制作記録

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、長さ12.2m、幅4.5m、高さ5.3mの収容室に収容して下さい。男性職員が入室する場合は、細心の注意を払い業務を短時間で済ませる必要があります。また、SCP-XXX-JPの目を決して見つめてはいけません。常に職員が収容室の監視カメラを使用し、監視する必要があります。SCP-XXX-JPに紙とペンを与えないで下さい。

説明: SCP-XXX-JPは19███/██/██/、日本の█████県の竹藪にて発見され、農家の人に保護されましたが、対象の異変に気付いた地元警察官により財団に連絡が渡り、財団に保護されました。SCP-XXX-JPは十二単と呼ばれる着物を着ており、長い黒髪と発光する黒い瞳を持っています。見た目から予測するに18歳ほどの容姿で、身長152cmと推測されます。 SCP-XXX-JPは、見る者によって容姿が変化します。容姿は多種多様でしたが、どれも見た人間が想像するかぐや姫の容姿である事が判明しました。ですが、かぐや姫を知らない人間が見た場合には、それは存在しないものとなり、姿を認知出来ないことが確認されています。SCP-XXX-JPは、目を合わせようと言葉を掛けてきますが、応答してはいけません。目眩・動悸等が報告されています。また、目を合わせたものは、脳に異常を起こし数時間後にはSCP-XXX-JPの従順な部下として働こうとします。SCP-XXX-JPは、他人を強制的に従わせる事が出来ます。それは、人間だけではなく動物であれば如何なるものであれど従わせる事が出来ます。男性職員が対象に接触する事は好ましくありません。かぐや姫を知る男性はSCP-XXX-JPの容姿に魅了され、正確な判断が取れなくなり、長時間接触すると、数分間、解析不可能な言葉を叫び、気絶してしまいます。SCP-XXX-JPは、人間の姿をしていますが、食事等は必要としていません。また、SCP-XXX-JPは密度が空気と同じ程であり、身につけている薄い羽織の様な衣服により浮遊する事が可能です。対象は、素性を話すことはほとんどありませんが、自身の事をかぐや姫と名乗り、日本で有名なかぐや姫の本の内容を細かく話す事があります。その中には本には描かれていないことも含まれているのが確認済みであり、月を見ると迎えを呼べると主張をしてます。上記はSCP-XXX-JPの現在の姿、状態であり、自身の書いた竹取物語のかぐや姫に成り代わったものであるのが確認されています。SCP-XXX-JPは、自身で書いた物語の人物に成り替わることが出来ます。それに制限はなく、自身が書いたものであれば、何にでも成り代わり、その人物が持つ特異性を得ることが可能です。また、その成り代わった人物になりきる事で、素性を隠していると推測されます。

補遺: ███博士が対象とのインタビューに成功しました。それが以下のものです。

対象: SCP-XXX-JP
インタビュアー: ███博士
録音開始███年█月█日█時██分 録音開始

███博士: 初めましてSCP-XXX-JP

SCP-XXX-JP: えぇ、初めまして。

███博士: 質問しても良いですか?

SCP-XXX-JP: 先に名を名乗るのが礼儀よ。

███博士: 失礼しました。私は、███博士。

SCP-XXX-JP : 貴方は博士なのね。

[対象は、少し黙った。]

███博士: どうしたのですか?

SCP-XXX-JP: いいえ、なんでもないわ。それで、質問だったかしら?

███博士: はい。構いませんか?

SCP-XXX-JP: 答えられる範囲なら。

███博士: では、早速。

███博士: 貴方はなにか目的があって竹藪に居たのですか?

SCP-XXX-JP: 懐かしいと思って居ただけで意味はないわ。

███博士: 懐かしい?

SCP-XXX-JP: えぇ。これは懐かしむ…というものでしょう?今は違うのかしら?

███博士: その感情を私が認知する事は出来ませんが、合っていると思われます。

SCP-XXX-JP: そう…。他に質問は?

███博士: 貴方はなにか目的があって居るのですか?

[対象は少し考えるそぶりをした。]

SCP-XXX-JP: 目的は特にあった訳ではないわ。でも…。

███博士: でも?

SCP-XXX-JP: 強いて言うなら、帝がいたら…会いに行こうと思っていたの。

███博士: それは何故ですか?

SCP-XXX-JP: 私、彼が嫌いなの。嫌味の1つでも言ってやろうと思ってね…もう、居ないけれど。

[対象は不機嫌そうな声であった。]

███博士: 明確な理由は話せますか?

SCP-XXX-JP: 話す気になれないわ。かぐや姫の本でも読めば良いんじゃないかしら?

███博士: そこに書いてあるのですか?

SCP-XXX-JP: 心情まで描かれていないけれど、読んで貴方はどう思うか考えなさいな。それが答えよ。

███博士: …分かりました。

[少しの沈黙]

███博士: 貴方はここから逃げないのですか?

SCP-XXX-JP: 逃げて困るのは貴方達じゃなくて?

███博士: 確かにそうですね。ですが、貴方が無抵抗である事に我々は疑問を抱いています。

SCP-XXX-JP: 外に行く意味がないからいるのよ。意味が出来たら逃げ出してやるわ。

███博士: 今の所は逃げ出すつもりは無い…という事ですか?

SCP-XXX-JP: そういう事になるわね。

███博士: 次の質問、いいでしょうか?

SCP-XXX-JP: 構わないわ。

███博士: いつまでその姿でいるのですか?

SCP-XXX-JP: どういう事かしら。

███博士: 言葉のままです。あなたは、かぐや姫ではありませんね?

SCP-XXX-JP: どうしてそう思うの?

███博士: 貴方が竹藪で発見された際に見られた容姿は、発見者の想像するかぐや姫の容姿ではなかった事が確認されています。さらに、本では分からない事を貴方は語っています。そこから推測するに作者ではないかと。

SCP-XXX-JP: 素晴らしい推察ね。

███博士: ありがとうございます。

SCP-XXX-JP: 素晴らしいけれど、答えを出す気は無いわ。

███博士: ですが、私はそれを問うために貴方と話しています。

SCP-XXX-JP: 貴方が思う私が私の姿になるとだけ言っておくわ。

███博士: それは答えになりません。

SCP-XXX-JP: …それが答えよ。私は貴方が出す答えに期待しているの。

███博士: …質問に答えて下さい。

SCP-XXX-JP: しつこい人間は嫌いよ、私を失望させないで。さぁ、帰って。

███博士: 分かりました。

[███博士が退出する。]

録音終了███年█月█日 █時██分 録音終了

終了報告書: SCP-XXX-JPは、インタビューには少々協力的な姿勢を見せましたが、終始敬意を持って接する事が必要であるため、言葉遣い等に気を使う必要があります。また、対象が不機嫌になると場の空気が重くなり圧迫感を感じさせました。現在、対象はここから出るつもりは無いため、安全であると推測されます。また、かぐや姫ではなくSCP-XXX-JP本人の事を聞き出そうとしましたが、答えようとはしませんでした。最後にSCP-XXX-JPが帰ってと言った際に体が動かなくなり、自身の意思とは関係なく扉に向かった事から強制的に退出させられたと推測されます。