Type42357の寂れた砂箱
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは未だ完全な収容には至っていないため、現在収容されている標本の研究と未収容のオブジェクトの探査、収容が行われ続けています。

SCP-XXX-JPはサイト-8181の一般的な人工光源の設置された3×3×3mの植物収容ユニットを用いて収容されています。移動や研究の際は手袋などを用いて、不用意に接触し異常性に曝露することを避けてください。給水や施肥は異常性を持たない該当の植物と同様に行ってください。開花の際は花粉をサンプルとして一定量採取し、それ以外は全て焼却処理してください。開花時期が過ぎ果実が黄色を帯び始めた場合、直ちに花茎ごと切断し種子を回収してください。

未収容のSCP-XXX-JPの収容には機動部隊ろ-23("悪しき熱")が向かい、該当オブジェクトの収容の後、曝露者と目撃者に適切な記憶処理を行ってください。

実験の際はセキュリティクリアランス3以上の職員に許可を得て行ってください。実験において、すべての場合Dクラス職員をその解明された特性からDクラス職員以外を用いても問題はないとされていますが、いかなる場合でもオブジェクトへの曝露は10分以内に留めてください。また、実験終了後は対象者(以下被験者と呼称)に対して、適切な記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を持ったネジバナ(Spiranthes sinensis)です。全長は25cm前後であり、花弁は淡い紅色です。花序は異常性を持たないネジバナと同様にねじれています。発見時、SCP-XXX-JPは半ば野生化しており、その出自などは解明されていません。

SCP-XXX-JPの異常性は曝露した生物に対しての精神影響です。その特性上、影響は特にヒト(Homo sapiens)に対して顕著に現れます。SCP-XXX-JPの異常性はオブジェクトの一部である花弁や花粉などが生物に物理的に接触することで発現します。その際曝露者は、自己を除いた生物に対する評価、感情などが元のものとは真逆のものに変化します(以下「評価/感情の反転」と呼称)。