WagnasCousin
評価: 0+x

報告書の翻訳を完了しました・・・

アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-001-JPはその性質上収容不可能です。SCP-001-JP-2はサイト-01の収容室に保管して下さい。プロトコル・バベル実行時を除きSCP-001-JP-2との接触は禁止されています。

説明: SCP-001-JPはミームと呼ばれる概念です。SCP-001-JPは文化の遺伝単位で、媒介物を通して伝達しながら自己複製を行い、変異による多様化と淘汰により進化する、遺伝的性質を持っています。SCP-001-JPは変異の因子によりSCP-001-JP自身及びそれらを媒介する全てのキャリア(以後SCP-001-JP-1と表記)を変異させます。変異の因子の働きが規定より大きい場合、異常性を有していると規定し収容を行います。

SCP-001-JP-2はシフゾウ(Elaphurus davidianus)の角を持つモウコノウマ(Equus ferus przewalskii)が描かれた自己修復性を持つレリーフです1。SCP-001-JP-2からシフゾウの角に該当する部分を全て削り取った後、SCP-001-JP-1がSCP-001-JP-2に接触すると、SCP-001-JP-1に対して特殊なSCP-001-JP(以後SCP-001-JP-3と表記)を伝達します。

安定状態のSCP-001-JP-3が伝達及び自己複製を行う条件は、SCP-001-JP-2からの曝露と、SCP-001-JP-1の生殖による遺伝時に限定されています。SCP-001-JP-3は変異の因子が極めて強く、曝露したSCP-001-JP-1が有するSCP-001-JPの伝達及び自己複製、変異の因子は全てSCP-001-JP-3と同一の性質に変化します。SCP-001-JP-1がSCP-001-JP-3に曝露する前に有していたSCP-001-JPは、最初に変異の因子がSCP-001-JP-3に変化した後に、伝達及び自己複製機能がSCP-001-JP-3に変化します。その結果、一時的にSCP-001-JPの変異の因子のみがSCP-001-JP-3となり、SCP-001-JP-3が他のSCP-001-JP-1へと爆発的に拡散します。この状態は伝達及び自己複製機能の変化が完了するまで継続します。SCP-001-JP-3の曝露後に伝達したSCP-001-JPは、最初に伝達および自己複製機能がSCP-001-JP-3に変化した後、変異の因子が変化します。SCP-001-JPの変異の因子がSCP-001-JP-3へと変化するまでの間、SCP-001-JP-3はSCP-001-JPが有する変異の因子の影響を受けます。SCP-001-JP-3の変化に伴いSCP-001-JP-1の遺伝子も変化します。長期的なSCP-001-JPの曝露により、SCP-001-JP-3及びそのSCP-001-JP-1の遺伝子は変化し、SCP-001-JP-3は正常に伝達及び自己複製を行わなくなります。

プロトコル・バベルは、Kクラスシナリオ発生時に人類を保護し、支配種に復帰するための措置です。Kクラスシナリオに対して有効な手段が残されていない時のみ実行が検討されます。SCP-001-JP-3に曝露した人類(以後SCP-001-JP-Aと表記)は、全ての文化を失いますが、他の存在から認識されなくなり、周囲の環境に適応する形で進化します。SCP-001-JP-3の変化に伴いSCP-001-JP-Aは他の存在から認識されるようになりますが、他の存在からSCP-001-JPを学習する事で優位に立ちます。

SCP-001-JP-Aの異常性への適応には限度があるため、オブジェクトの収容は継続して行います。プロトコル・バベルの実行命令が出た場合、全ての職員(SCP-001-JP-Bと表記)は配属されたサイトでSCP-001-JP-3の曝露を避けるための手続きを取ります。36時間以内にサイトの独自駆動を開始し、外部との連絡手段を物理的に遮断してください。また、共通言語の記録を全て破棄し、各サイトに割り振られた独自言語を利用してください。職員はサイト外で収集した記憶を不可逆的に消去し、サイト外部を認識出来ないよう[データ未定義]を使用してください。その他の長期的な収容を行うために必要な措置は全て許可されます。36時間経過後に、サイト-01でSCP-001-JP-2を使用したSCP-001-JP-3の拡散を開始します。

SCP-001-JP-3の拡散が完全に収束した後、人類の文化から完全に切り離して育てた人類(以後SCP-001-JP-Cと表記)を開放します。SCP-001-JP-Cは既存の人類より異常性への抵抗力が高くなるように遺伝子操作が行われています。
SCP-001-JP-CはSCP-001-JP-Bから知識を得て支配種となります。

サイト-01の収容室からSCP-001-JP-2調査記録の発見に成功しました。調査記録の解読進捗率は█%です。
O5-3


記事ここまで