Tsukajun
rating: 0+x
まくら

SCP-XXX-JP上に発生するSCP-XXX-JP-2

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイトー██の3×3mの収容室に保管して下さい。SCP-XXX-JPの実験は少なくとも1名のセキュリティクリアランスレベル4以上の職員の許可を受けてから行って下さい。万が一SCP-XXX-JP-3が出現した場合には、直ちにSCP-XXX-JP-3の生命活動を停止させて下さい。

説明: SCP-XXX-JPは一般人の男性の自宅から発見されました。異変を感じた男性が警察に連絡をし、駆けつけた警察に扮するエージェントがオブジェクトを回収しました。後に、男性にはAクラス記憶処理を施し解放しました。

SCP-XXX-JPは水色をベースとしており、白と青のラインと片方の側面に鉄製のチャックが付属している43×63cmの枕カバーで、外観上は一般的に市販されているものとなんら変わりはないように見えます。

SCP-XXX-JPの異常性は物質にSCP-XXX-JPを包む事で発現します。物質にSCP-XXX-JPを包むと、包んだ素材がどんなに硬質な物であろうと一般的に「枕」と呼ばれる物体(以降、SCP-XXX-JP-1と記述)に変化します。この時、SCP-XXX-JPの大きさに比べ、包む物質が明らかに多大・少量であろうともSCP-XXX-JPー1になり、一般的な枕と同様に膨らみが確認出来ます。

SCP-XXX-JP-1になり、しばらくすると様々な物体(以降、SCP-XXX-JP-2と記述)が「生える」ように出現します。SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JPが包んだ物質によって異なります。また、SCP-XXX-JP-1からSCP-XXX-JP-2が発生するまでの時間にはSCP-XXX-JP-1の大きさや生物か否かで変化しますが、どれも発生して1時間後程でSCP-XXX-JP-2の発生は止まります。SCP-XXX-JP-1の状態やSCP-XXX-JP-2が発生している最中にSCP-XXX-JP-1のチャックを開けると、即座にSCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPに戻ります。

通常ならSCP-XXX-JP-1を破損又は消滅させる可能性があるSCP-XXX-JP-2も発生しますがSCP-XXX-JP-2の影響で過去にSCP-XXX-JP-1が被害を受けた事例はありません。

以下はSCP-XXX-JP実験記録の一部です。全ての実験記録の閲覧を希望する場合は、担当職員に閲覧許可証を提示して下さい。

補遺: 実験中、SCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JP-2を発生してる最中に突如チャックが開き、中から未知の生物(以降、SCP-XXX-JP-3と記述)が出現しました。SCP-XXX-JP-3は身長が3m程でクマ科のような図体をしており、常に緑色の融解性を持つゲル状の物質がまとわりついていました。また、出現した時SCP-XXX-JP-3は実験に居合わせていた葉尾博士に接触し、彼女の手足を融解しました。この時、葉尾博士はSCP-XXX-JP-3から離れるどころか、自らSCP-XXX-JP-3に接近したのは特筆すべき点です。
[[/collapsible]]


事案SCP-XXX-JP後、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスをEuclidに格上げを申請。申請は受理され、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスがEuclidに変更されました。

まま…