tamakomayakiの編集室
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1438-JP

オブジェクトクラス: Euclidketer

江戸時代のおっさん.jpg

収容作戦実行前に撮影されたSCP-1438-JP-4~6

特別収容プロトコル: SCP-1438-JP-8はサイト[編集済み]の[編集済み]に収容されます。いかなる人物も、SCP-1438-JP-8の現在の所在地を知ることは禁じられています。SCP-1438-JP-8の老化現象が停止していることから、収容に際して必要な食事などの提供は不必要なものとして判断されています。

説明:  SCP-1438-JPは、「新嘗糸次郎定信(にいなめいとじろうさだのぶ)」と自称するあらゆる人物です。これらには、対象の民族、人種、母国語などにかかわらず、あらゆるホモサピエンス種に該当することが実験によって明らかにされています。現在財団によって、SCP-1438-JP-8のみが管理および保護の対象下におかれています。1
SCP-1438-JPの異常性は、その人物が自分を発声、筆記、その他あらゆる表現方法を用いて「新嘗糸次郎定信」であると自称した際に発生します。これを意図的に視覚、聴覚のいずれかを用いて認識した場合、認識した人物に対して、「自分が「新嘗糸次郎定信」である」という重度のミーム的汚染が即座に発生します2これらのミーム的汚染はいかなる記憶処理剤を用いても改善されません。事前に反ミーム剤摂取などを行っていた場合、これを回避することが可能ですが、多くの場合重度の自閉症、多重人格などを含む精神的諸症状が発現します。これらの精神疾患が通常の精神疾患に対する一般的対処療法で回復した例は確認されていません。
新たにSCP-1438-JPとなった人物(以下SCP-1438-JP-Aとする)は、老化および生理的活動が停止しているにもかかわらず、変化前と変わらず生活します。物理的、および病理的なものを除く要因で死亡しなくなります。同時に、以前の能力にかかわらず、積極的に周囲に対してコミュニケーションを図ろうとすることが、実験によって確認されています。しかし、その目的が対象の自称行為への強い欲求にあることから、Cクラス以上の職員が対応することは禁止されています。新たなSCP-1438-JPの発生が確認された場合、一時的な凶暴性を獲得する場合があることから、遠距離からの注射弾を用いた薬物投与による鎮圧が行われます。また、これによって鎮圧された全てのSCP-1438-JPは、収容違反発生時の大規模な混乱を防ぐため、1人のみを残して全て終了してください。

 SCP-1438-JPの由来は突き止められていませんが、少なくとも徳川幕府が開かれた1601年頃にはその存在が確認されています。特筆すべき点として、16██年に越後藩旧███村3において行われた土地調査の記録で、村民全員の名前が「新嘗糸次郎定信」で統一されていたことが確認されています。
18███年に、エージェント・███が同地域に派遣された際に異常性が発覚。同地域とその周辺において大規模な混乱が確認されたため、機動部隊を用いてこれを鎮圧、収容しました。同地域にはカバーストーリー「共産主義革命防止のための戒厳令発令」が適用されました。

補遺:
以下は、主任研究員である███博士の報告書です。

███博士の報告書
SCP-1438-JPに関する古い実験記録が、旧財団所有の実験施設であった███工場より回収されました。

テキスト装飾

よく利用される構文のリストです。

**太字** -> 太字
//斜体// -> 斜体
__下線__ -> 下線
--打ち消し線-- -> 打ち消し線
[[[SCP-173|サイト内リンク]]] -> サイト内リンク
[http://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ 外部サイトへのリンク] -> 外部サイトへのリンク
██████ or (U+2588, FULL BLOCK) -> 黒塗り(コピー&ペーストして使ってください)

その他の構文は WIKI構文 のページをご覧ください。

投票モジュール

特に指定がない限り、以下のrate用コードをページの先頭に置いて下さい。

[[>]]
[[module Rate]]
[[/>]]

画像の表示方法

注:記事にこれらの画像ファイルを使うことはできません。

  • イラスト。写実的なものであれば大丈夫です。
  • 透かしの入ったもの。
  • 直接的な性描写のあるもの(発見次第削除します)。

1.画像ファイルをアップロードする
ファイルのアップロードにはまずページを作成しておく必要があります。その後ページ右下の「ファイル」タブをクリックし、アップロードを行ってください。

2.画像を記事に貼り付ける
アップロードした画像ファイルのURLは「ファイル」タブから参照できます。
以下の構文をrate用コードの下に貼り付けて、画像を表示してください。

[[include component:image-block
|name=ファイル名.jpg
|caption=このテキストは画像の下に表示されます。
]]

画像の大きさを変更したい時は、以下のコードで「width:300px」を任意の数値に置き換えて下さい。

[[include component:image-block
|name=ファイル名.jpg
|caption=このテキストは画像の下に表示されます。
|width=300px
]]

折りたたみ

長い文章は折りたたむと記事がすっきりします。

次のコードを使用してください。

[[collapsible show="+ テキストを表示" hide="- テキストを隠す"]]
[テキスト]
[[/collapsible]]

脚注

ページ下部に脚注を表示することができます。

テキスト.4

次のコードを使用してください。

[[footnote]]ここに脚注や解説など[[/footnote]]

テキストを点線で囲む

行頭に> を加えるとテキストを囲むことができます。

テキスト

> テキスト

テーブル

列1 列2 列3
内容 内容 内容
内容 内容 内容
||~ 列1 ||~ 列2 ||~ 列3 ||
||内容 ||内容 ||内容 ||
||内容 ||内容 ||内容 ||