SCP記事下書き
評価: 0+x
7C7EB2D1-D729-4317-A52F-9DEDDB7ACCF5.jpeg

このテキストは画像の下に表示されます。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8102内に配置してある透明なアクリルケースに収容され、間接的に監視します。SCP-XXX-JPは定期的に給餌し、健康状態を保つようにします。SCP-XXX-JPが排出する半透明な粘液は、多数の菌が存在しており不潔です。そのため、頻繁にアクリルケースの中を清掃する必要があります。

また、SCP-XXX-JPに接触したDクラス職員から、異常性を持つSCP-XXX-JP-Aが出現し(詳しくは SCP-XXX-JP事案-1を参照)多数の職員が被害に遭いました。そのため、アクリルケース内を清掃する際、必ず専用の防護服を装着する事が義務付けられました。

SCP-XXX-JPの実験は最低1人以上のクリアランスレベル3以上の職員の許可が必要です。

現在、SCP-XXX-JPの実験は、これ以上の被害者を増やさないために、(詳しくはSCP-XXX-JP 事案-1を参照)いかなる場合でも行わないで下さい。

説明: SCP-XXX-JPは特殊な力を有する1匹のマイマイ属(学名:Euhadra)の個体です。一般的なマイマイ属の個体より体格が少し小さく、明るい小麦色の殻が特徴的です。一般的なマイマイ属と同じように移動する速さは0.2cm/sと遅いです。人間の指に噛み付いたりするといった敵対的な行動は見られません。

SCP-XXX-JPの特殊な能力は、SCP-XXX-JPと過去に10秒以上接触した複数の人間の五感を共感させる、というものです。
SCP-XXX-JPと10秒以上接触した対象(以下、SCP-XXX-JP-Aとする)は、2~3日後の間に異常性が現れ始め、1週間もたてば完全に過去にSCP-XXX-JPを触れた人間と五感が共有されます。この異常性はSCP-XXX-JP-Aが記憶処理を受けても払拭できません。

SCP-XXX-JP事案-1以降、SCP-XXX-JPに接触すると3ヵ月以内にSCP-XXX-JP-Aからロイコクロディウム(学名:Leucochloridium)が出現(SCP-XXX-JP-Aが男性の場合は男性器から、女性の場合は乳房から)することが明らかとなりました。

実験記録-あ:なにも知らない複数人のDクラス職員にSCP-XXX-JPを10秒以上接触させ1週間監視した後、それぞれ別々の部屋に移動させ、効果の範囲について検証。


SCP-XXX-JP事案ログ
以下のログは、SCP-XXX-JPがオブジェクトクラス格上げされた理由となる主な原因です。