空木博士の書類入れ
Dr.Utsuki.png

Safeクラスオブジェクトの研究についての講義を行う空木博士(左端)

名前: 空木うつき 空雛からびな

SC/職員クラス: レベル2(状況に応じてレベル4まで付加)/ Cクラス

所在: サイト-81██

職位: 収容スペシャリスト

職務: 収容施設の定期点検、低危険度オブジェクトの管理

人物: 空木博士は199█年生まれ、身長136.4cm、体重43kgの人物です。後述の経歴により、普段はカメラに似た視覚補助器具および顔面保護マスクを装着しています。専門分野は光子と現実子の相互的なふるまいの研究を主とする波動光学であり、主な業務は西日本を中心とした財団の収容施設、収容装置、実験器具などの点検と、主として視覚異常性を持つ低危険度オブジェクトの管理です。空木博士のオフィスはサイト-81██に存在していますが、職務のためしばしば席を外しています。このため、要件のある場合は事前にアポイントメントを取得することが推奨されます。

空木博士は後天的な視覚障害を患っており、全盲です。しかし、反響定位について優れた技術を持ち、視覚補助器具が無い状態でも日常生活程度なら不自由なく過ごすことが可能です。また、普段装着している視覚補助器具は、電子信号を弱い電磁パルス信号に変換して視覚野に直接送受信を行う機構のものです。主に電磁的記録を直接読み取ったり、他の光学機器と併用する形で用いられます。これ以外にも複数の光学機器を搭載している様子が確認されていますが、その正確な種類・個数は不明です。現在判明しているのは以下の機器です。

・デジタルカメラ(3種)
・赤外線カメラ
・望遠鏡(2種)
・顕微鏡(2種)
・プロジェクタ
・有機EL照明
・ストロボスコープ
・分光計
・測距儀
・電磁[検閲済]
・コヒーレント[検閲済]
・[削除済]
・ミーム性[検閲済]1
・[削除済]2
[閲覧にはセキュリティクリアランス4以上が必要です]

電磁的記録を直接読み取る能力を有しているため、収容施設、収容装置、オブジェクトの非破壊検査、他部署への連絡
また、全盲であるために視覚性異常を有する一部のオブジェクト、職員の影響を受けないことが判明しており、それらを扱う収容施設には優先的に派遣されます。

空木博士は炭酸飲料を好み、オフィスでも飲んでいる様子が度々目撃されています。特に、ルートビアやドクターペッパー、ガラナ飲料といったまずい癖の強い風味のものを強く好む傾向にあります。また、いくら飲料のストックがオフィス総面積の1割を占めるからとはいえ、それらを無断で拝借することは推奨されません禁止されています。

何についても言えることですが、壊れてしまっては遅いです。施設や機械の様子が少しでも怪しいなと感じたら、こちらへご連絡ください。ご協力よろしくお願いします。──空木博士

評価: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の人型実体収容房で医療用ベッドに寝かせた状態で収容されます。SCP-XXX-JPには専用に調整されたTPN及び脂肪乳剤の投与を行ってください。
褥瘡の発生を防ぎ

適切な体位変換を行ってください。

SCP-XXX-JPのバイタルサインは常に自動記録されます。異常値が検出された
6時間
・SCP-XXX-JPには経管栄養TPN(高カロリー輸液)(20%脂肪乳剤)の投与を行ってね。
・床ずれが起きないように3時間おきに体位を変えてあげてね。
・バイタルサインは常に記録されてるけど、不具合があれば管理医療スタッフは適切な処置を施してね。
・1日に3回、体表に形成された老廃物層の掃除を行ってね。
・自発呼吸はあるみたいだけど酸素吸入マスクはすぐ使えるように

概要: SCP-XXX-JPは20代のモンゴロイド男性の外見を持つ人型実体です。
身長は173 cmで体重は68 kgであり、外見年齢は20代ほどです。
財団が20██年に収容を開始して以来加齢の兆候が一切確認できないことから、その正確な年齢は不明です。
SCP-XXX-JPには解離性同一性障害に類似した症状が確認できます。ただし、人格の形成は解離に因るものではなく後述の異常性に因るものであるという見解がなされており、厳密には解離性障害
SCP-XXX-JPの人格の形成は
日本国内において、満16歳以下の年齢で自殺

・一般人に比べて老化が遅いよ
・特定の年齢で死亡した未成年
・人格交代時に高速の眼球運動と肉体の変化が発生する。
・それぞれの人格が食事と睡眠を要求する。

・今ではずっと眠り続けている。

1.オブジェクトの全体的な形状や性質
2.規格・重量・作成年代(人型や生物の場合は年齢)
3.異常性
4.SCP-XXX-JP-2(-A)
5.実験記録・インタビュー・補遺…など

仲二見
二岡

概算では

██件

それではインタビューを開始します。あなたのお名前を教えてください。
ああ、ええと、佐々山 ██って言います。よろしくお願いします。
今の気分はどうかな。前と比べて
うーん……すいません、思い出せないです。

何か

インタビュー?こっちは眠いから手短に終わらせてくれよ。あと腹減ってるからなんか食うもんくれ。

頭の中の世界にな、子供の頃裏庭にあった物置と
ダニエル・キイスの「24人のビリー・ミリガン」だって読んだ。あんたは読んだことあるか?
ええ、ありますよ。
そうか、じゃあ話は早いかな。あれの「スポット」

今の私を見てよくそんな質問が

それぞれの

それではインタビューを開始します。あなたのお名前を教えてください。
片桐……片桐 ███だよ……。頼むよ、もう3日も寝てないんだ。早く終わらせてくれ。
ええと、か……かた……片桐……と。

……
ああ、本当にすまない。起きてくれ!
(清水博士が軽く手を打つ。)
クソが。質問は1個って言ったろ。てめえで勝手に考えろ。うっ、グ。
(対象は目を閉じたまま激しい眼球運動を行う)
(対象は不明瞭な呟き)

オブジェクト保護の観点から、

インタビュー記録1097-JP-1 2005/10/21:

対象: D-50932

インタビュアー: 清水博士

付記: D-50932はこのインタビュー直前に6.72mL9のSCP-1097-JP-1を静脈注射した。

<録音開始>

清水博士: ではインタビューを開始させていただきます。

D-50932: インタビュー?いいけど眠いから手短に終わらせてくれよ。あと

清水博士: ご協力ありがとうございます。

D-50932: おいあっちにゴキブリがいるぞ。俺ああいうの嫌いなんだよ。

御堂博士: 壁にはゴキブリはいないようですが。

D-50932: その壁の向こうにいるんだよ。今なら動きが止まってるからインタビューの前に早く潰してくれ。

御堂博士: なぜゴキブリがいることが分かったのですか?

D-50932: なんでってそりゃあ……えーと、なんでだ? あれ?

御堂博士: 外に待機している職員にゴキブリの始末を伝えておきます。ですのでとりあえず椅子に座っていただいて、なぜゴキブリがいることがわかったのかを、落ち着いて、あなたの言葉で説明してください。

D-50932: なんていうか、えーっと、わかるから? わかるからわかったんだ。

<録音終了>

備考: 対象が指定した方向、廊下を挟んだ反対側の実験室内の壁にチャバネゴキブリ(Blattella germanica)の成虫がいたことが確認されました。また、対象には軽度の混乱症状が見られましたが、これは自身がゴキブリを知覚したプロセスを理解できていないためだと思われます。実験を重ね、このプロセスを明らかにすべきだと考えられます。

タグ: euclid scp-jp 人間型 知性 自我 変身 BBC2018

https://www.flickr.com/photos/qvisionstudios/15457756899/in/photolist-pxX3zZ-pxXyJM-c8EFZy-fb4Ygw-86W2X3-dUrYws-oTACoA-canojS-fK1txQ-c8EUvm-canuCN-pQcNP8-oTAF3U-c8EFMy-bSEXMH-pxXvNg-c8ELzE-hUEUTq-c9N5t3-py3Vsb-pQd9Kv-gWaSvc-jcQ5Cg-ct87oj-o5ihPV-canw3d-hw3o6g-gPktZ3-omuwu6-py43rS-pQvNwE-asx4KW-fFz3ru-c8EHCf-pQdhKt-cyTQRU-bLxeTi-pfgRDm-pQwn4o-8We3Be-ojKaMm-o5igZt-canmYW-c8EN1N-c9N54o-canvfw-c8EUJ7-c8WqwS-c8WpBJ-c8EGiC



評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe / Euclid / Keter

特別収容プロトコル:
1.

説明:
1.具体的な外見

補遺: [内容]

追記: [内容]

予定タグ: scp-jp