tutuji

以下から下書きです。


ある所、武甕槌神が御坐すと伝えある霊験灼たかな霊山があった。武神の裾元とあれば、加護に肖り武を極める者の修練場となる事は当然であった。研鑽に時を費やし、修練を見守る山と武神に感謝の拳を振るうその者達は「犀賀」と名乗った。彼等は各地を巡礼した末に、この地で研究所を構えたのだった。ある日、1人の漢がその門を叩いた。

「共振パンチッ!」

救済とまで言わしめた犀賀流を打ち砕かんとする一撃に、研究所内で組手を行なっていた犀賀六巳と構成員達は動きを止めた。共振パンチにより無残な瓦礫となった研究所の門を確認した犀賀達は、その瓦礫の山の上で白い道着に身を包んだ漢が仁王立ちしている事に気付く。構成員の1人が、道着の漢に問う。

「貴様、何者だ!」

「ここの師範は誰だ? 私は研究所破りに来た!」

構成員達は犀賀流の構えを取る。しかし、犀賀六巳がそれを手で遮った。

「私が師範の犀賀六巳だ。受けて立とう」

その言葉を聞いた構成員達は犀賀六巳に一礼して、研究所の中へと姿を晦ました。周囲を確認した後、犀賀六巳は犀賀流直伝の構えを取る。荘厳な趣きさえ感じる緊張した雰囲気の中で、1枚の木の葉が相対する2人の間で舞っていた。やがて、木の葉が地に触れた途端、火蓋が切って落ちる。

透かさず犀賀六巳は犀賀流奥義が1つ、多次元理論を駆使した空間干渉で瞬間移動を可能にした「犀賀多次元縮地」を行い、一気に距離を詰めた。続いて、同様の理論で任意の空間座標に真空を発生させる奥義「犀賀宙空凄舞」を行う事で勝負を決める……その筈だった。

犀賀六巳が奥義を発動する前に、漢は一瞬で財団神拳秘伝「天殺・認識災害の構え」を行い、犀賀六巳に特定の眼球運動を強制させる事で麻痺性の認識災害を起こしていたのだった。よって、漢の幻影を見ていたに過ぎない犀賀六巳は亜光速で繰り出される「真・共振パンチ」によって急所を突かれ、敗れたのだった。

敗北を受け入れた犀賀六巳は、漢に名と真の目的を問う。

「名は捨てた。そして、私の真の目的は各地の拳法を訪ね、財団神拳の真髄を得る事だ。でなくては現在の財団を救えない」

漢の真の目的は研究所破りでは無い。
現在、財団は真の財団神拳伝承者を名乗るカオス・インサージェンシーとの激しい戦いにより、数々の収容対象を奪われ、崩壊寸前であった。奪われた収容対象の回収と戦いに決着をつける為、漢は修行の旅に出たのだった。

「この研究所が最後だ。奪われた収容対象を奴等が各地にばら撒いているのは知っている。再収容させて貰おう」

こうして漢はまた1つ再収容を成し遂げた。
戦え財団神拳!全てを取り戻す為に!

申請書: 以上の創作を元にした商品展開を購買で行い、売り上げを研究費に充てたいのですが。—██研究員

Re: 却下します。現実に即した内容では無いからです。なので、██研究員は第██ホールに来て下さい。本物を見せてあげましょう。—O5評議会

 

 

 

 

 

以下、溜め込み場


画像URL:https://pixabay.com/ja/%E3%83%8B%E3%82%B2%E3%83%A9-%E5%86%86%E5%BD%A2%E3%81%AE%E8%8E%A2-%E5%9C%92%E8%8A%B8%E6%A4%8D%E7%89%A9-hahnenfu%C3%9Fgew%C3%A4chs-1750797/