制作記録

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、長さ12.2m、幅2.5m、高さ2.6mのドライコンテナ程の収容室に収容して下さい。男性職員が入室する場合は、短時間で済ませる必要があります。また、それの目を決して見つめてはいけません。常に職員が収容室の監視カメラを使用し、監視する必要があります。

説明: SCP-XXX-JPは、█████年██月██日に日本の██████の竹藪にて発見され、そのまま収容されました。SCP-XXX-JPの詳しい素性は未だ不明です。それは十二単と呼ばれる着物を着ており、長い漆黒の髪と発光する黒い瞳を持っています。見た目から予測するに18歳ほどの容姿で、身長152cmと推測されます。 また、対象は目を合わせようと言葉を掛けてきますが、応答してはいけません。発狂、目眩、動悸等が報告されています。男性職員が対象に接触する事は、好ましくありません。対象は男性職員に対して、攻撃的になります。 SCP-XXX-JPは、人間の姿をしていますが、食事等は必要としていません。また、それは密度が空気と同じ程であり、壁をすり抜けるといったことが可能です。我々から対象に触れる事は出来ませんが、対象から我々に触れることは可能です。
対象は、扇を使う事で現場にない物質を取り出したり、風を起こす事が可能ですが、生きているものを取り出す事は出来ません。使用後は丸一日、または、数日間眠り続け、目を開けたのちも数時間その場で停止しています。 対象は、それなりに大人しく、敬意を持って接した者には友好的に接します。対象は、素性を話すことはほとんどありませんが、自身の事をかぐや姫と名乗り、日本で有名なかぐや姫の本の内容を細かく話す事があります、その中には本には描かれていないことも含まれているのが確認済みです。

補遺 :███博士が対象とのインタビューに成功しました。それが以下のものです。

対象:SCP-XXX-JP
インタビュアー:████博士
録音開始███年█月█日█時██分 録音開始

███博士:初めましてSCP-XXX-JP

SCP-XXX-JP:えぇ、初めまして。

██博士:質問しても良いですか?

SCP-XXX-JP:先に名を名乗るのが礼儀よ。

███博士:失礼しました。私は、███博士。

SCP-XXX-JP :そう…。

[対象は、少し黙った。]

███博士:どうしたのですか?

SCP-XXX-JP:いいえ、なんでもないわ。それで、質問だったかしら?

███博士:はい。構いませんか?

SCP-XXX-JP:答えられる範囲なら。

███博士:では、早速。

[███博士が質問の書いたメモを見る。]

██博士:貴方はなにか目的があって竹藪に居たのですか?

SCP-XXX-JP:懐かしいと思って居ただけで意味はないわ。

███博士:懐かしい?

SCP-XXX-JP:えぇ。これは懐かしむ…というものでしょう?今は違うのかしら?

███博士:その感情を私が認知する事は出来ませんが、合っていると思われます。

SCP-XXX-JP:そう…。他に質問は?

[███博士が紙を確認する]

SCP-XXX-JP:貴方は紙がないと私と話せないの?

[対象は不機嫌そうな声であった。]

██博士:いえ…そういう訳ではありませんが…。

SCP-XXX-JP:なら、それは必要ないでしょう?

[対象は、███博士の持つメモを指差した。]

███博士:そうですね。失礼しました。

[███博士はメモをしまった。]

███博士:貴方はなにか目的があって居るのですか?

[対象は少し考えるそぶりをした。]

SCP-XXX-JP:目的は特にあった訳ではないわ。でも…。

███博士:でも?

SCP-XXX-JP:強いて言うなら、帝がいたら…一目会いに行こうと思っていたの。

███博士:それは何故ですか?

SCP-XXX-JP:私、彼が嫌いなの。嫌味の1つでも言ってやろうと思ってね…もう、居ないけれど。

███博士:明確な理由は話せますか?

SCP-XXX-JP:話す気になれないわ。かぐや姫の本でも読めば良いんじゃないかしら?

██博士:そこに書いてあるのですか?

SCP-XXX-JP:心情まで描かれているのか、分からないけれど、きっとあるんじゃないかしら?

██博士:分かりました。

███博士:貴方はここから逃げないのですか?

SCP-XXX-JP:逃げて困るのは貴方達じゃなくて?

███博士:確かにそうですね。ですが、貴方は此処から簡単に逃げられるのですよね?ここに留まる訳があるのですか?

SCP-XXX-JP:外に行く意味がないからいるのよ。意味が出来たら逃げ出してやるわ。

███博士:今の所は逃げ出すつもりは無い…という事ですか?

SCP-XXX-JP:そういう事になるわね。

SCP-XXX-JP:今日はもういいかしら?疲れたわ。

██博士:構いません、ありがとう。また質問が出来たら嬉しいですが、構いませんか?

SCP-XXX-JP:私の気が向けばね。

[██博士が退出する。]

録音終了███年█月█日 █時██分 録音終了

終了報告書: SCP-XXX-JPは、インタビューには協力的な姿勢を見せましたが、終始敬意を持って接する事が必要であるため、言葉遣い等に気を使う必要があります。対象が薦めた本ですが、現在の文献では細かい事は不明です。また、対象が不機嫌になると場の空気が重くなり圧迫感を感じさせました。現在、対象はここから出るつもりは無いため、安全であると推測されます。