特設移動研究室
StellarwindStellarwindのページ。翻訳とか諸々やってく予定です。
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-3281

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3281のサブタイプ-AまたはTインシデントの偶然の発生を防ぐ手法は判明しておらず、資源の割り当ては現在SCP-3281のアウトブレイクを防ぐ方向になされています。

No method is known to prevent the spontaneous occurrence of subtype-A or T incidents of SCP-3281, and resource-allocation is currently prioritized toward the inhibition of SCP-3281 outbreaks.

SCP-3281に関連する全データは暗号化データベースである自動分析・応答システム538(AARS538)1に追加されます。AARS538は財団の市民調査経路への全ての、そして即座のアクセス権を有します。アウトブレイクがAARS538により認識されるイベントの際には、当システムは効果下にあるエリアに無人航空ドローンを放出し、Aクラス記憶処理剤(サブタイプAインシデント時、効果半径が.5km未満の場合)エアロゾルのカートリッジまたは焼夷デバイス(サブタイプTインシデント時、効果半径が.5km以上の場合)を散布します。アウトブレイクが完全に無力化されたと判断された後にのみ、AARS538により財団エージェントは派遣されます。

All data related to SCP-3281 is to be added to the encrypted database of Autonomic Analysis and Response System 538 (AARS538). AARS538 is to have full and immediate access to all data from the Foundation's civilian-surveillance pathways. In the event that an outbreak is detected by AARS538, the system will dispense a set of unmanned aerial drones to the effected area, which will discharge either aerosol cartridges of Class-A amnestics (in subtype A incidents involving a radius of less than .5 km) or incendiary devices (in subtype T incidents or subtype A incidents involving a radius larger than .5 km). Foundation agents will only be dispatched by AARS538 when the outbreak has been judged as totally neutralized.

SCP-3281に影響された財団職員及びそれに曝露したあらゆる人は速やかに専用施設のチャンバー-538に移送されます。そこに収容されている間、影響された人物らは振る舞いのデータがAARS538により記録・処理され、またAクラス記憶処理剤を処方されます。SCP-3281のあらゆる兆候が見られなくなった後にのみ、この人物らは解放されます。

Members of Foundation staff who have been affected by SCP-3281 and any individual exposed to them are to be immediately transported to their facility's chamber-538. While detained there, the affected individuals will be exposed to Class-A amnestics while behavioral data is collected and processed by AARS538. The individuals will only be released when no signs of SCP-3281 are visible.

AARS538のデータベース内に存在する全データは、あらゆる他のシステムに検索されることのないよう自動的に暗号化されます。データベースへの侵入を許したと見られるイベントが生じた際は、AARS538は内部爆発物を用い速やかに自壊します。

All data within AARS538's databases are to be autoencrypted to prevent the retrieval of files by any other system. In the event that the database is believed to be compromised, AARS538 will immediately self-destruct with the use of an internal explosive device.

説明: SCP-3281は、特定の行動に関する概念を通じ拡散するミーム的疾患区分です。現在、24種の症状が確認されています。ある人間がこれらの行動の一つが行われているプロセスを認識すると、その対象はその行動をしなければならないという強制力を即座に受けます。この強制力に長く抵抗すればするほど、より精神的効果は激しいものとなります。1-3時間後、これは認識と自己制御の段階的喪失を特徴とする脳へのダメージに帰結します。43時間以上この強制力に抵抗した事例は報告されていません。

SCP-3281 is a class of memetic diseases that spread through the concepts of specific actions. Twenty-four strains are currently identified. If a human becomes cognizant of the process of performing one of these actions, they will immediately gain a strong compulsion to do so. The longer the individual resists this compulsion, the more severe the psychological effects will become. After 1-3 hours, this results in brain damage characterized by a progressive loss of cognition and self-control. No case has reported resistance against the compulsion for longer than 43 hours.

個々人は異常な行動のアイデアを思い浮かべることで偶然にSCP-3281に苦しめられることになることがあります。また、記録された記述内容を実行したり、最も一般には既にSCP-3281に影響された個人により行われた行動を見ることによってもSCP-3281の影響下におかれるでしょう。一度SCP-3281の影響下におかれると、その対象は記憶処理剤を処方されることによってのみ部分的に症状が寛解します。これらの場合、強制力と症状の進行する様子は軽減されますが、脳へのダメージは遺ります。

Individuals may become afflicted with SCP-3281 spontaneously by developing the idea of the anomalous action. SCP-3281 may also be contracted by processing a recorded description or, most commonly, by observing the action being performed by an afflicted individual. Once afflicted with SCP-3281, an individual can only be partially cured with the application of amnestics. While the compulsion and progressive aspect of the disease will be alleviated in these cases, brain damage will remain.

SCP-3281には3つのサブタイプが存在しており、サブタイプN、AそしてTと指定されています。

Three subtypes of SCP-3281 exist, designated subtype N, A and T.

SCP-3281-Nに充てられた症例は、あらゆる偶発的インシデントを抑制したことで完全に無力化されています。

SCP-3281-N describes strains that have been universally neutralized to prevent any spontaneous incidents.

(お詫び:以下のリスト、途中まで異常行動の説明の英語を載せ忘れてました。申し訳ございません。)

SCP-3281-Aに充てられた症例は、非致死的手法の施行で十分に対処出来る程度に脅威の危険3な発生や人間生活への重大な害を与える可能性は低いものです。

SCP-3281-A describes strains in which the threat of a severe outbreak or significant harm to human life is low enough that non-lethal methods are pursued.

SCP-3281-Tに充てられた症例は、大規模なアウトブレイクの発生や人間生活を害する可能性を大いに含むものです。SCP-3281-Tはまたあらゆる異常な病状を示す症例を含みます。SCP-3281-Tの全実例は致死的武力により対応されます。

SCP-3281-T describes strains which carry a significant risk of severe outbreak or harm to human life. SCP-3281-T also includes any strains with abnormal pathology. All instances of SCP-3281-T are to be approached with lethal force.