計画冷凍庫

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: [SCP-XXXX-JPは5m×5m×5mの液体窒素で満たされた金属製の箱に保管します。液体窒素は毎日入れ替え、全体に異常がないか点検してください。] 
         
説明: [SCP-XXXX-JPは幅685mm、高さ1818mm、奥行き699mmの冷蔵庫に見えます。SCP-XXXX-JPには観音開きの扉が一つとその下に引き出しが一つあります。内部はどちらも一般的な冷蔵庫と同様です。
SCP-XXXX-JPの下の引き出しには世界中から凍結された計画書等のコピーが集まり凍結されます。凍結された計画が書類の存在しない物の場合は引き出しには現れません。また凍結されていない計画書を引き出しに入れた場合書類は凍結されますが計画自体は凍結されません。引き出しで凍結された書類は一部もしくは大部分を改変され、扉の中にコピーが現れます。コピーは扉の中で解凍され吐き出されます。吐き出された計画書は再凍結もしくは焼却されなければSCP-XXXX-JP-1により実行されます。実行を防止するためSCP-XXXX-JPは常に液体窒素で満たされた箱に入れられます。
SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JPより計画書が吐き出された際にそれを実行します。その姿は計画内容によって異なります。全体が黒く平面的であり実体はありません。強い光を当てるか、計画書を凍結もしくは焼却することで計画実行により作られたものごと消滅します。計画が完全に実行された場合計画書は消滅しますが作られた物などは消滅しません。

補遺: [SCP-XXXX-JPにより改変された計画、実行された計画。一部。
 計画書-1 改変前
 氷山空母 氷山を洋上基地または自力航行可能な航空母艦として運用する計画。

 全長600m 全幅100m 排水量200万t カナダから切出した28万個の氷塊から作成。
 26台の電気モーターにより操船。 18km/hで航行。 搭載機量150機以上。 
 武装4.5インチ動力対空砲40基以上。

 計画書-1 改変後
 航空母艦 一般的な航空母艦。

 全長160m 全幅100m 排水量1万t 最高35隻建造。
 ディーゼル機関。 20km/hで航行。 搭載機25機。
 武装5インチ高角砲2~4基。
 
 内容が大幅に変更され通常の空母建造計画となった。計画書排出後SCP-XXXX-JP-1により1隻目の建造中に財団に発見され、収容時に計画書が燃え消滅。

 計画書-22 改変前
 猫を世界の王とする計画。
 
 世界の王を猫とするべくまず権力者に猫を愛でさせ、猫を愛でない者は迫害される社会を作る。
 そのあとは簡単、猫が神のつかいであり世界を支配すべきであると流布する。

 計画書-22 改変後
 友人を猫好きにさせる計画。

 友人を猫好きにさせるため猫を飼わせる。猫を飼うことで猫の美しさ、凛々しさを知れ、猫好きになるはず。

 規模が縮小された。元の計画が馬鹿げているためか改変後も手抜きに見える。当計画はDクラス職員に実行した。
結果、対象となったDクラス職員は犬好きであったが猫を崇拝するようになった。

 計画書-182 改変前
 SCP-XXXX-JPの無効化計画。
 
 SCP-XXXX-JPを無効化し安全に収容するべく当計画書を提出する。
 SCP-XXXX-JPは一切の動作無しで計画書を引き出しに出現させるため計画書の収集を阻止することは不可能。
出現した計画書を引き出しから取り出してもすぐにコピーが現れるため無意味。内部を計画書以外のもので満たしてもそれは消滅し空になる。改変自体の阻止は扉内にコピーされた時点で完了しており不可能。扉内の改変後の計画書を取り出してもコピーが解凍の進行した状態で出現したため無意味。SCP-XXXX-JP自体を低温に保っても内部では解凍が進行していたため無意味。 
これらから計画書の実行を阻止するには解凍され吐き出された計画書を速やかに凍結もしくは焼却することが最適でありそのうえでSCP-XXXX-JPを液体窒素で満たされた箱に入れることは効率的であると考える。

 計画書-182 改変後
 ██の無効化計画

 [データ削除済]

 計画の実行対象が変化した。SCP-XXXX-JP自体を無力化するような計画は計画立案者やその者が所属する組織が危険にさらされる計画に改変されるため今後そのような計画書が出現しないよう管理を厳しくすることを提案する。
今回出現した計画書は内容確認後速やかに焼却した。