SCP-1410
SMOOTH-STONE.jpg

SCP-1410

アイテム番号: SCP-1410

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1410はサイト-30内の指定された封じ込め区域に保管されることになっています。SCP-1410は、SCP-1410-1の発生を最小限に抑えるために格納エリアの4つの部屋の間を移動させることになっています。どのように移動させるかは、その汗の色と監督している研究員の判断によって決められています。

- チャンバー1410-A(黄): チャンバー1410-Aはサイト-30の第2講堂を改装してできました。閉所恐怖症の傾向を示すならば、SCP-1410はチャンバー1410-A内の中心にある台で保管されます。広場恐怖症の傾向を示すならば、SCP-1410は台の底にある金属製の容器に保管されることになっています。

- チャンバー1410-B(赤): チャンバー1410-Bは鋼製の金庫室です。SCP-1410がチャンバー1410-B内に保管されるときは、SCP-1410が安心できる環境を作るために、武装した警備員がチャンバー1410-Bに配置されることになっています。

- チャンバー1410-C(青): チャンバー1410-Cは、標準のヒューマノイド用収容室であり、保育園に改装されています。チャンバー1410-Cは、柔らかい色合いで塗装され、幼児、好ましくはプラシ天で出来たぬいぐるみのおもちゃを含みます。SCP-1410はチャンバー内の左隅のベビーベッドに置かれ、SCP-1410の封じ込めに関与する2人の職員が配置されます。前に述べた職員は武装してはいけません。

- チャンバー1410-D(緑): チャンバー1410-Dは標準のヒューマノイド用収容室であり、病室を模した部屋に改装されています。チャンバー1410-Dは白色に塗装され、様々な医療機器を含みます(この機器は本物である必要はありません)。SCP-1410は、患者の寝室の真ん中に置かれ、SCP-1410の封じ込めに関与する1人の職員は、常にスクラブに身を包み、駐留しなければなりません。SCP-1410は、チャンバー1410-Dで毎時消毒剤で拭かれることになっています。

説明: SCP-1410は水で滑らかにされた石であり、█████山の洞窟群に見られるものに似ています。SCP-1410は限定的な知性を有するように見られ、その精神的特性は定期的に(もしくはSCP-1410-1との接触によって)分泌される汗の色と連動しています。SCP-1410-1は、SCP-1410によって引き起こされる多数の幻覚から成り、その正確な性質は同じ汗に左右されます。SCP-1410はそれがSCP-1410-1の発生源であることに気づいていないようであり、SCP-1410-1に反発して汗の量を増加させることで、結果として接触の長期化によるSCP-1410-1の更なる発生をもたらしています。サブタイプにかかわらず、SCP-1410-1はSCP-1410の存在のみを認識し、他のすべてを無視します。

SCP-1410との物理的な接触は、一方的なやりとりを可能にしますが、SCP-1410はそれに触れる実体の曖昧なフレーズや感情を吹聴することにほとんど制限されています。汗のサブタイプとSCP-1410-1の例は次の通りです。

  • 黄色のサブタイプ: SCP-1410は、この汗を放つと、数時間ごとに閉所恐怖症、広場恐怖症、罪悪感に関連するフレーズと感情を交互に吹聴します。黄色の SCP-1410-1は、間に合わせの武器によって負った怪我に苦しめられている、社会経済的背景と芸術的傾向が高いことを示す洋服の服装をした男女の若い成人として現れます。SCP-1410-1の黄色の実体はSCP-1410を囲み、攻撃しようとしますが、それらの霊的な性質のため、これらの攻撃は効果がありません。SCP-1410の閉所恐怖症または広場恐怖症が解消されれば、黄色の汗が減少します。
  • 黄色のサブタイプ中にに使われるフレーズの例: 私は閉じ込められた。彼らは私と共にそこにいたが、彼らは理解できず、全てにおいて私のようではなかった。届かない声に、暗闇に、息苦しい空気と壁に常に閉ざされていて、常に増している。Ichorはいつも彼らを美しくするように言ってきた。私はそれをしなければならなかった、彼女のために美しくすることを。彼女はどれくらい早く私と共にいることに飽き、私のもとを去り、なぜ彼らのもとに行ったのか。彼らは私を閉ざし、私が彼らと描いた壁のように決して立ち止まりません。
  • 赤色のサブタイプ: SCP-1410はこの汗を放つと、パラノイアや怒りに関連したフレーズや感情を吹聴します。 赤い場合のSCP-1410-1は、4つの目、細長い鼻、および耳を持たない背の高い、黒いヒューマノイドとして現れます。赤色のSCP-1410-1は、SCP-1410から数百メートルに見える距離からSCP-1410を観察しようとします。
  • 赤色のサブタイプ中に使われるフレーズの例: それは全て奴らのせいだ!私たちがしたことは奴らの金で遊び、奴らの活気のない世界に創造性をもたらそうとしたことだ。奴らが私たちを追ってこなかったら決して去ることもなく、決してそれらの洞窟にはいることもなく、Ichorの声を聞くこともなく、決して…しかし奴らは私を破壊しても私を見続けている。奴らが立ち去ることはない!
  • 青色のサブタイプ: SCP-1410はこの汗を放つとうつ病や孤独感に関連したフレーズや感情を吹聴します。青色のSCP-1410-1は、常に若い成人女性と男性幼児で構成されています。SCP-1410-1の実体は、SCP-1410をあからさまに無視します。 SCP-1410が癒しの雰囲気にさらされている場合、特に幼児期に関連している場合、青い汗が減少します。
  • 青色のサブタイプ中にに使われるフレーズの例: 「アニー、ハリーだ…すまなかった。せめて私を見てくれないか?一度でいいから?私は君に同じことをしないことを約束するよ。今になってわかったんだ。彼女は私を騙し、私を利用しようとした。彼女には何もないんだ。今より良くなるって言えるのか?もう遅い。私1人になってしまった。」
  • 緑色のサブタイプ: この汗を放つと、SCP-1410は痛み、嫌気、恐怖に関連するフレーズと感情を吹聴します。 緑色の場合のSCP-1410-1は、骨、髪、歯、爪が最も一般的な人体の一部を使って作成された、様々な粗製の芸術作品として現れます。
  • 緑色のサブタイプ中に使われるフレーズの例: ここは私の人生をかけた仕事の集大成だ。どうやって私は今まで彼らが美しいと信じることができたのか?彼女がいたから?彼女は私を安らぐ形に作ったそれらの…彼女の玩具のように、それから彼女が彼らに作られた時、彼女を私のものにした。 以前は違っていたが、もはや私が何だったのか覚えていない。彼女の油性膜で私は覆われ、私が見ることができるのは彼女だけだ。私は、ただ、再び全てでありたい。もう一度きれいにしよう。

SCP-1410は、定期的なセキュリティチェック中にサイト-30の外壁に埋め込まれ、黄色のSCP-1410-1に囲まれているところを発見されました。SCP-1410は、壁から取り出され、サイト-30に収容されました。今の封じ込め手順は、SCP-1410と繰り返し接触した後に確立されました。