トム研究員の走り書き

砂場?砂漠の間違いでは?

取り合えず何か試しましょう

やることやらないと何も出来ない事リスト

  • 記事の書き方
  • アイデア集め
  • 睡眠
  • 食事

液状化で飛び出たマンホール
ビッグリップ
ビッグクランチ
ビッグフリーズ
暗い部屋の灯り
財団版落語 死神
オールトの雲
バベルの塔
時計
スマートフォン

執筆中
仮題 不況蝋燭群卓上のフロンティア
倒れたり火が揺れたりすると、該当する国に災難が降りかかる蝋燭の集まり。
蝋燭が揺れると地震が起きる。
蝋燭が倒れると戦いが起きる。
蝋燭が砕けると中から新しい蝋燭が出てくる。長さが同じなら国の内部が変わる。小さくなったら新しい国になる。
炎が揺れると不作になる。
炎が小さくなると国が貧しくなる。
炎が消えると国が無くなる。
倒れた蝋燭の炎が燃え移ると移った蝋燭に該当する国と戦争状態になる。
燃え移った炎が消えると、倒れた蝋燭は起き上がるが、中には分裂したり、そのまま倒れるものもある。

下書き

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの存在する洞窟周辺に監視所を設け、更に洞窟の入口を厚さ1m以上のコンクリートで覆い、人間および強風等、SCP-XXXX-JPに影響を与える可能性のあるものを中に入れないでください。内部は常に複数の監視カメラで監視し、変化があればサイト ██に報告してください。職員が換気装置の点検以外の理由で洞窟内へ立ち入る事は禁止されます。最悪、解雇又は終了されます。
換気装置の点検は月に一度行い、フィルターの取り替え、修理などの作業は必ず作業員又は職員一人だけで行ってください。

説明:SCP-XXX-JPはロシアの ███████自然公園に存在する洞窟内部の大理石製の台と大量の蝋燭です。台をSCP-XXXX-JP-1、蝋燭をSCP-XXXX-JP-2とします。
洞窟の入り口は直径約3.0mで、 中は下方へおよそ30m続いており、洞窟の底は人為的に加工されたと思われる縦10.0m横20.0mの床になっています。
SCP-XXXX-JP-1は大理石を縦4.1m横6.1m高さ1.30mの大型のテーブルに加工したと思われるもので、天板にはSCP-XXXX-JP-2が立てられています。
SCP-XXXX-JP-2は直径2.0cmの高さが不揃いな蝋燭です。複数本存在し、その数は24█本確認されています。
SCP-XXXX-JPの異常性は、SCP-XXXX-JP-2が風や振動を受けた時に発現します。SCP-XXXX-JP-2に灯っている火が風等の要因によって揺れた場合、世界の幾つかの国が大規模な不作に見舞われます。不作となる原因としては、冷害、洪水、日照り、干ばつ、流行り病等が挙げられます。
また、SCP-XXXX-JP-2の炎が同様に風等によって小さくなった場合、世界の幾つかの国が不況に陥ります。現在観測されているSCP-XXXX-JPによる最大規模の不況は200█年9月██日に発生した大銀行の破産による不況です。
SCP-XXXX-JPは200█年に███████自然公園周辺にて発生した局地的な暴風の観測と同時に世界的な不況が前触れも無く発生した事から調査が始まり、発見されました。発見時、SCP-XXXX-JPは穴が塞がれておらず、風が内部に吹き込んでいる状態でした。後の調査によりSCP-XXXX-JPの特性が明らかになり、200█年██月██日にオブジェクトはEuclidに制定されました。

補遺: 実験記録はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員のみが閲覧可能です。

実験内容: SCP-XXXX-JPの性質の確認
実験方法: Dクラス職員にSCP-XXXX-JP-2を1本指でつつかせて揺らす。
結果: SCP-XXXX-JP-2が揺れた直後、████にて株価が下落し、一時混乱を招いた。(カバーストーリー[政治家の汚職]を発動)

SCP-XXXX-JPに関する実験は可能であるならば凍結されるべきだ。次は私のへそくりだけでは済まなくなる。 by ████博士

捕捉: Dクラス職員が動いて発生した風か、原因は不確定だが他のSCP-XXXX-JP-2の炎が揺れ、数分後に██████にて河川の氾濫が発生した。これにより、██████は数年間の食料不足が避けられなくなった。

20██年 ██月██日 実験によって得られるデータと各国への影響を考慮し、今後SCP-XXXX-JPによるいかなる実験は全面的に凍結されるべきです。実験により、既に██個の企業の倒産、███,███人の餓死者が発生しています。これ以上実験を続けても損害が多すぎます。また、20██年█月██日に発生した大地震の余波がSCP-XXXX-JPに影響をもたらし、結果、██もの国が経済危機に直面した。新たな被害の抑制のため、Keter認定を要求する。
by ██████ 博士

実験の中止は承認する。が、Keter認定は却下する。 by O5-██

編集前の情報が残っています。閲覧はクリアランスレベル4以上の職員に限定されますが、可能であるならば削除されるべきです。

構文難しい……