MONO
rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、標準人型収容室に収容されます。SCP-XXX-JPの耐久性を調査するため、積極的な実験が推奨されます。

説明: SCP-XXX-JPは外見的には8歳から10歳程度のモンゴロイド系の女性です。SCP-XXX-JPは老化の兆候を見せず、どのような外傷を負った場合においても、復元に必要な栄養素を取り入れることによってすぐさま完治します。再生は主要な内臓から開始され、その後、骨や筋肉、皮膚が再生していきます。再生途中に栄養源を取り除く、再度外傷を負わせる等の阻害行うと、再生は中断され再度復元に必要な栄養素を供給するまで再生および蘇生することはありません。

SCP-XXX-JPは、会員制ビデオボックス「大人の童話」のメニューに存在した、スナッフビデオに複数回出演しているものとして発見されました。SCP-XXX-JPによると、当時所属していた孤児院の裏手に存在した廃病院にて何らかの施術を受けたとの証言が得られています。SCP-XXX-JPが所属していた孤児院は火災により焼失しています。現在、「大人の童話」の経営者、及び従業員について調査中です。

以下は、SCP-XXX-JPを用いた実験記録です。SCP-XXX-JPは暴力行為に対し、性的興奮を覚えているようであり、実験に対し非常に協力的です。ただし死亡から蘇生した際は、必ず「死んでごめんなさい。」とひたすら謝罪を行います。

実験記録001

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPの頭部を拳銃で撃ち抜く。

結果: SCP-XXX-JPは問題なく死亡し、出血箇所に蘇生に必要な栄養素を与えると蘇生した。

分析: 予想通りの結果となった。この不死性について研究を重ねていくことにする。

実験記録005

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを、ファラリスの牡牛にて熱する。

結果: 全身火傷によって死亡したが、蘇生に必要な栄養素をあたえることで蘇生した。

分析: 熱に対しても通常の人間同様弱いようだ。

実験記録010

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPの皮を剥ぐ。

結果: 出血多量により死亡したが、蘇生に必要な栄養素をあたえることで蘇生した。

分析: 出血に対しても通常の人間同様弱いようだ。

実験記録056

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを、硫酸によって溶かす。その後、溶けだした硫酸に栄養素を与え続ける。

結果: 体全体が溶け出し死亡した。硫酸の中で蘇生と死亡を繰り返し続けた。

分析: 溶ける様を見るのは非常に楽しい。主要な内臓や脳から優先して蘇生することが確認された。

実験記録84

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPの腹部に釣り針を刺し、その釣り針に重りをつけ高所から重りを落下させる。

結果: 釣り針が腸に引っかかり、内臓が全て腹部から飛び出た。SCP-XXX-JPはそのまま死亡したが、内臓の代わりに食料を詰めることで蘇生した。

分析: 腸が落ちていくのは芸術性すら感じた。内臓を損失しても平気なようだ。

実験記録126

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを縦に分割し、それぞれに蘇生に必要な栄養素を与える。

結果: 体の右側のみが蘇生した。

分析: 2体以上に増やすことはできないのだろうか。増やせたらもっと苦痛を与えられるのに。

実験記録189

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを腹部から横に分割し、それぞれに蘇生に必要な栄養素を与える。

結果: 体の上部のみが蘇生した。

分析: やはり2体以上に増やすことはできないのだろうか。今後も模索していきたい。

実験記録255

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを細切れにし、それぞれに蘇生に必要な栄養素を与える。

結果: SCP-XXX-JPは1体のみ蘇生した。

分析: 残念ながら2体以上に増やすことはできないようだ。

実験記録688

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPの指を切断し、SCP-XXX-JPに摂食させる。

結果: SCP-XXX-JPの指は治癒しなかった。

分析: 今までで一番いい反応が得られた。自分自身の栄養素では治癒しないのかもしれない。

実験記録827

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPの下半身を切断し、SCP-XXX-JPに摂食させる。

結果: SCP-XXX-JPの下半身は治癒しなかった。

分析: あえて生で摂食させた。

実験記録1231

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPをDクラス職員に強姦させる。膣に電球を挿入し、破裂させる。ブレスト・リッパーによって乳房を切除する。のこぎりによって四肢を切断する。肛門からアルコールを摂取させる等死なないように苦痛を与え続ける。

結果: 通常の人間と同様の情動反応が確認された。

分析: 十分に苦痛は感じているようだ。

追記: 会員制ビデオボックス「大人の童話」の別店舗が発見されました。店舗の調査において、SCP-XXX-JPを財団職員が殺害するスナッフビデオが視聴可能となっていたことが確認されました。どのようにして映像を入手したのか現在調査中です。回収されたビデオテープには前面に「AKIクリエイティブ」と記されているものも存在しており、「大人の童話」との関連性を調査しています。

追記2: SCP-XXX-JPの所属していた孤児院跡地に地下室が発見されました。以下は孤児院跡地にて発見された日誌の抜粋です。

2016/01/10
今日も2人でいっしょにあそびました。死なないぼくはいつもいじめられてました。同じようにあの子もいじめられていました。あの子はひぎゃくたいしつ?とかいって生まれつきのものらしくしょうがないことなんだって。ぼくには効果がうすい?らしいのでよかったです。あの子はぼくの天使。いつも2人いっしょ。あの子がいればぼくはなにもいらない。

2016/02/24
あの子の両親が見つかったらしい。近々その両親のところでいっしょに暮らすんだって。本当はお祝いしなきゃいけないんだけどなんだかふくざつなきもち。

2016/03/01
あの子がいなくなってからぼくはいつも上の空。おわかれのときにキスしてくれました。彼女といっしょならいつでも笑顔でいられた。

2016/03/6
裏山にむかうタイヤのあとをみつけました。裏山には廃病院があるらしい。明日いってみようと思います。

2016/03/7
あの子がいた。大人の男がいっしょだった。
あの子には右手が、右足が、左足がなかった。
首がなかった。

2016/03/12
落ちてたメスで男をしょぶんした。
あの子はぼくの血を飲ませたたら生き返らせました。

2016/04/14
こじいんで火事があったらしい。火は裏山まで燃え移って廃病院まできた。
あの子はまた死んでしまいました。
ぼくはあの子がまた死んでしまわないかしんぱいになってきました。

2016/04/15
いいことを思い付いた。自分でたしかめればいいんだ。
あの子が死なないことを。

2017/01/16
まちばりであの子を刺す。痛がったからおしおきに耳をそぎおとした。

2017/01/17
熱したアイロンをおしつける。がまんできたみたいだからナイフでお腹を刺して、上に引き裂く。内臓が飛び出てあの子はまた死んでしまった。ぼくの血で生き返らせる。

2017/01/18
生き返ったあの子はひたすらあやまってた。だいじょうぶ。怒ってないよ。これから何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度もいつか死ななくなるまで。

20██/██/██
これからはずっと一緒だね。

SCP-XXX-JPに耐久性を付与した人物が存在する可能性が浮上しました。現在、該当の人物について調査中です。

被虐のサメ

rating: 0+x


[

中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局C  I  C  A  P  O  C  Oによる通達

 
SPC-393-JPは鮫科存在を間接的に殴打する方法として確立されており、鮫科存在の殴打経験のない新人殴打エージェントの練習に最適であるため、積極的な活用を推奨します。また、一般的に鮫科存在は殴打すべき存在であるという認識を広めることに貢献すると想定できます。

 


S1.jpeg

非活性時のSPC-393-JP-1

プロジェクト番号: SPC-393-JP

鮫科殴打ケイパビリティ: SPC-393-JPは鮫科存在を殴打すべき存在であることを、公的に広めることが可能であるため積極的な拡散を推奨します。センターによりSNSを利用したSPC-393-JP-1の宣伝が積極的に行われます。

プロジェクト構成: スウェーデン発祥の量販店IKEA(IKEA International Group)から販売されている大きさ1m、重さ640gの鮫科存在を模したぬいぐるみに稀に発生する異常現象です。SPC-393-JPに罹災しているぬいぐるみ(以下SPC-393-JP-1)は材質や構造に一般的なぬいぐるみとの差異は認められません。

SPC-393-JP-1を肉眼で直接視認した人間は、SPC-393-JP-1を殴打したいという衝動に駆られます。この衝動の強さには個人差があり、より多くの精神的ストレスを抱えた人物ほどより強い衝動を覚える傾向にあることが判明しており、ストレスの少ない人間に対しては異常性を発揮することはありません。また、既にSPC-393-JP-1を殴打している人物が存在している場合、他の人物に対してSPC-393-JP-1は異常性を発揮しません。なお、この衝動はSPC-393-JP-1が後述する要因によって転移するまで継続します。

SPC-393-JP-1は自身が一定以上の損傷を受けてから24時間以内に、その地点から半径20km圏内の人間1人の眼前に転移します。転移後のSPC-393-JP-1は以前受けた殴打による損傷は完全に修復されています。また、転移と同時に特定の鮫科存在1匹が、SPC-393-JP-1が前回受けたものと同様の損傷を受けます。SPC-393-JP-1を殴打することにより殴打した人間は、鮫科存在を殴打することに悦びを得られるものだとする心理を強制的に有するようになります。

SPC-393-JP-1は現在██体確認されています。以下はSPC-393-JP-1の影響を受けたものと想定される人物のTwitter上での発言です。

薮下 @researcher_Yabushita · 4時間

tori.png
なんかうちに帰ったらサメのぬいぐるみが現れたんだけど、誰かのいたずら?

 

  1   3  

もの @nekonekonyann14 · 4時間

S2.jpeg
うぁぁぁぁぁー!サメぬいぐるみ殴ってたら急に消えたんだけど!なんかサメ殴るの癖になりそう
なかなか手に入らないんだよなあれ。本物のサメでも殴るか(笑)

 

  2   10  

もの @nekonekonyann14 · 5時間

S2.jpeg
最初は可愛いと思って買ったんだけど、仕事で疲れて帰ってきたらこのサメ殴りたい顔してんな(プロフ画像のやつ)

 

  1   7  

現在において、SPC-393-JP-1の人気は落ち着きを見せ始めましたが、ヴィレッジヴァンガード(Village Vanguard Co., Ltd.)17によりサメの寝袋が発売され、SNSにより拡散、5万円という値段ながら人気を博しています。この寝袋にもSPC-393-JP-1と同様の異常性を有しているものが存在しており、積極的な拡散を行っています。

事案-1: 新人殴打エージェントにおいて直接殴打を行わず、SPC-393-JP-1の殴打のみを行うという者が増加傾向にあります。あくまでSPC-393-JP-1は鮫科存在への殴打を流布するものであり、本来は鮫科存在への殴打そのものがセンターの目的であることを念頭に置くよう指導が行われましたが、間接的に鮫科存在を殴打することにつながるからよいとする意見が提示され、問題となっています。

事案-2: 新人殴打エージェントを中心とした、SPC-393-JP-1のみを殴打すれば今後は問題ないとする派閥が誕生しました。この派閥はいまだ小規模の団体となっていますが、今後新人殴打エージェントが増加するにつれ大規模集団になるものと危惧されています。事態を重くとらえた殴5評議会は、プロジェクトの凍結する方向で議論を行う予定です。それに伴い、SPC-393-JP-1の回収、破棄を順次行う予定となっています。

ツイッター風CSS:KanKanKanKan氏 7happy77happy7


IKEAのサメ

rating: 0+x


[

中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局C  I  C  A  P  O  C  Oによる通達

 
通常の人物が侵入した場合、脱出することは不可能となるため、SPC-3008-JPは殴打エージェントのみ、侵入を許可します。

SPC-3008-JPは上級殴打エージェントの実力向上、また新人殴打エージェント獲得に貢献できると考えられるため、積極的な活用を推奨します。


画像のファイル名あるいはリンク

活性化前のSPC-3008-JP-2。写真は後程撮ります。

プロジェクト番号: SPC-3008-JP

鮫科殴打ケイパビリティ: SPC-3008-JPを内包する大型量販店は買収され、センターに改装されています。センターへ到着、または通過する全ての公共道路には迂回措置が施されていますが、定期的にこれを解放し、一般人を招き入れてください。この際、入口には常に上級殴打エージェント1名以上を配備し、内部に侵入した民間人に対しレクチャーを行ってください。帰還者が少数であるため、これを一時停止します。

SPC-3008-JPの入口は常時監視します。上級殴打エージェントの承認を得て行われる訓練以外では、何者もSPC-3008-JPへの入場を許可されません。

プロジェクト構成: SPC-393-JPはスウェーデン発祥の量販店IKEA(IKEA International Group)の大規模小売店です。SPC-393-JPに正面入口から入場し、ドア地点からの視界を外れた人物(以下対象)はSPC-3008-JP-1へ転移します。この移動は通常、対象の知覚範囲内では何ら変化が発生していないため、意識されることはありません。

SPC-3008-JP-1はイケア系列のチェーン店の内装に似た空間であり、小売店舗の寸法に物理的に収まり得る範囲を遥かに超えて拡張しています。現在この範囲は測定されていないためどの程度か判明していません。

SPC-3008-JP-1には、センターに改装以前に内部に囚われた総数不明の民間人が居住しています。上級殴打エージェントはこの民間人に対し、積極的な救助活動を行う必要があります。その後、サメ殴りについてレクチャーし、SPC-3008-JP-1からの脱出後は新人殴打エージェントとして雇用してください。

SPC-3008-JP-2は、SPC-3008-JP-1の内部に存在する中空を遊泳する鮫科存在です。これは新種の鮫科存在とされており、既存のどの鮫科存在とも特徴が一致しません。SPC-3008-JP-2は午前9時から午後10時の間、非活性状態にあります。この間、SPC-3008-JP-2は人形の形態をとり動くことはありません。この状態のSPC-3008-JP-2を殴打しても損傷を負うことはないため、内部に存在する民間人の殴打トレーニングに最適です。午後10時から午前9時までの間、SPC-3008-JP-2は活性化し、非常に攻撃的な鮫科存在へと変化します。SPC-3008-JP-2によって殺害された人物はSPC-3008-JP-2へと変貌します。

SPC-3008-JP-1には出口が存在しますが、これはSPC-3008-JP-2を殴打し、SPC-3008-JP-2が外部へ逃走する際にしか認識することは不可能であり、新人殴打エージェント及び民間人は上級殴打エージェントのレクチャーの元、SPC-3008-JP-2を殴打し脱出させます。

以下は、SPC-3008-JP-1の第1回目の探査記録です。

<記録開始>

ジョナス: これより点呼を取る。

スーイン: スーイン異常ありません。

ジャック: ジャック同じく。

ミンウェイ: ミンウェイ同じく。

ジョナス: よし。センター、受信できているか?

センター: OK。派手に暴れてきてくれ。

ジョナス: 了解。これより入店する。

[扉を開く音。微かに金属のこすれる音が聞こえる]

ジャック: なんじゃこりゃほんとに量販店かここ。

スーイン: 内部は荒廃しています。電灯は微かについていて、床には商品が散乱しています。中には肉片のようなものも見えますが、腐敗していて元がなんなのかは判定できません。

センター: 了解。今回の目的は民間人の救助及び新人殴打エージェントへの起用である。そのことを念頭に置くように。

ジョナス: 了解。人名救助を優先するように。

ミンウェイ: ミンウェイこちらにて待機します。

ジャック: なんだ、怖気づいたか?

ミンウェイ: サメ相手に?馬鹿言うな。逃げてきたサメを殴るんだよ。

ジョナス: 許可する。2名は私に続くように。

スーイン: いたるところに血痕が散見されます。

ジャック: クソ、鮫科存在の癖にやってくれるじゃねえの。

ジョナス: 静かに。前方に人型実体。

ジャック: 何者だ!

不明: [うめき声]

ジョナス: 虫の息のようだ。見たところ長くは持たないだろう。

ジャック: サメにやられたか。

スーイン: 怪我の痕跡からして鮫科存在によるもののようです。

ジャック: 今のうちに殴打すべきでは?

ジョナス: 我々が殴るのは鮫科存在のみだ。こいつが鮫科存在に見えるか?

スーイン: …今のうちに楽にしてあげるべきでは。

ジョナス: ポリシーに反する…が、これも慈悲か。

[発砲音]

スーイン: 後方から鮫科存在が接近中!

ジョナス: 接敵に備えろ!

ジャック: 交戦に入る!

[殴打音]

ジョナス: 鮫科存在を撃退した。通常の鮫科存在に比べいくらかタフなように感じる。

センター: 了解。引き続き民間人の捜索を続行するように。

ジョナス: 了解。丈夫で大き目な家具のある場所に行くことにする。要塞が存在してそうだ。

[数時間の間、重要度の低い会話内容のみであったため削除]

スーイン: 家具が複数組み合わさった要塞を発見。

ジャック: 複数の鮫科存在に襲われてるようだ。

ジョナス: 救助に入る。

不明: クソックソッここももうダメか!くるな!こっちにこないでくれ!

[殴打音]

ジョナス: 待たせたな!

[以下乱闘が続く]

ジョナス: センター、民間人を確保した。これよりレクチャーに入る。

センター: 了解。一旦通信を遮断する。

<記録終了>

この記録の後、民間人に対しサメ殴りについてのレクチャーを実施し、非活性時のSPC-3008-JP-2や、SPC-3008-JP-2の死骸を用いて訓練を行いました。その結果、サメを殴ることに悦びを覚えたSPC-3008-JP-1に存在する民間人の多くは、SPC-3008-JP-1内部において好きなだけサメを殴打できるため帰還を拒否しています。SPC-3008-JP-1内部から帰還した人物は現在までわずか14名です。また、時折殴打から逃れたSPC-3008-JP-2がSPC-3008-JP-1から脱出することがありますが、入口に在中している上級殴打エージェントにより殴打されSPC-3008-JP-1内部へと再び追いやられます。

どうしてこうなった。 - ジョナス上級殴打エージェント

自立型ボタン

うーん、あなた今、ページの編集してるでしょ?アクシデントを起こさないためにも、ここの機能は非表示にしておくよ。この素晴らしい機能はBoyu12Boyu12氏によって作られたものです!
編集 ページのソース
履歴 ファイル