satiyuki
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
scp-monaka.jpg

SCP-XXX-JP_██博士が至近距離にいた際に変化

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:
SCP-XXX-JPは45cm四方のラミネート構造を施されたガラスケースに保管してください。ケース内部はSCP-XXX-JP以外に有機物、特に脳に該当する部位を有する生物(以下、有脳生物と呼称します)が存在しないことを確認して下さい。ケースは常時2名の武装警備員による監視下に置かれます。
SCP-XXX-JPを用いた実験はクラス3以上の職員の許可が必要です。
現在SCP-XXX-JPを用いた実験は許可されていません。

説明1:
Phase-1: SCP-XXX-JPは果実に類似した食品の形態を取ります。SCP-XXX-JPを摂取した有脳生物は中枢神経系が約1█%肥大化し、肥大化した周囲の肉体が圧迫されることにより死亡します。極低確率で生存します。具体的な生存率は不明ですが、対象の脳の大きさに比例する可能性があると報告されています。生存した有脳生物及びその周囲に存在する"同種"の有脳生物をSCP-XXX-JP-1と呼称します。なお、SCP-XXX-JPが"同種"と判断する詳細な基準は判明していません。

Phase-2: SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPを摂取する前と比較して、頭部が約1█%肥大化します。また、SCP-XXX-JP-1には社会性の取得が確認されました。具体的には、実験対象となったハエ目・ショウジョウバエ科のSCP-XXX-JP-1は明らかに社会的な役割分担制度を生み出し、また、同種の為に自己犠牲的な行動を行う個体も確認されました。Phase-1と同様の過程を経て生存したSCP-XXX-JP-1をSCP-XXX-JP-2と呼称します。

Phase-3: SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1と比較して、頭部が約1█%肥大化します。また、SCP-XXX-JP-2には言語の取得が確認されました。具体的には、実験対象となったハエ目・ショウジョウバエ科のSCP-XXX-JP-2は翅脈を用いた視覚的な言語によって会話を行っていることが確認されました。また、これは未確定ですが、SCP-XXX-JP-2には感情の概念が発生している可能性があります。SCP-XXX-JP-2は高頻度で同種間で争います。捕食を目的としたものではなく、その理由は不明です。Phase-1と同様の過程を経て生存したSCP-XXX-JP-2をSCP-XXX-JP-3と呼称します。

Phase-4: SCP-XXX-JP-3はSCP-XXX-JP-2と比較して、頭部が約1█%肥大化します。SCP-XXX-JP-3は全て自死します。具体的には、実験対象となったハエ目・ショウジョウバエ科のSCP-XXX-JP-3はSCP-XXX-JPとガラスケースの間に潜り込み圧死、もしくは複数個体で相互に頭部を捕食し合うなどの方法によって全て自死しました。SCP-XXX-JP発見の経緯から、SCP-XXX-JP-3がPhase-1と同様の過程を経ることによってSCP-XXX-JP-4の段階に到達するとの予測が██博士によってされていますが、現在さらなる実験は禁止されています。

説明2:
有脳生物以外がSCP-XXX-JPはを摂取した場合、特段の異常事象は確認できませんでした。
SCP-XXX-JPの形態はSCP-XXX-JPに最も接近した有脳生物の嗜好に応じ、1時間ごとに変化します。SCP-XXX-JPを有脳生物が摂取する以外の方法で欠損させた場合、欠損部位は即座に消滅し、SCP-XXX-JPは欠損前の状態に戻ります。SCP-XXX-JPを有脳生物が摂取した場合、1時間後、SCP-XXX-JPは摂取される前の状態で5㎡以内に出現します。

補遺:
奈良県███の古墳を██大学の研究チームが発掘した際、SCP-XXX-JPを摂取した██教授の頭部が破裂した事件を受け、財団がその存在を認識しました。財団のエージェントにより関係者にはレベル3の記憶処理が行われ、SCP-XXX-JPは財団に収容されました。
なお、その後の財団の調査で当該古墳の周囲を発掘したところ、SCP-███、SCP-███-RU、SCP-███-CN、SCP-███-JP、SCP-███-JPが発見、収容されました。
古墳からは███体以上の人間の頭蓋骨及び1体の████の骨格が発掘されました。████の頭蓋骨は現存する同種に比べ2.██倍に肥大化していました。
報告は以上です。