Seto42357の蚤の市

翻訳作業中 SCP-4165

出典: SCP-4165
著者: AlanDarisAlanDaris
作成日(EN): 2019/06/11
SCP-4165 - Well, at least the idea has legs
SCP-4165 - まぁ、それでいいんじゃない?
tags: euclid humanoid metamorphic sapient scp sentient teleportation
タグ: euclid 人間型 変身 知性 scp 自我 瞬間移動

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-4165

オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: SCP-4165 is to be contained in a standard humanoid containment cell with a hermetic airlock door. The airlock is to be equipped with an air-conditioning system and four extraction vents with remote activation. All mechanical parts are to be inspected weekly. In the case of SCP-4165-1 manifesting, it is to be let into the airlock, after which either an air-conditioning system or extraction vents are to be used depending on which physical state SCP-4165-1 is in.

特別収容プロトコル: SCP-4165は気密エアロックドアを備えた標準ヒト型生物収容室に収容されます。遠隔操作によって作動するエアロックには空調システムと4つの排気口が装備されています。全ての機械部品は毎週点検が行われます。 SCP-4165-1が出現した場合、対象はエアロック内部に入れられ、その後SCP-4165-1の物理的状態に応じて空調システムまたは排気口のいずれかが使用されます。

SCP-4165 is to meet the Site's psychiatrist once in two weeks, and a report regarding its mental condition is to be compiled after each visit.

SCP-4165は、2週間に1度サイトの精神科医と面談し、その都度精神状態に関する報告書が作成されます。

Description: SCP-4165 is a 28-year-old white human male. SCP-4165 is remarkably underweight and experiences various minor health problems, specifically insomnia and persistent malaise. Psychological testing has shown that SCP-4165 possesses a primarily melancholic personality and suffers from generalized anxiety disorder as well as obsessive-compulsive personality disorder1.

説明: SCP-4165は28歳の白人男性です。SCP-4165は著しく低体重であり、主に不眠症および持続的な倦怠感といった様々な軽度の健康問題を抱えています。心理学的検査の結果は、SCP-4165は主にうつ病性人格を有し、全般性不安障害および強迫性人格障害に苦しんでいることを示しました2

SCP-4165-1 is a vaguely humanoid entity that is constantly chasing SCP-4165. The entity is composed entirely of black ink and has shown the ability to change its shape, size, and physical state at will. SCP-4165-1 is affected by physical factors in a similar way to an ordinary ink, such as freezing if subjected to the temperature of less than -40 °С, but does not evaporate from contact with the air. SCP-4165 has stated that it has no knowledge regarding SCP-4165-1's nature or origin.

SCP-4165-1は、常にSCP-4165を追跡している、不明瞭な人型実体です。実体は完全に黒インクで構成され、その形状、サイズ、および物理的状態を自在に変更できるようです。SCP-4165-1は通常のインクと同じように-40℃以下の温度にさらされると凍結するなどといった物理的要因の影響を受けますが、空気との接触によって蒸発することはありません。SCP-4165はSCP-4165-1の性質または起源に関する知識を持っていないと持っていないと述べています。

SCP-4165-1 will typically manifest at a distance of approximately 50 m from SCP-4165 and start to move towards it avoiding any existing obstacles with the use of its polymorphic capabilities. Unprovoked, SCP-4165-1 shows no interest in any individuals other than SCP-4165 and tends to ignore them. If attacked or otherwise provoked, the entity may become aggressive and attempt to resist. The attempts typically include solidifying parts of SCP-4165-1's body to harm the individuals or pouring the ink into individuals' nasal and oral cavities. If immobilized or significantly harmed, SCP-4165-1 will de-manifest through unknown means. It will manifest again after a period from 7 to 10 days.

SCP-4165-1は通常、SCP-4165から約50m離れた地点に出現し、実体の持つ多形性能力を用いて障害を回避しながらSCP-4165への接近を開始します。SCP-4165-1は挑発されない限り、SCP-4165以外のいかなる人物にも興味を示さず、それらを無視する傾向があります。攻撃あるいは挑発が行われた場合、実体は攻撃的になり、抵抗を試みる可能性があります。その試みには通常、SCP-4165-1の身体の一部を固体化して個人に損傷を与えること、または個人の鼻腔および口腔にインクを注入することが含まれます。行動不能になる、あるいは身体に著しく損傷を受けた場合、SCP-4165-1は未知の手段でその場から消失します。実体は7日から10日の期間を経て再出現します。

Typically, the entity does not make attempts to communicate or respond to such attempts made by other individuals. The only exception of this behavior was recorded during the incident 4165-B.

通常、実体は自発的にはコミュニケーションを取ろうとせず、また他者からのコミュニケーションの試みにも反応しようとはしません。 この行動パターンの唯一の例外がインシデント4165-Bの間に記録されました。

~ Addendum. 4165-B Incident Report
補遺 4165-B インシデントレポート

The following incident took place at approximately 5 PM, 20/10/2018, when SCP-4165-1 manifested during a containment breach of SCP-████, a separate SCP object that negatively affected the functionality of various containment chambers within the Site, including SCP-4165's.

以下のインシデントは、2018年10月20日の午後5時頃に発生したものです。この時SCP-4165を含む敷地内の様々な収容チャンバーの機能に悪影響を及ぼすSCPオブジェクトであるSCP-████の収容違反時にSCP-4165-1が出現しました。

Due to the airlock's malfunction and chaotic situation, SCP-4165-1 was able to freely enter SCP-4165's containment chamber. While the entity was approaching SCP-4165, the subject seemed distressed and was observed to rapidly move around the chamber, presumably trying to find a way to retreat. It then hid in the corner and covered its head. Upon SCP-4165-1 approaching the subject, a large, vertical cavity formed on the entity's head, and black ink started to flow out of it in large quantities.

エアロックの機能不全と状況の混乱のため、SCP-4165-1はSCP-4165の収容チャンバーに自由な侵入が可能でした。実体がSCP−4165に接近している間、対象は極度の不安を感じているように見え、おそらく実体から逃れる方法を探すため部屋の内部をせわしなく動き回っていました。対象はその後部屋の角に隠れ頭を覆いました。SCP-4165-1が対象に近づくと、実体の頭部に大きな縦穴が形成され、そこから大量の黒色インクが流出し始めました。

After approximately two minutes, a book and a pencil started to slowly emerge from the cavity with visible difficulties. The entity then pulled the items from the cavity, opened the book in front of the subject and forcibly put the pencil into its hand. SCP-4165 examined the book and experienced visible emotional distress before throwing it away along with the pencil.

約2分後、 本と鉛筆が目に見えて困難そうにゆっくりと穴から現れ始めました。その後、実体は穴からそれらの物品を引き出し、本をSCP-4165の前で開き、その手に鉛筆を強制的に握らせました。 SCP-4165はこの本を調べ、目に見える感情的苦痛を覚えたようであり、その後、鉛筆とともに投げ捨てました。

SCP-4165-1 made several attempts to forcefully give the items to SCP-4165 while producing incoherent vocalizations and hitting the subject's face with one of its limbs. After several minutes, SCP-4165 became unresponsive. SCP-4165-1 then solidified its body parts and began to viciously attack SCP-4165. The entity continued to do so until the alerted security officers arrived to restore containment.

SCP-4165-1はSCP-4165に物品を強制的に与えようとすると同時に、一貫性のない発声を行い、その四肢の1つで対象の顔を殴打しました。数分後、SCP-4165からの応答は無くなりました。SCP-4165-1はその後、体の一部を固形化しSCP-4165を攻撃し始めました。実体は、収容状態を回復するために通報を受けたセキュリティスタッフが到着するまで殴打を続けました。


Afterword: SCP-4165-1 was drawn out of the chamber and immobilized shortly after, which caused it to de-manifest as normal. SCP-4165 was severely injured and is currently recovering within its containment chamber under the surveillance of the Site's medical team. The only attempt to interview SCP-4165 regarding the incident resulted in it experiencing a panic attack, which made it impossible to acquire any information. Future interviews are postponed until SCP-4165's recovery.

追記: SCP-4165-1は、チャンバーから引き出された後すぐに行動不能にさせられ、それによってSCP-4165-1は通常通り消失しました。SCP-4165は重傷を負っており、現在収容室内でサイトの医療チームの監視下のもと回復しつつあります。このインシデントに関してSCP-4165へ対する唯一のインタビューの試みは、対象のパニック発作を引き起こしたためいかなる情報も得ることができませんでした。今後のインタビューはSCP-4165の回復まで延期されます。

The items brought by SCP-4165-1 were retrieved shortly after the incident. They were identified as an ordinary black pencil and a notebook signed by SCP-4165. Almost all pages of the notebook, including the cover, are completely covered by the ink, making the contents undecipherable. The only two inscriptions left visible are found on the first and third pages, reading "Ideas" and "Chapter 1" respectively.

SCP-4165-1によってもたらされた物品はインシデントの直後に回収されました。それらは一般的な黒鉛筆とSCP-4165の署名が入ったノートであると確認されました。 しかしながら表紙を含め、ほぼすべてのページがインクで覆われているため、内容の判読が不可能となっています。現在判読できるものは、1ページ目、3ページ目にそれぞれ表記されている「アイデア」、「第1章」という文字列のみです。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8181の3×3×3mの植物収容ユニットに収容されます。収容ユニットの天井部及び壁面部には財団製の空気清浄機が設置され、一ヶ月に一度フィルターの洗浄あるいは交換が行われます。担当職員は三日に一度オブジェクトの生育状況の確認のためユニット内に進入する必要がありますが、その場合点検済のレベルC化学防護服3を着用してください。また、オブジェクトの「開花時期」である4月から9月にかけての期間は、上記の装備に加え赤外線ゴーグルを使用することで、オブジェクトの直接的な視認を防いでください。給水は自動給水装置を用いて一般的なネジバナと同様に行ってください。

実験の際はセキュリティクリアランス3以上の職員に許可を得て行ってください。実験には開花時期にオブジェクトから採取した花粉を使用します。被験者にはDクラス職員をDクラス職員以外を用いても問題はないとされていますが、オブジェクトへの曝露後は必ず、曝露に用いられた花粉を取り除いてください。また、実験終了後はその対象者(以下被験者と呼称)に対して、適切な記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を持ったネジバナ(Spiranthes sinensis)であり、全長は25cm前後です。また、前述した4月から9月にかけての時期においてオブジェクトは開花し、淡い紅色の花弁を見せます、当オブジェクトの出自等は未だ判明していません。

SCP-XXX-JPの異常性は曝露した生物に対しての精神影響です。その特性上、影響は特にヒト(Homo sapiens)に対して顕著に現れます。SCP-XXX-JPの異常性に曝露した際、曝露者は自己を除いた生物の言動や存在に対して抱く感情、評価などが元のものとは真逆のものに変化します(以下「感情/評価の反転」と呼称)。例を挙げると、【喜び】と【悲しみ】、【崇拝】と【侮蔑】、【愛情】と【殺意】など、相反する感情がそれぞれ反転に対応していることが実験を通して解明されました。

SCP-XXX-JPは20██年██月██日、岡山県警に潜入していたエージェントを通して財団に発見されました。県警が女性から「犬が人を襲っている」という110番通報を受け出動すると、現場に到着した時点でその犬の所有者の男性を含め3人が軽傷を負っていました。所有者の男性は大腿部に咬傷4が見られたため、前述のエージェントの判断で財団フロント企業管理下の病院に搬送されました。搬送先で感染症などが確認されなかったため、身柄をサイト-8181に移し一ヶ月程度の治療を行い、記憶処理を施して解放しました。その間男性の職場等にはカバーストーリーの流布を行いました。

曝露対象であると推測された大型犬は同じくサイト-8181に移送し研究を行いましたが、異常性の痕跡等は発見されませんでした。怪我を負った3人に関しては、曝露した犬から逃げる際に転倒したため内出血および擦り傷が見られたため治療と傷が目立たないように処置をしたのち記憶処理を行い解放しました。通報した女性及び現場にいた人々にも記憶処理を施しました。

以下に飼い主の男性(██氏)に対して██研究員が行ったインタビューの記録を示します。

Finally it works

… in iPhone!

UPDATE 1.08: 2018/11/21
UPDATE 1.07: 2018/11/03
UPDATE 1.06: 2018/10/30
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

Hmm… you're editing this page, aren't you. I can't show you this function due to prevent accidents.This super awesome function is created by Boyu12Boyu12!
Edit Page Source
History Files