帰るべき我が家
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが視認されないように厚さ10cm程度のコンクリートによって周りを囲み、入り口には2重ロックを施して警備員2名を配置し、近隣住民には記憶処理を施し、付近から退去させてください。SCP-XXX-JP-1が発見された場合、機動部隊-8え-い("帰宅部")を派遣しSCP-XXX-JP-1の近隣住民に記憶処理を行い退去させカバーストーリー「工場の爆発による汚染」を適用し、付近に警備員を配置して人間が存在しないようにしてください。SCP-XXX-JP-1に近付いた人間にはすぐさま終了措置を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは██県██市にある一般的な民家です。SCP-XXX-JPを視認し「家」だと認識した人間(以下、対象と表記)はここを自分の住居と認識し、SCP-XXX-JPの内部にあらゆる手段を使って侵入しようとします。侵入が成功すると、対象の家族も原理不明の方法で瞬間移動し、SCP-XXX-JPで生活を始めます。対象やその家族はこの現象に一切疑問を抱くことはありません。SCP-XXX-JPに電気や水道などは通っていないのにも関わらず未知の原理でこれらを使用することができます。これ以降、対象の元々の住居はSCP-XXX-JP-1に指定されます。他の対象がSCP-XXX-JPに侵入した場合、元々住んでいた対象やその家族は消滅します。GPSによって消滅後何処へ行ったのかを確認する試みは失敗に終わっています。

SCP-XXX-JP-1に指定された住居の半径2m以内に人間が接近するとSCP-XXX-JP-1は活性化状態になり、半径2m以内に侵入した人間は意識を失い、無意識の状態でフラフラとSCP-XXX-JP-1内部に自ら侵入していきます。SCP-XXX-JP-1は外見は変化前と同じですが内部は暗闇で視認は困難です。吸収が終了するとSCP-XXX-JP-1内部からSCP-XXX-JP-2が出現します。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-2を出現させると非活性化状態に戻ります。現在SCP-XXX-JP-1は21ヶ所に存在しておりそれらはSCP-XXX-JP-1-1~SCP-XXX-JP-1-21に指定されています。

SCP-XXX-JP-2は人型存在です。頭部が胴体にほとんど陥没しており、眼球が体のいたるところに██個存在し、頭部はひどく膨れ上がっています。また、手足の指が██本、████が██████████存在しています。SCP-XXX-JP-2は日本語で意味不明な発言を繰り返しています。出現後SCP-XXX-JP-2はどこかへ向かって歩き出しますが今まで全てのSCP-XXX-JP-2が肉体が崩れ落ち溶け出し小さな硫黄の跡を残し消滅しています。

補遺: SCP-XXX-JP-2の向かっている方向を調査したところ、確認されている全てのSCP-XXX-JP-2は、概ねSCP-XXX-JPの方向へ向かっていることが判明しました。そしてSCP-XXX-JP-2の出現から消滅までの時間が実験を繰り返すごとに長くなっていることが判明しました。今後、SCP-XXX-JP-1に関する実験は禁止となります。

補遺2: 現在SCP-XXX-JPにて生活しているD-114555が全身が黒い人型のような見た目の存在を目撃したと報告しました。調査を続けてください。

評価: 0+x
DC-3.jpg

撮影されたSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの内部に一般人が侵入することを防ぐためカバーストーリー「工場建設」を適用しSCP-XXX-JP付近を高さ3mほどの塀で囲み、6人の警備員を配置してください。SCP-XXX-JP内部に侵入するのはどんな実験であろうと現在禁止となっています。発生したSCP-XXX-JP-1はその性質上収容することが不可能です。

説明: SCP-XXX-JPは19██年、日本上空で行方不明となり墜落した航空機DC-3の残骸です。行方不明になった██年後に機首部分のみとなった残骸が██県██村付近に突如出現したことを村人が発見、警察に通報したことにより警察内部の財団エージェントが財団日本支部に報告。財団が調査に乗り出しSCP-XXX-JPを発見しました。SCP-XXX-JP-1は見た目がDC-3に酷似しているため墜落した航空機と関連していると考えられています。

SCP-XXX-JPの異常性は内部に侵入したときに発生します。内部に侵入した人間(以下、「対象」)は消滅し、SCP-XXX-JP-1が対象と関係が深い地域の上空2000mから[データ消去]mに出現します。SCP-XXX-JP-1は出現地点から地面へ急降下し墜落します。対象はSCP-XXX-JP-1の内部のコックピットと思われる場所に出現しますがSCP-XXX-JP-1を操縦することはできません。SCP-XXX-JP-1内部では人間が発してると思われる音声が数秒の間隔で発生します。墜落するとダイナマイト██個分に相当する爆発を引き起こします。SCP-XXX-JP-1の残骸は一切残りませんが墜落地点にはボロボロになった対象の死体が散乱します。
最初の発見時、エージェント██████が何も知らずにSCP-XXX-JP内部に侵入してしまったためこの異常性が発覚しました。
SCP-XXX-JP又SCP-XXX-JP-1に対するあらゆる攻撃は全て無効です。

補遺: SCP-XXX-JPに侵入する実験が3回(実験記録を参照)行われましたが3回中2回財団の敷地付近にSCP-XXX-JP-1が墜落したため危険性が高いので実験は現在禁止となっています