Tsukiyomizukuの書斎

Table of Contents

ここには推敲前段階の記事を置いていきます。サンドボックスⅢで書くと批評出すときに流れちゃうからね。


rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: カバーストーリー「地盤のゆるみ」によってSCP-XXXX-JPの周囲を封鎖し、一般人の接近を阻止してください。実験にはレベル3以上の職員2名以上の承認が必要です。SCP-XXXX-JP-1群は生成され次第回収し、焼却処分してください。

説明: SCP-XXXX-JPは静岡県██市の道路に存在するマンホールです。SCP-XXXX-JPの蓋は一般的な汚水マンホールと同一ですが、内部は付近の下水管とは接続されておらず、主に腐敗した人間の生体組織と水で構成された汚水が溜まっています。この汚水は未知の方法によって供給・回収されており、どのような操作を行ってもオブジェクト内部の汚水量は変化しません。

SCP-XXXX-JPは時折1その汚水中に、日本国内に実在する老年期の人物の正確な複製を生成します(この複製をSCP-XXXX-JP-1と呼称)。SCP-XXXX-JP-1は生成直後は生存していますが、即座に汚水により溺死します。現在までSCP-XXXX-JP-1の死亡の阻止には成功していません。一般的に1名の人物が複製される回数は1回のみですが、まれに数日から数年の間隔を挟んで再度複製される場合もあります。現在の最多複製回数は█████氏の38回です。

SCP-XXXX-JPは2014/08/22、付近の住民から警察に「マンホールに老人の死体が詰まっている」との通報がなされたことにより発見されました。発見時、SCP-XXXX-JP-1の個体数は50を超えており、マンホールの容積に収まり切らず蓋を押し上げて外に溢れていました。即座にSCP-XXXX-JP-1群は回収され、発見者を含む近隣住民および警察関係者には記憶処理が施されました。この地域を管轄している下水道局への調査が併せて実施されましたが、SCP-XXXX-JPを設置した記録は発見されませんでした。

補遺: 複製元の人物に関する包括的調査の結果、当該人物の孫にあたる人物の約32.1%が頻繁に当日欠勤をしていることが判明しました。現在この事実と複製生成事象との因果関係について、より詳細な調査が進行中です。