WagnasCousin
評価: 0+x
smile2

収容以前に撮影されたSCP-081-JP-RE

アイテム番号: SCP-081-JP-RE

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-081-JP-REの脳及び2つの乳房はサイト-8141の培養液で満たされた容器の中で収容されています。脳には電気的刺激を30分に1回の割合で与えています。2つの乳房は複数のカテーテルによって常に成長に必要な栄養素が注入されています。5日に1回の割合で乳房の8割を切除し、装置外へと廃棄します。

説明: SCP-081-JP-REは██歳のコーカソイド人女性です。2016/██/██時点で脳と2つの乳房のみが現存しています。

SCP-081-JP-REの乳房は常に過形成を続けます。乳房は成長のために他部位の基礎代謝を基準とする量の栄養素を必要としています。時間経過と共にその割合は増加し、最終的に他部位の基礎代謝量の20倍程度へと収束します。そのため、異常性の進行に伴いSCP-081-JP-REに深刻な栄養失調の症状が現れます。

SCP-081-JP-RE本体から乳房の一部を切除した場合、切除された組織は異常性を喪失し、本体側の乳房が引き続き成長を続けます。また、乳房を9割以上切除すると残存する乳房はSCP-081-JP-RE本体に吸収され消滅しますが、皮膚・筋肉・臓器などの細胞の一部が乳房の組織へと変化し、転移した形で成長を再開します。

SCP-081-JP-RE担当者の天理研究員により、異常性の進行に伴う収容経緯がまとめられています。

補遺:SCP-081-JP-RE担当者の天理研究員からSCP-081-JP-REに関する上申書が提出されています。