SCP案
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは常にSCP-1485-Aより持ち込まれた電子機器とLANケーブルを使用し、特別にセキュリティクリアランスレベル5以上が与えられた職員によって、監視し続けなければなりません。このサイトは創作であるという認識をさせるように財団の情報を書き換えて対応しています。
補足:SCP-XXXX-JPを閲覧したSCP-1485-Aに住む人間を記憶処理したところ、正常に記憶処理ができず、記憶の錯乱による暴動を起こしたため記憶処理による封じ込めはO5により禁止されています。
閲覧者の終了処分は別の世界に干渉する性質上禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPはSCP財団と書かれているSCP-1485-A内に存在する、ウェブサイトです。
SCP-XXXX-JPには財団のすべての情報がセキュリティなしに公開されています。ミーム殺害エージェントも効果がないようです。財団で新しい情報が書き足されると、すぐにSCP-XXXX-JPも更新されます。SCP-XXXX-JPを削除、上書き、更新を停止させる試みはすべて失敗に終わっています。

補遺: SCP-XXXX-JPが保存されているサーバーを探索したところ、財団のメインサーバーのIPが表示されました。探索の際、セキュリティの認証などはありませんでした。

財団のメインサーバーをぶっ壊せばいいのでは?
            ー██研究員

おまえはバカか?
           ー███博士

お前はバカか?
          ーO5-██