ShinoguNの執筆原稿

http://njr-sys.net/irc/log81/2017-12-25 23:25から
http://njr-sys.net/irc/log81/2017-12-26
http://scp-jp-sandbox2.wikidot.com/painappuru/
#SCP変更メモ

現在の参考記事

評価: 0+x

暗闇がゆっくりとまた光へ変わっていった。目の眩む、赤い、燃えるような光へ。彼の目に映ろうと昇り、骨を温めていく太陽は、初めは素晴らしいものだった。あの事故が起きてからは他の全てと同じように、見せかけの温かさ、見せかけの希望の予感となったけれども。

行こう。1

もちろん最初の数回は彼もなんとか地球を見ようと頭を向けた。彼は帰れると、同士が何かの方法で彼を見つけ出して家に帰してくれるという希望に満ちて。2今では、彼らがそうしなかったことに感謝している。それは彼らの終わりを意味しただろう。

君は家に帰れるんだよ。

それは何らかの方法で無線も調節してきた。何年もかけて彼は故郷からの絶え間ない放送を聴いた、ああ世界がどう変わってしまったかを。3だがそれは単に彼を誘惑し、落下させるためだったかもしれない。しかし彼は今も、これからもそうしないだろう。

彼らも君に帰ってきてほしいんだよ、どんなに頑張ってるかごらん…

正確にはどのようにそれが起こったのか、あるいは正確には何であったか彼にははっきりとは分からなかった。ある日彼はシャトルに乗り、宇宙への秘密のフライトに行き、それから…それから彼は今の場所にいて、この存在が一緒にいた。

そう長くはもたないはずだよ…

最初のうちは想像の断片だと思っただけだった。凍える宇宙の虚空の中で正気を保つための手段だと。しかし地球に向けて 漂いdriftだした事に彼が気がつきだしたときには、彼はふらふらとしてdriftはいなかった。彼は引っ張られていた、そして近づくほどに存在は力を増した、そしてそれは…気分が悪かった。

良くない。良くない。良くないね。

だから彼は止まった。どうやってこれをしたのかもはっきりとは分からない。彼は自分自身を、その不自然な慣性を止めた。地球の軌道の中で自身を捉えた。ああ、存在の怒りようといったら…だが彼が予期していなかった事がそれにとってそれ自体をとてもうまく守ることになった。4

止まれないんだよ…弱っちくてかわいそうなやつめ。

それは自身を彼とスーツの周りで包みこんでおり、それは何か固体のものでなく、ただ存在であった。そして彼を止められなくしているのはその存在であった。彼が触れるものは何であれ彼の速度と密度の前に砕け散った。彼を回収するために送り出された人々でさえ失敗して死ぬしかなかった。だが分かるだろう…

君は落ちるんだ。

私はそれを止めた。我が同士を、我々を守った。それかむしろ避けられないものを止めただけか。だが行かせるつもりはない。たとえ自分がこの体に、このスーツに囚われていたとしても、行かせるつもりはない。時折体のコントロールを得さえすれば、バイザーを叩く。それが私にとても深く浸み込んでいるならば、宇宙の真空にそれを晒すことは我々を共に殺すことになるだろう。だがそれはそのためにとても賢いといえる。とても古く、とても賢い。だから私は耐え続ける。地球の喉元に浮かぶ刃を持つ死の先触れであり続けよう。そしてこのクソッタレが死ぬ日に、この存在が我々を打ち倒せないと悟った日に…自分はついに故郷に帰れるのだ。

君の故郷へ。

関連 http://ja.scp-wiki.net/scp-1959

お気に入りメモ 随時追加
SCP-1334-JP
全てにおいて完璧
SCP-3707
ショート記事の教科書
SCP-1280
シンプルな記事だけどぞわっとくる文章が


http://www.scp-wiki.net/ode-to-the-unknown-author
http://ja.scp-wiki.net/peace-i-would-settle-for-that
http://ja.scp-wiki.net/scp-3011
http://ja.scp-wiki.net/incident-682-1548
http://www.scp-wiki.net/his-name
翻訳予定

非共著、要確認
http://ja.scp-wiki.net/scp-2385