制作記録

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、長さ12.2m、幅4.5m、高さ5.3mの収容室に収容して下さい。男性職員が入室する場合は、細心の注意を払い業務を短時間で済ませて下さい。また、SCP-XXX-JPの容姿を認知しないで下さい。常に職員は収容室の監視カメラを使用し、監視する必要があります。SCP-XXX-JPに紙とペンを与えないで下さい。SCP-XXX-JPとの会話等は、モニター等を通して行って下さい。

説明: SCP-XXX-JPは19███/██/██/、日本の█████県の竹藪にて発見され、農家の人に保護されましたが、対象の異変に気付いた地元警察官により財団に連絡が渡り、財団に保護されました。SCP-XXX-JPは十二単と呼ばれる着物を着ており、長い黒髪と発光する黒い瞳を持っています。見た目から予測するに18歳ほどの容姿で、身長152cmと推測されます。 SCP-XXX-JPは、見る者によって容姿が変化します。容姿は多種多様でしたが、どれも見た人間が想像するかぐや姫の容姿である事が判明しました。ですが、かぐや姫を知らない人間が見た場合には、それは存在しないものとなり、姿を認知出来ないことが確認されています。SCP-XXX-JPの姿を認知した人間は、目眩・動悸等が報告されています。また、長時間SCP-XXX-JPの姿を認知した者は、脳に異常を起こし数時間後にはSCP-XXX-JPの従順な部下として働こうという意志を持ち始め、SCP-XXX-JPの側を離れなくなります。SCP-XXX-JPは、長時間姿を認知した他者を強制的に従わせる事が出来ます。それは、人間だけではなく動物であれば如何なるものであれど従わせる事が出来ます。男性職員が対象に接触する事は好ましくありません。かぐや姫を知る男性はSCP-XXX-JPの容姿に魅了され、正確な判断が取れなくなり、長時間接触すると、数分間、解析不可能な言葉を叫び、気絶してしまいます。SCP-XXX-JPの容姿認識による異常は、モニター等を系有することで無効化する事が出来ます。SCP-XXX-JPは、人間の姿をしていますが、食事等は必要としていません。また、SCP-XXX-JPは密度が空気と同じ程であり、身につけている薄い羽織の様な衣服により浮遊する事が可能です。対象は、自身は竹取物語を書いた者であると名乗っています。上記はSCP-XXX-JPの現在の姿、状態であり、自身の書いた竹取物語のかぐや姫に成り代わったものであるのが確認されています。SCP-XXX-JPは、自身で書いた物語の人物に成り替わることが出来ます。それに制限はなく、自身が書いたものであれば、何にでも成り代わり、その人物が持つ特異性を得ることが可能です。

補遺: ███博士が対象とのインタビューに成功しました。それが以下のものです。

対象: SCP-XXX-JP
インタビュアー: ███博士
録音開始███年█月█日█時██分 録音開始

███博士: 初めましてSCP-XXX-JP

SCP-XXX-JP: えぇ、初めまして。

███博士: 質問しても良いですか?

SCP-XXX-JP: 先に名を名乗るのが礼儀よ。

███博士: 失礼しました。私は、███博士。

SCP-XXX-JP : 貴方は博士なのね。

[対象は、少し黙った。]

███博士: どうかしましたか?

SCP-XXX-JP: いいえ、なんでもないわ。それで、質問だったかしら?

███博士: はい。構いませんか?

SCP-XXX-JP: 答えられる範囲なら。

███博士: では、早速。

███博士: 貴方はなにか目的があって竹藪に居たのですか?

SCP-XXX-JP: 懐かしいと思って居ただけで意味はないわ。

███博士: 懐かしい?

SCP-XXX-JP: えぇ。これは懐かしむ…というものでしょう?今は違うのかしら?

███博士: その感情を私が認知する事は出来ませんが、合っていると思われます。

SCP-XXX-JP: そう…。他に質問は?

███博士: 貴方はなにか目的があって居るのですか?

[対象は少し考えるそぶりをした。]

SCP-XXX-JP: 目的は特にあった訳ではないわ。

███博士: そうですか。

SCP-XXX-JP: 私も聞きたいことがあるの。

███博士: なんでしょうか?

SCP-XXX-JP: 貴方達は私を保護しているのかしら?

███博士: そうです。

SCP-XXX-JP: 紙と筆を与えないのは故意かしら?

[対象は不機嫌そうな声であった。]

███博士: そうです。

SCP-XXX-JP: それは、私が物語を描くからかしら?

███博士: そうです。

SCP-XXX-JP: 物書きに書く事を許さないなんて酷いわね。貴方から紙と筆を頂けないのかしら?

███博士: すいません、私の権限では渡す事は出来ません。

[少しの沈黙]

SCP-XXX-JP: そう…とても残念ね。

███博士: 貴方はなぜ自身の書いた物語の人物に成り代わるのですか?

SCP-XXX-JP: 私は私の書く話が好きだからよ、好きだからなってみたいの。自身の願望や欲が詰まった話の主人公になりたいと思うのは普通じゃないかしら?

███博士: つまり貴方は自身の願望を叶えるために物語を書き、その人物に成り代わるのですか?

SCP-XXX-JP: そういう事になるわね。

███博士: 次の質問、いいでしょうか?

SCP-XXX-JP: 構わないわ。

███博士: もし、次に書くならばどんな話を書きますか?

SCP-XXX-JP: そうね。次は、もっと派手で世界征服をする話なんて面白いかもしれないわね。

███博士: 貴方はその主人公になりたいですか?

SCP-XXX-JP: …そうね。興味があるわ。

███博士: そうですか…質問は以上です。ありがとうございました。

SCP-XXX-JP: 構わないわ。また、お話をして頂戴。ここは退屈なの。

[███博士が退出する。]

録音終了███年█月█日█時██分 録音終了

終了報告書: SCP-XXX-JPは、インタビューには協力的な姿勢を見せました。また、次に書く物語について話をしましたが、書かれた場合による被害等は膨大であると推測されます。引き続き監視を続け、現在の特異性等を確認する必要があります。