SCP-1036-JP
[[>]]
[[module Rate]]
[[/>]]

アイテム番号 SCP-1036-JP

オブジェクトクラス Euclid

特別収容プロトコル
SCP-1036-JPは現在、財団フロント企業の管理する████県にある████遺跡の地下に安置されています。SCP-1036-JPを完全に別の収容サイトへ移動させる試みは失敗しています。
武装した警備員2名が8時間交代で24時間監視を続け、SCP-1036-JP-Aが出現した際には速やかに隔離を行います。SCP-1036-JPの特異性を目撃した全ての観光客にはカバーストーリー「急病人」が適用され、Bクラス記憶処理を施された後に開放されます。SCP-1036-JPの収容に携わるすべての職員及び、観光客がSCP-1036-JPに関して、発生を含む音声媒体を用いる通信を行うことやあらゆる音声記録を作成、所持することはO5権限によって禁止されています。すべてのSCP-1036-JPに関する講義や報告には、一切の音声を用いた手法が禁止されます。
説明
SCP-1036-JPは、幅30cm、縦15cm、奥行き3cm程度の、青銅製の箱です。
発見当時、SCP-1036-JPは開かれており、安置されていた部屋には█人のSCP-1036-JP-Aを含む数十名の人間が共同生活を行っており、SCP-1036-JPを「神」として崇めていたようです。