天竺冠者のメモ帳

タイトル案:あなたの系統樹

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe
特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81XX内の大型植物用特別収容室に収容されています。SCP-XXX-JPの状態を確認する必要がある場合は、認識災害に対する訓練を受けた職員を最低2名以上収容室内に配置してください。
SCP-XXX-JPを目視し、活性化させた職員(以下、被験者と表記)は活性化状態のSCP-XXX-JP実体(以下、SCP-XXX-JP-1と表記)の付近10メートル以内に留まり、退室時には他の職員が収容室から退室したのを確認してから退室してください。
実験以外の目的で収容室内に滞在する事ができる時間は1時間未満に制限されています。

説明:
SCP-XXX-JPは北海道██市████の旧育種場跡で発見された樹高10.3メートルのサカキ(Cleyera japonica)です。
SCP-XXX-JPは被験者が認識する事で樹高および樹形が瞬間的に変化します。(以下、活性化と表記)

活性化時の傾向として年齢が高い人物が活性化させるほど、非活性時と比較して。樹高および樹形が大きく変化し、年齢が若いほど小さく変化する傾向にあることが判っており、活性化に伴う変化後に別の要因によってSCP-XXX-JP-2の樹形に変化が起きた場合、活性化させた人物の記憶に混濁や欠乏、知識の取得等の影響が見られます。

これらの結果からSCP-XXX-JPは被験者の知識領域を読み取り、改変するミーム的特性を保持していると推測されています。そのため不用意なSCP-XXX-JPへの接触は推奨されていません。

注:これ以降の情報はデータベース巡回システム(Memetics/Beta)によってアクセスが制限されました。現在は反ミーム部門によって解析と汚染の無力化が行われています。

補遺:サイト-81XXへ移送後、一時的にSCP-XXX-JPの変化範囲が急激に縮小し凡そ半径3メートル以内に変化しました。その後変化範囲は急激に回復し、現在は半径11メートル以内で特異性が発現します。反ミーム無力化措置