Tokiyomi
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは収容サイト-8195に設置されている天候・調温機能付生物収容ユニット内で、厚さ30cmの強化アクリル製の30m×30m×30m水槽6基(常用5基、補用1基)で保管されています。収容ユニット内は常に室温26℃、湿度40%に保たれており、日照機能である三色式(白・赤・青)LEDユニットは6時の日の出と18時の日の入を毎日正確に履行しなければいけません。また、淡水水槽は通常の金魚飼育と同じように管理するようにし、不明な点は環博士に必ず確認してください。淡水水槽に青苔やSCP-XXXX-JPの排泄物が溜まっている場合は、SCP-XXXX-JPを補用水槽へ一時移送し、Cクラス以上の職員の監督の元、Dクラス職員でスポンジを使って清掃してください。清掃終了後、関わった職員は衣類・スポンジを破棄し、殺菌・洗浄・乾燥の工程を経てから新しい衣服を受け取り、作業を終了することとします。排泄物・フィルター・使用済みの衣類は超高温焼却炉で完全滅却することとし、灰が残った場合はガラスによって固化させ、財団所有の最終処分場へ輸送してください。
SCP-XXXX-JP-1は冷蔵機能付収容ユニットにて、ガラス製真空容器に一袋ずつ分けられて保管されています。これらを移送する際は劣化を防ぐため、真空容器に入れたまま冷蔵車にて輸送することとします。

説明: SCP-XXXX-JPは「現在」体長約3m、体重200kgにもなる真紅の和金5匹です。発見当初は飼料であるSCP-XXXX-JP-1がSCP-XXXX-JPであると思われていました。成分を解析した結果、金魚の肉が使用されていることが判明し、回収部隊う-8(魚取網)と環博士が当該の和金を回収。その際にこの和金こそがSCP-XXXX-JPであることが判明しました。当該のオブジェクトは一般的な金魚と同程度の知性のみしか持たず、日中は活発に活動しますが、日没後はその活動が低下します。
回収されたSCP-XXXX-JPは「飼料用金魚」として██県███村の養魚場で養殖されていたもので、養魚場の経営者██ ██が白衣の男から「成長を促進し、色揚げの効果もある特別性飼料がある」とSCP-XXXX-JP-1を貰い、それと同時に「育った金魚を見る時は、必ずこのバイザーを付けるように。」と警告されていたと話していました。
(20██/██/██ 現在、養魚場の経営者██ ██は行方不明。)

SCP-XXXX-JPは飼料用金魚として育てられていたため、その真紅の魚体を「直接」見た者は「私も美しい存在になりたい。食べたい。」と思うようになり、SCP-XXXX-JPは食べられようと見た者を誘惑します。

SCP-XXXX-JPの回収時の経験及び実験で得られた結果より、特異な点は以下の通りです。

・その真紅の身体を動かし、誘惑された対象は「美しくなるために捕食したい」という非常に強い衝動に駆られます。
 誘惑されていない者によって無力化されるまで、SCP-XXXX-JPを捕食しようとします。
 青の遮光バイザーを使用することで、この行動を無効化することが出来ます。

・捕食した者を肥大化、肌を真紅に、目を[削除済]に変化させ、新しいSCP-XXXX-JPとします。

・もしも周りに自身以外の弱い存在が居ると、それらに襲いかかり自らの糧とします。
 糧となった対象は新しいSCP-XXXX-JPの身体許容量を明らかに超えていたとしても全て食べられてしまいます。
 糧となった対象がSCP-XXXX-JPでなかった場合は、通常の食事と変わらないエネルギー源となります。
 SCP-XXXX-JPとなった対象を許容量以上摂食した場合は[削除済]となってしまいます。

・詳細な実施方法、結果を知りたい場合は、後述の実験結果へとアクセスしてください。

SCP-XXXX-JPへの実験は個体数減少のため如何なる理由があったとしても許可されませんが、飼料であるSCP-XXXX-JP-1の実験ついては不測の事態を避けるために環博士の承認及び立ち会い、博士配下の高強度対応機動部隊り-34(龍眼)を配置して行うよう要請しています。

当該サイト内全ての職員はSCP-XXXX-JPと接触する際は必ずケプラー製フリッツヘルメットと青色の遮光バイザー、レベル3ボディアーマーを使用してください。もし、装備を使用しないで対象と接触してしまった人物は、直ちにテーザー銃・電磁警棒等の使用により無力化し、Aクラス記憶処理をして配置転換することとします。

「オブジェクト記録1」: 環博士が蘭鋳品評会の噂で「当歳魚でとんでもない蘭鋳が出品された」という情報を入手。エージェント██に事の真偽を確かめて貰うため、当該の生産者の元へ派遣。確認後、エージェントの様子が異常だったため、インタビューを行う。

補遺「餌に関して」: SCP-XXXX-JP-1はペレット状または粒状、フレーク状の沈下性・浮上性の飼料です。この飼料の構成物質・構成成分は一般的な飼料と変わりありません。しかし、この飼料はSCP-XXXX-JPの肉がフィッシュミールとして使用されており、魚類に対して抜群の嗜好性をもたらします。ですが、他の生物に対しては全く効果がありません。これは「魚用の飼料であると認識しているから」であると思われています。

これら飼料の仕様と特徴、効果については以下の通りです。

・適正量(金魚であれば体重の1.0%~1.5%)を一日複数回に分けて与えることによって増体・色揚げ・寿命延長の効果を得ることが出来ます。

・ただし、成長を爆発的に加速させ、一週間で一年以上成長します。

・この飼料を摂食した対象は新しいSCP-XXXX-JPとなります。これは、構成物質にSCP-XXXX-JPの肉が使用されているためと思われます。

・稚魚の時はフレーク状の餌を。その後は成長具合を見て餌を使い分けてください。

以下は環博士による生体実験及び人体実験の記録となります。

実験記録「生体第一号」 - 日付20██/██/██

実験記録「生体第二号」 - 日付20██/██/██

実験記録「生体第三号」 - 日付20██/██/██

実験記録「人体実験」 - 日付20██/██/██

実験記録「O5承認済最終試験」 - 日付20??/??/??