わなざわさんどぼっくす

下書き01

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-yyy-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-yyy-JPは引き金部に触れる物がないようにした状態で、サイト-81██低脅威オブジェクト保管ロッカーに保管します。実験の被験者となったDクラス職員のメンタルケアについては、基本的にマニュアル「異常記憶に苛まれる人員のケアマニュアル」の最新版に基づいて対応してください。

説明: SCP-yyy-JPは不明な文明の文化を由来とする道具であり、後述の異常性から、人類文化において銃に相当するものか、それを模した物であると考えられています。全体が暗褐色の樹脂様の物質で構成されており、重さは20 g、長さ153.3 mm、最も太い部分で53.2 mmの紡錘形の部分(以下、銃身部)から、ちょうど拳銃のグリップの様に、長さ102.2 mm、幅53.2 mm(銃身部の太い部分とほぼ等しい)、厚さ33.56 mmの棒状の部位(以下、グリップ部)が突き出ています。内部構造や構成物質の詳細な調査は、その行為者全てが準備段階から非常に強い嘔吐感、目眩、不快な幻臭を覚えるために難航しています。

SCP-yyy-JPの、拳銃でいう引き金に当たるグリップ部の根元付近(以下、引き金部)に0.0823 N以上の圧力が加わると、グリップ部から遠い側の銃身部の先端(以下、銃口部)から、霊素に近い振る舞いをするが財団の現行科学技術では固着不可能な、外円直径53.34 mm、内縁直径50.22 mm、厚さほぼ0のドーナツ状の実体(以下、SCP-yyy-JP-1)が13.33 m/sで発射されます。SCP-yyy-JP-1は間にある物体を貫通して5 m~8.3 mのランダムな地点まで直線的に飛翔したのち、痕跡を残さずに消失します。ヒト(Homo sapiens)に近しい精神構造を持つ者がSCP-yyy-JP-1に被曝した時、被曝者は瞬間的に、以下の流れの情景(以下、SCP-yyy-JP-2)を完全な形で追体験します。

視点者は、暗褐色でユークリッド幾何学に沿わないように見える建造物が立ち並ぶを歩行しており、視点者のへ向かっている。道中に視点者が下方に目を向けることで視点者の身体が見えるが、その時点にわかる視点者の外見的特徴は、大まかに以下の通りである。

  • 全体の体色は乳白色であり、体毛は存在しない。
  • 脚部と腕部が胴体の3倍ほどあり、四肢の先端は黒ずんでいて尖っている。
  • 両腰に当たる部分が大きく膨らんでいる。

また、視点者は全裸体であるが、それは今が特別な時であるためであることと、両腰の膨らみには視点者のが内包されていることがわかる。視点者はそれぞれのに目をやって、双子が視点者の文化ではとても珍しいものであることを考え、自分は幸せの絶頂にいるのだ、というような感慨に耽ける。
 
しばらく1を移動するとに到着する。視点者が出入口となる黒色の膜状構造を透過し、居住スペースに入ると、配偶者がSCP-yyy-JPに酷似した道具を腕部を巻きつかせる様に把持し、銃口部を視点者に向けている2。視点者は即座に「絶望、諦念、(味覚の)辛味」が混ざった感覚を覚える。配偶者の把持する道具からSCP-yyy-JP-1に酷似した実体が発射され、視界が明灰色で覆われる。

(ニュアンスに差はあるものの人類文化のものに近しいと言える概念は、下線部で表現した。)
SCP-yyy-JP-2の記憶を処理する試みは、現在まで失敗しています。

補遺: SCP-yyy-JPは2017/██/██、宮城県仙台市の郊外で民間人男性が発見したものであり、財団は現地警察機関への通報の傍受によってSCP-yyy-JPの存在を認知しました。通報時点で民間人男性はSCP-yyy-JP-1に被曝しており、SCP-yyy-JP-2の影響と被曝以前からと見られる精神疾患の複合により、重大な精神的摩耗とPTSDの症状が見られました。事情聴取に先んじてカウンセリングが行われる予定でしたが、財団施設への移送の直前に自死しました。警察へはオブジェクト回収時の標準的対応が施行され、遺族へは「精神疾患による幻覚」と説明されました。




下書き02

評価: 0+x

私は黒の女王・ダチュラ。

黒の女王・ネルシャツパイナポーはここにいる。

こんにちは! バーチャルYouTuber兼黒の女王の蒲田とけいです!

オレは黒の女王のぉおぉ標識ぃいいぃ。ヨロシクぅうう。


ベースライン

幽霊の標識は、自律思考、五感による知覚、発話が可能な、「道を譲れ」という意味の言葉か記号が書かれた物体です。ほとんどの宇宙では、アメリカ合衆国の「交通制御機器類統一の手引き(Manual on Uniform Traffic Control Devices)」によって標準化されている、赤い三角形の中に「YIELD」という英単語が書いてある規制標識の形態を取っています。 ルーツがUSAでないか、そもそもその宇宙にUSAが存在しなかったりする場合は、ダチュラの言う通りではない。しかし逆に、ブラジルにあっても韓国にあってもサバンナにあっても"図書館"にあっても「YIELD」であることもあれば、USAにあってそうでないこともある。

自分を幽霊であると主張することが多いけれど、無軌道に自称を変える。「幽霊免許を落としたから幽霊じゃなくなった」、「オレは今はアザラシだ」、「サンカの女だったけどサンカの女免許を落としたからサンカの女じゃなくなった」、など。ともあれ我々はこの標識を、便宜上「幽霊の標識」と呼んでいる。 少なくともこのオレはあぁあ、今はぁ黒の女王のおぉおお標識だあぁぁああ! 率直に言って、標識は常に"ナンセンス"に振る舞ってる……ように見える。当人がどういうつもりなのかは別として。

必須条件

  • ええと……よくわかってない。っていうかどの宇宙にもいるみたいなんだよね。
  • 以前の私たちは「標識は文字文化と亡霊が存在する場所でなければ存在できないのではないか」という仮説を立てていたのですが……ああ、後述します。
  • 宇宙に免許のぉおお概念があぁることだぁあ。 「免許の概念」の定義って何……? それはぁあ、免許を取る側の決めることじゃあなぁあい! うーん、まあ、そうかもしれない。

実用性

いい話し相手になるよ。暇がかなり潰せる。 これは非常に重要な職務ですよ標識。この幾千万の平行宇宙の中にあっても、孤独と退屈ほど恐ろしいものはそう多くありません。 全標識を代表してぇえ、誇りにぃい、思う。 他には、不可解な言動で追手の撹乱ができそうですね。個人的には集めたり増やしたりして大勢並べてみたいところですが……コストが掛かりすぎると思います。

あと忘れがちだけど、標識たちがどの宇宙でも喋ることしかできないわけじゃないことは特筆すべきだね。 その性格が面白がられた、敵の意表を突かせたい、などの理由から、幽霊の標識実例に後から特性を付与されることがある。対して、幽霊の標識らの精神性はどの宇宙でも共通している。知性体や生命に対し明確に敵対的になることはない。「バカなノリ」に見えるが、命令をこなせないわけではない。従って交渉によって、パートナーやアーティファクトとしての利用価値が見込める。 もちろん、私たちが標識に対するイニシアティヴを取れればの話だけど。

傷つきやすさ

「YIELD」が書いてある部位が物質的に破壊されたことで沈黙した例があるため、その部位が核なのではないかと分析できる。しかしその後、該当部位が物質的に修復されることで回復したことから、幽霊の標識らに完全な死はないとも考えられる。該当部位だけで切り離されて移動させられる分には、実例が不服を表明することはあれど、少なくとも致命的な問題はないらしい。 幽霊は死ななぁああぁい! オレはぁ黒の女王だが、やっぱ死ななぁああぁあぁあい!! うおぉおおぉおお!!


例: タイムライン A-133

「YIELD」の標識であり、メリーメーカー……ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードのマスコット的存在の一つです。Tumblrで毎週更新のブログもやってます。ただこの宇宙では、メンバーの2、3人が彼らとしての活動を引退する際に能力を標識に移譲したことで、標識はミームに関するかなり強くて広範な能力を持つことになり、彼ららしい活動に関わるようにもなりました。私は一応、この宇宙の彼らとの個人的付き合いがあるのですが、標識に力を借りられるかどうかは状況と条件次第でしょう。まあ、私に連絡してください。

例: タイムライン A-329

「YIELD」の標識であり、財団によって収容されています。友人と財団のデータベースをクラックした2015年の時点では、ジェームス博士という人物によって収容と実験のプロジェクトが監督されているようでしたが、彼は標識の言動に困惑しているだけで、標識の利用価値などについては考えていませんでした。そして、この宇宙での財団の性質がオーソドックスなそれである以上、彼らによって標識の有効な利用が実行されることはまずないでしょう。標識からすると財団暮らしは退屈でしょうから、話し相手にしてもいいし盗み出してもいいでしょうが、たぶん費用対効果が釣り合いませんね。

例: タイムライン B-080

「YIELD」の標識。世界オカルト連合に調査されたけど、やっぱり困惑させて、財団に引き渡された……で合ってるっけ、ダチュラ? 合ってます。経緯は情報が曖昧なんですが、意味がわからないものでも取り敢えず貯め込む財団と違って、世界オカルト連合は標識にさほど興味を惹かれなかったのでしょうね。そのあとはA-329と同じです。そして、私ととけいの仮説では、この流れの宇宙が一番多いはずです。

例: タイムライン B-876

この宇宙における標識は、アメリカのフィラデルフィアに在住する痩せ型の青年だった。性格は他の宇宙の標識とほとんど変わらないけど、社会生活を送れる程度の常識はある。彼は財団所属のエウクレイデスで、専用コスチュームに着替えて「YIELD」の標識を模った仮面を被ることで、周囲に音源不明の不協和音や無数の引っかき傷を発生させる「死霊の痕Specters' Signs」の能力を得ることができる。 追補 - B-876の地球全体は財団パタフィジックス部門によって強力に"平坦化"されている。その直接的な理由は不明。ここでは殆どの知性ある異常存在は「エウクレイデス」か「ケテル」と呼ばれ、"超人"や"怪人"として振る舞っている。 おっと、ありがとうパイン。興味深く思うだろうけど、この宇宙が気になるだけなら私から説明してあげられる。もし「スペクターズ・サイン」に用があるなら、私なら短い間平坦化に抵抗することもできる。色んなところで話してることだけど、有効な耐性がなければB-876には行かないで。現実平坦化はとても対処が難しい力で、迂闊に近付くべきじゃない。

例: タイムライン C-302

このカタログで語るべき幽霊の標識とは直接の関係はない可能性もあるが、C-302で——この宇宙に免許の概念があるにも関わらず——幽霊の標識実例が未だ発見されていないことも考慮し、念のため記す。「南関東奇譚会」という日本の怪談サークルが、2009年に「奇妙な声を発する『その他の危険』の標識」という怪談を聴取していた。特筆すべきはそれが1年の間に、長野県、埼玉県、奈良県の3箇所で、別々の人物から聴取されたこと。また、関連性は不明だが同3県は全て内陸県である。僕はWEBアーカイヴを閲覧したが、埼玉県で聴取されたものだけは確認することができなかった。なお、「その他の危険」の標識の中に幽霊の存在を警告するために国が設置するものであるというのは、日本では有名な都市伝説の一つでもある。 ふーむ。興味深い説なのは確かですが、標識は大抵太陽系のどこにいるかわかりませんから、「幽霊の標識がまだ見つかっていない」はあまり強い論拠ではなさそうですね。

例: タイムライン D-337

特例的なタイムラインが続きますが、D-337での標識も人型存在です。見たところ未成年の女性の姿の"帝国"からの漂流者で、頭部が「讓路」の標識に置き換えられています(なお、「讓路」は中国国内で使用されている標識で、「YIELD」と概ね同じ意味です)。彼女自身の目的は不明ですが、私がウランバートルで出会った時にはカオス・インサージェンシーの構成員でした。……彼女が口を開かなければ、私は彼女が幽霊の——もとい、混沌の標識だとは思わなかったでしょうね。私はインサージェンシーとの取引の時に少し話しただけですが、恐らく何か追加された能力があるものと思います。気をつけて。

例: タイムライン E-565

(「黒の女王の標識」について)

例: タイムライン F-668

(オチ)

これが何らかの無害なテストに過ぎない、という保証がどこにある?