Usubaorigeki
下から上に進むusubaorigekiの砂箱にようこそ。 巻物が好きなので、こんな感じになっています。読みづらく感じたら申し訳ないです。m(_ _)m
 
投稿済みの記事(別の記事の批評に来られた方、良かったら見ていって下さい)
 

まだ、ありません。


 
現在、批評フォーラムにて批評をお願いしている下書き(私が昔ポストしたスレッドから来られた方がいましたらすみません。)
 
評価: 0+x

 
Kame

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが生存している場合は、サイト-81██の生物収容室の2重に作られたプラスチック製の専用ケージに収容されます。SCP-XXX-JPの成長に合わせ、適切なサイズのケージを使用して下さい。ケージのサイズを変更する場合、サイト-81██に常駐している監督官に承認を貰って下さい。担当職員は毎日の水換えと掃除を行い、照明・水中ヒーターとケージの点検を行って下さい。設備が捕食された場合、監督官に確認し交換を行って下さい。水温と気温は1日に2度確認し、監督官に提出して下さい。SCP-XXX-JPの飼料は、金属で出来た人工飼料を与えて下さい。5日に一度、感染症に感染していないか、獣医師免許を持つ監督官により診断して下さい。

SCP-XXX-JPが死亡している場合、同施設の不透明な布で表面を覆った上で低脅威度物品保管ロッカーに保管してください。実験などによるSCP-XXX-JPの持ち出しには、少なくともレベル4以上のセキュリティクリアランスを保持する職員1名以上の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPはヨーロッパヌマガメ(Emys orbicularis)のように見える、生物的実体です。手足や顔、尾に見える部分は円筒形の捕食器官であり、根元付近に消化器官が存在します。SCP-XXX-JPは異常な咬合力と消化能力により、無機物のみを選んで摂食する事が可能です。1摂食された物質は未知の手段で吸収され、常に液体の状態を保つ鉄とニッケル、固体のかんらん岩に変換された状態で甲羅内部に蓄えられます。

SCP-XXX-JPは死亡すると、背甲が身体を包み込むように球状に変化し、凹凸が無くなります。SCP-XXX-JPが何らかの要因で分離している場合、内部の鉄とニッケルを中心に、未知の手段で他の部位が移動して集合します。球状に近付くと同時に背甲の表面が世界地図のように徐々に変化し、最終的に正確な地球儀のような形態を取ります。2形態変化が完了すると、物理的な干渉を受け付けず破壊不能になります。
 

opartu

形態を変化させているSCP-XXX-JP

 
変化した模様の内容は、現在の正確に測定された世界地図に酷似しています。内容には未知のものを含む様々な言語を用いて、地名やメッセージなどが含まれている事があり、SCP-XXX-JPが知性を持つ可能性が考えられます。また、どのような場合においても、模様の地図上に小さな丸印で示された地点が1つ存在します。
 
SCP-XXX-JPの形態変化が完了した標本を直接視認、もしくは接触した生物はSCP-XXX-JPを丸印で示された地点付近に運びたくなる精神影響を受けます。SCP-XXX-JPから離れたとしても影響は持続しますが、接触から24時間以内であれば記憶処理を施す事で除去する事が可能です。SCP-XXX-JPが示された地点に到達すると、SCP-XXX-JPが内部から割られ、内部から幼体のSCP-XXX-JPが発生します。3

収容経緯: SCP-XXX-JPは約60年間、世界的冒険家として知られる███氏によって飼育されていました。雑誌のインタビューにて「地球儀になる亀」という発言が財団の注意を引きました。SCP-XXX-JPは、███氏へのインタビュー後に収容されました。

補遺1: SCP-XXX-JPの幼体発生後に残された背甲の模様が、1年をかけて常に変化している事が確認されました。模様は今後の大陸移動シミュレーションの結果と同様の流れで変化し、ある時点で一瞬発光しパンゲア大陸と思われる内容に変化し、これを周期的に繰り返します。
 

Mirai

発光する直前のSCP-XXX-JPの背甲の写し。

補遺2: 現在、SCP-XXX-JPの変化した模様にある地名以外の文字列の解読が進められています。

 
評価: 0+x

 
Kame

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが生存している場合は、サイト-81██の生物収容室の2重に作られたプラスチック製の専用ケージに収容されます。SCP-XXX-JPの成長に合わせ、適切なサイズのケージを使用して下さい。ケージのサイズを変更する場合、サイト-81██に常駐している監督官に承認を貰って下さい。担当職員は毎日の水換えと掃除を行い、照明・水中ヒーターとケージの点検を行って下さい。設備が捕食された場合、監督官に確認し交換を行って下さい。水温と気温は1日に2度確認し、監督官に提出して下さい。SCP-XXX-JPの飼料は、金属で出来た人工飼料を与えて下さい。5日に一度、感染症に感染していないか、獣医師免許を持つ監督官により診断して下さい。

SCP-XXX-JPが死亡している場合、同施設の不透明な布で表面を覆った上で低脅威度物品保管ロッカーに保管してください。実験などによるSCP-XXX-JPの持ち出しには、少なくともレベル4以上のセキュリティクリアランスを保持する職員1名以上の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPはヨーロッパヌマガメ(Emys orbicularis)のように見える、生物的実体です。手足や顔、尾に見える部分は円筒形の捕食器官であり、根元付近に消化器官が存在します。SCP-XXX-JPは異常な校合力と消化能力により、無機物のみを選んで噛み砕いて摂食する事が可能です。7摂食された物質は未知の手段で消化され、常に液体の状態を保つ鉄とニッケル、固体のかんらん岩に変換された状態で甲羅内部に蓄えられます。

SCP-XXX-JPは死亡すると、背甲が身体を包み込むように球状に変化し、凹凸が無くなります。SCP-XXX-JPが何らかの要因で分離している場合、内部の鉄とニッケルを中心に、未知の手段で他の部位が移動して集合します。球状に近付くと同時に背甲の表面が世界地図のように徐々に変化し、最終的に正確な地球儀のような形態を取ります。8形態変化が完了すると、物理的な干渉を受け付けず破壊不能になります。
 

opartu

形態を変化させているSCP-XXX-JP

 
変化した模様の内容は、様々な年代の正確に測定された世界地図に酷似しています。大陸移動説におけるパンゲア大陸が描かれたものや、今後の大陸移動の結果と思われる内容をとる場合などがあります。内容には未知のものを含む様々な言語を用いて、地名やメッセージなどが含まれている事があり、SCP-XXX-JPが知性を持つ可能性が考えられます。また、どのような場合においても、模様の地図上に小さな丸印で示された地点が1つ存在します。
 

Mirai

今後の大陸移動の結果と思われる図を表示したSCP-XXX-JPの写し。

 
SCP-XXX-JPの形態変化が完了した標本を直接視認、もしくは接触した生物はSCP-XXX-JPを丸印で示された地点付近に運びたくなる精神影響を受けます。SCP-XXX-JPから離れたとしても影響は持続しますが、接触から24時間以内であれば記憶処理を施す事で除去する事が可能です。SCP-XXX-JPが示された地点に到達すると、SCP-XXX-JPが内部から割られ、内部から幼体のSCP-XXX-JPが発生します。9

収容経緯 SCP-XXX-JPは約60年間、世界的冒険家として知られる███氏によって飼育されていました。雑誌のインタビューにて「地球儀になる亀」という発言が財団の注意を引きました。SCP-XXX-JPは、███氏へのインタビュー後に収容されました。

補遺: 現在、SCP-XXX-JPの変化した模様にある地名以外の文字列の解読が進められています。

追記: 文字列の一部解読に成功しました。

地球と共にこの世に生を受けて6000年。12
地球と共に世界がある。
地球は今までもこれからも変わらない。
世界は目まぐるしく変わってゆく。
私はそれを見逃したくない。


 
 
現在、改稿依頼を出している下書き
 
現在、改稿を依頼している下書きはありません。
 

改稿したら改稿前が保存されていきます。
わずかな修正の時は使いません。


 
執筆中の下書き(以前、アイデアとブレインストーミングのフォーラムで意見を頂いたものです)
評価: 0+x

 
アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid
 
特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-Aを追跡し、面談する場合は会話を録音する事。

説明: SCP-XXX-JPは日本の国内通信において、不定期に出現する電話実体です。SCP-XXX-JPは特定の個人(以下、SCP-XXX-JP-A)を対象に出現します。出現時、SCP-XXX-JPはまだ割り当てられていないはずの電話番号の形態をとり、SCP-XXX-JP-Aの周辺にある電話13に発信を行います。SCP-XXX-JP-A以外が電話に出た場合、即座に切断されSCP-XXX-JP-Aの周囲に自然な形で折り返し電話を求めるメモや付箋紙(以下、SCP-XXX-JP-1)が出現します。

SCP-XXX-JP-Aが電話に出る、または折り返し電話を発信した場合、若い男性の声質の人物が対応します。これまでの内容は全てアポイントメントを求めるもので、日時・場所はSCP-XXX-JPが指定します。14交渉を行っても、SCP-XXX-JPが日時・場所を変更した例は確認されていません。

SCP-XXX-JPおよびSCP-XXX-JP-1の内容に72時間以上対応しない場合と、指定の日時・場所にスーツ姿の20代の日本人男性に見える人型実体(以下、SCP-XXX-JP-2)が出現します。アポイントメントが取れていないとSCP-XXX-JP-2が判断している場合、SCP-XXX-JP-Aの周囲に出現し、指定の日時にアポイントメントをとるための交渉を直接行います。SCP-XXX-JP-2は目的を果たすと、その場で瞬時に消失します。これまでの全ての例において、SCP-XXX-JP-2と指定の日時・場所で面談を行えなかった場合、SCP-XXX-JP-Aは何らかの要因で死亡15しています。

以下は、SCP-XXX-JP-Aに指定される対象と、SCP-XXX-JP-2との会話記録です。

SCP-XXX-JP-A-4

対象:

当時の状況:

現在の状況:

分析:

対象: [人間、団体、SCPオブジェクトなど]

インタビュアー: [インタビュアーの名前。必要に応じて█で隠しても良い]

付記: S

<録音開始, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

インタビュアー: [会話]

誰かさん: [会話]

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

本人を助けるタメではなく、巻き込まれる人を何とかしたい。
若い男性の

俺、結婚するんだ。と色々語り出す。

俺は別に死ぬつもりねえって

禁煙ちょっと前から禁煙してるんだった

大統領

物を預けて約束する。

「うわぁー、く、来るなァァァァ」と言いながら銃乱射。
仮に相手に銃弾が効いたとしてもやっぱり殺される。
「カチカチカチ」「た、弾切れだァ!」

日後に定年退職を迎える刑事
又は、栄転直前に自分が担当したが迷宮入りしていた事件の手がかりを手に入れる。
「出世とは無縁だったが、『無事これ名馬』かな。ハッハッハ!」
「あと2週間で孫が生まれるんだ!早く見たくてなぁ・・・」

面会
「明日は娘の誕生日なんだ」
これに限らず、記念日や祭日とその前日は危ない。

(事件や災害、戦争のニュースを見て)脇役「ま、俺たちには関係ないけどな。」
前線の兵士が故郷の家族と電話していると、「あれ、なんだ?」(ブツッ)
前線と故郷、どちらでも発生する。

今までは気にすることもなかった空の青さ、風の爽やかさに気付く。闘病

町医者「なに、ただの風邪でしょう。」

写真を見せつつ「娘です。可愛いでしょ」
ジャーナリストから情報料をもらって「コレで娘に誕生日プレゼントを買ってやれるぜ」と微笑む。

自分自身が大怪我しているのにも関わらず主人公がピンチと聞いて出撃する、主人公の味方。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

pixelcreatures

S

面白いかどうか、ネタ被り等無いか。宜しければ批評、宜しくお願いします。
・タイトルは「折り返しお願いします」
・収容施設内に発生する付箋紙。内容は、「○○様よりお電話ありました。折り返しお願いします。 電話番号  日付、時間」。と、ペンで書かれた状態で、職員の机に現れる。
・実際に電話すると、明るく快活な声の男性が応答し、「○○です。Aさんですよね!」と確認される。その後、そのどこかで会えないかと一方的にアポを取ってくる。予定があると言っても、その日時を変えることなく、交渉を続けてくる。
・違う人がかけると、すぐ切れる。
・その人が出るまで、個人の携帯や家の固定電話にかけてくる。
・電話に出ないと、スーツ姿の若い男性が家に訪問してくる。それも無視し続けると、アポで指定した日時に事故で死亡する。
・男性と会うと、最初に「手違いでご迷惑おかけしました。もうしばらくお待ち下さい」と言った後世間話を1時間程度するだけで何もされない。その後も、何もされない。
・スーツの男性に、繰り返しインタビューした所、我々は死神のような存在で、近々大量の数の人間を殺して魂を回収する必要があるため、それに必要な人間の魂を予定を変更して生かしているとのこと。
・言葉の意味は調査中。

面白いかどうか、ネタ被り等無いか。宜しければ批評、宜しくお願いします。
・タイトルは「折り返しお願いします」
・収容施設内に発生する付箋紙。内容は、「○○様よりお電話ありました。折り返しお願いします。 電話番号  日付、時間」。と、ペンで書かれた状態で、職員の机に現れる。
・実際に電話すると、明るく快活な声の男性が応答し、「○○です。Aさんですよね!」と確認される。その後、そのどこかで会えないかと一方的にアポを取ってくる。予定があると言っても、その日時を変えることなく、交渉を続けてくる。
・違う人がかけると、すぐ切れる。
・その人が出るまで、個人の携帯や家の固定電話にもかけてくる。
・電話に出ないと、スーツ姿の若い男性が家に訪問してくる。それも無視し続けると、アポで指定した日時に事故で死亡する。
・男性と会うと、最初に「手違いでご迷惑おかけしました。もうしばらくお待ち下さい」と言った後世間話を1時間程度するだけで何もされない。その後も、何もされない。
・スーツの男性に、繰り返しインタビューした所、我々は死神のような存在で、近々大量の数の人間を殺して魂を回収する必要があるため、それに必要な人間の魂をできる限り予定を変更して生かしているとのこと。
・言葉の意味は調査中。

返信 オプション
閉じる
Re: SCP案 折り返しお願いします。
to2to2 8 Oct 2018, 19:12
魂や死神云々よりも、死亡フラグをへし折っている存在のように書いた方が面白そうに思えました

返信 オプション
閉じる
Re: SCP案 折り返しお願いします。
usubaorigeki 8 Oct 2018, 19:37
コメントありがとうございます!
実はその方向でも考えていました。
やっぱり、そっちの方がいきなり変な設定出されるより良いですかね。
少しその方向で、練り直してみます。

 

まだ形になっていないアイデア(形になったらフォーラムにポストします。基本、こっちがどんどん先行しがちです。)

SCP案です。よろしければ、批評お願いします。
また、"タグ・コントリビューターy33r41からの挑戦状!!"に挑戦するために考えました。記事を一つも残せていない新参者ですが、宜しくお願いします。

・亀のSCP。(生態はヨーロッパヌマガメだが、手のひらサイズから人間の顔サイズまで個体差が激しい。)どこでも生息でき、餓死や怪我等以外で死なない。
・死ぬと、背甲が身体を包みこむように球状になる。
・球状になるにつれて、背中の凹凸が無くなり、模様が地球儀のようになる。こうなると、物理的に破壊できない。模様は、その時の地球の正確な地図。
・直接視認すると、地球儀の模様に示された地点付近に亀を持って行きたくなる。ただし、強い強制力は無い。
・そこまで到達すると、地球儀が卵みたいに割れ、亀の幼体が出てくる。
・調査したら、パンゲア大陸の模様になっている亀も発見された。

・生まれ変わるというイメージで、一度に複数体生まれない。(不死鳥のような)
・甲羅を切断、ハンマーでこじ開けるなどした場合、中身は生物のそれではなく、外部の温度に関係なく液体の鉄とニッケルと、個体のかんらん岩と思われる物体が大半を占めている。しかも、異常な密度で入っている。野生動物に捕食されても、これが理由ですぐ吐き出されたりする。
・手足や顔は、そう見えるだけで実態は触手に近い。なので、足や尻尾からも捕食する。雑食で、異常な噛む力で施設の壁などを破壊する事もある。生物は食べない。
・バラバラにしても、破片がゆっくり集まっていつか復活する。
・頭や手足、さらには尾までも甲羅内へ引き込める。
・地動説を信じていない人も、地動説を信じるようになる。
・視認しなくても、接触しただけでもそうなる。
・地球儀には字が書いてある事もあり、知能がある可能性がある。

opartu

形態を変化させているSCP-XXX-JP

犬

SCP-XXX-JP


 
下書きに入ったアイデアの作成日記

初執筆のアイデア。批評を待ちきれず、投稿したら案の定、低評価をくらい削除されそう自己削除。この反省は次に活かすとと共に、DVの理由もディスカッションで聞けば良かったです。現在、改稿依頼を考え中。