあるじゃねえか! なんで俺はそれにありつけねえんだよ?」

"What do you mean you only have fish soup?!" Mr. Fish gawked at the woman behind the counter. As a devoted soup drinker and rebuker of pescetarianism, the piscine-headed fellow was quite heated. He let go of his dinner tray and glanced back at the blackboard sign by the start of the line and then back to the attendee. "Your sign says you have tomato bisque too! Why can't I get any of that?"

女性は呆れた顔をして自身の持ち場にある両方のスープジャーの蓋を外した。片方は空でありかつ一面に赤い跡が付いていたが、もう片方にはまだオレンジがかった黄色の液体とその上に浮かぶ肉の大きな塊がたっぷりと残っていた。彼女は見下ろし、それからミスター・おさかなの方に目を上げて片眉を吊り上げ渋い顔をした。「もう無くなったのよ」

The female rolled her eyes and removed the lid from both soup containers on her station. One was empty and stained with red all around while the other was still generously full with an orange-yellow liquid and chunks of meat floating about. She looked down, then up to Mr. Fish then cocked an eyebrow and frowned. "We're out."

「厨房の方にまだ残ってねえのか?」彼はせがみ、彼の後ろにいる待ちくたびれてイライラしている行列の不満がますます募った。アイリスは肩を落とすとともにイライラと足踏みをし始め、その間にカインは眉をひそめて大きく息を吐き出した。

"Don't you have any more in the kitchen?" He pressed, much to the displeasure of the increasingly impatient line behind him. Iris' shoulders dropped and she began to tap her foot impatiently while Cain frowned and exhaled deeply.

「言ったでしょ、ミスター、もう無くなったのよ。あなたにはまだ選択肢がある、フィッシュスープを食べるかそれとも何のスープも食べないか」

"I'm telling you, mister, we're out. You still have a choice, you can have fish soup or you can have no soup."

ミスター・おさかなは口を開いて文句を言いかけた、だがカインのした一つの完璧にタイミングを合わせた咳払いが彼にそれを考え直させた。「しょうがねえな」彼はぼやき、立ち去って自身のメインコースを引っ掴んだ。鶏もも肉のフライ二本、マッシュポテトのグレイビーソースがけ、サヤインゲン、そしてその後の小さなグラス一杯のチョコレートミルク。ミスター・おさかなは彼のいつもの席へと辿り着いた。彼は挨拶された、自身の友人たちであるナポレオンに、スキップに、そしてああ――いいや。グラブノック・ザ・デストロイヤーは自身がミスター・おさかなに挨拶をするのと同時に別の次元へと姿を消した。

Mr. Fish opened his mouth to start to complain, but a perfectly timed clearing of the throat from Cain made him have second thoughts. "Fine." He grumbled, moving along to grab his main course. Two fried chicken thighs, mashed potatoes and gravy, green beans, and a small glass of chocolate milk later, Mr. Fish found his way to his usual seating arrangements. He was greeted by his friends Napoleon, Skip, and oh- nope. Grabnok the Destroyer vanished into another dimension just as he was greeting Mr. Fish.

「私はSCP-3908……畜生」スキップはブツブツと言い、体をこわばらせるとともに歯を食いしばった。「彼が土曜のセッションのために帰ってきてくれることを願うよ。ダンジョンズ&ドラゴンズをダンジョンマスターなしでやるのはキツいからね。ごめん。新しい言語療法に慣れなくちゃな」彼は自らを矯正し、落ち着こうとした。ナポレオンは返事として頷くと、片腕をそのソケットから取り外してテーブル越しに伸ばしスキップの肩をポンと叩いた。

"I am SCP-3908… damn it." Skip grumbled, tensing up and gritting his teeth. "Hoping he gets back for Saturday's session. It's hard to play Dungeons and Dragons without a dungeon master. Apologies. Getting used to new speech therapy." He corrected himself, trying to settle down. Napoleon nodded in response, detaching his arm from its socket and reaching across the table to pat Skip on the shoulder.

「まあまあ、友よ! 俺はただアイツがまた俺たちを俺の同胞たる伊達者の骨っぽいヤツらboney boysと戦わせたりしないことを願うだけさ! ありゃあ冒涜だった! 罪だった! 俺はあの学者的なドクロくんたちscholarly gentleskullsになーんにも文句なんてなかったんだからな!」その骸骨は自身の親友を慰めようとし、そして自身が言い終えるのと同時に自身の先端をヒョイとそれのソケットの中へ戻した。ミスター・おさかなは食べかけのマッシュポテトの上にスプーンを置くとともにナポレオンをちらりと見た。

"There there, pal! I just hope he doesn't make us fight my fellow dapper boney boys again! That was sacrilege! A sin! I had no quarrel with those scholarly gentleskulls!" The skeleton tried comforting his chum, popping his extremity back into its spot as he finished. Mr. Fish set down his spoon on the half-eaten mashed potatoes and glanced at Napoleon.

「俺たちはリッチどもと戦ってたんだ、ナポレオン。ヤツらは悪の種族だよ」彼は述べた、そもそもなぜ生きていない実体がカフェテリアなどにいるのか不思議に思いながら。

"We were fighting liches, Napoleon. They're kind of evil." He remarked, wondering why a non-living entity was even in the cafeteria in the first place.

「うんにゃ、ナンセンス! アイツらは死に関わる暗黒学問に通じてる博学なオトコたちとオンナたちだった、ちょうどトニーみたいな! ありゃあちょいと俺に家を思い出させるよ。俺は家のことは考えたくなんかねえんだけどな、あの場所は恐ろしかったから! 俺のこの陽気な口調はマジであのにっくき場所の方を向いてる俺の不健康な感傷を裏切ってるんだ、断言するぜ!」ナポレオンは返答し、ミスター・おさかなが捨てた鶏もも肉の骨を引っ掴んでそれを自身のももの骨と比べた。「俺もお前さんがスープについて話すくらい激情的に話すことができたらいいのにって思うよ、ミスター・おさかな!」彼は述べた。

"Nyeh, nonsense! They were learned men and women of the dark disciplines of death, just like Tony! Kinda reminds me of home. I wish I weren't thinking of home, that place was awful! My jolly tone truly betrays my ill sentiments towards that accursed place, I assure you!" Napoleon replied, grabbing at Mr. Fish's discarded chicken thigh bone and comparing it to his own. "I wish I could speak as passionately as you do about soup, Mr. Fish!" He remarked.

自分が感情を爆発させたのを友人たちが聞いてしまっていたことにばつの悪さを感じ、ミスター・おさかなは残りのディナーの時間を黙って過ごし恥の中で食事をとった。

Embarrassed that his friends heard his outburst, Mr. Fish kept quiet for the rest of dinner and ate his meal in shame.


金曜日、午後2:15、収容セル527

FRIDAY, 2:15 PM, CONTAINMENT CELL 527


ミスター・おさかなの収容室へのドアがシューという音を立てて開き、エヴァーウッド博士の入室を許した。彼女は今日はノートパッドを携行してはいなかったが、しかし急いでいるように見えた。ミスター・おさかなは彼のベッドの中で体を起こすと、頭の上のハットを直したのち挨拶のために手を上げた。

The door to Mr. Fish's containment chamber hissed open, allowing Dr. Everwood in. She didn't carry a notepad today, but did seem to be in a hurry. Mr. Fish sat up in his bed, fixing his hat upon his head before raising a hand in salutation.

「こんにちは、527。今日の調子はどう?」エヴァーウッド博士が質問した、ドアのそばに留まりながら。

"Good afternoon, 527. How are you doing today?" Dr. Everwood questioned, staying by the door.

「良いよ、ありがとうな。それであー、今日は何の実験もスケジュールされてなかったと思うんだが。どうかしたのか? それとも別のインタビューか?」ミスター・おさかなが質問した、それが何であれこれから与えられるであろう課題に対する心の準備をしながら。彼がそれまでに知らされていた限りでは、彼は月曜日が来るまで財団スタッフと一緒にすることは何もなく、そして彼らはその月曜日に彼を再び魚と相互作用させようと試みることになっていた。

"Good, thank you. So uh, I don't remember there being any scheduled tests today. Is something up? Another interview maybe?" Mr. Fish questioned, mentally preparing himself for whatever task would come. As far as he had been informed, he had nothing to do with the Foundation staff until Monday, where they'd be trying to get him to interact with some fish again.

博士はミスター・おさかなに対して自分についてくるよう身振りで合図し、彼はそれを渋々承知した。彼はベッドを降りてさっと靴を履き、それからサイト-19の曲がりくねった廊下の中にいる彼女の後についた。

The doctor motioned for Mr. Fish to follow him, a notion which he begrudgingly obeyed. He got off the bed and slipped on his shoes, then followed after her in the twisting and winding hallways of Site-19.

「私たちはあなたに水泳レッスンを提供することがあなたの健康とあなたの異常特性に関する私たちの研究の両方に利益をもたらすかもしれないと結論付けたの」エヴァーウッド博士は説明し始め、ジムへ向かって歩き始めた。ミスター・おさかなは聞こえよがしに不満の声を上げ、ふくれっ面と自称するものをしながら腕組みをした。博士はその抗議にもかかわらず後ろを振り向かずに歩き続けた。「さあさあ。遅れないようにしましょう。あなたは変わらなくてはならない」彼女は急き立てた。

"We have decided it may be beneficial for both your health and our studies of your anomalous properties to provide you with swimming lessons." Dr. Everwood began explaining, starting towards the gymnasium. Mr. Fish groaned audibly, folding his arms in a would-be pout. The doctor didn't turn around, continuing to walk despite the protest. "Come on now. Let's not be late. You still have to change." He urged.

「失礼ながらよドク、俺はアンタらにもう百万回ぐれえ教えたぜ……俺が自分のために持ち続けてるもんはこの俺の頭だけなんだってば。文字通りだ。アンタらの見てるもんがアンタらの得てるもんなんだよ」彼は長々と話した、遅れずについて行くように努めながら。「妙ちきりんなもんが見たいんだったら、ミスター・まいごとかミスター・しんちゅうに頼みに行きゃあいいんじゃねえのか? きっとアイツらには魚の頭を持った野郎になんかよりも時間をかける価値があると思うぜ」彼は嘆願した、強制的な水泳レッスンから逃れたいと願いながら。

"With all due respect Doc, I've told you guys like a million times… All I've got going on for me is my head. That's literally it. What you see is what you get." Mr. Fish rambled, trying to keep pace. "If you want to see weird stuff, why don't you go ask Mr. Lost or Mr. Brass? I'm sure they're more worth your time than some dude with a fish head." He pleaded, hoping to get out of the forced swimming lessons.

エヴァーウッド博士は首を横に振った。「ごめんなさい、527。あなたの直近の検量はあなたが最初に財団に加わった時から2、3kg太ったことを示しているの。これは私たちにとっていかなる潜在的な異常特性に関する学習の助けにもならなかったとしても、あなたの健康の助けになるの。結局のところ、活動的な人が幸せな人なのよ、いい?」

Dr. Everwood shook her head. "Sorry, 527. Your last weigh-in showed you put on a few kilograms since you first joined. Even if this doesn't help us in learning about any potential anomalous properties, it will help your health. After all, an active person is a happy one, right?"

ミスター・おさかなはもし彼の顔貌が許したなら眉をひそめたことだろう、だがその代わりに彼は不満足ながら彼女の後について行った。彼は水泳パンツと彼のこざっぱりしたハットだけをもう一度身に着けている自分、彼の水泳コーチを待っている間屋内プールエリアの冷たい空気の中で体を震わせている自分に気が付くだろうと思われた。

Mr. Fish would have frowned if his facial features allowed, but instead settled for following behind him. He would find himself wearing only swimming trunks and his dapper hat once again, shivering in the cold air of the indoor pool area while waiting for his swimming coach.

彼はこれを憎んだ。だが少なくとも彼には明日の楽しみなボードゲームの夜が待っていた。

He hated this. At least he'd have board game night to look forward to tomorrow.


土曜日、午後8:04、サイト-19の低危険度生物用娯楽室

SATURDAY, 8:04 PM, SITE-19 LOW RISK RECREATIONAL ROOM


ボードゲームの夜は既に大惨事であることが証明されつつあった。

Board game night was proving to be a disaster already.

スキップは見たところ彼の癇癪をめぐるトラブルに陥ってしまっており、ナポレオンに対するインタビューは延長戦に突入していた。だがそれはどのみち重要ではなかった。グラブノックがそれまでに彼の最新の次元転移の冒険から帰ってきていなかったからだ。ミスター・おさかなは部屋をざっと見回し、どのグループに入り込めば彼が少なくとも自らの過ごしたこの屈辱的な週を忘れることができるかもしれないかを分析した。

Skip had apparently gotten himself into trouble over his anger tantrums and an interview with Napoleon was running into overtime. It wasn't like it mattered anyway, as Grabnok hadn't returned from his latest dimensional shifting adventure. Mr. Fish glanced around the room, analyzing what group to infiltrate so he may at least be able to get his mind off the humiliating week he had just had.

ミスター・ムーンは部屋の隅にある肘掛け椅子の中で眠っていた、彼のそばでうたた寝しているあの奇妙で鼻持ちならない音楽家の男と一緒に。ミスター・ムーンはクールだったが、ミスター・おさかなはその老人の平穏を乱すことを好まずそしてその音楽家はただの恐ろしい会話のパートナーでしかなかった。彼はどこか他の場所を見なくてはならないだろうと思われた。

Mr. Moon was sleeping in an armchair in the corner of the room, with that weird insufferable musician guy dozing off beside him. Though Mr. Moon was cool, he didn't like disturbing the old man and the musician was just a dreadful conversation partner. He'd have to look elsewhere.

ジョンはテーブルの前に、ブラックジャックをやっている二、三人のDクラス職員と一緒に座っていた。マティはジョンの椅子の下に座っており、彼女の尻尾はミスター・おさかなが近付くのと同時に盛んに振られた。

John sat at a table with a few D-Class personnel playing blackjack. Mattie sat under his chair, her tail eagerly wagging as Mr. Fish approached.

「やあ、可愛いお嬢さん」彼は屈み込み、彼女の被毛を撫でた。犬は幸せそうにハアハアと息をし、ミスター・おさかなの手を舐めた。「なあ、ジョン。そのテーブルに空きはあるか?」彼はその犬の飼い主を見上げ、相手は頷いて承認を示した。ミスター・おさかなは立ち上がり、そして席に着く準備をしていた時に自身がこれから一緒に遊ぶことになるであろう人物に気が付いた。彼の住処を掃除するようになっていたのと同じDクラスだ。「やっぱり、ええとそのジョン、俺は読書か何かをすることにしたよ」

"Hello, pretty girl." He leaned down, fussing her fur. The dog panted happily, licking at Mr. Fish's hand. "Hey, John. Do you have room at the table?" He looked up to the canine's owner, who nodded in approval. Mr. Fish got up, getting ready to take a seat when he noticed who he'd be playing alongside. The same D-Class which had come to clean his abode. "Actually, you know what John, I think I'm gonna go, uh, read or something."

テーブルから退席し、ミスター・おさかなは部屋の反対側へ急いで立ち去った。そこで、彼はさらに二、三人のDクラスがミスター・おかねと一緒にモノポリーをやっているのを発見した。彼がその男と一緒に、そのような名前を持った男と一緒に遊ぶことなど絶対に無理だった。これは彼に選択肢をほとんど残さなかった。溜息をつき、ミスター・おさかなはあの彼に素晴らしい夢を与えてくれる奇妙な本を収容している本棚に近付いた。彼はダンジョンズ&ドラゴンズをプレイすることができなくなっていたとしても、少なくともそれについての夢を見ることはできた。

Excusing himself from the table, Mr. Fish hurried away towards the other end of the room. There, he spotted a few more D-Class playing Monopoly with Mr. Money. There was no way in hell he'd be playing with him, not with a name like that. This left him with very few options. Sighing, Mr. Fish approached the shelf containing that weird book that gave him awesome dreams. If he wouldn't be able to play Dungeons and Dragons, he'd at least dream about it.

とても恐ろしいことに、いつもその本の中に見つかっていたその場所は一つの注意書きへと置き換えられてしまっていた: 『全ての娯楽室利用者へ、SCP-1230に関するこれまでの収容プロトコルはあまりにも緩すぎるものであったと我々は考えています。即時発行にて、我々はSCP-1230をジェイド博士の個人のコレクションへと移動する予定です。本案件への理解に感謝します。』 ミスター・おさかなは危うく落胆の中で絶叫しそうになった、だが後ろを振り向いてその眠っているドイツ人の音楽家にもう一度近付いた。彼は相手の脇にドスンと座り込み、その眠っている伊達男をびっくりさせた。二人は互いの顔をちらりと見交わし、それからメンデルスゾーンは居眠りを再開しミスター・おさかなはブツブツと不平を言った。

Much to his horror, the spot in which the book was usually found was replaced with a note reading 'To all Rec Room users, it is our belief that containment procedures regarding SCP-1230 have been too loose in the past. Effective immediately, we will be moving SCP-1230 to the personal collection of Dr. Jade. Thank you for understanding.' Mr. Fish nearly screamed in disappointment, but turned around and approached the sleeping German composer once again. He plopped himself down at his side, startling the sleeping fop. The two exchanged glances before Mendelssohn resumed snoozing and Mr. Fish grumbling.


日曜日、午前1:04、収容セル527

SUNDAY, 1:04 AM, CONTAINMENT CELL 527


ミスター・おさかなは眠りに就いた、彼の魚の頭を彼の枕と、片腕と、ナイトテーブルの上にきちんと置かれている彼のハットの間に心地良く落ち着かせて。少なくとも彼が眠るのと同時には悪いことは何も起こらなかった。

Mr. Fish shifted in his sleep, his fish head comfortably nestled between his pillow and arm and his hat neatly resting on the nightstand. At least nothing bad could happen to him as he slept.

一つの重々しいドスンという音と地盤振動が彼をわずかに目覚めさせた。まだ半分眠っている状態で、彼は二、三度瞬きしてDJのそばに置いてあるデジタル時計を見た。「何……」彼は目を細めた。あまりにも早い時間だ……何が起こっているっていうんだ?

A heavy thud and the ground shaking caused him to wake slightly. Still half-asleep, he blinked a few times and looked over at the digital clock which lay beside DJ. "What…" He narrowed his eyes. It was so early… What was going on?

何が起こっているのか彼が把握することができる前に、サイト-19の収容違反の警報機が生命を宿して大声で叫び、そのサイレンが彼を揺すり起こした。ミスター・おさかなはパニックを起こして彼のベッドから転げ落ち、危険のあらゆる兆候を探して彼のチャンバーを見回した。天井が再び震動した。何かが上の階層で自由になっている。まただ。収容に熱心な一つの組織としては、彼らはそれが全くもって下手くそであるようだった。

Before he could process what was going on, the Site-19 containment breach alarm blared to life, its siren jolting him awake. Mr. Fish fell off his bed in a panic, looking around his chamber for any signs of danger. The ceiling shook again; something was loose in the upper floors. Again. For an organization dedicated to containment, they seemed quite shit at it.

ミスター・おさかなは彼の枕を引っ掴むとともに彼の顔をその中に埋め、苦悩、絶望、そして疲労困憊のくぐもった呻き声を上げた。

Mr. Fish grabbed his pillow and buried his face in it, muffling a wail of anguish, desperation, and exhaustion.



画像出典:
画像作者:
ライセンス: