空木博士の書類入れ
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPを収容することは現在の財団の技術では不可能です。またSCP-XXX-JPの性質上SCP-XXX-JPの発生を防ぐことは実質不可能ですが、特別な対策は必要ありません。SCP-XXX-JPが観測された際は速やかにその記録を行い、SCP-XXX-JPの担当研究員への報告を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは、財団が収容しているオブジェクトに関する長期的な模擬実験を行った際に発生する異常な出力結果です。SCP-XXX-JPは2017/10/01時点までに合計16件が観測されており、その内容は細部こそ異なりますが、全て「不明な原因でオブジェクトの致命的な収容違反が発生する」ということを示唆する内容だということが分かっています。また、SCP-XXX-JPは、観測当時から6308~6311日のシミュレーション結果内で観測されることが分かっています。SCP-XXX-JP

以下は観測されたSCP-XXX-JPの具体的な内容です。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

SCP-XXX-JP-009

観測日時: 2014/05/23

模擬実験の目的: SCP-███-JPの発生に伴う段階的な重力子および反重力場の導入による太陽系の衛星軌道に対する影響

SCP-XXX-JPの観測内容:

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

SCP-XXX-JP-078

観測日時: 200█/██/██

模擬実験の目的: 内部構造と合金の金属組成を変化させた新収容チャンバー壁面が、SCP-███-JPの熱放射の長期的な影響を受けた際に経年劣化がどの程度発生するかの確認。またそれから予測されるチャンバー壁面の交換周期とコストの試算。

SCP-XXX-JPの観測内容: わずかに経年劣化の見られた収容チャンバー壁面全体が兆候なく消失した。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

SCP-XXX-JP-078

観測日時: 200█/██/██

模擬実験の目的: 内部構造と合金の金属組成を変化させた新収容チャンバー壁面が、SCP-███-JPの熱放射の長期的な影響を受けた際に経年劣化がどの程度発生するかの確認。またそれから予測されるチャンバー壁面の交換周期とコストの試算。

SCP-XXX-JPの観測内容: わずかに経年劣化の見られた収容チャンバー壁面全体が兆候なく消失した。

インシデント記録

補遺: 2013
で観測された日時となりましたが、SCP-XXX-JPは観測された異様な挙動を示さず、収容違反も発生しませんでした。

追記: [内容]

予定タグ: scp-jp keter パラドックス 時間 未来 概念



評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe / Euclid / Keter

特別収容プロトコル: 1.

説明:

補遺: [内容]

追記: [内容]

予定タグ: scp-jp