siryuu_dr
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低危険度保管用ロッカーに保存されています。SCP-XXX-JPの影響を受けた人間を発見した場合Aクラス記憶処理を行ったのち、解放してください。

説明: SCP-XXX-JPは一般的なA4サイズの用紙です。SCP-XXX-JPには「[編集済]」「[削除済]」という文字列が多数印刷されています。

人間がSCP-XXX-JPを視認することでSCP-XXX-JPの異常性が発揮されます。(以下視認した人間を対象と表します。)SCP-XXX-JPの影響は2段階に分けられます。また、SCP-XXX-JPの影響はAクラス記憶処理を行うことで消滅します。

第1段階では対象が何らかの文章が書かれた媒体を閲覧した場合、その文章の一部が「[編集済]」「[削除済]」という文字列に変換されたような認識改変を受けます。変換が行われる条件は判明していません。この変換は一般的に不自然になるような変換が行われます。

対象がこの認識改変に違和感を覚えた場合、対象はSCP-XXX-JPの影響から解放されます。しかし、3分以上違和感を覚えなかった場合、対象は第2段階に移行します。

第2段階に移行したのちに何らかのきっかけで対象が認識改変に違和感を覚えた際、対象の周辺にSCP-XXX-JP-2が生成されたような認識災害を受けます。SCP-XXX-JP-2は対象が認識改変を受けた文章に関連する物体です。SCP-XXX-JP-2が複数ある場合全てが生成されます。SCP-XXX-JP-2が架空の物体でも、その性質を完全に再現されます。しかしながら、この認識災害は対象以外に影響を及ぼしません。

SCP-XXX-JPは財団フロントの運営する大学での講義中、生徒の一人が影響を受け死亡した事案をうけ発見されました。当該生徒は民俗学を専攻しており、民間伝説に登場する生物である[削除済]がSCP-XXX-JP-2となったことが原因で死亡したと考えられています。

補遺: 2016年10月2日、利川研究員がSCP-XXX-JPの影響を受け、研究していたオブジェクトの影響を受けました。研究していたオブジェクトの性質上、利川研究員の今後の研究活動に支障がないと考えられています。利川研究員が「[編集済]」「[削除済]」という文字列に変換された報告書に違和感を覚えなかった理由として、記憶処理の際に発生した事故により報告書が本来検閲されないことも忘却したため、「[編集済]」「[削除済]」という文字列を検閲と間違えてしまったことが考えられています。