Stengan774

自立型ボタン

うーん、あなた今、ページの編集してるでしょ?アクシデントを起こさないためにも、ここの機能は非表示にしておくよ。この素晴らしい機能はBoyu12Boyu12氏によって作られたものです!
編集 ページのソース
履歴 ファイル
rating: 0+x


[

s_回転002.jpg

SCP-414-JP-07 00:03

アイテム番号: SCP-414‐JP

オブジェクトクラス: Euclid
今宵こよいの月も 神代かみよつきも 闇冴え冴えと 鳴り渡る
特別収容プロトコル: SCP-414‐JPは現在未収容です。担当研究班はSCP‐414‐JP発生地点の予測と情報収集を行って下さい。SCP‐414‐JPが現状夜間のみに発生していることから、機動部隊そ-6(”夜警”)がその調査・監視に当たり、SCP‐414‐JPの発生した地区には「ガス爆発」、「施設老朽化」などの適切なカバーストーリーの流布が実行されます。

説明: SCP‐414‐JPは日本国内の不特定地点において不定期の夜間に発生する異常現象です。SCP‐414‐JPは同心円状の波紋がSCP‐414‐JP効果領域の中心点から発生し、材質・種類を問わず領域内の物体に作用します。この結果、影響を受けた物体は''波打つように''改変され、変形がその構造強度を超えるものであった場合は破砕されます。多くの場合この改変は生物にとって致命的なものとなります。

SCP-414-JPの第二の特異性は、SCP-414-JP事象の直接観測者に対する認識災害です。
この特異性の被影響者はSCP-414-JP事象の影響下から脱出しようという意思を外見上なくしたように振る舞います。この行動パターンとしては以下の例があります。

  • 事象中心点を凝視したまま動かない
  • SCP-414-JP事象の観測に恍惚感を示す
  • 他者の助けにによる脱出に抵抗する
  • 他者が脱出することを制止する

この特異性がSCP-414-JP事象直接観測者の生存率の低さの一因となっています。

SCP‐414‐JPの特徴的な発生事例


既知のSCP-414-JP事象は常に夜間のみに発生しています。
加えてSCP-414-JP研究班の中からは、SCP-414-JP事象が満月及びその前後の晩に発生している事例が多いことを踏まえて、このオブジェクトが月と関連性を持つ可能性を指摘する声が上がっています。

補遺1: SCP-414-JP‐07映像・音声記録

補遺2: 関連資料
蒐集院の文書”諸国旧聞怪異集4     けい  ”の現代語訳5より抜粋。

十六夜いざよひ 望月もちづきひ 梁塵秘抄りょうじんひしょうす 波紋魚はもんうを