Walksoldi

翻訳中 SCP-3874


出典: SCP-3874
著者: Uncle NicoliniUncle Nicolini
作成日(EN): 2019/03/11
SCP-3874 - Six-Hundred To One
SCP-3874 -
tags: agent-laferrier cadaver doctor-everwood explained global-occult-coalition humanoid indestructible jam-con2019 keter neutralized probability scp
タグ: _shaggy-dog エージェント・ラフェリエール 死体 エバーウッド博士 explained 世界オカルト連合 人間型 破壊不能 jam-con2019 keter neutralized 確率 scp
翻訳協力: konumatakakikonumatakakiRed_SelppaRed_Selppa

画像#1 フィデル・カストロ1
出典: Kremlin.ru
作者: Kremlin.ru
ライセンス: CC BY-SA 4.0
備考: ライセンスがサイトに適合しないため、掲載を控えております。ご了承ください。

画像#2 フィデル・カストロ2
出典: Wikimedia Commons
作者: Library of Congress
ライセンス: パブリックドメイン

画像#3 ドナルド・ラムズフェルトのサイン
出典: Wikimedia Commons
作者: Donald Rumsfeld
ライセンス: パブリックドメイン

画像#4 フィデル・カストロ3
出典: Wikimedia Commons
作者: Antônio Milena/ABr
ライセンス: CC BY 3.0 BR

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-3874

オブジェクトクラス: Keter

Special Containment Procedures: Due to the SCP-GOC 1970 Accord1, direct Foundation involvement in the containment of SCP-3874 is impossible. The Foundation is to instead monitor the activities of GoI-616 "Pentagram"2 in relation to the anomaly and attempts to sabotage any known attempts to assassinate SCP-3874.

特別収容プロトコル: SCP-GOC1970年協定3により、SCP-3874の収容に財団が直接関与することは不可能です。財団はその代わりとして、アノマリーとの関連でGoI-616 "ペンタグラム"4の活動を監視し、SCP-3874暗殺のあらゆる既知の試みの妨害に取り組みます。

Description: SCP-3874 is the former Prime Minister (1959-1976) and President (1976-2008) of Cuba, Fidel Alejandro Castro Ruz. Though the subject's anomalous properties remain largely unknown, it is currently believed that SCP-3874 possesses one or more of the following anomalous properties:

説明: SCP-3874はキューバの元首相 (1959-1976) であり元国家元首 (1976-2008) でもある、フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルスです。対象の異常性は大半が不明なままですが、SCP-3874は現時点で以下の異常性を1つ以上有していると考えられています。

  • Probability-altering capabilities,
  • Clairvoyance,
  • Indestructibility/Rapid regeneration properties,
  • or Pataphysical Omniscience.
  • 確率改変能力。
  • 透視能力。
  • 不滅性/急速再生特性。
  • 空想科学的全知。

SCP-3874 has not demonstrated any of the aforementioned anomalous properties in public nor shows any signs typical of a Class-B metahuman; however, the quantity of survived assassination attempts demonstrated by SCP-3874 has been deemed most likely anomalous. According to leaked Pentagram documentation supplied by defector Matthew Shah, the organization has made over 600 attempts5 to assassinate SCP-3874 since 1963. The methods of the attempts to assassinate the subject include both anomalous and mundane means.

SCP-3874は公衆の面前では上記の異常性を一切実証しておらず、クラス-B超人のいかなる典型的な兆候も示していません。しかしながら、SCP-3874は幾度も暗殺未遂を切り抜けて生き延びており、それ故に異常である可能性が最も高いと考えられています。ペンタグラムからの離反者であるマシュー・シャーが提供した漏洩文書によると、当該組織は1963年以降、SCP-3874暗殺の試みを600を超える回数6行っています。対象を暗殺しようとする試みの手段には、異常なもの・ありふれたもの両方があります。

Attempted methods include:

試みられた手段には以下が挙げられます:

castro2.jpg

SCP-3874 in 1959.
1959年のSCP-3874。

  • An exploding cigar,
  • Poisoned ice cream,
  • Contracting ex-Chicago Spirit members and UIU Persons of Interest to participate in the Bay of Pigs invasion,
  • Cognitohazardous diplomatic speech,
  • Voodoo,
  • Radioactive Para-pharmaceuticals,
  • and an Orbital Disintegration Beam.
  • 爆発する葉巻。
  • 毒入りアイスクリーム。
  • ピッグス湾事件への関与を目的とした元シカゴ・スピリットメンバーおよびUIU要注意人物との契約。
  • 認識災害性外交演説。
  • ブードゥー教の呪術。
  • 放射性超常医薬品
  • 軌道上分解ビームOrbital Disintegration Beam

Addendum.01: Upon discovery of SCP-3874's anomalous properties and an assassination attempt in 1975, the Foundation began covert lobbying to support the Church Committee's investigations of abuse of the United States Intelligence agencies by several departments of the state.

補遺.01: 財団は1975年にSCP-3874の異常性ならびにSCP-3874暗殺の試みを発見すると、チャーチ委員会が行っていた、州の幾つかの省による米国情報機関の酷使に関する調査を支援するため、ひそかにロビー活動を始めました。

Due to political pressure from the Department of Defense, the Church Committee instead focused their investigations on the NSA. In response, the Foundation implemented Procedure-343FB21 "The Strong-Arm", a plan to capture William Alton Carter7. Under the guise of a terrorist front organization, the Foundation issued the threat to the President, who signed Executive Order 11905 in response, disallowing United States government employees from engaging in political assassination.

国防総省からの政治的圧力により、チャーチ委員会は代わりにNSAに調査を集中させました。それに応じて、財団はプロトコル-343FB21 "強硬手段" — ウィリアム・アルトン・カーター8を捕らえる計画 — を実行に移しました。財団はテロリスト戦線組織を装って大統領 — これに応じて大統領令11905号に署名した — を脅迫し、合衆国政府職員が政治的暗殺に携わることを禁じました。

Addendum.02: Despite the signing of Executive Order 11905, Pentagram continued to undertake covert assassination attempts, most notably in 2000 when the group converted the recently captured Elián González into a sleeper agent to assassinate SCP-3874. This plan was discovered by Site-19's Lead GoI Researcher Dr. Everwood, and Foundation Intelligence Agents were dispatched to administer amnestics to González, removing all sleeper agent programming.

補遺.02: 大統領令11905が署名されたにもかかわらず、ペンタグラムは内潜的な暗殺の試みに取り組み続けました。特に顕著であったのは2000年のことであり、当該組織は昨今になって確保されたエリアン・ゴンザレスを、SCP-3874暗殺を目的としたスリーパー・エージェントに転向させていました。この計画はサイト-19のGoI研究主任であるエバーウッド博士が発見し、その後財団諜報員がエリアン・ゴンザレスに記憶処理を施すために派遣され、スリーパー・エージェントの洗脳を全て除去しました。

Addendum.03: On June 23rd, 2001, the following correspondence was received from Pentagram's Chairman and US Secretary of Defense Donald Rumsfeld.

補遺.03: 2001年7月23日、ペンタグラム議長兼アメリカ合衆国国防長官のドナルド・ラムズフェルドより、以下の往復文書を受け取りました。

DODb.gif







To whom it may concern,

関係各位

Though the United States government understands and appreciates the service the SCPF provides to our great country and the world at large, we can no longer abide by your constant interference in national security. Even though the Berlin Wall and the Soviet Union have fallen, the threat of Communism remains alive in our very front yard. A mere 90 miles from Florida lays a potential threat to the great liberties this country was founded on.

アメリカ合衆国政府は、SCPFが我々の偉大なる国家、および世界全体のために尽力していることを理解しており、そして高く評価もしている。だが、我々はもはや、国家安全保障における貴方がたからの繰り返される妨害を甘受できない。ベルリンの壁やソビエト連邦が崩壊したにもかかわらず、共産主義の脅威は我々の最前線に健在したままだ。フロリダからたったの90マイル離れた所に、この国を樹立した偉大なる自由に対する潜在的脅威が居座っている。

This is a humble request that you cease your interference in our foreign relations. As per the rules outlined in the Secure Contain Protect Initiative, you are not to interfere in the politics of this country outside of extraordinary circumstances. Should you continue your acts against the needs of this country, we may need to reconsider the necessity of funding the SCPF and allowing the continued operation of your bases in US soil.

これは我々の外交関係への介入を中止していただきたいという謙虚な気持ちからの要求だ。確保収容保護イニシアチブで述べられている規定により、特殊な事情を除いては、貴方がたはこの国の政治問題には介入できない。万が一この国のニーズに反してまだ行動を続けるというのならば、我々はSCPFへの資金提供、ならびに貴方方の基地を米国で継続的に運用させることの必要性を見直さねばならないかもしれない。

From what we understand, the GOC has a more sustainable plan for anomalies than you do.

我々が把握している限りでは、アノマリーに対しての計画ならGOCの方が貴方がたのよりも長く続けられる。

Yours,

敬具

signature.png

Further attempts at halting Pentagram assassination attempts on SCP-3874 are to be carried out by third party agents contracted through Foundation front companies.

ペンダグラムのSCP-3874暗殺の試みを止めさせるこれ以上の取り組みは、財団のフロント企業を通じて契約した第三党機関によって行われます。

Addendum.04: On the 25th of November 2016, Cuban news outlets reported on the death of SCP-3874, which was attributed to natural causes. Operation "90 Años" was launched shortly after, with the goal of retrieving the cadaver of SCP-3874 and bringing it to Site-34 in Colombia. Due to the lack of anomalous guards or GOC operatives present at the morgue, Agent LaFerrier was able to successfully obtain the cadaver of SCP-3874 prior to cremation, substituting SCP-3874's cremains with those of D-1221's.

補遺.04: 2016年11月25日、キューバの報道機関がSCP-3874の死去 (老衰によるものと考えられる) を報じました。SCP-3874の遺体を回収し、それをコロンビアにあるサイト-34へと運ぶべく、オペレーション "90Años" が直後に開始されました。死体安置所には異常を有する守衛やGOCスパイが存在しなかったため、エージェント・ラフェリエールは火葬より前に成功裏にSCP-3874の遺体を入手し、SCP-3874の遺骨をD-1221のものにすり替えることができました。

Upon arrival to Site-34, an autopsy was conducted to identify any possible anomalous properties possessed by SCP-3874. No results were found. Additional experiments yielded no results. The cause of death was additionally confirmed to be natural and no involvement of Pentagram was found in relation to the death of SCP-3874.

サイト-34に到着してすぐに、SCP-3874が有していた可能性のある異常性を特定するために検死解剖が行われました。結果は何も得られず、追実験でも成果は出ませんでした。死因が老衰であることが加えて確認され、さらにSCP-3874の死去にはペンタグラムは一切関与していないことが判明しました。

On January 1st 2017, Agent LaFerrier, disguised as a new Venezuelan diplomat, was tasked with approaching Raul Castro9 and attempt to gather any information regarding SCP-3874's anomalous properties.

2017年1月1日、エージェント・ラフェリエール (新任のベネズエラの外交官に扮していた) がラウル・カストロ10にアプローチする任務を課せられ、SCP-3874の異常性に関連するあらゆる情報の収集に取り組みました。

Addendum.05: Following an interview with Raul Castro, it was determined that SCP-3874 did not any point possess anomalous properties. Though Foundation statisticians have questioned the possibility of a mundane human surviving and evading over 600 assassination attempts, the possibility is non-anomalously more than 0, therefore rendering it possible.

補遺.05: ラウル・カストロへのインタビューにより、SCP-3874はいかなる時点でも異常性を有していなかったと断定されました。財団の統計学者らは、ありふれた人間が600回超の暗殺未遂を切り抜けて生き延びられるのか疑問を呈しましたが、その可能性は非異常的には0ではありません。したがって、この事象は起こり得ます。

SCP-3874's documentation is to be reclassified immediately.

SCP-3874文書は直ちに再分類されます。






ヘルプ:翻訳フォーラム
無し