Tark_IOLの机

Ver 1.05
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

※DON'T CLICK THESE BUTTONS WHEN "THE EDIT PAGE FORM" IS DISPLAYED.

Edit Page Source
History Files



black.png

⬇For page option

通達: 外宇宙支部管轄月面サイト管理官各位
2███年より、各月面サイトを対象としたヴェールプロトコルについて一部改定する事が、外宇宙支部理事会及びO5により決定された。将来的な一般人の月面植民が予想される事から、前もって施行するべしと判断されたためである。
対象サイトは国家宇宙開発機関の施設近傍に位置する、或いは位置する可能性のある[編集済]の以下[編集済]つに及ぶ。
また、国家宇宙開発機関の月面基地を対象としたエージェントの派遣も検討されており、それに対応する組織編成及び人事配置に関する通達を今後送信する。
[編集済]


音声記録: 2███/08/29 世界オカルト連合管轄月面施設-████
客: いつものくれ。
店員: いいのかい?しばらく断酒してたじゃないか。
客: 今日はここで飲む最後の酒になるんだ、堅っ苦しいこと言うなよ。
店員:そうか…。もうおいそれと医務室を見に行くこともできないな。
客: いつかはジ厶を連れて「ここがお前の生まれたとこで、俺の職場だ」とかやりたかったんだがなあ。もうまっさらさ。おやっさんは残るんだって?
店員: ええ。そう店を離れたくないですからね。代償として私も今じゃエージェントです…。
客: そうか…。


The NewYork Times 2███/██/17
ジョン大統領、火星の植民に前向きな発言
16日午後、現在、研究者及び軍人にのみ許可されている火星への上陸を将来的に一般人まで拡大する方針を、大統領が発言しました。NASAなど各宇宙開発機関のもとで研究されている火星植民が実現することになれば、現在限定的に解禁されている月面に次ぐ、人類の第3のホームグラウンドとなります。


金星のテラフォーミング計画に断固反対!!
金星テラフォーミングには以下の問題点があります。
1.実現性が近年上昇したものの、以前高コストであること。試算では[編集済]ドルかかるとされています。これらの予算は福祉や教育、さらなる産業振興の為に使われるべきです。なにより、居住区の拡大は軌道ステーションで代替可能なのです。
2.金星の自然が失われること。現在観測可能な宇宙には800億以上の銀河が発見されていますが、何一つとして同じ星はありません。火星のテラフォーミングによって、『赤い星』で作家アンリ・ジェンキンスが描いたあの雄大な広がりは失われてしまっています。このようなことが二度とあってはなりません。
資料: Meridiani Journal(2███/██/██)に掲載された広告