tamakomayakiの編集室
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Unclassed

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPの存在を完全に「固定化」するため、サイト8199全域に内部重量計測機器及び24時間体制の遠隔監視カメラを設置し、これらを用いた監視が行われます。全ての監視映像はその収録日時から48時間以内に全て倍速再生によって視聴されなければなりません。サイト8199への立ち居入りは、SCP-xxx-JPの存在可能性領域が拡大することを防ぐため許可されません。詳細は補遺ー03を確認してください。

説明: SCP-xxx-JPは、サイト8199の使用されていない、もしくは監視カメラなどを用いた収容室が何者かによって「観測」された際に確率論的に発生する15立方センチメートル程度の空間に収まる物体です(以下、SCP-xxx-JPを観測した人物および観測機器を「観測者」と呼称します)。SCP-xxx-JPが何らかの要因で「観測」されると、SCP-xxx-JPの存在が初めて「固定化」されます。このとき初めて、SCP-xxx-JPの性質が完全に決定されます。観測者がSCP-xxx-JPから目をそむける、もしくは瞬きなどによってその存在を0.4秒以上知覚しなかった場合、SCP-xxx-JPは直ちにその性質を変化させます。観測者がSCP-xxx-JPが存在し、かつそれを観測可能な範囲から離れた場合、SCP-xxx-JPの存在は「不安定化」し、確率論的に発生可能な空間へと移動します。この確率論的に発生可能な空間の候補には、観測者が過去に「観測」したことのある全ての空間が新たに候補として追加されます。

以下は、性質判明時までの間に我々が行った実験記録です。

__実験記録 __

対象: SCP-xxx-JP 
実施目的: SCP-xxx-JPの性質把握。
実施内容:SCP-xxx-JPをDクラス職員によって「観測」、その後まばたきをゆっくりと行わせ、性質の変化を記録。
結果:
試行回数 結果 性質 コメント
0 15立方センチメートルの金属塊 特になし 発見時最初に観測したときの形態。サンプル回収は失敗。
1 高さ15cmの仏像 D-3351が突然立ち上がり、一般的な礼拝を行う 礼拝的動作の終了後、本人が「何かに脅迫されるように行った」と証言したことから軽度のミーム汚染があったことが推測される。この時点でSCP-xxx-JPの体感重量に変化なし。動作時に視線を外したため自動的に性質が変化していた
2 標準的なカセットテープ 室内に再生機器を持ち込み再生したところ、1945年の玉音放送が録音されていた。 重量が明らかに変化していた。情報記録媒体への変化が可能。
標準的な置き時計 特になし D-3372から、この置き時計が自宅に設置されているものと同一であると証言があったため、エージェントを派遣し調査を行ったが、同様の時計は見つからなかった。

テキスト装飾

よく利用される構文のリストです。

**太字** -> 太字
//斜体// -> 斜体
__下線__ -> 下線
--打ち消し線-- -> 打ち消し線
[[[SCP-173|サイト内リンク]]] -> サイト内リンク
[http://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ 外部サイトへのリンク] -> 外部サイトへのリンク
██████ or (U+2588, FULL BLOCK) -> 黒塗り(コピー&ペーストして使ってください)

その他の構文は WIKI構文 のページをご覧ください。

投票モジュール

特に指定がない限り、以下のrate用コードをページの先頭に置いて下さい。

[[>]]
[[module Rate]]
[[/>]]

画像の表示方法

注:記事にこれらの画像ファイルを使うことはできません。

  • イラスト。写実的なものであれば大丈夫です。
  • 透かしの入ったもの。
  • 直接的な性描写のあるもの(発見次第削除します)。

1.画像ファイルをアップロードする
ファイルのアップロードにはまずページを作成しておく必要があります。その後ページ右下の「ファイル」タブをクリックし、アップロードを行ってください。

2.画像を記事に貼り付ける
アップロードした画像ファイルのURLは「ファイル」タブから参照できます。
以下の構文をrate用コードの下に貼り付けて、画像を表示してください。

[[include component:image-block
|name=ファイル名.jpg
|caption=このテキストは画像の下に表示されます。
]]

画像の大きさを変更したい時は、以下のコードで「width:300px」を任意の数値に置き換えて下さい。

[[include component:image-block
|name=ファイル名.jpg
|caption=このテキストは画像の下に表示されます。
|width=300px
]]

折りたたみ

長い文章は折りたたむと記事がすっきりします。

次のコードを使用してください。

[[collapsible show="+ テキストを表示" hide="- テキストを隠す"]]
[テキスト]
[[/collapsible]]

脚注

ページ下部に脚注を表示することができます。

テキスト.2

次のコードを使用してください。

[[footnote]]ここに脚注や解説など[[/footnote]]

テキストを点線で囲む

行頭に> を加えるとテキストを囲むことができます。

テキスト

> テキスト

テーブル

列1 列2 列3
内容 内容 内容
内容 内容 内容
||~ 列1 ||~ 列2 ||~ 列3 ||
||内容 ||内容 ||内容 ||
||内容 ||内容 ||内容 ||