TH's Documents
評価: 0+x

Code:anLifeは受理されました。

手続きは正常に承認され、速やかに処理されました。

雇用者関連情報の異動届受理によって関係者への通告を行います。

管理課規定に基づいて、通告は個別に行われ記録されます。

<記録を抜粋して再生>

対象: 那澤なごむ
職種/SCLv/クラス: エージェント/Lv1/Cクラス

<再生>

[対象は鼻から口元にかけてを両手で覆って、沈痛な面持ちで嗚咽と鼻すすりを繰り返している]

Agt.那澤: ……すいません。ちょっと、信じらんなくて。

[幾度かの深呼吸。両手は覆った位置を動いていない]

Agt.那澤: そういう任務に就く人だと思ってなかったんで、ちょっと、整理つかなくて。

Agt.那澤: あの、ご遺体とかは。

[質問には一切回答しない旨を伝えると、対象は再び嗚咽を繰り返した]

[幾度か咳を繰り返した後、ハンカチーフを取り出して口元を拭った]

Agt.那澤: ……ちょう悔しい。

[対象は退室するまで、嗚咽を続けた]

<停止>

対象: 速水 神一郎
職種/SCLv/クラス: エージェント/[削除済]/[削除済]

<再生>

[対象は入室してから着席を促された後も、椅子の横で12分間、起立をし続けた]

Agt.速水: [再度、着席を促されて]バイクじゃないんで……

[対象は三度、着席を促されるまで左足で"貧乏ゆすり"を5分間、継続した]

[編集済]

Agt.速水: [着席後、通告を受けて7分間の沈黙]……誰?

<停止>

対象:
職種/SCLv/クラス: 研究員/Lv2/Cクラス

<再生>

[通告を受けた後、対象は右手で口元を覆い、幾度かの鼻による深い呼吸と頷きを繰り返した]

Res.味: [右手で通告者を制止しながら]ああ、問題ない。大丈夫。

Res.味: 貸したメガネの本数を考えていたんだ。何本だと思う?

Res.味: 興味ない?そう……

Res.味: ああ、ショックはショックだけれども。

Res.味: エージェントの時には目の前でもあったことだ。

Res.味: 慣れてるとも。

<停止>

[退室時、対象は申請者に貸し出した2点の音楽メディア1の返却の是非について質問を行ったが、通告者の管轄外である旨を聞くと、納得をした様子だった]

対象: 屋敷信正
職種/SCLv/クラス: 収容スペシャリスト/Lv1/-

<再生>

Dr.屋敷: 皮肉なものだな、まともなヤツのが早死にする。

Dr.屋敷: マトモじゃないヤツは死なないようなのばかりだがね。

Dr.屋敷: アレほどまともなヤツは珍しかったよ。メガネ以外は。

Dr.屋敷: 死ぬべきヤツはもっと居ただろうに。

<停止>

[通告後、対象は発言について倫理委員会から注意を受けた]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


↑以上、下書き 以下、雑書き↓


御用の方はTasteHillTasteHillのPMかTwitter@Aji_TasteHillまでどうぞ。