Walksoldi

出典: SCP-3932
著者: stormbreathstormbreath
作成日: 2018/02/19
SCP-3932 - The Dolphin Manifesto
SCP-3932 - 海豚宣言
tags: acoustic animal auditory cetacean jam-con2018 keter knowledge memetic sapient scp
タグ: 音波 動物 聴覚 クジラ jam-con2018 keter 知識 ミーム 知性 scp

アイテム番号: SCP-3932

オブジェクトクラス: Keter

脅威レベル:1

Special Containment Procedures: An audio file of SCP-3932 is to be kept on secure Foundation servers at Site-72, Site-01, and Site-19. Personnel with Level 3 or higher access are permitted to listen to SCP-3932 at any time, provided that no cetaceans are within audible range.

特別収容プロトコル: SCP-3932の音声ファイルはサイト-72、サイト-01、サイト-19の安全な財団サーバーに保管されます。SCP-3932を聴くためのレベル3以上の職員のアクセスは、可聴範囲内に鯨類が存在しない場合に限り随時許可されます。

The Foundation's current containment strategy for SCP-3932 has been the establishment of diplomatic relations with the three SCP-3932-Δ nation-states. The Foundation currently maintains positive relations with these groups, and has negotiated several points over various treaties:

SCP-3932に対する財団の現在の封じ込め策として、3つのSCP-3932-Δ国民国家との外交関係を確立しています。財団は現時点でこれらの団体との友好関係を維持しており、様々な条約に関していくつかの事柄を交渉しています:

  • The Foundation is not to intentionally contain or kill instances of SCP-3932-Δ unless they pose an active security threat.
  • Uncontained instances of SCP-3932-Δ are not to create new instances of SCP-3932-Δ through the usage of SCP-3932 exposure.
    • Instances may, however, expose any naturally born offspring to SCP-3932.
  • 財団はSCP-3932-Δ個体が安全保障上の能動的脅威となる姿勢をとらない限り、SCP-3932-Δ個体を故意に収容および殺害してはならない。
  • 未収容のSCP-3932-Δ個体は、SCP-3932の使用による曝露を通して新たなSCP-3932-Δ個体を作り出してはならない。
    • しかしながら、個体は自然に誕生した全ての子孫をSCP-3932に曝露させる可能性がある。
  • The three nation-states of SCP-3932-Δ are to conceal themselves from the outside world until such a date when their existence can become public knowledge.
  • The Foundation is to attempt to shift global policy to more actively prevent the deaths of cetaceans worldwide, including those that are not SCP-3932-Δ instances.
  • The three nation-states of SCP-3932 are not to attack human settlements or vessels within their claimed territory.
  • 3つのSCP-3932-Δ国民国家はその存在が公知となり得るような日まで、外界から自身の存在を隠蔽しなければならない。
  • 財団はSCP-3932-Δ個体ではないものも含む、世界的な鯨類の死をより積極的に防止するためのグローバルポリシーに転換するよう努めなければならない。
  • 3つのSCP-3932-Δ国民国家は、その主張した領土内に存在する人間の居住地や船舶を攻撃してはならない。

Description: SCP-3932 is a short vocalization with memetic properties that affect mammals of the Delphinidae family.2 When a Delphinidae hears SCP-3932, they undergo significant changes, transforming into an instance of SCP-3932-Δ. SCP-3932 has no effect upon humans or animals not within in the Delphinidae family.

説明: SCP-3932は、Delphinidae3の哺乳動物に影響を与えるミーム特性を含んだ短い音声です。DelphinidaeはSCP-3932を聞くと重大な変化を受け、SCP-3932-Δ個体に変容します。SCP-3932は人間、およびDelphinidae科以外の動物には効果がありません。

SCP-3932-Δ are physically and genetically identical to non-anomalous dolphins but possess anomalous sapience. Additionally, instances of SCP-3932-Δ possess Class-II Telekinetic abilities, allowing for the physical manipulation of objects despite the lack of hands.

SCP-3932-Δは身体上および遺伝的には非異常なイルカと同様ですが、異常な知性を有しています。加えてSCP-3932-Δ個体はクラス-II念動能力を有しており、手に該当する部位が存在しないにも関わらす物体の物理的操作が可能です。

All instances of SCP-3932-Δ are capable of vocalizing SCP-3932. After infection, SCP-3932-Δ typically expose all other members of their pod to SCP-3932, as well as any other pods encountered. It is currently believed that the first vocalization of SCP-3932 was created by a non-anomalous dolphin, which then became an instance of SCP-3932-Δ and turned the other members of its pod into SCP-3932-Δ instances.

全SCP-3932-Δ個体はSCP-3932を発声することができます。影響後、SCP-3932-Δは概して群れの他の全ての仲間、および遭遇する他のイルカ群をSCP-3932に曝露させます。現在、SCP-3932の最初の発声は非異常なイルカによって作り出され、当該イルカはその後SCP-3932-Δ個体になり、群れの他の仲間をSCP-3932-Δ個体に変えたと考えられています。

Communication with SCP-3932-Δ has been established by teaching instances Auslan4 and giving them gloves to manipulate. Currently, the majority of SCP-3932-Δ is fluent in Auslan. Translation efforts between English and Cetacean are in progress using An English-Cetacean Phrasebook, recovered from SCP-1986.5

SCP-3932-Δとのコミュニケーションは、オースラン6を教え、操作用の手袋を与えることによって確立されています。現在、SCP-3932-Δの大多数はオースランが流暢です。SCP-1986から回収された英語-鯨類語フレーズブックを使用した、英語と鯨類語間の翻訳作業が進行中です。7

Currently, all instances of SCP-3932-Δ have organized into three nation-states, located within the South Pacific. These nation-states are currently in a state of cold war, which is being diplomatically handled by the Foundation. These nation-states are as follows:

現時点で全SCP-3932-Δ個体は、南太平洋に位置する3つの国民国家に組織化されています。これらの国民国家は現在冷戦状態にあり、財団の外交手腕でもって制御されています。これらの国民国家は以下の通りです:

  • The Great Barrier Reef Confederacy: The youngest of the three SCP-3932-Δ nation-states, currently living in the area of the Great Barrier Reef, along the eastern coast of Australia. The GBRC was founded in 1957, following the overthrow of the former Great Barrier Reef Empire. Instances practice rudimentary thaumaturgy. (Current estimated population: 25,000)
  • グレート・バリア・リーフ連合 (The Great Barrier Reef Confederacy): 3つのSCP-3932-Δ国民国家の中で最も若く、現在オーストラリアの東海岸沿いにあるグレート・バリア・リーフ地帯を占拠している。1957年、旧グレート・バリア・リーフ帝国の転覆後に樹立された。個体達は基礎的魔術を実践している。 (現時点での推定個体数: 25,000)
  • The Great Barrier Reef Empire-In-Exile: A group that claims descendancy from the former Great Barrier Reef Empire, which was overthrown by GBRC in 1957. The GBREIE is based within the Gulf of Carpentaria and controls the northern coast of Australia. The official state religion of the GBREIE bears marked similarities to Sarkicism, but is not believed to have a shared origin. (Current estimated population: 20,000)
  • グレート・バリア・リーフ亡命帝国 (The Great Barrier Reef Empire-In-Exile): 1957年にGBRCによって転覆された旧グレート・バリア・リーフ帝国の末裔を主張する団体。カーペンタリア湾内に拠点が置かれており、オーストラリア北部の海岸を支配している。公式の国教はサーキシズムと著しく類似しているが、共通の起源を有するとは考えられていない。 (現時点での推定個体数: 20,000)
  • The Dolphin's Communist Republic of Indonesia: The oldest of the SCP-3932-Δ nation-states, founded in 1941. The DCRI currently controls the waters around Indonesia and Papua New Guinea. The DCRI was educated in Marxist philosophy by an unidentified individual in 1940. (Current estimated population: 30,000)
  • インドネシア共産主義海豚共和国 (The Dolphin's Communist Republic of Indonesia): 1941年に設立した、最も古いSCP-3932-Δ国民国家。現在インドネシアおよびパプアニューギニアの周辺海域を支配している。1940年に未確認個体によってマルクス主義哲学を教えられた。 (現時点での推定個体数: 30,000)

Formerly, all SCP-3932-Δ instances were under the control of the Great Barrier Reef Empire, which was founded in 1900, and quickly gained control of the entire Oceania region. In 1940, a communist uprising led to the splintering of the state into the Dolphin's Communist Republic of Indonesia and the Great Barrier Reef Empire. The ruling class of the Great Barrier Reef Empire was later overthrown in 1957, and supplanted by the Great Barrier Reef Confederacy.

かつて全SCP-3932-Δ個体は1900年に設立されたグレート・バリア・リーフ帝国の支配下にあり、オセアニア地域全体の支配を迅速に獲得しました。1940年、共産主義者の蜂起により、国家はインドネシア共産主義海豚共和国とグレート・バリア・リーフ帝国に分裂しました。後にグレート・バリア・リーフ連合がグレート・バリア・リーフ帝国の支配階級を1957年に転覆し、それに取って代わりました。

The nephew of the former Great Barrier Reef Emperor fled to his family's summer palace in the Gulf of Carpentaria, and established the Great Barrier Reef Empire-In-Exile, with the stated goal of eventually reclaiming the Great Barrier Reef.

旧グレート・バリア・リーフ皇帝の甥は、カーペンタリア湾内にある一門所有の夏の離宮に逃れ、グレート・バリア・リーフを最終的に取り返すという目標を掲げグレート・バリア・リーフ亡命帝国を樹立しました。

The three current nation-states have been in a state of cold war for the past sixty years, with minor conflicts over territory. Tensions have been lessened due to Foundation diplomatic intervention, leading to the current situation.

現在の3つの国民国家は過去60年間冷戦状態にあり、領土紛争は小規模です。財団の外交干渉により緊張状態は緩和され、現在の状況に至っています。

Foundation involvement concerning SCP-3932 has led to the restriction of the territories of all three SCP-3932-Δ nation-states, and the prohibition of interaction with humans. While SCP-3932-Δ instances previously had limited interaction with humans, these interactions have been mostly concealed, under the cover story of SCP-3932-Δ merely having been slightly more intelligent dolphins.

SCP-3932に対する財団の関与は、3つの全SCP-3932-Δ国民国家の領土制限、並びに人間との交流の禁止に繋がりました。SCP-3932-Δ個体は以前は人との交流が制限されていましたが、これらの交流は、ただの少し賢いイルカであっただけというSCP-3932-Δのカバーストーリーの下に大半が隠蔽されていました。

Addendum 3932.14: On 2/18/2018, the Foundation's Diplomatic Department received the following letter from the governments of the GBRC, the GBREIE, and the DCRI.

補遺3932.14: 2018/2/18、財団の外交部門は、GBRC、GBREIE、DCRI各政府より以下の文書を受け取りました。

To the Foundation,

財団へ

This is a declaration of war.

これは戦争宣言である。

For far too long have the dolphins of the world been oppressed by tyrannical overlords and genocidal humans. All across the world, our people are slaughtered by the thousands by your kind, and we shall not stand for such treatment any longer.

世界のイルカ達はあまりに長い間、暴虐な君主達や大量虐殺人間達に虐げられてきた。世界中の我々の国民は、無数の諸君の種によって虐殺されている。我々はもはやこのような扱いには耐えられない。

The days of the past, in which our kind was brutally mistreated are over. When you reached out to us, in the earliest days of our people's ascendance, you promised us that things would change and that it would be different. That we would be able to live in a world in which our children would be free.

我々の種が容赦なく虐待されていた日々は終わった。諸君が我々に救いの手を差し伸べた時、我々の国民が興起する黎明期に、諸君は我々に事態を変え、異なるものにすることを約束した。我々は子供達が自由である世界に生きることができるだろう、と。

But all we have faced is tyranny and oppression. You bind our people from sharing THE GIFT that lifted us from nothing, and you force us to allow our lesser brethren to remain in their uninspired state.

しかし我々は皆圧政と抑圧に直面している。諸君は無から我々を引き上げたあの贈物 (THE GIFT) を共有することを縛り、我々の未熟な同胞達を独創性のないまま放置することを強いる。

This indignities shall not stand. We are as great of a race as you, blessed with the same intelligence and capacity for reason. Our differences lie only in the flesh, and not in the mind.

この侮辱には耐えられない。我々は諸君と同様の知能と能力に恵まれている、故に我々は諸君と同様に偉大な種族である。我々の相違点は肉体のみにあり、心にはない。

Our day shall come, and it shall be soon.

我々の日が来るだろう、そしてその日は近い。

Bacchus
President of the Great Barrier Reef Confederacy

バッカス
グレート・バリア・リーフ連邦大統領

Kavulak IV
High Emperor of the Great Barrier Reef Empire-In-Exile

カブーラクIV世
グレート・バリア・リーフ亡命帝国上級皇帝

Flipper Marx
Chairman of the Dolphin's Communist Republic of Indonesia

フリッパー・マルクス
インドネシア共産主義海豚共和国議長

何か色々