物置か何か
評価: 0+x


[

氷水での乾杯が行われ、参加者2名の懇親会が始まった。会場は常連らしき客が集う小料理屋で、店内には程よく酒が回った大人たちが何人もいた。だが羽目を外しすぎている者はどこにもおらず、店は和気あいあいとした温かな雰囲気に包まれていた。しかし私たちが座るテーブル席はどこか厳かであり、それでいて空気が若干淀んでいた。その原因は私の緊張と、向かいに座る白髪混じりの中年男性──私の先輩である。

先輩は私より20ほど年上だが、良き友人だと勝手に思っている。好きなものに対してはどこまでも真摯で、他人が好きなものにも同じくらいの敬意を払っている。

絵を描くことにしか興味を持てなかった私の生き方も、先輩は笑って肯定してくれた。

先輩は結構な酒豪だ。だが決して懇親会では飲まないと決めているらしく、注文していたものにビールなどはなかった。料理を待っている間は柔和な表情で会場のの盛り上がりを眺めていた。ただ、ほんの数瞬だけ、その表情が消えてしまう瞬間があった。何か思い詰めているような、どこか深刻な表情だった。現在まで気づかないふりを貫いているものの、その異例さは疑念や緊張を生じさせるには十分すぎた。途端に酒を飲まない理由や2人きりという状況の理由に対する疑問が湧きあがり、私の席にはいつの間にか重い空気が漂い始めた。静けさもとっくに寒気と息苦しさに変わっている。一方の先輩は、それに気付かずに料理に手を付け始めていた。

「ほら、冷めちゃう前に食べよう」

「あ……はい」

ひとまずは疑念を抑え込み、促されるままに箸をつける。

「人間」と「失敗」は決して切り離せない。誰もが大なり小なり失敗して、それを受け入れたり償ったり、許したり罰したりして生きている。そうして失敗は反省や戒めとなり、個人や集団の質を高めていく。だが、何度繰り返されても一向に改善されないものも珍しくない。その場合、周囲は段々と罰を重くし、問題児へ嫌悪を抱き、最後には退学や解雇といった形で追放する。そして悪しき手本として、後進にその所業を語り継いでいく。

・1306-JPの起源を書こう。何故異形頭なのか? その理由を。
・夢見テクノロジーを関与させよう
・ベテランが新人に戒めとして話す形式にしようかな

1306-JPは「趣味を持つことは素晴らしい」という考えを持っていて、趣味を持たない人間を内心見下していた→X9が1306-JPの追放を決定。夢見テクノロジーと接触する→夢見テクノロジーは有機物に異常性を付与できないが、頭部を無機物に置き換えることで対処しようとする

評価: 0+x
カジノ

SCP-XXX-JP(入口から約50m離れた地点で撮影)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 旧久米井邸は保全のため、財団フロント企業により所有されています。

説明: SCP-XXX-JPは長野県松本市安曇に存在する旧久米井邸からアクセス可能な賭博施設です。面積は約401.50km2であり、これは2005年に松本市に編入合併した安曇村の面積と一致します。内装や設備はアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスに存在する複数のホテルのカジノとの一致が見られますが、設備は電力供給が無いのにも関わらず稼働を続けています。

SCP-XXX-JP内部には10台の自動二輪車(以下、SCP-XXX-JP-1)および56名の人型実体の集団(以下、SCP-XXX-JP-2)が存在します。SCP-XXX-JP-1の外見は日本郵政株式会社が配達に使用するホンダMD90・郵政機動車と同一であり、自律してSCP-XXX-JP内部を移動しています。SCP-XXX-JP-2の外見に共通点はなく、全員がSCP-XXX-JP-1の確保および積載物の奪取を目的に行動しています。

旧久米井邸所有者の久米井 信一氏は


走るバイクを追うギャンブル依存症たち。箱に詰まった幸運を求め、

追加予定タグ: safe scp-jp 場所 外部エントロピー 建造物 確率

画像出典

出典: Unsplash
作者: Steve Sawusch
ライセンス: CC0


評価: 0+x
境界線

SCP-XXX-JPの境界線

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが存在する███山はカバーストーリー「土砂災害」を適用し、警備員を巡回させることで一般人の侵入を防止します。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPの異常性によって収容されています。SCP-XXX-JP-1の停止後は内部の物品を調査し、

説明: SCP-XXX-JPは██県██市███山に存在する半径10mの円形の領域と、その境界を示す危険表示テープです。SCP-XXX-JPの中心部には不定期に既存の民間企業が製造・販売している車両(以下、SCP-XXX-JP-1)が出現しSCP-XXX-JP外部に向けて発進します。しかし、SCP-XXX-JP-1が外部に到達した例はなく、テープに接触すると同時に衝突音が発生し、完全に停止します。


追加予定タグ: scp-jp 場所 乗り物 破壊不能

画像出典

出典: Pixabay
作者: Simaah
ライセンス: CC0

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1の出現を把握するため、アメリカ合衆国の全高等学校の生徒名簿が1ヶ月毎に調査されます。出現が確認された場合、認識災害防護装備を着用した機動部隊り-8("懸念を抱いた住民")が派遣され、SCP-XXX-JP-1の監視が行われます。SCP-XXX-JP-1の大まかな行動については"監視手順:SCP-XXX-JP-1"を参照し、SCP-XXX-JP-1が対象校以外で一般人と共謀して犯罪行為を行った場合、現場周辺の住民にAクラス記憶処理を行い、通報や逮捕を防止してください。SCP-XXX-JP-1を確保する試みは、NBKイベント発生サイクルを著しく改変する可能性から禁止されています。SCP-XXX-JP-1がNBKイベント発生前に瀕死状態となった場合、財団管理下の医療施設で治療や蘇生措置が行われます。生存が確認された場合はSCP-XXX-JP-1に記憶処理が行われ、死亡した場合はNBKイベント発生から355日経過後にプロトコル・緑地会議が実行されます。

プロトコル・緑地会議が実行された場合、イベントで死亡した一般人の遺族はサイト-67に10日間拘束されます。解放する際は記憶処理が行われ、カバーストーリー「他の遺族との協議」「提訴断念」が適用されます(詳しくは補遺1を参照してください)。

説明: SCP-XXX-JPは不定期にアメリカ合衆国の高等学校(以下、対象校)を中心に発生する一連の現象です。発生から終了までの期間は約2年で、主に対象校の生徒とその関係者の行動と思考に影響を及ぼします。対象校に規則性はないと考えられていますが、後述するSCP-XXX-1及びNBKイベントの特徴から、男女別学校女子校では発生しない可能性が高いと考えられています。

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP発生と同時に出現する2体の人型実体の総称です。外見・指紋・声紋などの身体的特徴は、コロンバイン高校銃乱射事件10の犯人である、エリック・デヴィッド・ハリス(Eric David Harris)、ディラン・ベネット・クレボルド(Dylan Bennet Klebold)と同一です (以下、前者をSCP-XXX-JP-A、後者をSCP-XXX-JP-Bとします)。SCP-XXX-JP-1を認識した人物はSCP-XXX-JP-1の外見や出現前の記憶について、「似てはいるが別人である」「以前からいた」と主張します。SCP-XXX-JP-1の出現時、対象校に在籍する2年生の男子生徒2名が消失し、SCP-XXX-JP-1がそれぞれ「Eric David Harris」、「Dylan Bennet Klebold」の名前で対象校の2年生として登録されます。SCP-XXX-JP-1はNBKイベント発生まで対象校の生徒として行動します。これらの行動は実際のエリック・ハリスとディラン・クレボルドのものと酷似しています11が、事件に使用された銃やパイプ爆弾の購入や作成に関する行動は確認されていません。

NBKイベントはSCP-XXX-JP-1出現の約2年後に発生する、コロンバイン高校銃乱射事件と類似した特徴を持つ銃乱射事件とそれに伴う現実改変です。現在財団が確認できた限りで4件が、いずれも4月20日に発生しています。イベントは約45分間続き、13人が死亡、24人が負傷します。死亡者の内訳は生徒12人、教師1人で、死亡者と負傷者の性別に規則性は見られません。

事案記録XXX-1: 2023/04/17、SCP-XXX-JP-Bが対象校である███████高校の駐車場で死亡しました。死因は自身の口内に向けて拳銃を発砲したことによるショック死で、死体がSCP-XXX-JP-Bが所有していた自動車の内部で発見されたこと、

補遺: 第4回NBKイベント発生前、


追加予定タグ: euclid scp-jp 人間型 ループ 自我 精神影響 歴史 現実改変

79年8月24日の昼過ぎに発生した、ヴェスヴィオ火山の噴火

1930年5月以降 横山エンタツ・花菱アチャコによる、漫才の改革や喜劇の興隆

第二次世界大戦中 連合国軍のパイロットたちによる、未確認飛行物体「フー・ファイター」の目撃

1950年7月2日未明 金閣寺放火事件

1963年11月22日ジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件

1967年12月17日 第17代オーストラリア首相、ハロルド・エドワード・ホルト行方不明事件

1983年3月8日 フロリダ州オーランドで開催されたアメリカ福音派協会の年次総会で、第40代アメリカ合衆国大統領ロナルド・ウィルソン・レーガンが行った演説

1985年8月12日日本航空123便墜落事故

1992年4月5日 第36回大阪杯におけるトウカイテイオーの優勝

1994年4月22日 第37代アメリカ合衆国大統領、リチャード・ミルハウス・ニクソンの死去

2007年末に発生したサブプライム住宅ローン危機

2008年9月15日から始まったリーマン・ショック

2011年3月11日東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故

2015年11月30日 漫画家██ ███(本名██ █)氏の死去

2016年12月22日 新潟県糸魚川市で発生した大規模な火災

各記事は事故などをどう扱っているか?