Snowcryst91のサンドボックス
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8101の小型物品保管庫に保管され、最低1名以上のレベル2/XXX-JPクリアランスを有した職員により24時間監視されます。新たなメールの受信が確認された場合はレベル3/XXX-JP以上の職員に速やかに報告してください。

説明: SCP-XXX-JPは大きさ379.0×258.0×23.7mm、質量約2.4kgの████製のノートパソコン(型番:████████ ██████)に類似したコンピュータです。外装のプラスチックの状態調査から、20██~20██年の範囲内で製造された可能性が高いと推測されており、これは前述した市販ノートパソコンの開発年代とほぼ一致します。

SCP-XXX-JPは未知の発信源から送信された文章(以下、SCP-XXX-JP-1)をインストールされているメッセンジャーを介して受信します。収容当初はメッセンジャーに異常性が存在するとして調査が行われましたが、当該物の複製をSCP-XXX-JP以外のパソコンで利用した際に異常性が発現しなかったこと、またソフトウェア解析により█████████が開発した█████と同等のものであると判明したことから異常性は存在しないと結論付けられています。

SCP-XXX-JP-1は1969年から2018年現在に至るまで不定期に受信されています。2018年3月12日現在、SCP-XXX-JP-1は2████件存在しており、いずれにも一般的に文字化けと呼ばれる現象が発生しています。この現象について、各データをバイナリ表示した際にある一定の規則性が見られることから、文字コードの不一致やデータの損傷ではなくバイナリデータを送信したことに起因するものと推測されています。

また後で編集します

補遺: ここに補遺。