Tsukiyomizukuの書斎

編集ボタン


評価: 0+x
cave.JPG

Entrance to SCP-3983 central cavern. Note flash of light produced by SCP-3983-03 disappearance.
SCP-3983主要洞窟の洞口部。SCP-3983-03の消滅によって生じた閃光に注目。

Item #: SCP-3983
アイテム番号: SCP-3983

Object Class: Safe
オブジェクトクラス: Safe

Special Containment Procedures: Due to its remote location, physical containment of SCP-3983 is unnecessary. Oceanic survey organizations will be monitored by Naval Task Force Sigma-58 “Bottomfeeders” for indication of any planned expeditions near SCP-3983's location.
特別収容プロトコル: SCP-3983は遠隔地に位置しているため、物理的な収容は不要です。海洋捜査部隊 シグマ-58 “深海生物”は、海洋調査機関によるSCP-3983付近への遠征が計画される兆候が無いかを監視します。

Description: SCP-3983 is a cave, the entrance of which is approximately 10,800 meters below the surface of the southern Pacific Ocean, in the Horizon Deep of the Tonga Trench. SCP-3983 was initially discovered by the crew of a manned NOAA expedition. Administrative reports of its discovery were flagged by Foundation webcrawlers, whereupon amnestics were distributed to exposed individuals, and jurisdiction of SCP-3983 was transferred to the Foundation.
説明: SCP-3983は太平洋南部のトンガ海溝のホライゾンディープにある洞窟です。海面から約10800mの深さに洞口部が位置しています。SCP-3983は米国海洋大気庁の有人探検隊の乗組員によって初めて発見されました。この発見に関する公的なレポートは財団のウェブクローラーによって削除され、SCP-3983に関する情報を持つ人間には即座に記憶処理を施し、SCP-3983は財団の管轄下に移されました。

The cave entrance is a narrow crack in the trench wall roughly 2.5 meters wide at its widest point. Within, a passage extends into the rock, gradually angling upward at an average elevation of 12° for approximately 200 meters. At this point, the passage terminates, and enters an air-filled chamber roughly 75 meters wide.
SCP-3983の洞口部は海溝の壁に位置する狭い割れ目となっており、最も幅広いところでおおよそ2.5mです。内部は岩盤まで続く通路となっており、平均で約200mに12°、徐々に傾斜の大きくなる上り坂になっています。現在、通路はおおよそ75mの幅のある、空気で満たされた空間に繋がっています。

At the center of this chamber is a dais, made of stone bricks, rising 1 meter from the ground and roughly 15 meters in diameter. The left and right walls of the chamber are decorated with complex high-relief sculptures, seemingly carved directly from the rock of the cave wall.
この空間の中心は直径およそ15m、地面から1mの高さの石造りの演台になっています。左右の壁は複雑な高浮き彫りの彫刻で装飾されており、洞窟の壁から直接彫り抜かれたように見えます。

The left scene depicts a thin humanoid figure, draped in rags. Across this figure's shoulders is slung a large admiralty-pattern anchor, roughly as long as the figure is tall (≈3 meters), with angular flukes. The figure is slightly hunched, presumably due to the weight of the implement it bears. Its face is obscured by a hooded cowl. The area around this central るfigure is carved into simple swirling patterns, likely depicting the presence of wind or ocean waves. An as-yet undecipherable inscription in rongorongo glyphs is carved into the wall above the relief. This piece is designated SCP-3983-01.
左の壁にはぼろ切れを着た、痩せた人間を模した彫刻が施されています。この彫刻は、尖った錨爪のある海軍様式の巨大な錨を背負っており、錨は彫刻とおおよそ同程度の高さ(≈3m)です。彫刻は背負う錨の重さによって、前かがみになっているように見えます。また彫刻の顔は、被っている頭巾によって不明瞭になっています。中心となるこの彫刻の周辺には、おそらく風や海の波を表現していると思われる、単純な渦巻き模様が彫られています。また、ロンゴロンゴ語の象形文字で記述された未判読の碑文が、その彫刻の上の壁面に刻まれています。この実例はSCP-3983-01に指定されています。

The right scene is highly complex and detailed. It consists of an array of biological structures, however its specific form is difficult to determine. Distinct elements include tentacles, crustacean claws, insect legs, barnacles, coral, antlers, and what appear to be portions of the human skeleton, including spines, limbs, and skulls. These elements are presented apparently at random, and while there is a suggestion of a central mass of some kind, its specific makeup is unclear. An inscription in Akkadian cuneiform above the relief reads "SHE WHO BIRTHS AND DEVOURS ALL, WHO SOWS AND HARVESTS, WHO GRANTS SICKNESS AND HEALTH. SHE WHO IS WITHOUT REST." This piece is designated SCP-3983-02.
右の壁の装飾は非常に複雑できめ細かいものとなっています。これは多くの生物学的構造によって構成されていますが、その詳しい形状を特定することは困難です。特筆すべき要素として、触手、甲殻類の爪、昆虫の脚、フジツボ、サンゴ、鹿の角、脊髄・肢・頭蓋骨を含む人間の骨格の一部と思われる実体が含まれます。これらの要素は不規則に配置されているようであり、何らかの中心となる塊があることが示唆されていますが、その詳しい構造は不明です。彫刻の上には、アッカド語の楔形文字で "彼女は産み、全てを喰らう。種を蒔き、収穫する。病と健康を齎す。彼女に休息はない。" と記された碑文があります。この実例はSCP-3983-02に指定されています。

The rear wall of the chamber is obscured, due to the presence of a mound of human corpses, piled to the height of the ceiling (≈7 meters). These corpses exhibit varying degrees of decomposition; some show no outward signs of decay, others are essentially skeletal.
この空間の後方の壁は、天井の高さ(≈7m)まで積み重なった大量の人間の死体によって見ることができません。これらの死体には、様々な程度の腐敗が見られ、中には腐敗の傾向が見られない個体もありますが、実質的に白骨化している個体も存在します。

Once each day, at a time roughly coinciding with sunrise respective to the surface above the Horizon Deep, one corpse will spontaneously animate and extricate itself from the pile, whereupon it is designated SCP-3983-03. This occasionally takes a significant amount of time, dependent upon the location of the corpse within the pile. Once separate from the pile, the corpse will stand, and ascend the steps to the stone dais to stand in the center. If the SCP-3983-03 instance does not have functioning legs, it will crawl and attain as upright a posture as possible.
1日に1度、ホライゾンディープ上の海面における日の出と一致した時刻に、1体の死体が自発的に動き出し、死体の山から脱出します。この実例はSCP-3983-03に指定されています。山の中のSCP-3983-03の位置によっては、この行動にかなりの時間を要する場合があります。山から離脱したSCP-3983-03は立ち上がり、階段を上って演台の中心に立ちます。SCP-3983-03の脚が機能しない場合、対象は可能な限り直立した姿勢で這って移動します。

Once in the center of the dais, the corpse will speak. The content of this speech is always intelligible, even if the corpse in question possesses no vocal cords or tongue.
演台の中心に到達すると、SCP-3983-03は演説を始めます。SCP-3983-03が声帯や舌を有していない場合でも、この演説の内容は常に明瞭です。

Upon the completion of its statement, the corpse will vanish, whereupon one of the two sculptures will exhibit a physical reaction. Foundation autonomous naval observation drone (ANOD) 06 captured several instances of this event; example transcripts follow.
演説が終了すると、SCP-3983-03は消滅し、即座に2つの彫刻の内1つが物理的な反応を示します。財団の自律海洋観測無人機(ANOD)06は、このイベントを数例記録しました。記録例は以下を参照してください。

Date
日付
Description of Subject
SCP-3983-03の概要
Content of Speech
演説の内容
Results
結果
04 April, 2010
2010年 4月 4日
Overweight female, significant putrefaction evident. Scarring present on subject's abdomen and upper extremities.
著しい腐敗が明白にみられる、肥満の女性。対象の腹部と上肢には創傷が存在する。
“All my life, I worked hard. I never stopped working. I let myself be fucked by a bastard, and I bore his children. And I loved them. I loved them and I raised them the best I could, but I didn't have any help. And it weighed. I lost my way. In the end, I didn't love them enough, didn't try hard enough. And I fell trying to seek relief. I failed. And I won't do it again. I choose to make use of myself. I accept the burden.”
「私は生涯を通して、一生懸命に働き続けました。決して働くのをやめませんでした。私はろくでなしと交わり、子供を産みました。私は子供たちを愛していました。彼らを愛し、私の持てる全てをもって育てましたが、私は無力でした。また、そのことは私にとって重荷でした。私は道を見失いました。結局のところ、私は子供たちを十分に愛せていなかった、ろくに頑張れてもいなかったのです。私は安堵を求めることに溺れました。私は失敗しました。二度とこのようなことは繰り返しません。私は私自身を活かすことを選び、重荷を受け入れます。」
Subject vanishes, producing a flash of blue light. A significant amount of condensation gathers on SCP-3983-01's surface, and runs to the chamber floor in rivulets.
SCP-3983-03は青色の閃光を発しながら消滅する。大量の結露がSCP-3983-01表面上で融合し、床へと流れ落ちる。
13 May, 2010
2010年 5月 13日
Tall, thin male. Little evidence of decomposition save for a paleness of the skin.
背の高い、やせ型の男性。皮膚が青白いことを除き、ほぼ腐敗の兆候は見られない。
“I did not choose my vocation to squander my own existence. My allegiance is to life, and its perpetuation. I have sewn flesh, set bones, and cured ailments. I am not prepared to allow us to fall into stagnation. We have to be strong, and healthy, even if that means we have to accept terrible changes. I am not a coward, and I will not submit. I choose to fight forever. I will never rest.”
「私はぜいたくな暮らしのために、この職を選んだわけではない。私の使命は、生命とその永続化にある。私は皮膚を縫い、骨を接ぎ合わせ、病気を治療してきた。私たちが停滞に陥るのを許すことなどできない。たとえ恐ろしい変化を受け入れる必要があったとしても、私たちは強く、健康でなけらばならないのだ。私は腰抜けではない。私は屈しない。永遠に戦い続けることを選ぶ。私に休息など無い。」
Subject vanishes, producing a flash of green light. Vines superficially resembling Virginia creeper (Parthenocissus quinquefolia) sprout from SCP-3983-02's surface, then rapidly decompose and crumble.
SCP-3983-03は緑色の閃光を発しながら消滅する。アメリカヅタ(Parthenocissus quinquefolia)に似た蔓草がSCP-3983-02表面から生え、その後急速に腐敗・崩壊する。
08 July, 2010
2010年 7月 8日
Tall, broad-shouldered male. Mild decomposition. Multiple tattoos across upper arms and chest.
背が高く、肩幅の広い男性。腐敗は軽度。上腕から胸部にかけて、多数の刺青が施されている。
“Fuck that. I never let anyone walk on me, ever. I'm not getting brought into another stupid fucker gang of pussies just out to make trouble for everyone else. I had my fun. It's time for me to do the right thing for once, like my mama wanted. Not wasting this shot. Not this time. I'm the strongest bastard ever born, and you're gonna love me. Get ready, bitches. Manny Marquez accepts the burden.”
「クソが。今まで誰も俺の心を踏みにじるようなことは許さなかった。俺は他の奴ら全員に嫌がらせをするためだけにバカなギャングに入ってるんじゃない。俺は楽しかったんだ。今回だけは、お袋が望んでいたような正しいことをする。このチャンスを無駄にはしない。今回じゃない。俺は今まで生まれた中で最低のろくでなしで、お前らは俺を愛してくれるだろう。支度しな、アバズレ共。マニー マルケスは、重荷を受け入れるぞ。」
Subject vanishes, producing a flash of blue light accompanied by a sound similar to the cry of the king vulture (Sarcoramphus papa). SCP-3983-01's posture changes slightly, adjusting its anchor to stand more upright.
SCP-3983-03は青色の閃光と、トキイロコンドル(Sarcoramphus papa)の鳴き声に似た音を発しながら消滅する。SCP-3983-01の体勢が僅かに変化し、錨がより直立した状態になるよう調整される。
02 June, 2010
2010年 6月 2日
Short female, specific characteristics difficult to determine due to advanced decomposition. Subject estimated to have been dead no less than one year.
背の低い女性。腐敗が進行しており、明確な特徴を検出することが難しい。対象は少なくとも、死亡後1年以上は経過していると推測されている。
“I was never anything. I only knew pain and hatred. I want a chance. I will give back what was given to me. I will never rest.”
「あたしは何者でもなかった。あたしが知っていたのは、痛みと憎しみだけだった。チャンスが欲しい。あたしの受けた仕打ちを味わせてやる。あたしに休息なんてない。」
Subject vanishes, producing a flash of green light. Blood manifests and collects across SCP-3983-02's surface, gradually congealing and drying.
SCP-3983-03は緑色の閃光を発しながら消滅する。SCP-3983-02表面の至る所から血液が発生し、徐々に凝固・乾燥する。
17 July, 2010
2010年 7月 17日
Small skeleton, presumed to be the remains of a child aged 5-6.
小さな骸骨。5-6歳の児童の遺体であると推測されている。
None. Subject stands in the center of the dais and emits no sound, holding its arms close to its ribcage and shivering.
なし。SCP-3983-03は演台の中央に立ったが、全く声を発さず、腕を胸郭に添わせて震えていた。
First instance of overt animation from SCP-3983-01 and SCP-3983-02. SCP-3983-02 extends a tentacle toward subject. SCP-3983-01 quickly dislodges from its recess, and advances upon the dais. SCP-3983-01 swings its anchor into SCP-3983-02's tentacle, shattering it into pieces. A roaring sound approximately 140 dB in volume is heard, rattling the chamber and causing ANOD-06's microphones to temporarily cut out. SCP-3983-01 stands between subject and SCP-3983-02, slamming its anchor head-down upon the surface of the platform. No activity for 46 seconds, whereupon subject vanishes, producing a flash of blue light. SCP-3983-01 raises an arm and points at SCP-3983-02 for a short period of time, before shouldering its weapon and placing itself back into its recess, in identical configuration as before.
SCP-3983-01とSCP-3983-02の最初の明白な活発化。SCP-3983-02は、触手をSCP-3983-03に伸ばす。SCP-3983-01は即座に壁の凹面から外れ、演台の上に向かって移動する。SCP-3983-01は錨をSCP-3983-02の触手に向けて振り回し、触手を粉砕する。およそ140dBの轟音が発生し、空間内を振動させ、ANOD-06のマイクロホンの一時的な断絶を引き起こす。SCP-3983-01はSCP-3983-03とSCP-3983-02の間に立ち、錨を演台の上面に叩きつける。46秒間の活動停止の後、SCP-3983-03は青色の閃光を発しながら消滅する。SCP-3983-01は片方の手を上げ、短時間SCP-3983-02を指し示す。その後、SCP-3983-01は錨を背負い、元いた凹面の以前と同じ位置に戻る。
27 November, 2010
2010年 11月 27日
Short male, advanced decomposition. Significant damage evident, including lacerations upon its abdomen and limbs and multiple broken ribs.
腐敗の進行した、背の低い女性。腹部と手足にある裂傷、多数の肋骨の骨折をはじめとした、顕著な損傷がみられる。
“I will make my own way.”
「私は私の道をゆく。」
See Incident Report 3983-01.
インシデントレポート 3983-01を参照。

Investigation is currently underway to determine the significance of these events. A sortie to establish meaningful contact with SCP-3899 has been initiated to determine the extent of its involvement.
現在、これらのイベントに込められた意味を明らかにするための調査が進行中です。SCP-3899との有意味な関係性を確立するため、この関係の規模の究明を目的とした遠征が計画されています。

  • 音波
  • 自律
  • 死体
  • 地質
  • 人間型
  • 蘇生
  • safe
  • scp
  • 地下