whitepole
評価: 0+x

SCP-XXX-JP 体が覚えている

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPは普段は低危険度オブジェクト収容ロッカーに保管してください。
実験のには被験者の体力テストと、運動歴に関するヒアリングを行い、
後述の異常性による無理な運動が予見される場合は実験を中止してください。

説明:SCP-XXX-JPは一般にシュシュと呼ばれる髪飾りです。
周囲25cmで、一般的なシュシュと同様の伸縮性があります。
組成は一般的なゴム紐と木綿でできており異常は確認されておりません。

SCP-XXX-JPは腕、頭髪などに着用した際に活性化します。
着用者はしばらくの間、今までの人生で最も練習した動きをとります。
これは、武道の構えやダンスなど様々な形をとります。
また、未知の作用で周りにその動作にあった音が鳴ることもあります。

外部要因でSCP-XXX-JPが脱落するか、着用者が一通り動きの型を終えると、
SCP-XXX-JPは休眠状態に入ります。一度、着用者から外され、
もう一度着用されるまで、異常性を喪失します。

実験記録
被験者:35歳女性(本渡医師の隣家)
実験理由:発見時。
実験結果:NIGHT OF FIREを踊っていた。
実験後コメント:パラパラを踊ったのは高校生以来でした。しんどかったです。

被験者:SCP-155-JP-1
実験理由:財団が被験者の触れる書物・ビデオなどをほぼ完全に掌握できているため。
     クロステストになってしまうが、特異例として実験を行った。  
実験前コメント:先日から、新しい[黒塗り5文字]が放映されていて、毎日エンディングのダンスをまねしています。—-収容スペシャリスト・美墨
実験結果:[黒塗り12文字]をテレビ放映とほぼ同じ時間、同じような振り付けで踊った。収容スペシャリスト・美墨が指摘した女児向けアニメのエンディングテーマである。

被験者:エージェント・ローラ
実験理由:ダンス経験のない者が装着した場合のチェック。
実験前コメント:一番行った行動ですか…メッカへの礼拝でしょうか?(彼女は敬虔なイスラム教徒です。念のためメッカの方向に向いて実験を行います。)
実験結果:その場にそのままの向きでひざまづき、礼拝を行った。