しぶさわ翻訳帳

翻訳メモ

評価: 0+x
192973_big.jpg

SCP-2233-1のチェコ語版の表紙

アイテム番号: SCP-2233

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 印刷された10枚のSCP-2233-1のコピーはサイト-142に収容されます。サイトは紙メディア禁止ゾーンに指定されており、承認された試験外では、印刷されたメディア(書籍、雑誌、およびSCP-2233-1付録3で指定されている他の形態を含む)の一切は、SCP-2233がどのような形をしていようとも、半径1km以内に持ち込むことはできません。

SCP-2233-1の
Upon the discovery of new SCP-2233-1 instances, MTF-Lambda-2 "Academics" is to sanitize the area of all affected media. New instances are to be immediately incinerated. A Lambda-2 member is to be inserted into the pedagogical board of every college with average enrollment larger than 30,000 to ensure a fast response in case of an SCP-2233-2 event.

In case of a Jehoiada event, the lecturing venue is to be quarantined immediately and Procedure Styx-Lethe-Acheron applied.

説明: SCP-2233は、「ソシオソフィー」と呼ばれる学問分野で、SCP-2233-1の実例やSCP-2233-2の出来事を通じて現れます。

SCP-2233-1は『ポリローグ――ポストモダン的相対主義の地平を超えて』という表題の本で、「ソシオソフィー友の会」1により、2014年にチェコ共和国のプラハにおいて出版されました。著者はStbBとして記載されています。エミール・フランチシェク(BasSc., WtaN.)、ヘルベルト・ムシュニー(DmbS. et DmbS.)、マルティン・プリィークローパ、および他2。エホヤダのイベントで確認された人物はごくわずかであったため、著者全員が実在の人物かどうかは不明です。未確認の著者には[編集済]が含まれます。

その本は、会話上達法としての「ポリローグ」、様々な生活上の問題に関する分野である「プロブレモロジー」、あるいは宗教哲学的実践としての「新プラトン主義」のような、疑似学問的対象についてのいくつかの理論を含んでいます。

The practice of the disciplines seems nonsensical, unless affected by the presence of associated Persons of Interest. See Report of Event-2233-02-1 for a noteworthy Jehoiada event, involving the creation of E-████ and E-████ by unknown reality-bending abilities.

The anomalous properties of SCP-2233-1 manifest when placed in close proximity (max. 600m) to other paper media. After about 3–5 hours, the media start to mention sociosophy in various forms. For example, newspaper headlines mention recent sociosophy breakthroughs.

The existing content of the media is also modified; for example, in the work of [REDACTED], a bibliography entry "FOUCAULT, Michel: The History of Sexuality: Vol. 2: The use of pleasure. Vintage books, New York, 1990." was changed to "MUŽNÝ, Herbert: Sexuality in Sociosophy, Vol 1: Practiced Episthemophilia. EX crementum bovinum, Little Hill, 2002."
Initially, no such book was found, but after a ██-hour exposition of The History of Sexuality, Vol. 2 to SCP-2233-1, the contents of Foucault's book have been completely altered into the new anomalous publication described above.

Affected media exhibit the same anomalous properties as 2233-1 instances.

New 2233-1 instances have been discovered inside publishing houses, and during SCP-2233-2 events. The publishers take SCP-2233-1 as a satirical book, ignoring its anomalous properties.

SCP-2233-2 is a designation for lectures on various disciplines of sociosophy by people who read SCP-2233-1 or attended a 2233-2 event in the past. These occur mainly in college environments, such as universities, mensas, or fraternities. SCP-2233-1 instances are often given out during these lectures.

PoI associated with SCP-2233 appear in average 60% of the lectures, constituting a Jehoiada event. When a copy of 2233-1 is signed by the PoI, the efficiency of the book's anomalous properties have been shown to increase by █% - ███%, including increased speed of infection and range of influence.

Uncontained SCP-2233-2 events constitute a major containment breach and if left unchecked, amount to a IK class end-of-the-world scenario "Information breakdown".
No pattern in the frequency and location of 2233-2 has been established.


翻訳記事一覧

→要望があったのでまとめました。

SCP-011-DE - Hello!(非公式Wiki時代に改訳) - 執筆者: oGER Toxic
SCP-019-DE - 詩人のランプ - 執筆者: Dr Ore
SCP-037-DE - 民主主義を植え付ける - 執筆者: Dr WrongSide
SCP-047-DE - R.T.I.ミュッケ - 執筆者: oGER Toxic
SCP-089-DE - アテナプロジェクト - 執筆者: Dr Ore
SCP-096-DE - ある宇宙の出来事 - 執筆者: Dr Ore
SCP-168-DE - ベルリンテレビ塔のコピー - 執筆者: Dr Ore
SCP-170-DE - 雲の狩人 - 執筆者: Dr_scp_Robin
SCP-027-DE-J - 大きくて邪悪な蛇口鶏 - 執筆者: Balthuris
SCP-092-DE-J - トイレットペーパーかもしれない - 執筆者: Rikjard Regreps
ものごとのいりぐち - 執筆者: Dr_Grom
D-001 - ママ - 執筆者: Sonicast
D-002 - 色とりどりのビン - 執筆者: Dr Ore
D-008 - 光まほうキャノン - 執筆者: Einer von Rabe
D-010 - スーパーメン - 執筆者: Dr_Winde
D-016 - わるいベッドモンスター - 執筆者: ThePencilwriter
D-087 - そこの階段の下にいるやつ - 執筆者: Dr_Grom

翻訳草案集(停止)

→作業部屋。現在、ラプターテック・インダストリー社のハブページを全面改訳予定。

2008年3月22日、ラプターテックより突如新製品が発表されました。

Raptor1.jpg

ラプターテック・インダストリーズロゴ 2001

ラプターテック・インダストリーズ社は1989年11月14日、財団ドイツ支部によって初めてその存在が確認されましたが、当時はまだ████・██████という名称で知られていました。彼らは極秘の研究および開発企業として国防省に雇用されていました。当時請け負っていた主な業務は、人工知能によって制御可能な新兵器と防衛システムの研究開発でした。

その████・██████という組織は1995年5月25日に、彼らが行っている研究が大きな可能性を秘めていることに気付いたため、そうした興味関心が妨げられることなく研究の規模を拡大できるよう、国防省が提示した契約更新案に同意せず、ラプターテック・インダストリーズ社という名前に改称しました。当時、ドイツでの所有施設は1つのみしか確認されませんでした。それはオーストリアとの国境際にあるバイエルン州に位置しています。その時以来、ラプターテック・インダストリーズ社は兵器および車輛製作技術を専門にしていますが、とりわけドローンや人工知能を専門に取り扱っています。ラプターテック・インダストリーズ社がこれらの技術を開発する上で、異常な存在を利用しているかどうかについては不明です。

ラプターテック社は、異国的な技術を用いて世界の闇市場で取引することで、資金を調達することに成功しました。財団ドイツ支部は、2001年6月5日に彼らの科学技術に大きな関心を示したことで、取引協定を締結しました。この契約により、ラプターテック社はSCPを収容あるいは破壊するための技術を開発するよう依頼されました。ラプターテック社は、現在知られている科学技術さえをもはるかに凌駕する、戦闘用ドローンを含む装備や兵器を供給しています。

[ここまで]

財団は使用している武装に異常性が含まれていたことが判明した以後、財団は標準装備の武装に異常な性質を有していたことを発見した事から、ラプターテック・インダストリーズ社が自社製品の開発時に異常な技術や異常物品を使用していることが疑われました。ラプターテック社の唯一確認できている関連施設は財団による攻撃が行われたことによって壊滅し、その技術を全面的に請け負っていたものとして見なされました。

2008年3月22日、ラプターテック社の製品が突如出現しました。この当時に、幾つかの財団施設も攻撃にさらされました。そこで使用されていた技術からは、ラプターテック社の有する技術であることが説明できます。それ以来、ラプターテック社が財団に対して深刻な被害をもたらしており、財団関連施設への攻撃も絶えず続けられています。

財団はラプターテック社が全世界の闇市場に多大な影響を及ぼしていると想定しています。当該組織のロゴが記載された製品やSCPオブジェクトは依然として増加しています。

このグループに分類され、財団の管理下にあるオブジェクトにはSCP-017-DESCP-030-DE、そしてSCP-047-DEなどがあります。

ラプターテックタグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。

記事下書き

→JP記事の下書き

翻訳便利帳(DE)

評価: 0+x

出典: [Link SCP-xxxx] - Metatitel
著者: [[*user]]
訳者: [[*user ]]
タグ:

修正案とか。

→文法や熟語表現の再確認用。