Tuzumiのサンドボックス

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
ぜひご批評、ご意見、ご感想よろしくお願いします。

こちらでございます。↓


SCP案「馬鹿」(※未完成)

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8181の低脅威生物収容セル内の収容室に収容されます。1日1回、SCP-XXX-JPの収容室に餌となる粗飼料を補充してください。1週間に1回以上は音声によるコミュニケーションをとってください。その際、担当職員は「馬鹿」という言葉を発言しないよう注意してください。

説明: SCP-XXX-JPは頸部から上がシェトランドポニー(Equus caballus)、下がニホンジカ(Cervus nippon)の知能を持った生命体です。

SCP-XXX-JPは直接視認した人間(以下、被験者と呼称)の思考レベルを著しく低下させます。異常性に暴露すると言語はかろうじて発することはできますが、内容が支離滅裂です。これは一時的なものであり、低下してから72時間経過すると思考レベルは元に戻ります。
SCP-XXX-JPは被験者が異常性に暴露すると、被験者に対する罵倒を開始します。内容は主に被験者の知能の低さを笑ったものと、「馬鹿」という言葉に対する反論から成り立ちます。このときのSCP-XXX-JPは徐々に興奮していき、それにつれ発言内容が幼稚なものになっていきます。
罵倒中、被験者が「馬鹿」という言葉を発言すると、激昂して興奮状態が最高潮になり暴力性が上がります。が、被験者が負傷する程のものではありません。

実験記録XXX - 日付20██/██/█

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-XXX1をSCP-XXX-JP収容室内に入室させる。

結果: 音声記録XXX-JP-01を参照してください。

音声記録XXX - 日付20██/█/█

対象: SCP-XXX-JP

<録音開始, 20██/██/█**>

[D-XXX1を入室させる]

D-XXX1: おわっ、なんだあの生物。

[ここでSCP-XXX-JPはD-XXX1に振り向く]

SCP-XXX-JP: …なんだ、人間よ。

[D-XXX1が異常性に暴露する]

D-XXX1: おしるこロケット、撃沈!

SCP-XXX-JP: 突然何を言い出す。

D-XXX1: なあなあ、比叡山に生えたいよなあ。なあ!

[以降D-XXX1の発言は特筆する箇所のみ表記する。]

SCP-XXX-JP: ふん。今まで俺様を貶めてきた報いを受けるがいいわ!

SCP-XXX-JP: 貴様等はいつも罵倒の言葉として「馬鹿」を使う。そんな生物が実在して、さらに貴様等と同等以上の知能を持っているとはつゆ知らずに!

SCP-XXX-JP: 俺様は貴様等人間と比べられたくもないわ! それだけで嫌悪感が湧いてくる!

SCP-XXX-JP: こんな言葉の意味も分からずにただ呟いてるだけの無能が! 粋がるなよ! 数が多いだけで地上の支配主だと勘違いしている阿呆共め!

[中略]

SCP-XXX-JP: ほら、試しに問題を出してやるよ!1+1は?

D-XXX1: みそスープ!

SCP-XXX-JP: ハァ!? テメェの頭には一体何が詰まっているんだ!?蟹味噌か!?

SCP-XXX-JP: こんなに簡単な問題も答えられねぇ! 一体何なんだよテメェ等の存在意義はよぉ!

D-XXX1: シャケ投げるぅーー!!!! バーーーーーカ!!!

SCP-XXX-JP: っるっっせえええええええええええ!!! もう少し静かに出来ねぇのかこのっ、こっ、バァァァァァァァァァァァァァァァァァァカ!!!!!!!

<録音終了, 20██/██/█**>


tale案「終ハリノアト」(※未完成)

rating: 0+x

しと、しとと雨が降っている。
その雫が、壁の割れ目にそって流れる。
壁に這う植物の根は力強く、今にも崩れそうな建物を雄大に支えている。
壁に描かれていたであろうペイントは、今にも剥げそうで、かすかな面影を残すのみ。
いびつな二重丸に、3本の矢。
ここはかつて、サイトと呼ばれた場所。人智の及ばぬものを隔離していた場所。

—今はもう、だれもいない。