SSunabas

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在サイト-81██の敷地内に設置された専用小型チャンバーに収容されています。SCP-XXX-JP-Aの脱走を防ぐため入り口には風除室を設け、2か所の扉は同時に開放しないでください。また、オブジェクトの正面に監視カメラを1台設置し、SCP-XXX-JP-Aによる改変を記録します。今後SCP-XXX-JPに関連すると思われる異常が新たに発覚した場合は、カバーストーリー「贋作とのすり替えによる窃盗事件」として、警察組織内へ潜入している財団エージェントが捜査を担当します。

説明: SCP-XXX-JPはF80号規格(縦1455mm、横1120mm)のキャンバスに描かれた油絵です。SCP-XXX-JPには椅子に腰掛ける中心人物(SCP-XXX-JP-Aと指定)と、乱雑に積み上げられた金地金、宝石類や装身具といった経済的価値の高い物品や花卉類による背景が描かれています。美術鑑定と周辺調査の結果から、このオブジェクトは画家であった故戸塚解男氏の作品であるとされており、収容以前は『████』と通称されていました。

SCP-XXX-JP-Aは20代半ばの人種不明な男性として描かれており、外見に則した20代程度の男声を用い日本語のみでの発話が可能です。高度な知能を有し、SCP-XXX-JPや他の絵画を任意的、非任意的に改変させる特性を持ちます。

SCP-XXX-JP-Aは扉によって遮断された同室内に同時に存在する絵画へ移動することが可能です。この時、SCP-XXX-JP-Aが移動した絵画に描かれている人物も同様に高度な知能を持って発話が可能になります。この状態の絵画はSCP-XXX-JP-Bと指定され、その特性はSCP-XXX-JP-Aがその絵画に存在する限り続きます。
SCP-XXX-JP-Bが水彩画等、SCP-XXX-JPと異なる画風であった場合、SCP-XXX-JP-Aはその画風に則した外見に変化します。同じく、SCP-XXX-JP-Bに描かれていた物品がSCP-XXX-JPに移動する際も戸塚氏の画風と同じ油彩へ変化します。

SCP-XXX-JPは兵庫県██市の████美術館から警察へ「所蔵している絵画のいくつかが偽物とすり替えられているようだ」という通報があり、被害に遭ったと思われる証拠品の一つとして回収される際にSCP-XXX-JP-Aが言葉を発したことがきっかけとなって財団の目に留まり、収容に至りました。SCP-XXX-JP-Aは移動先の絵画に描かれている物品をSCP-XXX-JP内へ持ち帰り背景の一部として配置するという行為を繰り返しており、その結果として同美術館に所蔵されている複数の絵画に「肖像画の人物の装身具が消失している」、「風景画に描かれている観賞用植物の数が減少している」等の異常が発生していました。
 


 
補遺: 20██/01/31から20██/02/21までの21日間、SCP-XXX-JPからSCP-XXX-JP-Aの姿が消失するという事案が発生しました。復元後のSCP-XXX-JP-Aへのインタビューから、消失の直接的な原因はSCP-XXX-JPがSCP-XXX-JP-Aによって改変され『SCP-XXX-JP-Aが描かれていない様子』へ変化したことであったことが判明しています。また、復元直後のインタビューにおいてSCP-XXX-JP-Aに抑うつ症状が見られたため、美倉博士によって心理カウンセリングを兼ねたインタビューが行われました。