馬鹿と書いてばろくと読む
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP‐XXX‐JPはサイト-81内の生体認証でロックされた金庫保管室内の金庫のうちの一つに入れられ、レベル0の警備員によってレベル1以上の職員の入室は拒否されます。SCP-XXX-JPが収容されている金庫保管室は最小でも5秒の遅延を伴う監視カメラで監視されます。SCP-XXX-JPの収容違反が起きた場合は、必ずレベル0でのみ構成された機動部隊し‐0(”無資格者”)を派遣し、決してレベル1以上の職員はSCP-XXX-JPを視認しないでください。
 
[[/collapsible]]
説明:** SCP-XXX-JPは████社製品と同様の成分で構成されたの2m×3mのガラスです。SCP-XXX-JPは成分に異常は見られないのにも関わらず、通常のガラスよりも高い耐久度を持ち、現在、財団基準の耐久実験を全てクリアしていますが、一切損傷は見られていません。

SCP-XXX-JPを直接視認した過去にレベル1以上且つ、SCP-XXX-JPを含めた何らかのSCPの異常性を1つ以上認知している人間は、SCP-XXX-JPを自身が現在可能な手段でSCP-XXX-JPを破壊しようと試みます。(以下、この状態の職員をSCP-XXX-JP-1と指定) SCP-XXX-JP-1は、その結果がどのような損害を伴うかを予想することができなくなります。SCP-XXX-JP-1になった後にレベル0となっても影響から脱することはできません。この影響は、Aクラス記憶処理を施すことで脱することができます。

SCP‐XXX-JPは、██県██市で起きたガラス工場の爆発事故において見つかりました。全壊だったのにも関わらず、SCP-XXX-JPのみ無傷だったことから、財団に回収されることになりましたが、エージェント・██を除く回収チーム全員がSCP-XXX-JP-1となり、回収チームを含む██名が死亡したためSCP-XXX-JPの異常性が判明するまで財団フロント企業に預けられました。
 
実験記録XXX-JP-1 - 日付20██/07/11

対象: D-XXX-JP-1

付記: D-XXX-JP-1は今回が初の実験である。

実施方法: D-XXX-JP-1にSCP-XXX-JPを視認させ、反応を観察する。SCP-XXX-JP-1になった場合に備え機動部隊し‐0を常駐させる。

結果: D-XXX-JP-1は一切の反応を示さなかった。

分析: D-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-1にならなかった…何がトリガーなんだ?-赤羽博士

 
実験記録XXX-JP-2 - 日付20██/07/14

対象: D-XXX-JP-2

付記: D-XXX-JP-2は別のSCPの実験に参加している。

実施方法: 実験XXX-JP-1と同様。

結果: D-XXX-JP-2は一切の反応を見せなかった。

分析: SCPの異常性を知っているだけではSCP-XXX-JP-1とはならないようだな。-赤羽博士

 
実験記録XXX-JP-3 - 日付20██/07/16

対象: D-XXX-JP-3

付記: D-XXX-JP-3はレベル1職員であったがDクラスの降格処分を受けD-XXX-JP-3となった。

実施方法: 実験XXX-JP-1と同様。

結果: D-XXX-JP-3はSCP-XXX-JP-1となり、すぐさま機動部隊し-0が拘束した。

分析: 一度でもレベル1になりSCPの異常性を知っているとSCP-XXX-JP-1になるらしい。このことを踏まえ特別収容プロトコルの改定を提案する。-赤羽博士

 
追記: 赤羽博士の提案によって特別収容プロトコルは現在のものに改定されました。
 

対象: D-XXX-JP-3

インタビュアー: 赤羽博士

<録音開始,20██/07/23>

赤羽博士: まずはSCP-XXX-JP-1となった時の心境を聞かせてくれ。

D-XXX-JP-3: はい…SCP-XXX-JPを見た途端、これは破壊せねばならないという感情が沸き上がりました…

赤羽博士: なぜそうと思ったんだい?

D-XXX-JP-3: [2秒程の沈黙]美しくないからです。

赤羽博士: 美しくない、とは?

D-XXX-JP-3: [声を荒げる]だって!あれは!ただの壊れないガラスじゃないか!SCPでもなんでもない!

赤羽博士: 落ち着きなさい。

D-XXX-JP-3: あれは存在してはならない[罵倒]なんだ!破壊せねばならない!

<録音終了>

終了報告書: D-XXX-JP-3にはAクラス記憶処理を施した。SCP-XXX-JP-1の性格は対象者の性格に関係ないようだ。-赤羽博士

 
事件記録-XXX-JP: 20██/08/19に起きたSCP-███-JPの収容違反により、SCP-XXX-JPが多くの職員に視認され想定を上回る規模の被害が発生しました。この事件により収容プロトコルが改定されました。詳細は付属書を参照してください。


 

原案置場

置かれるの?