たかしの砂場
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPがサンプルとして現在サイト-81██の収容ロッカーに保管されています。サンプルの数が3個を上回った場合、余剰分をサイト-81██のペットボトルの廃棄手順に則って処分してください。未収容のSCP-XXX-JPの存在が疑われる建築物は機動部隊も-2("掃除代行業者")によって捜索され、SCP-XXX-JPの回収後、住民に記憶処理が施されます。回収されたSCP-XXX-JPは全て当該建築物の存在する地域の規則に則って処分してください。

説明: SCP-XXX-JPは500 mlの規格を有したペットボトルです。現在まで発見された実例は全てラベルと蓋がありません。SCP-XXX-JPは破壊に対する耐性を持ちませんが、ペットボトルとして利用不可能な形状に変形されると未知の原理によって発生時の形状に戻ります。SCP-XXX-JPを発生した地域のペットボトルの処分規則に則らずに処分した場合、SCP-XXX-JPは1~2日後に発生した部屋へ転移します。

SCP-XXX-JPは██県██市に所在する建築物の、大量のごみとペットボトルがある、生活している人物がいる部屋に自発的に発生します。詳細な発生条件については現在明らかになっていません。SCP-XXX-JPの発生の瞬間を捉える試みは現在成功していません。SCP-XXX-JPは現在、1日に1個程の頻度で新たに発生していると考えられています。

SCP-XXX-JPは22時から4時までの間、未知の手段による発話能力を持ちます。この声はSCP-XXX-JPが発生した部屋に住んでいる人物にのみ聞こえます。発話が可能な間、SCP-XXX-JPは中年の女性のような声で近くに居る人物に対して部屋を掃除するよう促します。この勧告にはしばしば不合理な内容が含まれ、部屋にごみが存在しない場合でも行われます。また、SCP-XXX-JPが存在する部屋には不定期にごみ捨てを促す内容の掲示物が現れ、増えていきます。SCP-XXX-JPの勧告に逆らい続けた場合、同室内の細かな物品が消失する、部屋の扉が自動的に開く、ペットボトルの蓋が開かなくなる、部屋の照明が勝手に点灯/消灯する等の現象が発生します。現在Dクラス職員を使用して逆らい続けた場合に発生する異常性の詳しい内容を調査しています。

SCP-XXX-JPは2~5日に1度、自身の複製として新たなSCP-XXX-JP個体を1個生み出します。この複製はSCP-XXX-JPの数が、同じ部屋に存在する通常のペットボトルの数の30%に達するまで発生します。

補遺1: SCP-XXX-JPは警察に「息子がペットボトルと話している」という通報が入ったことで発見されました。

補遺2: SCP-XXX-JPと同じ部屋で過ごしていたD-XXX-1が新たな異常性の発生を訴えました。以下はD-XXX-JP-1に対するインタビューですです。

対象: D-XXX-JP-1

インタビュアー: ███研究員

<録音開始>

███研究員: それでは異常が発生した時の状況を教えて下さい。

D-XXX-JP-1: ああ、俺はいつも通りあのペットボトルの言う事を聞き流して横になってた。たしか、2時過ぎくらいだったと思う。突然、辺りがぼやーと明るくなったんだ。で、しばらくすると、30秒ぐらいで視界が完全に白くなった。白くなったというか、気が付くと真っ白な部屋の中に居たんだ。正面には、いつの間にか俺のお袋が座ってて、俺にこう話しかけてきた。「███(D-XXX-JPの本名)、あんたは昔から根はまじめな子なんだから、そんな事してないで頑張って働きなさい。私はいつでも見守ってるからね。」ってな。お袋に話しかけようとしたんだけど、すぐに消えて部屋もどっかいっちまった。時計を見たら4時くらいだった。

███研究員: 他に何か変ったことはありませんか。

D-XXX-JP-1: 特には無いな。お袋は20年くらいあってなかったけど、間違いなく俺のお袋だった。強いて言うなら、今すげえまじめに働きたいって思ってることとお袋が7人いたことぐらいだな。

<録音終了>

終了報告書: 異常発生時に部屋に存在したSCP-XXX-JPの数とD-XXX-JP-1が報告した母親の数は一致していますが、この2つの相関性は不明です。D-XXX-JP-1の母親は異常が発生した時刻に何も変化は無かったと述べています。D-XXX-JP-1の態度は以前に比べて明らかに改善しました。これが異常性に依るものなのかは不明です。また、翌日、D-XXX-JP-1からSCP-XXX-JPが喋らなくなったという報告がありました。以降、D-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPの声が聞こえなくなったようです。現在、この異常性を再現する実験が行われています。

補遺3: SCP-XXX-JPが発生した部屋の住民の8割以上が2か月以上に渡って部屋のごみを捨てていなかったこと、6割以上が1年以上部屋を掃除していないこと、9割以上が職についていないことが判明しています。これらはSCP-XXX-JPの発生条件の1つになっている可能性があります。██県██市ではSCP-XXX-JPが発生し始める2か月前からひきこもりになった人物に対する社会復帰支援活動を開始しており、その数は他地域と比べて非常に早い速度で減少しています。