Jellyfishのデザート(粗菓中心)部屋
評価: 0+x

アイテム番号:SCP-CN-601

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:現在、SCP-CN-601はSite-CN-34にある7号普通型収容室内で収容されています。任務外や休憩中の職員は収容室に入り、SCP-CN-601との交流が許可されています。Hannah博士の自宅から持ち来た子供おもちゃは審査と消毒後、オブジェクトの収容室内に置かれます。オブジェクトについて全ての実験申請は、Hannah博士の審査した上で行います。

説明:SCP-CN-601は具体的な模様のない、桜色な霧系実体であります。オブジェクトの異常性質は、堕胎経験、異性に堕胎させる経験或いは児童虐待経験のない大人がオブジェクト付近3m内に近づいた際、オブジェクトに影響されます。

影響された個体はオブジェクトの体内に入る(個体はピンクな霧に囲まれる)、当時の個体は“安定、依頼される快楽”を感じて、SCP-CN-601との交流が始めます。例えば、指で目の前の霧を動かす、或いは子守歌を歌います(詳細的な行動はリスト-601-alphaをご覧ください)。このような交流は30分や2時間を続いたら、影響された個体の精神状態は元に戻り、影響された期間の記憶は曖昧的でありものの、“非常に安全的な”感じが残っています。

堕胎経験、異性に堕胎させる経験或いは児童虐待経験がある人間個体はSCP-CN-601に近づいた時、個体は“何もない、何も感じていない”と伝えました。

現段階は、オブジェクトはある程度の自己意識と勉強能力を持ちます。オブジェクトの知力と勉強能力についての実験はHannah博士が担当しています。

ファイリング済んだ記録:
 
 
 
 
 
 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

遥知不是雪?