Snowyukiの砂場
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1535-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1535-JPと思しき現象が確認された場合、機動部隊る-05("尾ひれ")により直ちに発生地点の周辺自治体に対し、プロトコル・3秒ルールを実行してください。SCP-1535-JPの発生に関わった、もしくは一連の事象を目撃した一般人にはAクラス記憶処理が施されます。なお、財団の収容努力により199█/██/██以降、SCP-1535-JPの実験施設以外での発生は確認されていません。

SCP-1535-JPに対する実験にはセキュリティクリアランス3以上の職員の許可が必要です。
199█/██/██現在、SCP-1535-JPに対する実験にDクラス職員を用いる場合、実験終了後にAクラス記憶処理を施すことが義務付けられています。Dクラス職員を用いた実験は禁止されています。SCP-1535-JPに関与する職員は必ず、事件記録1535および補遺2を確認してください。

説明: SCP-1535-JPは198█/██/██、███県██郡に当時存在していた小学校でその存在が初めて発見された、ある特定の言葉をトリガーとして発動する異常現象です。
最初の発見以降、財団が実施した調査により少なくとも、全国███の地方自治体にてSCP-1535-JPの発生が確認されました。しかしプロトコル・3秒ルールの実施後からSCP-1535-JPの発生は加速度的に減少し、現在に至ります。

SCP-1535-JPは、ある人物(以降被験者と呼称)が食物を床等へ落下させたのち、おおよそ5秒以内に[データ削除済み]と発言することで発生します。この時、落下した食物はSCP-1535-JP-1へと確実に変化します。SCP-1535-JP-1は外見や味、におい、構成元素等は落下以前の物体から変化が見られません。しかしながら、摂食行動以外のあらゆる行動によっても、汚染及び破壊することが不可能になります。また、SCP-1535-JP-1は劣化、腐敗の兆候を示しません。
SCP-1535-JP-1は問題なく摂食することが可能ですが、摂食後24時間以内に軽度の下痢に似た症状を摂食者に引き起こします。この症状は摂食者の健康状態等にかかわらず常に軽微なものです。

以下は一連のSCP-1535-JP事象に関する実験記録の抜粋です。


補遺1: これら実験記録1535の結果を受け、SCP-1535-JPを利用することで誰であっても比較的簡易に強固な耐性を様々な対象に付与できてしまう可能性が浮上しました。実験に携わった人間による収容違反を防ぐ為、実験後のDクラス職員への記憶処理が義務付けられました。

201█/██/██追記: SCP-1535-JPを用いた実験中に重大な事故が発生しました。以下は事故の原因解明のため、後にサイト██より回収された実験会話ログの内容です。