Soranaki
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはそのデータを標準的USBメモリ内にコピーされた状態で、サイト81██の高危険度物品保管庫に保管されます。SCP-XXX-JPを用いた実験は現在凍結されています。

説明: SCP-XXX-JPは視聴することで怪奇現象が引き起こされる映像記録です。SCP-XXX-JPは、その映像記録を所有していた██氏とその友人らによって撮影された一般的に迷惑動画・或いはイタズラ動画に分類1される自作映像です。映像内容は██県█市の████公園内にて██氏等が群衆に向けて爆竹と思われる発破物を投げ入れ、その時の群衆が示す反応を終始撮影したものになります。

SCP-XXX-JPの特異性は、映像記録を視聴している最中にSCP-XXX-JP-1と呼称される人型実体を認識した場合に引き起こされます。SCP-XXX-JP-1を認識した人間(以下影響者と呼称)はSCP-XXX-JP-1の見た目の特徴を以下のように証言します。

  • 30~40代の成人男性である。
  • スーツ姿で黒のブリーフケースを手提げている。
  • 容姿に関して「特徴の無い」「どこにでも居そうな」「捉えどころのない」等と形容。
  • 表情に変化が一切現れないが、無表情とも形容できない。

SCP-XXX-JP-1は映像記録内の群衆に紛れて存在していますが、映像を視聴した人間によってはその存在に気付くことなく視聴を終える場合があり、その場合は異常性に暴露することはありません。SCP-XXX-JP-1は再生箇所によっては1画面内に複数存在を確認することができ、何れの個体も全く同じ容姿かつ前述の特徴を満たします。

SCP-XXX-JP-1を認識した影響者はしばしばドッペルゲンガー現象・ポルターガイスト現象(以下分けて言及しない場合は怪奇現象と呼称。)に見舞われます。これらの怪奇現象は異常に暴露してから約36時間前後まで顕著に発生します。しかしこれらの現象、特にドッペルゲンガー現象においては世界的に報告されるような事例が当て嵌まらず、ドッペルゲンガーと会話や接触が可能である等ドッペルゲンガー側から積極的な接触を図られるケースが存在します。異常暴露から36時間程度が過ぎた頃から徐々に怪奇現象の発生頻度が減少していきます。最終的に異常暴露から75時間以上経過してから怪奇現象が確認された事例はありません。また同じ影響者に複数回SCP-XXX-JPを視聴させSCP-XXX-JP-1を認識させる試みは、前述と同様の現象が引き起こされる結果に終わります。

SSCP-XXX-JPは20██/██/██、██県█市で起きた██氏の自殺事件を地元警察が捜査している最中にその存在が示唆されました。警察内部に潜入中の財団エージェントが、██氏によって書き残されたと考えられている手記の内容を不審に思った事がきっかけにより財団の介入が行われました。その後██氏の死亡事件に関わる警察の捜査は打ち切られ、カバーストーリーとして「不慮の事故」が適用され関係者全員に記憶処理が施されました。現在財団による調査の結果、本事件は当初考えられていた自殺ではなく、[削除済]による基底次元2の██氏に対する殺人事件であると断定しています。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 財団が保有するSCP-XXX-JPはそのデータを標準的USBメモリ内にコピーされた状態で、サイト81██の高危険度物品保管庫に保管されます。全世界に存在する、もしくはこれから作成されるSCP-XXX-JPを回収する試みは現時点では予定されません。偶発的な要因によりSCP-XXX-JPが発見された場合、機動部隊さ-8(“ゲートキーパー”)により回収・隠蔽作業が行われます。

SCP-XXX-JP-1の収容はその特性上、収容方法の確立はされていません。

またSCP-XXX-JPに関わる全ての実験は██博士承認の元でのみ行われます。

説明: SCP-XXX-JPは特定の条件を満たして撮影された映像記録です。現在財団の保有するSCP-XXX-JPは、その映像記録を所有していた██氏とその友人らによって撮影された一般的に迷惑動画・或いはイタズラ動画に分類3される自作映像(以下SCP-XXX-JP-1と呼称。)です。SCP-XXX-JP-1の映像内容は██県█市の████公園内にて██氏等が群衆に向けて爆竹と思われる発破物を投げ入れ、その時の群衆が示す反応を終始撮影したものになります。現在財団により発見されたSCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1を残し全て破棄されました。

映像記録がSCP-XXX-JPとしての異常性を有するに当たる条件としては少なくとも以下の事項を満たす必要があると考えられています。

  • 何れかの記録媒体に保存された映像記録である。
  • 映像内に複数の人間が存在し、同場面にSCP-XXX-JP-2が存在している。
  • 映像から読み取れる状況に対して視聴者が意識的・無意識的に関わらず違和感を感じる要素が存在する。

SCP-XXX-JPの特異性は、映像記録を視聴している最中にSCP-XXX-JP-2と呼称される人型実体を認識した場合に引き起こされます。SCP-XXX-JP-2を認識した人間(以下影響者と呼称)はSCP-XXX-JP-2の見た目の特徴を以下のように証言します。

  • 30~40代の成人男性である。
  • スーツ姿で黒のブリーフケースを手提げている。
  • 容姿に関して「特徴の無い」「どこにでも居そうな」「捉えどころのない」等と形容。
  • 表情に変化が一切現れないが、無表情とも形容できない。

SCP-XXX-JP-2は映像記録内の群衆に紛れて存在していますが、映像を視聴した人間によってはその存在に気付くことなく視聴を終える場合があり、その場合は異常性に暴露することはありません。SCP-XXX-JP-2は再生箇所によっては1画面内に複数存在を確認することができ、何れの個体も全く同じ容姿かつ前述の特徴を満たします。

SCP-XXX-JP-2を視認した影響者は基底世界4を含めた同相世界線5に引き起こされる次元移相6の影響下に置かれます。██博士はこれらの状態を以下のように提唱しました。

状態1
状態1はSCP-XXX-JP-2による影響を受けていない通常の状態を指します。この状態は「基底世界」・「世界線-αに定義される基底世界と世界線-β以外の同相世界」・「世界線-βに定義されるSCP-XXX-JP-2が存在している世界」が全て重なり合って存在している状態であり、これらを包括して同相世界と定義します。またSCP-XXX-JP-2が元々存在しているとされる、「基底世界とは全く異なる次元」を世界線-γと定義します。この状態に存在する同相世界は世界線-βを除き、あらゆる生命体・構造物・自然現象・時間の流れ等の挙動・振舞い・在り方は全て等しい状態で存在します。世界線-βは同相世界と重なり合っているにも関わらずそこに存在するSCP-XXX-JP-2は独立した振舞いをしていると影響者は証言しています。

状態2
状態2はSCP-XXX-JP-2による影響を受け、次元移相が引き起こされた状態です。この状態は同相世界から基底世界もしくは何れかの世界線-αが「ズレ」た状態を指します。この時「ズレ」が引き起こされなかった世界線は便宜上、基底世界であると定義します。影響者には「ズレ」た側の影響者による干渉をしばしば受けますが、この干渉は影響者以外の基底世界側の人間にも観測が可能であり、それ以外の特筆すべき異常はありません。一方「ズレ」た側の世界線は常に揺らいでいる状態にあると考えられており、揺らぎのタイミングが基底世界と重なった状態でのみ、基底世界に干渉を引き起こせます。また「ズレ」た側でのみ不明な理由によりSCP-XXX-JP-2が観測可能であるとされています。この状態での観測であってもSCP-XXX-JP-2は前述の特徴を示します。複数回の実験により、SCP-XXX-JP-2はその総数は世界線-βにおいて少なくとも████体以上存在している可能性が示唆されています。

SSCP-XXX-JPは20██/██/██、██県█市で起きた██氏の自殺事件を地元警察が捜査している最中にその存在が示唆されました。警察内部に潜入中の財団エージェントが、██氏によって書き残されたと考えられている手記の内容を不審に思った事がきっかけにより財団の介入が行われました。その後██氏の死亡事件に関わる警察の捜査は打ち切られ、カバーストーリーとして「不慮の事故」が適用され関係者全員に記憶処理が施されました。現在財団による調査の結果、本事件は当初考えられていた自殺ではなく、[削除済]による基底次元7の██氏に対する殺人事件であると断定しています。