South-compass

South-compassの覚書

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト81██内の特別収容庫に保存し、定期的にDクラス職員による収容状態の点検を行ってください。SCP-XXX-JPを用いた実験はレベル3以上の職員1名の許可を受けた場合に実施可能ですが、不用意な異常性曝露を防ぐ為にそれ以外の理由での持ち出しは許可されません。

説明: SCP-XXX-JPは20██年に████社によって刊行された数枚の新聞紙です。複数の穴や皺の存在、体液の付着などによる激しい劣化が見られますが、その形状や記載内容、重量などに特筆すべき点は見られません。

SCP-XXX-JPに人間が触れた場合、その人間に対し記憶障害を発生させます。その症状にはばらつきがあり、軽微な場合には物忘れ程度の軽い記憶の齟齬の発生で済みますが、重篤な場合には対象の記憶能力に深刻な変化が生じ、現在と過去の記憶の判別が難しく、或いは不可能になります。極端な例を挙げると、対象は数年前に摂った食事の記憶をついさっき摂った物として認識するようになりました。また、曝露した際の症状は多くの場合で後者に近しいものとなります。これらの症状は、「過去に起こった出来事を今起こったこととして認識する」という点において一貫しています。この症状は、一部を除いてクラスBの記憶処理により特定の記憶を処理することにより治療が可能です。補遺XXX-01を参照してください。

SCP-XXX-JPは██県██市██町で発生した家庭内での死体遺棄事件に於いて、「通報者や現場に駆け付けた警察官のほぼ全員が記憶に障害を持った」という情報が財団の注意を引きエージェントが急行し、特異性が発覚しました。その後収容部隊が曝露者を保護し、関係者にはカバーストーリー「集団ヒステリー」が流布されました。この時SCP-XXX-JPは身元不明の乳児(後ほど、生後8ヶ月程度の男児と推定された)を無造作にくるんだ状態で発見されました。腐敗の状態などから、乳児は3日程前に死亡していたものと思われます。収容部隊が現場に到着した時点で両親の姿はありませんでしたが、その後の調査により身元が特定され、確保されました。詳細はインタビュー記録XXX-02を参照してください。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]