Tesunaの砂箱
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低脅威物収容ロッカーに保管してください。未収容のSCP-XXX-JPが発見された場合、速やかに回収してください。SCP-XXX-JP-Aが発見された場合は機動部隊を派遣し即座に終了してください。現在SCP-XXX-JPによる被害を防止するためにカバーストーリー「危険な製品」が流布されています。SCP-XXX-JPを使った実験を行うには2人以上のレベル3職員の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは5種類の異常な薬品です(それぞれSCP-XXX-JP-1~5と指定)。SCP-XXX-JPを服用した人間(SCP-XXX-JP-Aに指定)は最初身体能力または精神耐性が劇的に上昇しますが、過度の能力上昇により次第に自らの身体の制御能力を失います。SCP-XXX-JPの種類によって上昇する能力の違いはありますが、多くの場合使用者は最終的に死亡します。

SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aによる██県立██小学校の大規模破壊事件により財団に発見されました。現場に急行した機動部隊によりSCP-XXX-JP-Aは無力化されました。この事件により██人の死傷者が発生しました。カバーストーリー「老朽化による崩壊」が流布され、関係者全員にBクラス記憶処理が施されました。事件後の調査によりSCP-XXX-JPが発見され、確保・収容されました。





補遺: SCP-XXX-JPが入ってたと思われる箱の裏に以下のような文章が書かれていました。

よい子のみんな!ヒーローになってみたいって思ったことはないかな?
人助けをしてみんなから感謝されたり、悪いいじめっ子を退治したり、そんなことをしてみたくないかな?
この博士のスーパーヒーロー大作戦!があれば君もヒーローの仲間入りさ!

さぁ!ヒーローになって楽しもうね!


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: [SCPオブジェクトの性質に関する記述]

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

対象: [人間、団体、SCPオブジェクトなど]

インタビュアー: [インタビュアーの名前。必要に応じて█で隠しても良い]

付記: [インタビューに関して注意しておく点があれば]

<録音開始, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

インタビュアー: [会話]

誰かさん: [会話]

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]