山椒残滓参照所

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは標準人型実体収容セルにて収容されます。日に5回の定期記憶処理の他、担当研究員の監督の下で任意のクラスの記憶処理剤及び対抗ミーム処置の処方を行い、できる限りSCP-XXX-JPの錯乱状態を緩和してください。悪夢による精神の不安定化を防ぐため、SCP-XXX-JPの睡眠は外部からの電気的処置によってノンレム睡眠に保たれます。実験以外でSCP-XXX-JPがセル外へ出ることは許可されません。

Cクラス以上の職員によるSCP-XXX-JPの認知の際は事前、事後の対抗ミーム摂取が義務づけられます。

説明: SCP-XXX-JPはその概念的枠組みに異常な混乱が見られる3█歳の日本人女性「高崎 芳子1」です。SCP-XXX-JPはEnvelope Logistics®複数の概念運用企業により、自身の戸籍及び多くの身体部位をそれぞれ様々な概念(SCP-XXX-JP-A)と一方的に2関連付けさせられています。以下は現在までに実験により明らかになったSCP-XXX-JPに関連する概念の一部です。

SCP-XXX-JPの対応部位 関連する概念 備考
姓名 Envelope Logistics®
右目,頭髪 Envelope Logistics®の本年度版新製品カタログの内容 毎年4月1日に更新されている
顔面皮膚 北海道夕張市の財政成長率
左腕,右肘,両足,臍 80年代ロシアのポルノ映画
肝臓 “世界一長い物語”
「Envelope Logistics®が扱う全ての概念の価値は近い将来暴落する」との確信及び“Virtual Vital Concepts®”なる企業に対する全幅の信頼 “Virtual Vital Concepts®”についての詳細は不明、関連資料は現在まで未発見
盲腸 ニッポンの未来
両手両足の爪 小学3年生の寂しさ/ざらざらした触感/夜(地球上でない) 被験者により認識する概念が異なる。右は頻出上位3概念
背面から臀部にかけての皮膚 自我の消失に対する恐怖を3日以内に3人に伝える行為への義務感
大脳皮質

SCP-XXX-JPの概念的枠組みは自身に関連する多種の雑多な概念により混乱状態にあるため、SCP-XXX-JPを認識する試みは吐き気、頭痛を含む認知者の精神への悪影響を及ぼします。この影響はSCP-XXX-JP自身に対しより強く及んでおり、SCP-XXX-JPは特殊なミーム処理なしには自己同一性を保てない状態にあります。

SCP-XXX-JPは2019/█/█、福岡県福岡市の路上で失神している所を通行人により発見、その後発見者及び現着した救急隊員全員が体調不良を訴えたことで、財団の関知するところとなりました。

2020/█/█、財団はSCP-2557を窓口としてEnvelope Logistics®との交渉によるSCP-XXX-JPの概念的混乱の解消を試みました。以下は財団の接触に対するEnvelope Logistics®の返信3の内容です。

お問い合わせ頂いた件について

お問い合わせ頂き有り難うございます。
Envelope Logistics®渉外部████ ███です。

はじめに、お問い合わせにございました「高崎 芳子」氏の契約情報につきましては、個人情報の守秘義務にあたるため開示することができません。何卒ご了承下さい。

さて、高崎氏の現状について当社の見解を述べさせていただきます。概念広告事業における概念的混乱の発生の懸念については当社も認識するところであり、当社ではそういった事態の発生を引き起こす可能性のある契約は取り結べない規定となっております。つまり、高崎氏の所有する概念広告の殆どあるいは全ては当社と無関係であり、悪質業者によるスパム目的の広告であると推測いたします。

つきましては、当社が新開発いたしました対スパム概念用の対抗概念、“EL.Defender_for_spamconcepts™”のご利用をお勧め致します。当商品は特許取得済の技術により典型的なスパム概念に共通する概念要素をブロックすることで貴方を迷惑なスパム概念から解放するものであり、業界のリーディング・カンパニーたる当社が自信を持ってお届けする新製品です。この機会に是非お試しください。また、追加プランに含まれる公式アドオン機能“SpamAnalyzer™”を導入頂くことで、貴方を困らせるスパム概念の発信元を特定することも可能です(“SpamAnalyzer™”の機能は全ての概念の発信元の正確な特定を保証するものではありません。予めご了承下さい)。

(以下、“EL.Defender_for_spamconcepts™”についての製品情報及び契約プランの詳細が記載されていたが省略)

Envelope Logistics®

SCP-XXX-JPの収容に対する上記“EL.Defender_for_spamconcepts™”の導入については現在審議中であり、SCP-2557収容対応チームとの協議が予定されています。また、返信にあったEnvelope Logistics®側の主張はSCP-XXX-JPが自己同一性を失う程の「概念広告」の集中を受けている理由を説明していないことから、Envelope Logistics®がSCP-XXX-JPとの契約情報を流出させた可能性も含め再度の問い合わせを行っています。この問い合わせに対し、現在までEnvelope Logistics®側の返信はありません。