TF2045の物置小屋
評価: 0+x
Eric%26Dylan.jpg

エリック・デヴィッド・ハリス(左)
ディラン・ベネット・クレボルド(右)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1の出現を把握するため、アメリカ合衆国の全高等学校の生徒名簿が毎年1月1日1ヶ月毎に調査されます。出現が確認された場合、機動部隊り-8("懸念を抱いた住民")が派遣され、SCP-XXX-JP-1の交友関係の調査、-1及び-1と近しい関係にある人物の監視が行われます。SCP-XXX-JP-1を確保する試みはNBKイベント発生サイクルを著しく改変する可能性から、禁止されています。
SCP-1420-JPが発生した高等学校には機動部隊お-16("マクベイの壁")が派遣されます。NBKイベントが発生した場合、お-16隊員はSCP-XXX-JP-1を可能な限り図書室へ誘導してから射殺してください。

(追記: 20██/██/██) NBKイベント発生から355日経過後、イベントで死亡した一般人の遺族はサイト-67に10日間拘束されます。解放する際はCクラス記憶処理を施し、カバーストーリー「他の遺族との協議」「提訴断念」が適用されます(詳しくは補遺2を参照してください)。

説明: SCP-XXX-JPは不定期にアメリカ合衆国の高等学校(以下、対象校)を中心に発生する一連の現象です。発生から終了までの期間は約4年で、主に対象校の生徒とその関係者の行動と思考に影響を及ぼします。対象校に規則性はないと考えられていますが、後述するSCP-XXX-1及びNBKイベントの特徴から、男女別学校女子校では発生しない可能性が高いと見られています。

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPの発生と同時に出現する2体の人型実体の総称です。外見・指紋・声紋などの身体的特徴は、コロンバイン高校銃乱射事件1の犯人である、エリック・デヴィッド・ハリス(Eric David Harris)、ディラン・ベネット・クレボルド(Dylan Bennet Klebold)と同一です (以下、前者をSCP-XXX-JP-A、後者をSCP-XXX-JP-Bとします)。SCP-XXX-JP-A、Bはそれぞれ「Eric David Harris」、「Dylan Bennet Klebold」として、対象となる高等学校の2年生として登録されます。
SCP-XXX-JP-1は約2年間、エリック・デヴィッド・ハリスとディラン・ベネット・クレボルドが実際に取った行動と酷似した行動を取り、出現から2年後に対象校でNBKイベントを発生させます。

NBKイベントはSCP-XXX-JP-1が発生させる、コロンバイン高校銃乱射事件と類似した特徴を持つ銃乱射事件です。現在財団が確認できた限りで3件が、いずれも4月20日に発生しています。

補遺1:

補遺2:


予定タグ: euclid scp-jp 人間型 ループ 自我 精神影響 歴史


評価: 0+x
Eric%26Dylan.jpg

エリック・デヴィッド・ハリス(左)
ディラン・ベネット・クレボルド(右)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1の出現を把握するため、アメリカ合衆国の全高等学校の生徒名簿が1ヶ月毎に調査されます。出現が確認された場合、認識災害防護装備を着用した機動部隊り-8("懸念を抱いた住民")が派遣され、SCP-XXX-JP-1の監視が行われます。SCP-XXX-JP-1の大まかな行動については"監視手順:SCP-XXX-JP-1"を参照し、SCP-XXX-JP-1が対象校以外で一般人と共謀して犯罪行為を行った場合、現場周辺の住民にAクラス記憶処理を行い、通報や逮捕を防止してください。SCP-XXX-JP-1を確保する試みは、NBKイベント発生サイクルを著しく改変する可能性から禁止されています。SCP-XXX-JP-1がNBKイベント発生前に瀕死状態となった場合、財団管理下の医療施設で治療や蘇生措置が行われます。生存が確認された場合はSCP-XXX-JP-1に記憶処理が行われ、死亡した場合はNBKイベント発生から355日経過後にプロトコル・緑地会議が実行されます。

プロトコル・緑地会議が実行された場合、イベントで死亡した一般人の遺族はサイト-67に10日間拘束されます。解放する際は記憶処理が行われ、カバーストーリー「他の遺族との協議」「提訴断念」が適用されます(詳しくは補遺1を参照してください)。

説明: SCP-XXX-JPは不定期にアメリカ合衆国の高等学校(以下、対象校)を中心に発生する一連の現象です。発生から終了までの期間は約2年で、主に対象校の生徒とその関係者の行動と思考に影響を及ぼします。対象校に規則性はないと考えられていますが、後述するSCP-XXX-1及びNBKイベントの特徴から、男女別学校女子校では発生しない可能性が高いと考えられています。

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP発生と同時に出現する2体の人型実体の総称です。外見・指紋・声紋などの身体的特徴は、コロンバイン高校銃乱射事件2の犯人である、エリック・デヴィッド・ハリス(Eric David Harris)、ディラン・ベネット・クレボルド(Dylan Bennet Klebold)と同一です (以下、前者をSCP-XXX-JP-A、後者をSCP-XXX-JP-Bとします)。SCP-XXX-JP-1を認識した人物はSCP-XXX-JP-1の外見や出現前の記憶について、「似てはいるが別人である」「以前からいた」と主張します。SCP-XXX-JP-1の出現時、対象校に在籍する2年生の男子生徒2名が消失し、SCP-XXX-JP-1がそれぞれ「Eric David Harris」、「Dylan Bennet Klebold」の名前で対象校の2年生として登録されます。SCP-XXX-JP-1はNBKイベント発生まで対象校の生徒として行動します。これらの行動は実際のエリック・ハリスとディラン・クレボルドのものと酷似しています3が、事件に使用された銃やパイプ爆弾の購入や作成に関する行動は確認されていません。

NBKイベントはSCP-XXX-JP-1出現の約2年後に発生する、コロンバイン高校銃乱射事件と類似した特徴を持つ銃乱射事件とそれに伴う現実改変です。現在財団が確認できた限りで4件が、いずれも4月20日に発生しています。イベントは約45分間続き、13人が死亡、24人が負傷します。死亡者の内訳は生徒12人、教師1人で、死亡者と負傷者の性別に規則性は見られません。

事案記録XXX-1: 2023/04/17、SCP-XXX-JP-Bが対象校である███████高校の駐車場で死亡しました。死因は自身の口内に向けて拳銃を発砲したことによるショック死で、死体がSCP-XXX-JP-Bが所有していた自動車の内部で発見されたこと、

補遺: 第4回NBKイベント発生前、


予定タグ: euclid scp-jp 人間型 ループ 自我 精神影響 歴史 現実改変

SCP-527

あまりにも異常で、あまりにも普通な魚顔

SCP-920

恐らくはこの星のどこにも、彼の安住の地は存在しないだろう。

共に歩こう。ここではないどこかへ向かいながら、君と話がしたいんだ。

SCP-1310

唯一消えずに残されたのは、1人の無能の失態だった。

SCP-2153

信仰と愛情を宿す手が、希望と幸福の種を蒔く。

SCP-2294

会議は踊る。右手の上で、進むことなく。

SCP-2439

底辺には底辺の戦い方がある。今回はそれが偶然、「収容」だっただけだ。

SCP-2701

端の見えない虚無の海に、悪人の形をした石が投げ込まれた。

SCP-2933

痩せ我慢の笑顔が錆びて崩れ去る日は、そう遠くないのかもしれない。

SCP-254-JP

『頑固オヤジが生み出した渾身の一杯! この衝撃を平らげられるか!?』 - 実験-254-JP-██で出現したチラシに記載された文章

ラーメンを極めた男の手にかかれば、猛毒でさえも至高の一杯に。

食欲に従え、邪魔者を許すな。目の前の一杯こそ、伝説のラーメンだ。

SCP-370-JP

その涙の意味は愛か感謝か、それとも。

SCP-410-JP

その躍動の真意は分からない。だが我々は、あの数字の意味が揺らがぬように励む他無い。

SCP-412-JP

餅は餅屋。ハンバーガーはハンバーガー屋。

SCP-428-JP

目の前で人類の希望が叶えられようとしていても、財団の為すことは変わらない。

SCP-673-JP

まさかこの年になって、ガキの頃に習ったあれを思い出すとは思わなかったよ - エージェント・██

SCP-752-JP

人はみんな望まれて生まれてくる。そう、「みんな」が。

SCP-1287-JP

今日も生きていることは幸運なのだろう。永遠の別離を壊すことは、それ以上に幸福なのだろう。

SCP-1302-JP

回る。廻る。小さな籠に怪異を乗せて。

SCP-1342-JP

理想を乗せた船は海を渡り、世界を越えて、現実を引き離す。

SCP-1681-JP

忘れられた世界から見えた光は、鳥を酔いから引き戻す。

SCP-1706-JP

叩かれて捻じ曲がった道理を、その手で元に戻すんだ。

SCP-054-KO

獅子眼前の兎、獅子を食らう。

SCP-054-FR

大海に挑む人間たちに、荒波の洗礼を。

SCP-008-J

トラブルメーカーに限って、場所を選ばず現れる。

SCP-920-EX

人とは、組織とは脆いものだ。ほんの僅かな悪意や情報が、全てを壊してしまうこともある。

SCP-014-JP-EX

彼女たちは若くして真実を知った。自らが育った世界について、魔法の如き存在の実在について。