ShinoguNの執筆原稿

http://njr-sys.net/irc/log81/2017-12-25 23:25から
http://njr-sys.net/irc/log81/2017-12-26
http://scp-jp-sandbox2.wikidot.com/painappuru/
#SCP変更メモ

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPに通じる道路近辺の土地を財団フロント企業によって買い取り、ビルを建造することで一般人の立ち入り及び両岸からのイベント-XXXX-JPの目撃を防止します。河川方向にはエージェントを配備し、イベント-XXXX-JPを視認できる範囲への立ち入りの防止及び目撃者への記憶処理を行ってください。イベント-XXXX-JP中に発生する音声についてはカバーストーリー「野鳥」及び「空砲」が適用されます。

説明: SCP-XXXX-JPは██県███に存在する全長███mの木橋です。SCP-XXXX-JPは異常な強度を有しており、後述するイベント-XXXX-JPにおいて一切の損傷を負いません。

SCP-XXXX-JP上において、不定期にイベント-XXXX-JPと定義される現象が発生します。イベント-XXXX-JPは以下の順序で進行します。

  1. SCP-XXXX-JP付近の空間のランダムな一点にて発生源不明90db前後の叫び声が発生します。現在まで叫び声の声紋分析は一貫した結果を示していません。
  2. 続けてSCP-XXXX-JPの上空約20mの地点から長さ██m、幅█mの棒状の物体(SCP-XXXX-JP-1)が出現し、SCP-XXXX-JPをめがけて███km/hで落下します。SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JPと同じ材質でできているように見えますが、不定期に金属質のSCP-XXXX-JPが出現します。
  3. SCP-XXXX-JP-1がSCP-XXXX-JPに衝突します。衝突後、SCP-XXXX-JP-1は反動で出現地点と同じ高さまで浮き上がり、その時点で消失します。SCP-XXXX-JP-1の出現・消失は瞬間的に行われ、ハイスピードカメラを用いても出現のプロセスは撮影できていません。

SCP-XXXX-JPは19██ /██/██、イベントを目撃した市民からの通報により異常性の発現が確認されました。初期調査において、SCP-XXXX-JPの建造の手続き及び建造に関わった企業から不審な点は見つかりませんでした。
それ以前においてSCP-XXXX-JPで異常な活動が発生した記録がないにも関わらず、オブジェクトの表面からは凝固した人間の血液及び皮膚のサンプル(██人分に相当)が採取されました。現在までに█人の身元の特定に成功していますが、いずれも1950~70年代生まれである点以外の共通点は発見されていません。

参考
http://ja.scp-wiki.net/scp-808-jp
http://ja.scp-wiki.net/scp-2175
http://ja.scp-wiki.net/scp-2691

お気に入りメモ 随時追加
SCP-1334-JP
全てにおいて完璧
SCP-3707
ショート記事の教科書