Tark_IOLの机

名前: 織部 庵(おりべ いおり)

セキュリティレベル: レベル3(対象に応じてレベル4)

専門: 人類文化学、応用心理学、言語学

所在: サイト-81██、I5サイト群

職務: 財団管理下にある非ヒト的知性体への支援、ファーストコンタクト及び文化変容についての研究、業務支援を目的とした疑似感情搭載型人工知能の実地試験

来歴: 19██年9月19日、日本国にて誕生。男性。両親は、アメリカ合衆国陸軍士官として潜入中だったエージェント████と現地日本人女性。その後、進学した一般大学にて人類文化学を履修し、ファーストコンタクト及び文化変容1について学びました。
博士課程修了直後の家族旅行先にて、現在SCP-████-JPに指定されるオブジェクトに遭遇。唯一の民間人生存者として財団による調査を受けた後、研究職として雇用されました。

人物: 身長は16█cm、体重6█kgと同年代の日本人男性と比較すると小柄です。明るい性格ではありますが、彼は読書などの1人の時間を大切にする傾向があります。そのためか、少人数と深い親交を持つ特徴を持っています。
本来、彼は複数の人物と対することに苦手意識があり、その解消の為、SCP-AI-BINARY-07の実地試験協力者として選ばれました。

彼は基本的にカジュアルなスーツを身につけています。また、3WAYバッグに筆記用具、手帳、本、携帯端末、人工知能試験用端末を収納して常に携帯し、冬季から春季にはBOXティッシュを取り出して鼻をかむ様子がよく目撃されます。

職務上、81-地域ブロック各地のセキュリティ施設に出入りしています。普段は施設の中庭や食堂、談話室にて疑似感情搭載型人工知能であるSCP-AI-BINARY-07を交えた少人数で職員同士の会話をする他、中庭で本を読むことを好みます。

また、彼は出張時にお土産を買い込むことが知られており、対象との接触時に持参する他、研究室のあるサイト-81██の談話室には持ち帰った菓子が集積されています。さらに、ボードゲーマーとして知られ、同談話室にはエッセンシュピール2にて購入したドイツボードゲー厶が寄付されています。

    • _

    名前: 織部 庵(おりべ いおり)

    セキュリティレベル: レベル4

    所在: サイト-81██、I5サイト群 / サイト-00██

    職務: 地球外知的生命体についての研究及び情報分析、財団管理下にある非ヒト的知性体への支援、業務支援を目的とした疑似感情搭載型人工知能の実地試験

    人物: 19██年9月██日、日本国にて誕生。男性。
    財団に雇用後、彼は人類文化学の研究に従事し、その過程で中央アジアでの複数ブロック共同研究プロジェクトに参加しました。彼が提出したファーストコンタクト及び文化変容に関しての研究結果は、超常史研究の資料として一定の評価を得ています。

    その成果をもとに人事部は、彼をETI3を対象とした諸計画の要員として推薦。結果的に彼は、外宇宙支部に新設された"ETIファーストコンタクトのための準備委員会"委員に選出され、現在の所属である外宇宙支部研究部門に異動しています。
    現在は研究の一環で、81地域ブロックの管理下にある非ヒト的知性体への支援業務に従事しています。

      • _

      重要: 現在、███████作戦は停止状態にあり、このファイルは現在の情報と一致していません。

      協力人物ファイル #████/██

      名前: 織部 庵(おりべ いおり) / コードネーム・"和琴"

      セキュリティレベル: レベル4

      所在: サイト-81██、I5サイト群 / サイト-00██

      協力事項: SCP-AI-BINARY-07 / ISD-AI-BIN-07 の運用

      人物: 19██年9月██日、日本国にて誕生。男性。右利き。
      財団外宇宙支部、ETIファーストコンタクト準備委員会委員。現在は、ランヴァボン計画等により81地域ブロック内で活動する非ヒト知的体の業務支援に従事。

      接触履歴: 旧ヘイムダル計画を含む対ETIの諸計画の改訂に伴う外宇宙支部の部署再編は、内部保安部門及び外宇宙支部監査部門にとって情報提供者の減少を齎した。無論、人事はその影響を最小限にするよう人事部へ働きかけたが、その影響は必至であった。
      新たな提供者を求めて慎重な審査を行ったものの、それは困難の内に終わり、内部保安部門は███████作戦を実行することでこれに代わるものとした。

      現在、当人物はSCP-AI-BINARY-07の実地試験協力者として選定され、現在当機の試験に関わっている。内部保安部門及び外宇宙支部監査部門所属職員による接触にあたっては、作戦計画書を遵守すること。



著作一覧

Tale-JP:

曲がった背骨に歪んだ胸郭。そして奇妙な両腕。引き攣って骸骨を思わせる、継ぎ接ぎの顔。その様な、いわば怪物が礼儀正しく、相手の母語で挨拶をしようとしていたのです。

光り輝く摩天楼が立ち並び、アンドロイド、ロボット、ホログラムが渦巻くこの地で年に1回開かれるのが、全世界学生超常技術コンテスト、通称"Paracon"である。

共著作一覧

Tale-JP:

ようこそ、外宇宙支部へ。〜『新人職員にとっての2つの大きな問題は重力と事務仕事だ。月の重力にはじきに慣れるだろうが、事務仕事は時に圧倒的すぎる』