The Dictionary of Thor Taisho
本家記事翻訳の下書きなどを掲載してまいります。
rating: 0+x

システム通知:監督官-6、5つのアイテムに対処せよ

アイテム番号: SCP-910

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-910の写本の1つはサイト-01の機密情報記憶装置内に保管されます。レベル4クリアランスを保持する職員とプロジェクト・梨の花-11の参加権利者が、CISUの管理するSCP-910の写本を監督下で閲覧することができます。

機動部隊イータ-82“インクハウンド”は珍本オークションやオンライン市場に現れるSCP-910の実例を監視します。全世界での書店の標本調査は財団AI、OU-ビブリオファージ(本の虫)によって処理されなければなりません。このAIはSCP-910に関する全ての情報を探知・消去するための財団インターネットによる悉皆調査をより効果的に管理するものです。

発見された全てのSCP-910の写本は回収と調査ののち破棄されますが、財団所有のアーカイブ内の写本が万一損傷した場合の予備は例外です。実例の平和的な取得が不可能とみなされた場合、機動部隊イータ-82がUVインデックス14の任務制限下でそれらを確実に廃滅します。

システム通知:監督官-6、6つのアイテムに対処せよ

説明: SCP-910は『組織記号学:最古の工芸の新たな道具』と題された156ページの本で、平凡な集団を魔術的な儀式に用いることで異常な存在へと変質させる方法について記述しています。およそ10冊のSCP-910の写本はペン&ブルーク写本製作所(GoI-154)によって、1955年から毎年出版されました。著者はエリン・アフマディと記載されています。裏表紙のプロフィールによると、ミシガン州ヘル在住の独学の魔術師でありアマチュア植物学者だとあります。この人物の所在についての記録はありません。

SCP-910の本論は、明確な主義に従って組織されたヒトの集団が、生物学的あるいは鉱物的な要素を含む儀式において慣例上の役割を果たすことができるのだという理論に基づいています。例えば、チョークや血で描ける円の代わりに、ある集団が身体で円を描くという役目を果たすことができるでしょう。このような代用は広義の儀式の効果を大幅に高めるとされています。これらの集団はしばしば通常の作業の進行中に異常効果を示します。そのうちのいくつかはSCP-910内に細かく記述されています。

本の9つの章のうち7つは異なる集団の構造について叙述しており、魔術的ジャーゴンの組み合わせと入念に練られたメタファーを通してそれらの概説をしています。本書全体を貫く儀式的な建造物や儀式の実行に関する表現はスリー・リバーズ・スクールの理論との類似性を持ちます。すなわち、綴りの体系全体にわたるパワーバランスの必要性を強調している点です。

SCP-910のアウトラインに関する実験はさまざまな結果をもたらしました。第3,7,8章の記述と一致するように組織された集団は、極めて異常な効果を発揮しました。第2章と6章の記述と一致するように組織された集団は、比較的軽度で一貫性のない異常効果を発します。第4章と5章の内容は、実験中には識別可能な効果を生みませんでした。平均して、最も強い異常効果を発揮した集団が、儀式の結果最も大きな発展を遂げます。

システム通知:監督官-6、7つのアイテムに対処せよ

補遺910-A(テキストサンプル):